7.5 cm leIG 18

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
7,5 cm leichtes Infanteriegeschütz 18
Bundesarchiv Bild 101I-219-0594-33, Russland-Mitte-Süd, Infanteriegeschütz.jpg
種類 歩兵砲
原開発国 ナチス・ドイツの旗 ナチス・ドイツ
運用史
配備期間 1932年-1945年
配備先 ナチス・ドイツの旗 ナチス・ドイツ
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発者 ラインメタル
開発期間 1927年
製造業者 ラインメタル
製造期間 1932年-1945年
製造数 12,000
諸元
重量 400キログラム (880 lb)
銃身 88 cm (3 ft) L/11.2
要員数 5名

砲弾 cased cartridge
砲弾重量 6キログラム (13 lb)
口径 75ミリメートル (3.0 in)
砲尾 ショットガン方式
砲架 split trail
仰角 -10° to 73°
旋回角 12°
発射速度 8-12rpm
初速 210 m/s (690 ft/s)
最大射程 3,550 m (3,880 yd)

7.5 cm leIG 18: 7,5 cm leichtes Infanteriegeschütz 18)は、第二次世界大戦ドイツ国防軍が使用した歩兵砲である。

概要[編集]

開発は1927年からラインメタル社によって始められた。

輸送を容易にするために6-10個の部品に分解できる。最も重い部品でも各々の山岳大隊兵士2名で運べる重さの74.9kgである。

バリエーションに山砲の7.5 cm IG L/13がある。

IG 18 と GebIG 18のスペック[編集]

  • 口径:75mm(2.95in)
  • 仰俯角:73°から-10°
  • 初速:210m/s(689ft/s)
  • 最大射程:3,550m(3,882yds)
  • 水平射角:12°
  • 重量(IG 18):400kg(882lbs)
  • 重量(GebIG 18):440kg(970lbs)
  • 砲弾重量(HE弾):6kg(13.22lbs)
  • 砲弾重量(HC弾):3kg(6.6lbs)

IG L/13[編集]

  • 口径:75mm(2.95in)
  • 仰俯角:43°から-5°
  • 初速:305m/s(1,000ft/s)
  • 最大射程:5,100m(5,577yds)
  • 水平射角:50°
  • 重量:375kg(827lbs)
  • 砲弾重量:6.35kg(14lbs)