7.5 cm PaK 39

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

7.5cm Pak 39 (L/48) (7.5cm Panzerabwehrkanone 39)は、ドイツ国防軍第二次世界大戦中に使用した、口径7.5cmの対戦車砲である。

概要[編集]

PaK 39は、半自動式の薬室閉鎖機構に電気発火装置をそなえた口径長48口径の車両搭載カノン砲である。IV号駆逐戦車軽駆逐戦車ヘッツァーなどに用いられた。

弾薬には、IV号戦車に搭載された7.5 cm KwK 40III号突撃砲に搭載された7.5cm StuK 40と共用の、75mm×495mmの弾薬を使用した。

1943年から、ウンターリュースにあるラインメタル社と、バート・クロイツナッハにあるザイツ製作所株式会社で製造された。主用弾薬は徹甲弾39(APCBC・被帽徹甲弾)と、榴弾37(HE・榴弾)、榴弾39 HL(HEAT・成形炸薬弾)である。

スペック[編集]

  • 制式名称: 7.5cm 対戦車砲 39 (L/48)
  • 形式: 対戦車砲
  • 口径: 75mm
  • 砲身長: 48 口径 (3,615mm)
  • 砲口初速: 750 m/s (徹甲榴弾39)
  • 重量: 1235kg
  • 砲身命数: 5,000~7,000 発
  • 弾薬全長: 495mm
  • 主用弾薬:
    • 徹甲弾39 (Pzgr.Patr. 39)
    • 榴弾37 (Sprgr. Patr. 37)
    • 榴弾39 HL (Gr. Patr. 39 HL)

威力[編集]

*水平面から60度傾けて設置された装甲板に対する貫通性能

  • 500m: 91mm
  • 1,000m: 82mm