コール オブ デューティ ブラックオプス ディクラシファイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Call of Duty: Black Ops: Declassified
ジャンル ファースト・パーソン・シューティング
対応機種 PlayStation Vita
開発元 nStigate Games[1][2]
発売元 アメリカ合衆国の旗アクティビジョン
日本の旗スクウェア・エニックス
シリーズ コール オブ デューティ
人数 シングルプレイヤーマルチプレイヤー
発売日
  • アメリカ合衆国の旗 2012年11月13日[3]
    日本の旗2012年12月20日
テンプレートを表示

『コールオブデューティ ブラックオプス ディクラシファイド』(Call of Duty: Black Ops: Declassified)は、2012年に発売されたPlayStation Vita専用FPSゲーム。nStigate Games(旧ニヒリスティックソフトウェア)が開発し、アクティビジョンが発売した。本作はE3ソニーのカンファレンスで発表された[4]

ディクラシファイドではシングルプレイヤー、マルチプレイヤー、ホスタイルモードがあり、キャンペーン(オペレーション)ではブラックオプスとブラックオプス2の中間の物語が展開される[5][6]

本作は発売後すぐに不評が殺到したことで有名になった。

ゲームプレイ[編集]

『コールオブデューティ ブラックオプス ディクラシファイド』はVitaのデュアルアナログスティック、タッチスクリーン、背面タッチパッドを使用する。背面タッチパッドを使用して息を止めることで狙撃時の銃のブレを抑えられる。タッチスクリーンを使用して手榴弾を投げられるという点で『RESISTANCE −アメリカ最後の抵抗−』に似ている。 タッチスクリーン上をスワイプまたはタッチすることによって近接攻撃が可能。「ホスタイル」と呼ばれる全く新しいモードが追加されており、このモードではプレイヤーは4つの異なるウェーブで複数の敵と戦う。ニヒリスティックは、ゾンビモードがゲームに含まれないことを発売時に認めた[7]

2012年のゲームズコム開催中にディクラシファイドが紹介されたが、グラフィックスが批判された。ニヒリスティックは照明の改善、敵と銃のより良いモデル、より良いテクスチャでゲームのビジュアルを改善することで対応した[8]

シングルプレイヤー[編集]

本作のキャンペーンはリプレイ性の高いオブジェクティブベースのミッションで構成されており、プレイヤーのパフォーマンスを上げることが可能になっている[9]。シングルプレイヤーは「オペレーション」という名前であり、メインストーリーに加え、走りながら敵の模擬的を撃ち倒しつつ記録更新を目指すタイムトライアルモードも存在する。

ストーリー[編集]

パナマ侵攻後の1990年1月12日、CIA分析官のライアン・ジャクソンは、情報員ジェイソン・ハドソンが担当する工作員アレックス・メイソンとフランク・ウッズによって処理されたいくつかの任務について報告した。この報告では、ニキータ・ドラゴヴィッチ、ジョン・F・ケネディ大統領、ラウル・メネンデスなど、いくつかの人物との3人の関与についての言及がなされている。

1975年4月29日、パラブルシステムと呼ばれるトップシークレットのCIAの暗号装置を破壊するためにベトナムサイゴンにウッズが送られた。パラブルシステムの破壊に成功した翌日、彼はタンソンニャット空軍基地に到着し、CIA分析官のグループを救出し安全に避難させた。

1976年、メイソンはアクティブ・メジャー作戦に参加し、シュタージの離反者からの情報を回収するためにドイツベルリンへ向かった。しかし、離反者は交換が行われる前に殺害された。その後メイソンはミカイル・ベロフ大佐が率いるKGBのスパイ組織を追跡した。メイソンは情報の回収に成功し、その過程でベロフを殺した。

1977年の冬、ハドソンは、ノヴァ計画を復活させるKGBの試みを知った。これは、実際に計画を阻止したのと同じ場所のマウンタウ山であった。ウッズが率いるチームが送られたが、仲間が搭乗していたヘリが墜落し、ウッズしか生き残らなかった。ウッズは施設に侵入し元ノヴァ6開発者のフリードリッヒ・シュタイナーの部下のシュリセルを殺した。施設から回収した情報で、ハドソンとウッズをエルブラス山の近くにあるKGBミサイル発射場に導いた。発射場でノヴァのガス拡散装置を追加した大陸間弾道ミサイルを試射する計画だった。 ウッズはミサイルを爆破し打ち上げを阻止できたが、ヤマンタウ山でのヘリ墜落を生き延びたチームメイトの一人KGBに拘束されたことを知った。彼はハドソンの命令に反してチームメイトを救うために施設に潜入したが、間に合わなかった。ウッズはその後、施設に爆弾を設置し破壊した。

1979年7月19日、メイソンはニカラグアのマナグアに派遣され、KGBによって拘束されていた潜入工作員を脱出できるよう支援した。3ヶ月後、彼はムジャーヒディーンについての情報を持っていた高価値の人物を救出するためにアフガニスタンに送られた。

ジャクソンは、メネンデスカルテルに対する1982年の急襲でカルテルのリーダーのホセ・ルイス・メネンデスが死亡した任務についての情報で報告を締めくくった。ミッション自体は成功したが、その結果現場から逃亡したホセの息子のラウルがその後にカルテルの新しい指導者として台頭してしまった。

ホスタイルモード[編集]

この新しいモード「ホスタイル」は『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』のサバイバルモードに非常に似ている。プレーヤーはウェーブごとに出現する12か16人の敵と戦う。各ウェーブでは特定の武器を使用する。 4つの異なるウェーブで敵を全員倒した後、再びウェーブが始まる。 マップは、Shipmentマップを除いて、ゲームのマルチプレイヤー部分から使用されている。マップは「Shattered」、「Rocket」、「Range」、「Intel」と「Nukehouse」と呼ばれている。各ウェーブの終わりに救援物資がマップ上にドロップされるが、次のウェーブが始まる前までに獲得しなければ消失してしまう。救援物資には迫撃砲、セントリーガン、または武器のいずれかが含まれている。

マルチプレイヤー[編集]

本作のマルチプレイヤーは、Vitaのパーティー・アプリを通じてWi-Fiによる4対4のプライベート試合をフレンドと遊ぶことができる。このゲームには、合計7つのマップ、7回のキルストリーク、5つのゲームモード、18の主武器、10の副武器、6つの装備アイテム、12のパークがある。プレイヤーには、5つのプリセットクラス、5つのカスタムスロット、1つのシェア用クラススロットが存在する[10]。少なくともレベル40に到達した時にプレステージモードへ移行できるようになる[11]

発売[編集]

2012年11月13日に北米でブラックオプス2と共にコールオブデューティ ブラックオプス ディクラシファイドが発売された。PS Vita同梱パックでは本作のダウンロード版が入手でき、同梱パックには無料の4GBのPS Vitaのメモリーカードが付属し、Vita背面に特別なCODテーマが刻印され、Vitaを入れられるポーチも含まれている。北米版の『コールオブデューティ ブラックオプス ディクラシファイド』には『コール オブ デューティ ロードトゥヴィクトリー』の無料ダウンロード権が含まれている[12][13][14]

評価[編集]

評価
集計結果
媒体結果
GameRankings33%[15]
Metacritic33/100[16]
レビュー結果
媒体結果
G40.5/5[17]
Game Informer3/10[18]
Giant Bomb1/5stars[19]
IGN4/10[20]
3 News1.5/5stars[21]

本作は発売以降ネガティブなレビューを受けており、42のレビューに基づいたGameRankingsのスコアが33%となり[15] 、58レビューに基づいたMetacriticのスコアは100点中33点となった[16] 。Game Informerのダン・ライカートは本作を「論外」と呼んだ[18] 。Giant Bombのジェフ・ガーストマンは本作を「支離滅裂」と言及し、酷いタッチスクリーン操作や、敵がバグで動かなくなったり、マルチプレイヤーのマップは「文字通り敵の目の前にリスポーンするほど狭い」と批判した[19] 。3 Newsのダニエル・ラットリッジは、シングルキャンペーンが一時間未満だったとし、「酷いコストパフォーマンス」と述べた[21] 。Pocket Gamerのピーター・ウィリントンも感銘を受けず、本作を「ファンに対して巨大な中指を突きたてている」と呼んだ [22]

本作は批評家から貶されたことで有名になったゲームの一つとなった。

悪評にも関わらず、本作は英国のセールスチャートで初週16位になり、2012年に販売されたPlayStation Vita用ゲームの初週としてはアサシン クリード III レディ リバティに次いで2番目となった[23]

参考文献[編集]

  1. ^ Hindman, Heath (2012年11月19日). “Call of Duty Black Ops: Declassified Review”. playstationlifestyle.net. 2013年11月26日閲覧。
  2. ^ Sterling, Jim (2012年11月20日). “Call of Duty: Black Ops: Declassified”. destructiod.com. 2013年11月26日閲覧。
  3. ^ Call of Duty: Black Ops: Declassified release date confirmed”. twitter.com (2012年10月7日). 2012年10月7日閲覧。
  4. ^ "Call of Duty: Black Ops: Declassified Gamescom Trailer".
  5. ^ Call of Duty: Black Ops: Declassified Details Revealed”. 4PGames.net (2012年8月14日). 2012年8月14日閲覧。
  6. ^ "Influx of new details for Call of Duty: Black Ops: Declassified". Gamesthirst.com. October 6, 2012.
  7. ^ "No Zombies in Call of Duty: Black Ops: Declassified". Computerandvideogames.com. October 9, 2012.
  8. ^ "Call of Duty: Black Ops: Declassified Graphics Are Much Better Now". Gameplox.com. October 7, 2012.
  9. ^ "Call of Duty: Black Ops: Declassified, New Details Now". blog.us.playstation.com. October 3, 2012.
  10. ^ 「Call of Duty: Black Ops Declassified」の背面タッチ機能やKillstreakの詳細、ゾンビモードの非搭載が判明
  11. ^ "Call of Duty: Black Ops: Declassified's Multiplayer features". IGN.com.
  12. ^ 北米版『CoD: Black Ops: Declassified』にはPSPタイトル『CoD: Roads to Victory』が無料で付属
  13. ^ "Black Ops: Declassified update with Nihilistic's CEO". Oneofswords.com.
  14. ^ Black Ops: Declassified bundle copy is digital”. Blog.quadoner.com (2012年10月1日). 2012年11月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  15. ^ a b Call of Duty: Black Ops Declassified”. GameRankings. CBS Interactive. 2012年11月14日閲覧。
  16. ^ a b Call of Duty: Black Ops Declassified”. Metacritic. CBS Interactive. 2012年11月14日閲覧。
  17. ^ Rosenberg, Adam (November 28, 2012). "Call of Duty: Black Ops Declassified Review for PSV". G4. Retrieved November 28, 2012.
  18. ^ a b Call Of Duty: Black Ops: Declassified Review”. Game Informer. GameStop (2012年11月14日). 2012年11月14日閲覧。
  19. ^ a b Call of Duty: Black Ops Declassified Review”. Giant Bomb. CBS Interactive (2012年11月14日). 2012年11月14日閲覧。
  20. ^ Gallegos, Anthony (2012年11月11日). “Call of Duty: Black Ops Declassified Review”. IGN. 2014年3月18日閲覧。
  21. ^ a b “Call of Duty: Black Ops Declassified review”. MediaWorks New Zealand. (2012年11月20日). http://www.3news.co.nz/Call-of-Duty-Black-Ops-Declassified-review/tabid/418/articleID/277348/Default.aspx 2012年11月21日閲覧。 
  22. ^ Call of Duty: Black Ops - Declassified Review”. PocketGamer.co.uk (2012年11月13日). 2012年12月17日閲覧。
  23. ^ "GFK Chart-Track: UK News: Good COD!".

外部リンク[編集]