38cm ジークフリート K(E)列車砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
38cm ジークフリート K(E)列車砲
38cmSiegfried.jpg
1944年、Rhône Valleyにおいてアメリカ軍の航空機に撃破された38cm ジークフリート K(E)列車砲。
種類 列車砲
原開発国 ナチス・ドイツの旗 ナチス・ドイツ
運用史
配備期間 1941年から1945年
配備先 ナチス・ドイツの旗 ナチス・ドイツ
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発者 クルップ
開発期間 1939年から1941年
製造業者 クルップ社
製造数 4輛
諸元
重量 286t
全長 31.32m

砲弾 分離装薬式、ケース内に装薬を収容
口径 380mm
砲身 18.405m 口径 L/48.4
砲尾 水平鎖栓方式
反動 油圧・空気圧
砲架 2 x 8軸台車
仰角 0度から52.3度
旋回角 車載時、可動せず
ターンテーブル搭載時には360度
初速 1,050m/s
最大射程 55,700m

38cm ジークフリート K(E)列車砲(K - Kanone (カノーネ、砲の意)、E - in Eisenbahnlafette (アイゼンバーンラフェッテ、鉄道上で搭載の意))は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツで開発された列車砲である。元々はビスマルク級戦艦の主兵装として設計されたものの中から余剰の数門が沿岸防衛任務用にドイツ陸軍に移譲され、それを用いている。

設計[編集]

フェーゲレ・ターンテーブル上の24cm列車砲。円状の軌道上に列車が渡されており、360度旋回する

この砲は車載状態において左右への旋回能力を持たなかった。この砲が照準するには、鉄道上のカーブした部分を移動するか、フェーゲレ・ターンテーブル(Vögele Drehscheibe、フェーゲレ・ドレーシャイベ)への積載に完全に依存していた。このターンテーブルは、中心部にピボットマウントを持つプラットフォームと円状の軌道から構成され、このプラットフォーム上に列車砲自体が固定された。

プラットフォームの高さまで列車砲を引き揚げるのには傾斜路が用いられた。このプラットフォームは両端にローラーを持ち、端部は360度旋回用の円状をした軌道の上に据えられていた。これには300tの積載能力があり、ドイツの軍籍にある大部分の列車砲のためには十分なものだった。主砲は0度の状態でのみ装填可能で、このため一度の射撃ごとに再照準が必要だった[1]

弾薬[編集]

本列車砲は標準的なドイツ海軍系統の弾薬を用いた。主装薬は金属製弾薬筒に収められ、追加装薬は別に絹製のバッグに入れられた。砲弾の次に追加装薬から装填された。4種類の砲弾が38 cm ジークフリート K (E)では用いられたが、それらの中には「ジークフリート砲弾」が含まれていた。これは陸軍が開発した特別な長距離砲弾だった。装薬を減装した時には初速920m/sで発射し、射程は40kmだった[2]

砲弾名称 重量 炸薬量 砲口初速 射程
「弾頭信管 榴弾 被帽付き」(Sprenggranate L/4.6 m KZ m Hb) 800kg 不明 820m/s 42,000m
「本体信管 榴弾 被帽付き」(Sprenggranate L/4.4 m BdZ m Hb) 800kg 不明 820m/s 42,000m
「本体信管 徹甲弾 被帽付き」(Panzer- Sprenggranate L/4.4 m BdZ m Hb) 800kg 不明 820m/s 42,000m
「弾頭・本体信管 榴弾 被帽付き」(Siegfried-Granate L/4.5 m KZ u BdZ m Hb) 495kg 69kg (トリニトロトルエン) 1050m/s 55,700m

脚注[編集]

  1. ^ Franc,ois, p. 75
  2. ^ Hogg, pp. 136-7, 242-3

参考文献[編集]

  • François, Guy. Eisenbahnartillerie: Histoire de l'artillerie lourd sur voie ferrée allemande des origines à 1945. Paris: Editions Histoire et Fortifications, 2006
  • Gander, Terry and Chamberlain, Peter. Weapons of the Third Reich: An Encyclopedic Survey of All Small Arms, Artillery and Special Weapons of the German Land Forces 1939-1945. New York: Doubleday, 1979 ISBN 0-385-15090-3
  • Hogg, Ian V. German Artillery of World War Two. 2nd corrected edition. Mechanicsville, PA: Stackpole Books, 1997 ISBN 1-85367-480-X
  • Kosar, Franz. Eisenbahngeschütz der Welt. Stuttgart: Motorbook, 1999 ISBN 3-613-01976-0

外部リンク[編集]