2cm Flakvierling38

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2 cm Flakvierling 38
Bundesarchiv Bild 183-J08339, Ausbildung an der Vierlings-Flak.jpg
2 cm Flakvierling 38
種類 対空機関砲
原開発国 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
運用史
配備期間 March 1940–1945
配備先 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発期間 1940年
製造業者 マウザー
製造期間 1940年
諸元
重量 1,509kg(3,327lbs)
全長 4.08 m (13 ft 5 in)
銃身 1.3 m (4 ft 3 in) L/65
全幅 1.81 m (5 ft 11 in)
全高 1.6 m (5 ft 3 in)
要員数 6-7名

砲弾 20×138mmB弾
口径 20mm(.78in)
仰角 -10°-+100°
旋回角 360°
発射速度 1,800rpm(非常時)
800rpm(通常)
初速 900m/s(2,953ft/s)
有効射程 2,200m(2,406yds)
装填方式 20発ボックスマガジン×4

2cm Flakvierling 38は、1940年ナチス・ドイツで開発された4連装対空機関砲である。

開発経緯[編集]

第二次世界大戦開戦以前、ドイツ国防軍の低空目標向け対空機関砲は、単装2cm機関砲のFlak 30を採用していた。しかし、航空機の急速な発展による高速化に伴い、発射速度の遅さが問題となった。そこで、最初に改善要請を受けたのは大口径機関砲の開発で有名だったラインメタル社であったが、他兵器の開発が優先されていたため新たに開発を行う時間も余力も無かった。そのため、マウザー社がFlak 30の改良を担当することとなり、同じ単装型のFlak 38を開発。

しかし、それでも180発/分の発射速度でしかなかったため、海軍軍艦や防空部隊向けに開発中の4連装型を、1940年から陸軍空軍武装SSでも採用することとなった。

2cm Flakvierling 38の登場[編集]

2cm Flakvierling 38(38式4連装2cm対空砲)は、左右に単装の2 cm Flak 38機関砲を2門ずつ搭載、1分間に実用上720(理論上は1,800)発撃つことができる。その分、排出される薬莢も尋常ではないため、機関部側面には空薬莢を格納するネットが装着されている。

基本的には7人(のち6人)で運用される(射撃手・測距手・俯仰手・装填手×2・指揮官)。命中弾数も単一目標に対し多数の弾丸を撃ち込むことが可能となったため向上した。ただし、実際は切れ間無く発砲するために左上と右下、右上と左下と2門ずつで射撃し、その間に残りの2門の弾倉を交換し、緊急時にのみ4門の同時発射が行われた。

その後[編集]

高射砲塔に設置されたFlakvierling(ドイツ1943年
ワルシャワ蜂起鎮圧に使用される半装軌車Sd.Kfz.7/1搭載のFlakvierling

2cm Flakvierling 38の開発後、ドイツ軍における野戦防空体制は格段に上がったといえる。また、汎用性が高く、艦艇はもちろん、基地装甲列車半装軌車、さらに、大戦末期には2cm Flakvierling 38を搭載したIV号対空戦車「ヴィルベルヴィント」が開発され、終戦まで活躍している。低空で進入してくる航空機には大変有効であったため、多数の連合軍機が撃墜されている(特に爆撃機輸送機)。そのため、連合軍兵士からは「魔の四連装」と言われ、恐れられた。しかし、大戦後半には2cm口径では射程も威力も不足とされ、特に連合軍戦闘爆撃機が多用するようになった空対地ロケット弾は、本砲の有効射程外から発射可能であった。当時ホーカー タイフーン戦闘機で対地攻撃を行っていたデズモンド・スコット大佐はその著書で、四連装対空機関砲が弾倉交換で弾幕の途切れる瞬間を狙って攻撃に入る戦術をとり、さほど脅威ではなかったと記している。

2cm Flakvierling 38は1弾倉の装弾数が20発と少なく、また、砲旋回が人力によるため旋回速度が遅く、低空を高速で飛来する敵機に対する追尾能力に問題があった。ベルト給弾式の航空機用のMG 151またはMG 151/20を3連装化して対空用に転用したもの(これも人力旋回であるが、ハンドル操作ではなく軽量なピントル・マウント式砲架を肩付けにより素早く指向できる)や、後継として3.7cm Flak 43の生産、5.5cm機関砲試作も行われている。

関連項目[編集]