GAU-19

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GAU-19/A
GAU-19/A
種類 連装機関銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 (開発)ゼネラル・エレクトリック
(製造)ジェネラル・ダイナミクス
仕様
口径 12.7mm
銃身長 914mm
使用弾薬 12.7x99mm NATO弾
装弾数 ベルト給弾
リンクレス給弾方式など
作動方式 電気回転ドライブ方式
全長 1.369m
重量 63Kg(給弾装置含む)
発射速度 1,000-2,000発/分
有効射程 1.8km(最大射程6Km)
歴史
製造期間 1983年-
バリエーション 3銃身型/6銃身型
テンプレートを表示

GAU-19/Aは、ゼネラル・エレクトリック社が開発した12.7mm口径ガトリング式重機関銃GECAL 50とも呼ばれる。極めて大重量であるので、通常は車両、艦船または航空機に搭載されて運用される。

概要[編集]

GAU-19/Aは元来、ミニガンとして有名なM134(GAU-2B/A、GAU-17/Aとも)の大口径化モデルとして開発された。開発当初はM134と同様に6銃身であったが、のちに3銃身として軽量化したものが主流となった。

アメリカ軍において、GAU-19/Aは、OH-58D カイオワ偵察ヘリコプターに搭載されたほか、新型のティルトローター機であるV-22の固定武装としても採用された。また、コロンビア海軍でも、MD-902に搭載されて、麻薬取締任務に投入されている。

日本海上保安庁でも、かがゆき型巡視艇平成18年度建造艇より、RFSにより統制される遠隔操作マウントと組み合わされて採用された。従来使用されてきた、低発射速度で人力操作のブローニングM2重機関銃よりも強力かつ精密な火力を提供できる。なお、ここで使用される遠隔操作マウントとRFS射撃指揮装置は、M61 バルカンとともに九州南西海域工作船事件で使用されて有名になったものに準じたものである。

また、ハンヴィーに搭載されて地上運用できるようにしたモデルも開発されているが、これは、地対地射撃を目的としていることから、発射速度は毎分1,000発ないし2,000発に低減されている。

2012年に、重量を削減したGAU-19/Bが開発された。

運用者[編集]

登場作品[編集]

ゲーム
高火力だが重く、移動速度が落ちる他、初弾発射までタイムラグがあるため隙が大きい。背中には背負えないため、他の武器に切り替えるとその場に投げ捨てることになる(再度拾うことは可能)。また、持ったままエリア移動はできない。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]