コール オブ デューティ2 ビッグ レッド ワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コール オブ デューティシリーズ > コール オブ デューティ2 ビッグ レッド ワン
コール オブ デューティ2
ビッグ レッド ワン

Call of Duty2: Big Red One
ジャンル FPS
対応機種 プレイステーション2
開発元 Treyarch
発売元 アメリカ合衆国の旗 アクティビジョン
日本の旗 コナミデジタルエンタテインメント
人数 1人
メディア DVD-ROM
発売日 日本の旗 2006年6月29日
対象年齢 CERO: C 15才以上
テンプレートを表示

コール オブ デューティ2 ビッグ レッド ワン 』(Call of Duty 2: Big Red one)は、コナミデジタルエンタテインメントより発売されている、一人称視点シューティングゲーム (FPS)。『Call of Duty』の別編で『コール オブ デューティ2』のスピンオフ的なゲーム。従来のイギリス軍編やソ連編は一切無く、アメリカ軍編のみだけで構成されたソフトである。日本語版は、2006年6月29日にPS2版が発売。海外ではPS2版以外にもXbox版とニンテンドーゲームキューブ版も出ており、北米のPS2では『ファイネストアワー』とカップリングした、徳用パック『Call of Duty: Legacy』が発売されている。

内容[編集]

プレーヤーはアメリカ軍で最も有名な師団、第1歩兵師団(ビッグ・レッド・ワン)の一員となり、北アフリカ戦線イタリア戦線ノルマンディー上陸作戦などの数多くの有名な戦場の激戦地で仲間と共に枢軸軍と戦う。時には空戦や爆撃任務、支援攻撃の要請などのさまざまな任務も架せられる。

ステージ一覧[編集]

モブージュ‐我々は地獄を見てきた
1944年9月7日08:40時 フランス モブージュ
オラン‐砲火の洗礼式
1942年11月8日06:30時 北アフリカ オラン
チュニジア‐大戦車軍団
1943年2月13日11:00時 北アフリカ チュニジア
カセリーヌ峠‐砂漠の狐
1943年2月19日09:10時 北アフリカ カセリーヌ付近
カセリーヌ‐反撃
1943年2月22日13:50時 北アフリカ カセリーヌ
リベレーター
1942年11月8日09:15時 北アフリカ オラン海岸沖
ジェーラ‐ハスキー作戦
1943年7月10日03:00時 シチリア島 ジェーラ海岸
ピアノ・ルボ
1943年7月11日09:20時 シチリア島 ジェーラ郊外
トロイナ‐さらば戦友
1943年8月5日10:40時 シチリア島 トロイナ
オマハビーチ‐偉大なる聖戦
1944年6月6日06:00時 フランス ノルマンディー
モンス‐楽な任務
1944年9月2日15:20時 ベルギー モンス
アイレンドルフ‐十字架の丘
1944年9月14日06:10時 ドイツ アイレンドルフ・リッジ
ブッフホルツ‐最後の列車
1945年1月19日07:20時 ドイツ ブッフホルツ付近
竜の牙
1945年1月19日10:15時 ドイツ ジークフリート線

主要登場人物[編集]

ローランド・ロジャー
プレーヤーキャラクター。陸軍第1歩兵師団所属。階級は二等兵。ゲーム中では階級で呼ばれるため、彼の名前は海外版の資料でしか確認できない。パッケージの人物が彼である。
ストレッチ
B-24爆撃機のガンナー。階級は不明。ローランドの兄で、1ステージだけプレーヤーキャラクターとなる。ストレッチはあだ名である。
ノーマン・ディレーニ
陸軍第1歩兵師団所属。階級は中尉。シカゴ出身のディレーニは戦術に長けた人物で、陸軍士官学校のころからその頭角を現していた。
生まれついてのリーダー気質である彼は、自分の指揮下のどんな細かなことも漏らさずに覚えており、そのことが部下からの人望の厚さに繋がっている
グレイ・ホーク・ホーキンス
陸軍第1歩兵師団所属。階級は軍曹。
ミネソタ州ダルースで育ったホーキンスは、ある朝、父親が仕事に行ってから2度と戻らなかったため、その日以来、ずっと家族を支えてきた。
ストイックながらも時おり見せるユーモアな振るまいが、仲間との結束をかためるのに一役かっている。
アルビン・ブルックリン・ブルームフィールド
陸軍第1歩兵師団所属。階級は二等兵。“ブルックリン”というあだ名ではあるが、出身地はブロンクスである。
ユダヤ人の大家族に生まれた後は、ジョー・ディマジオが見たくて、いつも学校をさぼっては球場へ足を運んでいた。
入隊当初は空軍を希望していたが、身長が足りず、第1歩兵師団に配属された。
ビクター・ビッグ・デンリー
陸軍第1歩兵師団所属。階級は二等兵。デンリーはテキサスの小さな町で育った。
学校の成績はあまりよくなかったが、フットボールのラインバッカーとしては優秀な選手であった。
18歳になったとき「ヒトラーの髭をむしり取ってケツの穴に突っ込んでやる」という意気込みで入隊を志願した。
スティーブン・ケリー
陸軍第1歩兵師団所属。階級は二等兵。コネチカット出身のケリーは、医者の一人息子として裕福な少年期を過ごした。
クラストップの成績で高校を卒業するとエール大学で英仏文学を専攻した後、2年目修了時点で徴兵されることとなった。
ジョン・ジャクソン・シュミッティ・スミス
陸軍第1歩兵師団所属。階級は二等兵。スミスはクリーブランドで育った。
少年時代から機械いじりをしているときだけは機嫌が良かったという。
ヨーロッパでの戦争が始まるずっと前から、機械工として砲兵師団に所属していた。
しかし実戦とはほど遠い仕事をしていたため、戦闘訓練をまったく受けていない状況で第1歩兵師団に配属された。

登場武器[編集]

連合軍[編集]

枢軸軍[編集]

登場する兵器及び戦闘機[編集]

連合軍[編集]

枢軸軍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]