コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コール オブ デューティシリーズ > コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア
コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア
Call of Duty: Advanced Warfare
ジャンル ファーストパーソン・シューティングゲーム
対応機種 Xbox 360PS3PS4Xbox OneWindows
開発元 Sledgehammer Games
High Moon Studios(PS3, Xbox 360への移植)
Raven Software(マルチプレイヤーとExoゾンビモードの開発)
発売元 アメリカ合衆国の旗アクティビジョン
日本の旗スクウェア・エニックス
ディレクター グレン・スコフィールド
マイケル・コンドリー
シナリオ ジョン・マッキネス
エリック・ハーシュバーグ
マーク・ボール
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ[1]
audiomachine[2]
シリーズ コール オブ デューティシリーズ
発売日 Windows
アメリカ合衆国の旗2014年11月4日
日本の旗2014年11月13日(字幕版)
PlayStation 3
アメリカ合衆国の旗2014年11月4日
日本の旗2014年11月13日(字幕版)
日本の旗2014年12月4日(吹き替え版)
Xbox 360
アメリカ合衆国の旗2014年11月4日
日本の旗2014年11月13日(字幕版)
日本の旗2014年12月4日(吹き替え版)
PlayStation 4
アメリカ合衆国の旗2014年11月4日
日本の旗2014年11月13日(字幕版)
日本の旗2014年12月4日(吹き替え版)
Xbox One
アメリカ合衆国の旗2014年11月4日
日本の旗2014年11月13日(字幕版)
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
ESRBM(17歳以上)
PEGI18
エンジン IW engine 6.0
テンプレートを表示

コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』(Call of Duty: Advanced Warfare, 略称:CoD:AW)は、FPSである『CoDシリーズ』の第11作目。開発は『CoD:MW3』でInfinity Wardと協力開発に携わっていたSledgehammer Gamesとなり、今までのInfinity WardとTreyarchの2スタジオの開発体勢から3スタジオ体勢となる最初の作品である。日本ではスクウェア・エニックスから日本語字幕版が2014年11月13日、日本語吹き替え版は同年12月4日に発売された。Xbox One吹き替え版は発売日未定。

概要[編集]

前作の『CoD:G』、そして、前々作の『CoD:BO2』から引き続き近未来が舞台となる。今作の年代は『CoD:BO2』の舞台の2025年から2054年と大きく未来へと進み、それに合わせVTOLヘリコプター、四足歩行兵器などに加え強化外骨格による高い跳躍や特殊グローブによる壁登り、一枚の布による防弾シールドなどこれまでのシリーズと比べよりSF色の強い作品となっている。

ストーリー[編集]

2054年[3]、世界中のインフラと各国の正規はある大規模な軍事騒乱によって破壊、分裂。高度なインフラを失った世界は秩序を失い、正規軍隊が衰えた各国では民間軍事会社(PMC)が覇権を握っていた。そして、その中心、最高経営責任者ジョナサン・アイアンズ(Jonathan Irons CEO)が率いる世界最大の民間軍事会社「アトラス社」(Atlas Corporation)は世界から秩序を取り戻し、人類を再興させるために立ち上がった。プレイヤーは新たにアトラス社に入社した元海兵隊員のジャック・ミッチェル(Jack Mitchell)として戦うことになる。

INDUCTION 韓国 ソウル - July 10, 2054
北の軍が韓国の首都ソウルに進行した
アメリカ海兵隊としての初任務は侵攻軍を撃退し首都を奪還することだ

エクソスケルトンが実用化された 2054年の未来の戦場。アメリカ海兵隊へ入隊したウィルとミッチェルはコーマック軍曹の指揮するバジャー分隊の一員として、侵攻を受けている韓国ソウルへ展開する。北の軍の大型兵器である飛行型ミサイルランチャーの破壊したことで、敵戦力を大幅にそぐことに成功するが、ミッチェルは友と左腕を失ってしまう。

このミッションが1つ目のチュートリアルとなっており、エグゾスケルトンの基本的な能力、スモークグレネードへの対応など次世代の戦い方(従来のMWGhostなどとの違い)の一つを学ぶことになる。

ATLAS アメリカ アトラス訓練キャンプ
亡き友の葬儀で出会ったジョナサン・アイアンズ
アトラスコーポレーションでの第2のチャンスを彼から直接オファーされた

ウィルはアイアンズからのオファーを受け入れ、民間軍事会社 アトラス・コーポレーションへ入社する。アトラスの「20年進んだ技術」が生み出した義手を受け取り、訓練に参加することになる。

このミッションが2つ目のチュートリアルとなっており、エクソスケルトンの能力、可変グレネードなど、より高度なこの時代で最先端の戦い方を学ぶことになる。

TRAFFIC ナイジェリア ラゴス March 7, 2055
正式なアトラス隊員としての初仕事だ
チームとともに国際手と組織KVAにとらわれたナイジェリア首相を救出せよ


FISSION ワシントン州 シアトル
アメリカの原子力発電所を攻撃しているKVAを阻止せよ


AFTERMATH ミシガン州 デトロイト
あれから4年が経った
ハデスの右腕であるピエール・ダノワ博士が現在は放棄された出とろ意図に身を潜めている
博士をとらえてハデスの居場所を突き止めろ


MANHUNT ギリシャ サントリーに
KVAのリーダーである「ハデス」がギリシャのサントリー二で解放に出席するとの情報を入手
直ちに追跡して決着をつけろ


UTOPIA イラク ニューバグダット
衝撃的発見から必死の脱出へ…


SENTINEL アイアンズの私邸
海兵隊時代の分隊長コーマックと再会しセンチネルに加わった
アイアンズの私邸に潜入し次の動向に関する情報を入手せよ


CRASH 南極大陸
アトラスに阻止される前にマンティコアのサンプルを確保しろ


BIO LAB ブルガリア 森林地帯
ブルガリアのもりに隠されたマンティコア製造施設をセンチネルが突き止めた
施設に潜入してマンティコアを無力化せよ


COLLAPSE カリフォルニア州 サンフランシスコ
アトラスの襲撃をゴールデンゲートブリッジで阻止せよ


ARMADA カリフォルニア州 サンフランシスコ
空母のブリッジに向かい アークライトレールガンでアトラスの船を排除せよ


THROTTLE イラク ニューバグダット
イラク ニューバグダットのアトラス司令部を合衆国が攻撃
チームとともに町へ急行しジョナサン・アイアンアズの身柄を確保せよ


CAPTURED 場所不明
マンティコアの攻撃を受けた後、チームはアトラスに拘束された
議で恩とともに捕虜収容所から脱出せよ


TERMINUS ニューバグダット アトラス司令部

アトラス司令部を襲撃し、マンティコアの発射を阻止せよ


登場人物[編集]

本作の登場人物の多くはボイスアクターをモデルにしており、モーションキャプチャも勤めている。

アトラス・コーポレーション[編集]

ジャック・ミッチェル(Jack Mitchell) 英語版声優:トロイ・ベイカー/吹き替え版声優:高橋広樹
主人公。亡き父の背中を追う形で海兵隊に親友のウィルと共に入隊したが、韓国での初の実戦でウィルを亡くし、自身も左腕を失い退役する。
その後、ウィルの父親であるジョナサン・アイアンズにアトラス社への入社を勧められ、高性能な義手の提供を受けPMC隊員として復帰。その後、数々のミッションで活躍を収めるも、アイアンズの裏の顔を知った事でイロナと共にアトラス社を脱走し、センチネルに転属する。
キャンペーンモード最終ミッションでは、ミサイル発射阻止後の脱出の際にアイアンズのハッキングを受け、Exoをロックされてしまうが強引に接続を解除。生身のままアイアンズを追い詰め、義手にぶら下がるアイアンズを自ら左腕を切り離す事で炎の中へと落とし、とどめを刺した。
これまでのシリーズ作品とは異なり、本作では初めてプレイヤーキャラクターが彼一人に固定されている。ブリーフィングムービー以外では姿を見せたり台詞を発する事は無い点は同じ。
ギデオン(Gideon) 英語版声優:ギデオン・エメリー/吹き替え版声優:小西克幸
ミッチェルのアトラス社での訓練教官。所属する分隊の隊長でもある。ニット帽が特徴。ある日にアトラス社の裏情報をイロナとミッチェルと共に知ってしまうが、最初はフェイクだと社長ジョナサンに伝えて脱走する二人に着いていかず、アトラス社に残る。しかし実際はアトラス社に疑問を抱いており、裏情報が真実だと判断すると同時にアトラス社からの離反を決意。南極での戦いでミッチェル達の危機を救い、自身もセンチネルに転属する。
最終ミッションではA.S.T.で正面からアトラス司令部に突入し、直接ミサイル発射を阻止すると言う大胆な作戦を立てる。ミッチェルと共に作戦を成功させるが、アイアンズによってExoをロックされて身動きが取れなくなってしまう。その後、なんとか脱出に成功し、アイアンズを倒したミッチェルを助けて共に脱出した。
イロナ(Ilona) 英語版声優:アンジェラ・ゴッツ/吹き替え版声優:浅川悠
アトラス社所属の元スペツナズの女性隊員[4]。訓練では最も高い成績を有している。ミッチェルと同様、アイアンズの本性を知ったことによりアトラス社を離反し、センチネルに転属する。
ジョーカー(Joker) 英語版声優:ジェレミー・ケント・ジャクソン/吹き替え版声優:関俊彦
アトラス社員でギデオンの部下。ミッチェルと多くのミッションを共に戦ったが、ミッチェルとイロナがアトラス社を脱走した際、それを見逃したギデオンに苦言を呈していた。その後の動向は不明。
ジョナサン・アイアンズ(Jonathan Irons) 英語版声優:ケヴィン・スペイシー/吹き替え版声優:大塚芳忠
アトラス社の社長兼創始者[4]であり、ウィルの父親。片腕を失って軍人生命を絶たれたミッチェルに義手を与え、アトラス社に誘った。その経営力とカリスマ性によってアトラス社を急成長させた最大の功労者であり、他に何も頼らず自社を更に拡大させる為に無尽蔵とも言える軍事リソースを費やし続けている。
アトラス社の拡大の為なら手段を選ばない冷徹な裏の顔を持ち、ナイジェリアで救出した技術者からKVAが世界中で大規模なテロを計画している事を聞き出しながらもその技術者を殺害して口封じし、やがて引き起こされた核汚染テロすら自社の発展に利用した。国家や思想が世界を治める時代は終わったと考え、自らの齎す秩序によって世界を掌握しようと目論み、全世界に宣戦布告。世界対アトラスの戦争へと発展していく。しかし最後はミッチェルに追い詰められ、その義手に掴まったままビルから宙吊りになるがミッチェルが自ら義手を手放した事で、自分が嘗て彼に与えた新たな左腕諸共炎の中へと消えていった。
カーター (carter)
ギデオンの部隊にいるアトラス隊員。
原子力発電所のテロにより死亡した。

アメリカ合衆国海兵隊および多国籍部隊/センチネル[編集]

コーマック(Cormack) 英語版声優:ラッセル・リチャードソン/吹き替え版声優:間宮康弘
ミッチェルの海兵隊時代の上官[4]。後にセンチネル部隊長2050年の時点での階級軍曹だが、2054年の時点では少佐になっている。アトラス社を脱走したミッチェルとイロナを救出し、センチネルへと迎える。
最後の戦いにて敗北し、アトラス社に囚われた際にアイアンズに撃たれ、致命傷を負う。ミッチェル達の活躍で脱出には成功したものの既に虫の息で、ミッチェル達に後を託して息を引き取る。
ノックス(Knox) 英語版声優:カリー・ペイトン
センチネル隊員。階級は中尉。ニューバグダッドでの最後の戦いにてマンティコアに感染し、死亡する。
ウィル・アイアンズ(Will Irons)吹き替え版声優:岡林史泰
海兵隊時代のミッチェルの親友。アトラス社長ジョナサンの息子。海兵隊に志願した動機は本人曰く「父親から逃げたかったから」。韓国での初の実戦で北朝鮮軍ヘリ爆弾を仕掛けた直後、自動シャッターに腕を挟まれ、彼を助けようとしていたミッチェルをヘリから降りさせて、爆死する。
"キングピン"マクドネル("Kingpin" McDonnell) 英語版声優:マット・リーディ
アメリカ軍大将。センチネルの司令官として指示を送る。
ジャクソン (Jackson)
韓国の戦いに参加する海兵隊員。

KVA[編集]

ジョセフ・チヘイゼ(Joseph Chkheidze) 英語版声優:シャリフ・イブラヒム
元チェチェン独立運動家のロシア人で、テロリスト集団「KVA」のリーダー。通称「ハデス」。各国の原発を狙った核汚染テロを実行した首謀者で、ジョナサン曰く「5万人を殺した男」。ギリシャでの会合には爆弾を仕込んだ影武者を向かわせ、自身は車輌で逃走を図るも、ミッチェルの仕掛けた爆弾により失敗。車に挟まれたミッチェルを助けようとしたイロナに背後から襲い掛かったが、辛うじて抜け出したミッチェルとの格闘の末に首をナイフで切られて死亡。しかし直後に息を吹き返し、ミッチェルに「アイアンズは全て知っている」と言って端末を渡し、今度こそ死亡する。

ナイジェリア[編集]

アジャーニ(Ajani) 英語版声優:アデトクンボー・マコーマック
ナイジェリア陸軍大尉。KVAに人質にされた首相を救出するためにジャックらアトラス社に協力する。
サミュエル・アビドヨ(Samuel Abidoyo)
ナイジェリアの首相。ハデスらKVAに人質にされていたが、アトラス社によって救出される。

本作の用語[編集]

Exo(エグゾ)
アトラスの兵士が標準装備している骨格状のスーツ。背中から腕や足まで装着する仕組みになっており、通信はもちろん、ブーストジャンプをしたり、防弾シールドを展開するなど、アビリティを使って戦闘面をサポートすることができる。ただし、アビリティを使用するとバッテリーを消耗し、バッテリーがなくなるとアビリティを使用できなくなる。また、通信端末に脆弱性があり、ハッキングを受けるとスーツにロックがかかり、身動きがとれなくなる欠点をもつ。
アトラス・コーポレーション
ジョナサン・アイアンズによって2035年に設立された民間軍事会社。元々は傭兵のマネージメント会社だったが、世界最大のバイオエンジニアリングの研究開発会社の買収と外骨格技術の研究によって急成長。兵士の訓練と進化した軍事技術(アイアンズ曰く、軍より20年進んだ技術)を組み合わせ、民間企業でありながら世界最大の軍事力を保有するに至った。軍事活動以外にも途上国のインフラ整備を、韓国シエラレオネナイジェリアなど多角的に事業を展開している。モデルはブラックウォーターUSA
センチネル
KVAによる核汚染テロ後、アメリカ主導によって設立された多国籍部隊。設立当初の目的はKVAの攻撃の調査と「悲劇の繰り返しを阻止すること」だったが、アトラスがテロすら利用して利益を得た事とその野望にいち早く気付き、対アトラスの態勢を取るべく機を窺っていた。
マンティコア
DNA選択性の生物兵器2061年イラクのニューバグダッドにて、運搬ドローンを炸裂させる形で初めて実戦投入された(Throttle)。緑色のエアロゾルであり、アトラス社にDNAデータが登録されている人以外は全身の皮膚組織が壊死し、死亡する。『CoD:BO』で登場したノヴァ6に被爆した者と類似した症状を示す。

キャンペーンステージ[編集]

INDUCTION
アメリカ海兵隊に入隊を果たしたミッチェルと兄弟分のウィルは、初の実戦を迎えようとしていた。任務は韓国の首都ソウルに侵攻した北の国の軍を撃退する事。しかしそれこそが全ての始まりであった。
ATLAS
韓国での戦いでミッチェルは親友と自身の左腕、そして海兵隊という居場所すら失った。亡き友・ウィルの葬儀の場でミッチェルの前に一人の男が現れる。その男はウィルの父であるジョナサン・アイアンズ。彼は自身の経営するアトラスコーポレーションにミッチェルをオファーし、第2のチャンスを与える。
それから時は流れ、新たな左腕を手に入れたミッチェルはギデオンやジョーカーらと共に訓練に明け暮れていた。
TRAFFIC
ミッチェルの正式なアトラス隊員としての初仕事の時が訪れた。ラゴスで行われていた国際技術サミットに参加していたナイジェリア首相サミュエル・アビドヨが反西欧テロ組織「KVA」によって拉致されたのだ。アトラス社への依頼はナイジェリア軍と協力して首相を救出する事だった。
FISSION
KVAリーダーのハデスによって「人類をテクノロジーという癌から解放する」という声明が発せられた。その直後、ワシントン州シアトルにある原子力発電所がKVAの襲撃を受ける。彼等の目的は発電所でメルトダウンを起こす事。ミッチェル達はそれを阻止すべく発電所に向かう。
AFTERMATH
KVAによる5万人もの命を奪った同時多発核汚染テロから4年。混乱に陥った世界も徐々に秩序を取り戻しつつあったが、KVAは更に勢力を拡大していた。一方、被爆者の支援と復興事業、そしてテロとの戦いによってアトラス社もまた更なる発展を遂げていた。
ミッチェル達は放棄されて廃墟と化したデトロイトの街を訪れる。ハデスの右腕であるピエール・ダノワ博士がこの街に身を潜めているという情報を掴んだからだ。ハデスの居場所を突き止めるべく、ミッチェル達は博士の拿捕に赴く。
MANHUNT
ダノワ博士から得た情報により、ハデスがギリシャサントリーニでの会合に出席する事を突き止めた。今度こそハデスを抹殺するべく、アトラス隊員達は現地に入り、ミッチェルとイロナは夫婦を装って市街地に潜入する。
UTOPIA
ハデスの死によってKVAは崩壊。アトラス社はその功績を称えられ、国連安保理の席を用意されるほどに拡大していた。
ようやく戦いが終わったという安堵もつかの間、ハデスが死に際に残したデータによってミッチェル達は、アイアンズが事前に核汚染テロを知っていて私腹を肥やすために見過ごしていたという衝撃の事実を知る。しかし直後に現れたアイアンズの兵によってミッチェルとイロナは窮地に立たされ、ギデオンは情報をフェイクと言い放ってアイアンズに付いて行ってしまう。絶体絶命のミッチェル達を救ったのは謎の人物からの通信だった。
SENTINEL
ミッチェル達を救った者の正体は海兵隊時代の上官のコーマックだった。コーマックの誘いで多国籍部隊センチネルに転属したミッチェルとイロナはアイアンズの野望を叩き潰すため、かつての仲間に銃を向ける事となる。
ミッチェルの情報により、アイアンズが私邸で幹部と会う事が判明。密会の場を押さえてその目的を探ると同時に、アトラスより奪取した情報に頻出する「マンティコア」という謎の単語の正体を探るべく、センチネルは「ローン・ウルフ作戦」を実行する。
CRASH
マンティコアを押さえる事は出来なかったが、輸送機にトラッカーを仕掛けた事でその目的地は判明した。行き先はリオ・ガジェゴス空軍基地。アイアンズはそこを拠点として南半球に何かを仕掛ける模様である。それを阻止すべくミッチェル達は輸送機を国際空域で迎撃。南極大陸に不時着させ、マンティコアのサンプルを入手する。しかしアトラスの臨戦部隊の抵抗によって輸送を阻まれてしまい、更には敵戦車の攻撃で足場の氷が崩れ、ミッチェル達もクレバスへと転落してしまう。
BIO LAB
マンティコアのサンプルを入手したセンチネルはその正体を突き止める。しかしその恐ろしい生物兵器の生成場所を叩こうにも場所が分からない。そこでミッチェルは新たに仲間になったギデオンの心当たりを当たってみる事を提案する。その場所はブルガリアの森にある製材工場。ミッチェルとギデオンは再びコンビを組んで製材工場に向かうが、途中でヘリが攻撃を受け、Exoが起動しないまま二人は敵地へ降り立つ羽目に。
COLLAPSE
センチネルの活躍でマンティコアが破壊、公表された事を機にアイアンズは全世界に宣戦布告する。そして戦いが始まる前にアトラスが世界各地に先制攻撃を仕掛けようとしている事を突き止めたセンチネルは、その候補の中からアメリカ軍第3艦隊が湾に集結しているサンフランシスコが最初の標的だと看破。襲撃を阻止すべくゴールデンゲートブリッジを封鎖する。
ARMADA
アトラスはゴールデンゲートブリッジを容赦なく破壊した後、空母の兵器システムを奪うべく、貨物船に装っていた艦で第3艦隊を蹂躙する。ミッチェル達は空母に乗り込み、搭載されている兵器「アークライトレールガン」でアトラスの船の排除を試みる。
THROTTLE
アイアンズは合衆国への攻撃を「すべての戦争の終焉」と表し、世界に発信。世界はアトラスに反旗を翻した。ミッチェル達はイラクのニューバグダッドにあるアトラス司令部を襲撃し、アイアンズの身柄を確保するべく第37空挺部隊と共に戦闘機に乗って出撃する。
CAPTURED
マンティコアによって攻撃部隊は壊滅。生き残ったミッチェル達もアトラスに捕らわれてしまう。コーマックはアイアンズに撃たれ、ミッチェルは義手を破壊されるも、なんとか拘束を破る。重傷のコーマックをイロナに任せ、ギデオンと共にミッチェルは片腕が動かないまま脱出を試みる。その最中、アトラスがICBMによってマンティコアを世界に拡散させようとしている事が発覚する。
TERMINUS
アトラス司令部からの脱出には成功したが、コーマックは助からなかった。アトラスのミサイル攻撃の時が刻一刻と迫る中、コーマックの遺志を継いだミッチェルはミサイル発射を阻止するべく、ギデオンの立案した特攻作戦を決行。装甲スーツA.S.T.に身を包み、最後の戦いへと向かう。

EXOゾンビ[編集]

CoD:BO』『CoD:BO2』以来に追加した協力プレイ。DLCを購入することでプレイが可能になる。ルールは過去の『CoD:BO』と『Cod:BO2』と同じく、ラウンド制になっており、ラウンドを経るごとにゾンビの種類や耐久力が強化される。最初の状態ではExoスーツを持っていないため、Exoスーツを入手するのが鍵となる。稼いだポイントで武器やExoのアビリティを購入して進めていく。また、プレイヤーの死亡後、ラウンドクリアで復活した場合は、Exoスーツが失われているが、再び入手することが可能。ラウンドに上限はなく、プレイヤー全てが死亡するまで続けることとなる。

登場銃火器[編集]

今作は近未来を舞台にしているためか、多作品と比べて架空銃が非常に多い。

プライマリウェポン[編集]

アサルトライフル サブマシンガン スナイパーライフル ショットガン ヘビーウェポン スペシャル
Bal-27 KF5 Lynx Tac-19 EM1 Heavy Shield
AK-12 MP11 MORS S-12 Pytaek MDL
ARX-160 ASM1 NA-45 Bulldog XMG M1 Irons
HBRa3 SN6 Atlas 20mm Blunderbuss EPM3 クロスボウ
IMR SAC3 SVO CEL-3 Cauterizer Ameli
MK14 AMR9 Ohm
AE4 MP40 Magnetron
STG44 Sten
AK-47 Repulsor
M16
Lever Action
M1ガーランド

セカンダリウェポン[編集]

ピストル ランチャー スペシャル
Atlas 45 Stinger M7
RW1 MAAWS
MP-443 Grach MAHEM
PDW RPG-7
M1911

その他[編集]

機関銃 CIWS グレネードランチャー
DShK ファランクス H&K GMW
M2
GAU-3/A
M134 ミニガン

登場兵器[編集]

非装甲車両 攻撃機 ヘリコプター
GAZ-2975 A-10 サンダーボルトII EC635
テクニカル Mi-8 ヒップ
スノーモービル

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Harry Gregson-Williams is working on Advanced Warfare's soundtrack”. 2014年5月16日閲覧。
  2. ^ Collector's Editions”. IGN. 2014年7月30日閲覧。
  3. ^ [1]
  4. ^ a b c 公式サイト・シングルプレイヤー

外部リンク[編集]