モダン・ウォーフェア2 ゴースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

モダン・ウォーフェア2 ゴーストは6話構成の漫画シリーズである。 本シリーズは2009年発売の『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』と結びついている [1] 。2009年11月11日に一話目が発行され、二話目が12月に発行された[2]

出版の歴史[編集]

モダン・ウォーフェア2:ゴーストは2009年8月17日にコミュニティ・マネージャーのロバート・ボウリングによってTwitterで発表された。ストーム・プロダクションズによって出版され、デビッド・ラファムが執筆しカバーアートはケヴィン・ウェストとフェデリコ・ダロキオが担当した。


ストーリー[編集]

『モダン・ウォーフェア2 ゴースト』は『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』の重要キャラクターであるゴーストの歴史に関連したストーリーである。コミックシリーズはゴーストがタスクフォース141のメンバーになる前が舞台である。彼の骸骨風のマスクやなぜ彼が自身をゴーストと呼ぶようになったのかなどキャラクターの起源に焦点をあてている[3]

Episode 1: Dead for a Day[編集]

最初のエピソードでは、ゴーストがどのようにして彼のスカル風のバラクラバを使用するようになったのかが語られる。 物語は、ウクライナのリシチャンシクにある学校で始まり、マスクをした人質犯のグループによって拘束されたゴーストを示している。 彼はその後、旧友と呼ぶサイモン・ライリー中尉ついて語り始めた[4] 。彼は、DEVGRUとデルタフォースメンバーで構成された特別部隊に加わるために、22(22連隊と呼ばれる)特殊空挺部隊からリクルートされた。 グループには、テロリストを送り込む麻薬ディーラーを排除する任務が与えられた[5] 。しかし、チームメンバーのサイクスのパラシュートが開かず地表に激突し死亡したことで事態は急変する。ライリーはチームに裏切者がいると疑ったが、ライリーの勘は、チームメンバーのヴァーノンがロバと結託していることが明らかになるにつれて正しいことが分かった。 ライリーは敵を打ち倒しジャングルへ逃れようと試みたが、ロバによって背後から撃たれた。

Episode 2: Dead Life[編集]

「モダン・ウォーフェア2:ゴースト#2」の最中に、メリー・カルテルによってライリーとそのチームが拘束されたことが明らかになった。拘束されている間、彼らは様々な犯罪グループやテロリストグループの殺し屋として使うための継続的な拷問や洗脳技術に耐えた。この試練の中で、読者は、彼の幼年時代から、悪魔の様な父親の虐待にいかに耐えなければならなかったか、SASでの初期の年にどうしていたか、2003年1月にアフガニスタンでの任務から帰還後、虐待を受けていた母親の世話をし、薬物中毒の弟トミーを更生させるために助けたなどのフラッシュバックが描写された。2004年3月、彼は父親を家から追い出したことでついに彼と彼の母親への父親の虐待を終わらせた。2006年6月、今度は完全に薬物中毒から脱した兄弟トミーの結婚式でライリーが介添人として現れた。これらのフラッシュバックの間に、ライリーの敵の多くは、死者の日に参加者が着用するのと同様のスタイルの「幽霊のような」メイク(おそらくライリーの幻覚)をしているように見えた。メキシコのカルテルがライリーらを洗脳できないため殺すことを計画していると知ったアメリカ特殊作戦軍のスパークスとワシントンは脱出に成功したが、ライリーの独房を開けることができなかったため彼を見捨てることを余儀なくされた。その後、ライリーは外に引きずり出され、ロバの演説の後に彼は掘り起こされた棺に投げ込まれヴァーノンの腐敗死体と共に生き埋めにされた。

Episode 3: Dead Will Follow[編集]

最初のいくつかの場面では、ゴーストはライリー中尉の話を続けていたが、若い女性の人質の1人をよく見ているテロリストがおり、彼女がうろたえ不愉快になりつつある光景を目の当たりにしたことで、話を中断し、テロリストに向かって彼が彼女に何をしようと考えているのかをわかっていると叫び驚かせた後話を再開した。

死亡したヴァーノンと共に棺に生き埋めにされたライリー中尉は、脱出方法を探した。ライリーはヴァーノン少佐の下顎の骨を使い、13時間けて墓から自分を掘り起こした。短い休息の後、彼は国境に向かって進んでいたが、数日以内に脱水症状とせん妄に襲われた。彼は彼を助ける人々のあいまいな思い出を持っていますが、約1ヶ月後に彼は国境を越えたが、感染症に感染した傷口と酷い脱水症状とせん妄状態であった。彼は砂の中で崩れ落ち、死ぬ寸前の状態になった。彼は後にテキサスの保安官によって見つけられ病院に送られた。物語はその後2010年12月18日(4ヶ月後と数週間後)にジャンプする。ライリーは上司へ彼の経験について報告している。ライリーの健康状態は良好だったが、彼の上司は精神状態が依然として問題であると危惧している。ライリーはロバが彼を悩まし、罵倒している悪夢をみた。彼の悪夢の1つの後、母親と彼は世間話をし彼の父親についての不愉快な話ではるがストーリーにとっては意味のあるものを知った。

彼の家族と一緒にクリスマスを過ごしている間にスパークスが突然訪問してきた。スパークスとライリーは、地元のパブで一緒にビールを飲みながら、過去の時代とメキシコでの地獄の月の経験を蒸し返した。スパークスは、ライリーに、自分とワシントンがアフガニスタンに配備される予定だと話した。スパークスはまた、メキシコにで何が起こったのか、そしてスパークスとワシントンが現在どのように行動しているのかをスパークスは彼好みの素敵な体の女性を見つつライリーと話した。彼らは家へ徒歩で帰宅しようとする際に、スパークスはパブで見た若い女性に近づき、彼女と寝るために話しかけたが女性は不機嫌になった。怒ったスパークスは女性を殴り気絶させ、ライリーに彼女を強姦できるように彼女の家の中に連れていくようライリーに命じた。 ライリーは密かに警察に通報したことで女性に何らかの害を与える直前に警察が到着した。ライリーとスパークスは逃走した。彼らがスパークスのホテルの部屋に到着すると、スパークスはパニック発作を起こしてベッドに倒れこみ、ライリーに彼の薬を取ってもらうように頼んだ。ライリーは、スパークスが何か企んでいると疑ったが、スパークスがライリーの頭に銃を向けたことで明らかになった。ライリーはすぐにスパークをナイフで切り付け武装解除させ、彼に尋問した。スパークスは当初「(メキシコの)コアウイラに戻りたい」と話すだけだったが、最終的に彼とワシントンはロバのために働いていることを明かしたことで彼らがうまく洗脳されたことを示した。ライリーはこれ以上の情報を得る前に、ワシントンが「スパークス!お前は信じないだろう俺が―」と叫びながら部屋に入ってきた。ワシントンはライリーを見て、動揺し沈黙したが、その後ライリーを銃撃しようとした。ライリーはホテルの窓から飛び降りたがその際に足を負傷したためタクシーを盗んで逃げた。ロバが家族について語ったことを覚えていて、間違ったことをすると起きることを伝えられた(たとえば、 「お前に何が起こるか教えてやろう...」 「これはお前の母親の頭蓋骨だ...」 「これはお前の弟の頭蓋骨だ 」)ライリーは家族の家に向かって急行し、衝撃的な光景を目の当たりにした。彼の母親、弟のトミー、トミーの妻ベス、そして彼の甥ジョセフ全員が殺されていた。ワシントンが犯人であることは間違いなかった。ライリーはスパークス、ワシントンとロバ、そして彼のカルテルを皆殺しにすることを誓った。

Episode 4: Dead Won't Leave[編集]

Episode 5: Dead Won't Rise[編集]

小学校の教室では、ゴーストはまだ人質として拘束されており、「サイモン・ライリー中尉」の話が続いていた。テロリストのリーダーは完全に武装しており、教室外の兵士たちは位置につき、戦う準備があると話した。ゴーストは彼を見て、基本的に彼を無視し話を続けた。ライリーは軍事車両の下につかまり軍事基地に潜入した。彼は兵舎を見つけ、眠っているワシントン中尉を殺し、その後スパークスを見つけた。彼はスパークスを自分の家に連れて行って、処刑された家族の遺体を彼に見せた。スパークスは家族を殺したのは自分ではないと誓ったが、それは問題ではなくライリーは聞いていなかった。ライリーは家族の殺人(母親、兄弟、甥、姉妹)のためにスパークを縛り付け、猿轡をさせ、殴打した。彼はその後処刑され、家は放火された。火を放つ前に、ライリーはドッグタグを交換しスパークの焼死体が自分と見えるようにした(彼の自宅で起きたことであるため)。ワシントン中尉の死体は翌朝発見され、基地は警戒状態になった。基地の司令官は警備室に行き、前夜の監視映像を確認した。メキシコでは、休暇を楽しんでいた2つの元軍隊のグループが待ち伏せされ殺された。ライリーはこの待ち伏せについて知り、すぐに殺人犯の捜索を開始した。彼は実行犯のリーダーを見つけて誘拐する。彼は離れた場所に連れ去られ、必要とする情報を求めて拷問を受けた。

Episode 6: Dead and Gone[編集]

El Gordoの邸宅の場所を見つけた後、ライリーは犯罪者を始末するためにジャングルを旅した。 彼は邸宅の警備員を殺し、逃げようとするロバを見つけ最終的に捕らえた。その後ロバは、彼が子供の頃両親が理由もなく銃殺された時、何十億人もの人々の中では数人程度は取るに足らない存在だと気づいたとライリーに話した。ライリーは彼を始末し、ガードと戦いつつロバの燃え尽きる邸宅を脱出した。場面は小学校に戻り、ゴーストと子供達を人質に取っているテロリストたちは行動を起こすことを決めたが、ゴーストは、ライリーの物語を語っている間に自分自身の拘束を解いており、窓からバックアップが到着するまでテロリストたちを阻止した。 女の子がゴーストがライリーかどうかや彼が話したことが真実かどうかを尋ねたが、ゴーストは「ただの物語」だと答えた。ライリーが燃えている邸宅から歩き出している場面に戻り、彼は 「Task Force 141」バッジを持った高級軍人(シェパード)と対面し、読者にこれがゴーストの起源であると信じさせる。

参考文献[編集]

  1. ^ McElro. “Wildstorm publishing Modern Warfare 2 comic mini-series (update)”. MTV Multiplayer. 2009年8月17日閲覧。
  2. ^ McElro. “Wildstorm publishing Modern Warfare 2 comic mini-series (update)”. DC Comics. 2009年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月17日閲覧。
  3. ^ Frushtick, Russ (2009年8月17日). “'Call Of Duty: Modern Warfare 2' Comic Book Series Coming From Wildstorm”. MTV Multiplayer. http://www.mtv.com/news/2459733/call-of-duty-modern-warfare-2-comic-book-series-coming-from-wildstorm/ 2016年7月8日閲覧。 
  4. ^ IGN: Modern Warfare 2: Ghost Pictures Full Size 3031799”. 2010年3月8日閲覧。
  5. ^ IGN: Modern Warfare 3: Ghost Pictures Full Size 3031800”. 2010年3月8日閲覧。