5 cm FlaK 41

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
5 cm Flak 41
種類 高射砲
原開発国 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
運用史
配備先 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発期間 1942
製造業者 ラインメタル
製造期間 1942-1945
諸元
重量 3,100Kg
銃身 4.686mm

口径 50 mm
仰角 - 10° - +90°
旋回角 360°
発射速度 180rpm
初速 840m/s
有効射程 6,400m
最大射程 9,600m
テンプレートを表示

5 cm Flak 41とはドイツ国防軍が使用していた口径50mmの対空機関砲である。

概要[編集]

本砲は3,7cm対空機関砲と8.8cm高射砲の、有効射程のギャップを埋める大口径重機関砲として開発された。しかし発射速度が遅く、重量のある砲に対し手動式では旋回が遅すぎ、また発砲時の振動やマズルフラッシュが激しいのも不評であり、結局1941年から200門のみの少数生産に終わった。不評にもかかわらず使用は続けられ、終戦時にはまだ40門以上が残存していたという。

第二次世界大戦末期には後継として5.5cm Gerät58機関砲が試作されているが、実用化前に終戦を迎え、ソビエト連邦軍により発展型の57mm S-60として完成している。

本砲は固定高射砲陣地で用いられた他、ゾンダーアンヘンガー204に搭載され牽引移動できるものもあった。またSd Kfz 7に搭載して自走砲化した5cm FlaK42 (SF) auf Zugkraftwagen 8tが試作されている。さらにベンツ4500Aトラック(装甲型もあり)に搭載した自走砲も作られた。

他にもメーベルワーゲンの武装の候補の一つとされていたが、これは採用されなかった。

外部リンク[編集]