シングルプレイヤーコンピュータゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シングルプレイヤーコンピュータゲーム英語: single-player video game)とはゲームプレイ全体を通してプレイヤー英語版が1人のみのコンピュータゲームである。「シングルプレイヤーゲーム」は通常1人のみで遊ぶ事のできるゲームを指すと同時に「シングルプレイヤーモード」という通常シングルプレイヤー(1人用)向けのゲームモード英語版を指すこともありそういうゲームでは異なるモードで複数人のプレイヤーが遊ぶ事もできる[1]。『Tennis for Two』、『スペースウォー!』、『Pong』といった黎明期のコンピュータゲームは2人用であり、1人用ゲームが人気を得ていったのは『スピードレース』や『スペースインベーダー』のヒットによるものだった。1978年には最初のMMORPG、別名MUDが製作された。1990年代初期にはマルチプレイヤーモード向けにLocal Area Networkヌルモデム英語版を活用した多くのゲームが登場した。そのようなゲームには『DOOM』がある。

大規模なシングルプレイヤーゲームの主なセールスポイントは興味をひくストーリーライン、印象的なグラフィック、リアリティのあるノンプレイヤーキャラクターと敵である。有名な例として『ゼルダの伝説』のようなアクションアドベンチャーゲームマリオシリーズソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズのようなプラットホームゲーム、『メタルギア』のようなステルスゲーム、『バイオハザード』や『サイレントヒル』のようなサバイバルホラー、『DOOM』や『Half-Life』、『『Deus Ex』英語版のようなファーストパーソン・シューターがある。小規模なゲームのセールスポイントは学習曲線とプレイのしやすさ(多くのタイトルはいくつかのサイトで無料で遊べる)である。

本質的にデザインにおいてシングルプレイヤーを重視している特定のゲームジャンルもあり、そのようなジャンルとして『テトリス』のようなパズルゲーム、『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』のようなプロットベースのロールプレイングゲーム(RPG)が挙げられる。これらのジャンルに加え最近のジャンルとしてテトリスのオンラインマルチプレイヤーバージョンのようなMMOG英語版がありこのトレンドを戻す役割を果たしている。

今時のコンシューマーゲームアーケードゲームの圧倒的多数はシングルプレイヤーで遊べるように開発しているが、これらのゲームの多くはまた2人以上で遊べるためのモード(同時プレイとは限らない)も用意しており、2人以上のプレイヤーが絶対必要なゲームとしては『Unreal Tournament』などがあるが非常に少ない。

関連項目[編集]

脚注[編集]