8.8 cm FlaK 18/36/37

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
8.8 cm Flugabwehrkanone
FlaK 37
制式名 FlaK 18, FlaK 36, FlaK 37
全長 5,791mm
砲身長 4,938mm
全高 2,100mm
重量 7,407kg
口径 88mm
仰俯角
旋回角 360度
発射速度 15-20発/分
有効射程 14,810m(対地目標) 7,620m(対空目標)
最大射程 11,900m(対空目標)
製造国 ドイツ
製造 クルップ社

8.8cm FlaK 18/36/37は、第二次世界大戦前よりドイツ軍で使用され、同盟国にも輸出された、口径8.8cmの高射砲である。

ドイツ語では 8.8 cm Flugabwehrkanone(「対航空機砲」の意) と呼ばれる。口径からドイツ軍将兵は「Acht-Acht(ドイツ語で「8-8」の意味、カタカナ表記では「アハト・アハト」が一般的)」[1]連合軍将兵はeighty-eight(88)と通称した。

概要[編集]

FlaK 18/36/37は同一の基本設計で、本来の対空戦闘任務以外にも、対戦車戦闘や陣地攻撃にも威力を発揮した。また、これを搭載した自走砲も作られ、高射砲型を改造した強力な戦車砲も開発され、同じく活躍した。

対空砲として開発された8.8cm砲であったが、同時に優れた対戦車砲としての能力も有していた。当初より対戦車砲としての使用を考慮して開発された本砲であるが、スペイン内戦での経験によって改めてドイツ軍はその対陸上戦闘能力を確認した。1937年からは野砲や対戦車砲として地上目標への攻撃に使われることが多くなり、最終的には任務全体の93%にものぼったという。この時の経験により、対戦車戦闘向きな直接照準器や、タングステンを用いる硬芯徹甲弾(APCR)のPzGr.40が開発された。

8.8cm高射砲を輸入または鹵獲使用していたスペインポルトガルユーゴスラビアアルゼンチンでは、戦後になってもしばらくの間使用が続けられていた。

開発[編集]

既発の経緯[編集]

第一次大戦に登場した高射砲である
8.8 cm Kw FlaK。砲口初速は785m/s(アメリカ陸軍兵器博物館

第一次世界大戦以降、航空機の技術は大幅な発展を遂げ、以前と比較するとはるかに高高度を飛び、速度も向上していた。そのため各国では対空兵器も大幅な能力の向上を求められることとなり、ドイツでも新型対空砲の開発を進めることとなった。帝政ドイツ軍でも、1917年クルップ社およびエーアハルト(後のラインメタル)社によって開発された口径8.8cmのKw FlaKを配備した。これは後世の高射砲のスタイルの原型となったもので、水平スライド式の尾栓で自動排莢、全周旋回可能な十字型砲架を持ち、水平射撃も可能であった。しかし、第一次大戦敗戦によりヴェルサイユ条約の軍備制限条項によって、高射砲を含むほとんどの兵器の自国生産や新規開発を禁止されていた。このため、ドイツの兵器メーカーであるクルップ社の設計チームは、同社が株主になっていたスウェーデンの兵器メーカーであるボフォース社と共同で、極秘のうちに新型対空砲の開発を行った。そして、このチームは1931年に本社に戻り、スウェーデンで製作した高射砲の発展型の開発を提案した。

8.8 cm FlaK18,36,37 の登場[編集]

シリーズ最初の型である8.8cm FlaK 18

当時ボフォース社で量産され、英国などに輸出された高射砲口径が75mmであった。そこで、クルップ社の設計チームはこれをベースに、ドイツ軍標準口径である8.8cmに拡大、より量産に適したものに改良することにした。

1928年には8.8 cm FlaK 18を開発、これは1分間に15-20発という優れた発射速度を発揮した(当時の標準的発射速度に比べれば、倍である)。FlaK 18とは1918年に生産開始、もしくは部隊配備した高射砲を意味するが、ヴェルサイユ条約で新規開発と保有が禁じられていた兵器であったため、この砲は第一次世界大戦中に既に生産開始されていた、という欺瞞工作として命名された(これは高射砲に限ったことではない)。そして1935年再軍備後のドイツ軍の制式高射砲として採用、空軍陸軍に配備された。なお、ドイツでは、高射砲は元来空軍の管轄下にある火砲であり、8.8cm高射砲も陸軍より多く、生産数の3/4が配備された。後に陸軍高射砲部隊(Heeresflak)も数を増やし、大戦中期より機甲師団に編入されてもいる。歩兵師団の管轄下にあったものは少なく、独立重対戦車(戦車駆逐)中隊に配備され、対戦車砲という扱いで例外的に配備されたものであり、対空射撃に必要な指揮標定装置や時限信管付対空榴弾は持たされておらず、本来の高射砲としての運用はできなかった。

続いてクルップ社は、FlaK 18のスペイン内戦での実戦経験をもとに改良を加えた8.8cm FlaK 36を開発した。主な特徴は、発射方向の切り替えを電源で行うことができ、砲身の交換も簡単にできるように改良された点である。また、砲車も改良され、砲の前後に関係なく取り付けることができるようになり、移動を迅速にした。ただし、コンクリート砲床などに固定設置された事例もあり、こちらは8.8cm FlaK 36/2と称された[2]。砲架の生産が追い付かなかったために余剰が発生した8.8 cm FlaK 41の砲身に、アダプターを介してFlaK 36の砲架と取り付けた8.8 cm FlaK 36/41というバリエーションも存在した[3]

さらに派生型として、観測点から砲へデータを送る機械式アナログコンピュータというべき装置「コマンドゲレーテ(Kommando gerät)」を加えた8.8cm FlaK 37も開発された。主に多種目標を相手にする野戦用としてFlaK 36が、固定陣地での防空任務専用としてFlaK 37が配備された。なお、8.8 cm Flak 18, 36, 37の砲身はそれぞれに互換性があり、古い砲架に新型の砲身、あるいはその逆で使用されている例が確認できる。また、FlaK 41実用化までの暫定処置として、薬室を拡大して砲口制退器付きの新型砲身に換装した8.8 cm FlaK 37/41が登場したものの、完成した頃にはFlaK 41が量産に移行しており、製造数は試作品の12門に留まった[4]

装甲貫徹力[5]
比較対象 砲弾 角度 射程
略称 弾薬 重量 初速 弾着角 100m 500m 1,000m 1,500m 2,000m
8.8cm FlaK 18
8.8cm FlaK 36
8.8cm FlaK 37
Pzgr 9.5kg 810m/s 60° 97mm 93mm 87mm 80mm 72mm
Pzgr.39 10.2kg 800m/s 60° 127mm 117mm 106mm 97mm 88mm
Pzgr.40 7.5kg 935m/s 60° 165mm 137mm 123mm
8.8cm KwK 36 Pzgr.39 10.2kg 773m/s 60° 120mm 110mm 100mm 91mm 84mm
Pzgr.40 7.3kg 930m/s 60° 171mm 156mm 138mm 123mm 110mm

運用[編集]

第二次世界大戦における8.8 cm砲[編集]

長い射程と正確な照準で絶大な威力を発揮した8.8cm砲は、第二次世界大戦開始以降、ヨーロッパにおける東西戦線および北アフリカ戦線で使用された。スペイン内戦での活躍と同様に、さまざまな任務に使用できる多用途砲として絶大な威力を発揮した。

1940年フランス侵攻時、ドイツ陸軍イギリス軍マチルダII歩兵戦車フランス軍ルノーB1といった重装甲戦車に苦戦した。第7装甲師団アラスでこれら連合軍戦車の反撃をうけた際、師団長ロンメル将軍が8.8cm FlaK 18で編成された空軍野戦高射砲部隊(一説には陸軍の10.5cm野砲隊)に命じ、敵戦車を撃退している。

後にそのロンメル率いるアフリカ軍団は、1941年5月の英軍の「ブレヴィテイ作戦」を迎え撃ち、ハルファヤ峠をめぐる戦いでは8.8cm Flak 18がマチルダII歩兵戦車を数十輌撃破している。これは、砂漠特有の陽炎のため、遠くで砲身だけを出して構えている敵砲が見えづらいのと同時に、当時のイギリス戦車の搭載砲が対戦車用の徹甲弾しか撃てず、軟目標に対して効果のある榴弾が撃てなかったのも原因だった。また、「バトルアクス作戦」においても、一個中隊の8.8cm砲により90輌近い英軍戦車が失われ、以後も全戦域にわたって対戦車戦闘に大活躍している。

この他、空軍野戦高射砲部隊に対し陸軍や武装SS将校が対戦車戦闘を要求し、結果、かなりの戦果を挙げて戦線崩壊の危機を救ったケースがいくつか記録されている。

1944年7月、フランスのカニーにおいて、陸軍第125機甲擲弾兵連隊長ハンス・フォン・ルックen)少佐は、8.8cm砲4門を率いるドイツ空軍の大尉に対し、拳銃で「死ぬか勲章をもらうかどっちかだ」と脅し、結果イギリス軍のシャーマン戦車4輌と装甲車輌14輌を撃破させている(その後、この部隊は味方の戦車部隊を敵軍と誤認し、ティーガー重戦車2両を誤射して撃破した)[6]

独特な発射音から、連合軍は、eighty-eightと呼んで恐れ、ドイツ軍将兵はその音を聞くと「Acht-Acht(アハト・アハト)だ!」と沸いたという。

本来の「高射砲」としても威力は絶大で、連合軍パイロットには4連装2cm対空機関砲(2cm Flakvierling38)と共に恐怖の対象となった。

このように8.8cm砲は非常に有用で、大きな戦果を挙げたが、根本的には高射砲として設計されたものであるため、対地用途に水平弾道で直接射撃を行う砲としては、水平状態での閉鎖機(砲弾装填部)が高い位置にあるために、素早い装填にやや難があることや、移動には大型の牽引車両を必要とすること、また運用に要する人員を多く必要とすること、といった難点もあった。高射砲として大仰角を得るための背の高い砲架は、対戦車砲としてのみ考えた場合には目立つために発見されやすい、という指摘もなされた。これらの指摘は後述の発展型の開発に活かされている。

発展型[編集]

8.8cm砲の高い装甲貫徹能力から、同砲をもとに車載用に改設計された、56口径8.8 cm KwK 36戦車砲を搭載したティーガーI戦車が1942年に配備された。また、発展改良型としてより強力な砲弾(従来型とは互換性が無い)を用い、より長い砲身を持つ高射砲であるラインメタル社の8.8cm FlaK 41や、姿勢の低い全周砲架を持つクルップ社の対戦車砲8.8 cm PaK 43が開発され、後者の車載型がエレファント重駆逐戦車ティーガーII主砲として搭載された。さらにPak43の砲身に野砲のものを拡大改良した砲架、榴弾砲から流用された車輪と砲脚を持つラインメタル社の8.8 cm PaK 43/41(71口径 8.8cm対戦車砲)も作られ、III/IV号対戦車自走砲ナースホルンに搭載されたものもあった。

これらの対戦車砲型は高射砲型よりコストパフォーマンスが高く、大戦末期の抵抗に貢献した。しかし、対戦車砲としては巨大で、牽引車輌が無いと移動できないため、撤退戦で放棄される物も多かった。これらを鹵獲したソ連軍では鹵獲したものを装備した部隊を編成して運用している。

その他[編集]

全くの別物であるクルップ8.8cm SK C/30

日本軍1937年中国で鹵獲した8.8cm砲をデッドコピーして九九式八糎高射砲として採用しているが、これは同じクルップ社製ではあるものの、ドイツ海軍向けの艦載および陣地固定式高射砲である8.8cm SK C/30であり、ドイツ空軍向けの野戦高射砲であるFlaK 18などとは全くの別物である。

実際に中華民国軍は20基のFlak18を導入しており、日本軍との戦闘にも投入されているが、同砲は写真が少なく形状があまり知られていなかったため、口径とメーカー名から混同され、九九式八糎高射砲を「FlaK 18のコピー」とする日本語文献は多い。また、同様の誤解から「日本軍もドイツの8.8cm高射砲と同等の能力を持つ砲を開発、装備していた」という認識に基づいた文献や創作物が存在している。

登場作品[編集]

8.8cm高射砲は「ナチス・ドイツ軍の用いた大砲」として有名であるため、第2次世界大戦を描いた作品にはよく登場するが、必ずしも実物が登場しているとは限らず、アメリカ製のM1 90mm高射砲やソビエト製の52-K 85mm高射砲が代役を務めている例も多い。

村上龍作の小説『オールド・テロリスト』には、テロリストの使用武器として「中国大陸より終戦時の混乱に紛れて国民党軍が装備していたものが日本に持ち帰られて密かに保管されていた」という設定で、Flak18と思しき「88ミリ対戦車砲」が登場する[7]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Acht-Acht は日本では「ハチハチ」と訳されることが通例である。
    また、第二次世界大戦後は砲の口径を表記する際に英米式のミリ表示が多く用いられるようになったことと、FlaK36/37の存在を広めた、田宮模型から発売されたプラモデルの製品名が「88ミリ砲」であったことから、本来のドイツ式(センチ表記)ではなく「88mm FlaK 18/36/37」のように表記/呼称されている例も多い。
  2. ^ 広田厚司 光人社NF文庫『ドイツの火砲 制圧兵器の徹底研究』P.242
  3. ^ ジョン・ノリス『オスプレイ・ミリタリー・シリーズ 世界の戦車イラストレイテッド27 8.8cm対空砲と対戦車砲1936-1945』P.10
  4. ^ ジョン・ノリス『世界の戦車イラストレイテッド27 8.8cm対空砲と対戦車砲1936-1945』P.12
  5. ^ Peter Chamberlain, Hilary L. Doyle, 『Encyclopedia of German Tanks of World War Two』, Arms & Armour Press, 1978
  6. ^ 月刊『アーマーモデリング』連載 高橋 慶史『バトル・オブ・カンプフグルッペ』第26~28回「最貧師団から見たノルマンディー戦」
    (大日本絵画:刊『ラスト・オブ・カンプフグルッペ III』に「空軍地上師団ついに勝つ」に改題の上収録)
  7. ^ あとがきには、日本で8.8cm高射砲の実物を所有している、模型会社の海洋堂に取材に訪れたことが記されている。

参考文献[編集]

  • 著:ピーター・チェンバレン、ヒラリー・L・ドイル 翻訳・監修:富岡 吉勝 『ジャーマンタンクス(Encyclopedia of German Tanks of World War Two)日本語版』 (ISBN 978-4499205337大日本絵画 1993年
  • 広田厚司:著 光人社NF文庫『ドイツの火砲 制圧兵器の徹底研究』 (ISBN 978-4769823650光人社 2002年
  • 田中義夫:編 『ドイツ兵器名鑑 1939~45 陸上編』 (ISBN 978-4775800638コーエー 2003年
  • ジョン・ノリス:著/マイク・フラー:カラー・イラスト/山野治夫:訳 オスプレイ・ミリタリーシリーズ『世界の戦車 イラストレイテッド 27 8.8cm対空砲と対戦車砲1936-1945』 (ISBN 978-4499228459) 大日本絵画 2004年
  • 高橋慶史:著 『ラスト・オブ・カンプフグルッペ III』(ISBN 978-4499230971) 大日本絵画 2012年
    • 第II部第6章「空軍地上師団ついに勝つ」p.243~246

関連項目[編集]