5 cm leGrW 36

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Granatenwerfer 36
1666 - Salzburg - Festung Hohensalzburg - Leichter Granatwerfer M35.JPG
ホーエンザルツブルク城に展示されているleGrW 36。
種類 迫撃砲
原開発国 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
運用史
配備期間 1936年 – 1945年
配備先 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
ブルガリアの旗 ブルガリア王国
スロバキア共和国の旗 スロバキア共和国
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発者 ラインメタル
開発期間 1934年
製造期間 1936年-1945年
諸元
重量 14 kg (31 lb)
銃身 465 mm (18 in)
要員数 2

砲弾 0.9 kg (2 lb) TNT filled
口径 50 mm (1.97 in)
仰角 42°から90°
旋回角 33° 45'
発射速度 15-25 rpm
初速 75 m/s (246 ft/s)
有効射程 50 m (54.7 yd) min
510 m (557.7 yd) max
最大射程 520 m (568.7 yd)
照準 テレスコピック, later none
テンプレートを表示

5 cm leGrW 36leichter Granatwerfer 36)はドイツ製の砲口装填式軽迫撃砲である。

概要[編集]

歩兵部隊の火力支援のためにラインメタル社によって開発され、1936年に採用された。第二次世界大戦初期におけるドイツ国防軍の一般的な小隊用軽迫撃砲であり、命中精度の良い兵器であった。反面、短射程の砲でありながら照準器など凝りすぎで、着弾を見ながら照準を修正する他国の簡易な小型迫撃砲に比べ複雑高価で、また威力の割に重すぎた。

砲身は床板に設置されており、角度はダイヤル式の調整器によって上下される。砲弾は砲口より装填され、発射に際しては引き金を引く。砲弾は榴弾のみが使用された。通常2~3名の兵員で運用される。

1942年以降は第一線を退き、二線部隊や予備部隊の装備となった。また1943年からはKz 8cm GrW 42 短迫撃砲と入れ替えられた。

外部リンク[編集]