3.7 cm FlaK 43

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
3.7 cm FlaK 43
Ⅳ号対空戦車メーベルワーゲン3.7cm FlaK43プラットホーム.JPG
Ⅳ号対空戦車メーベルワーゲンに搭載された3.7cm FlaK43
種類 高射砲
原開発国 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
運用史
配備期間 1943-1945
配備先 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
製造業者 ラインメタル
製造期間 1943-1945
派生型 3.7 cm Flakzwilling 43
諸元
重量 1,250kg
銃身 2.13m(84インチ) (L/57)
要員数 5

砲弾 37mm
口径 37mm/3.7cm(1.5インチ)
仰角 -7° - +90°
旋回角 360°
発射速度 実用150rpm、最大250rpm
初速 770-1,150 m/s (2,500?-3,800 ft/s)
有効射程 2,000m
最大射程 4,800m
装填方式 8発入りクリップ
テンプレートを表示

3.7 cm FlaK 43は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツの使用した対空機関砲である。

開戦時、ドイツ国防軍では3.7 cm FlaK 18やその改良型である3.7 cm FlaK 36/37を配備運用していたが、これらは威力はともかく発射速度や生産性に問題があった。

新型対空機関砲の開発を命ぜられたラインメタル社は、削り出し部品の多かった従来型に対し、プレス加工された部品を多用することで応えた。これにより工程が75%も減らされて生産性が上がり、本体及び砲架の戦闘時1,250kg、輸送用ハンガーに載せた輸送時2,000kgと、旧型と比べ軽量化にも成功した。また作動方式がガス圧作動となり、80-160発/mだった発射速度が150-250発/mに向上した。

3.7 cm FlaK 43は、連装型の3.7 cm Flakzwilling 43を含め7,126門が生産され、旧型と共に終戦まで使われた。

また大戦後半の対空自走砲重国防軍牽引車等)や対空戦車メーベルワーゲンオストヴィント等)の搭載砲としても使われている。

画像[編集]

参考文献[編集]

ガリレオ出版 グランドパワー別冊 ドイツ陸軍兵器集 Vol.2 (野砲/野戦重砲/対戦車砲/高射砲)

関連項目[編集]