コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー
Call of Duty: Black Ops Cold War
ジャンル ファーストパーソン・シューティングゲーム
対応機種 PlayStation 4
PlayStation 5
Xbox One
Xbox Series X/S
Microsoft Windows
開発元 Treyarch
Raven Software
販売元 アクティビジョン
シリーズ コール オブ デューティシリーズ
人数 1〜40人
発売日 2020年11月13日
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
エンジン IW engine
テンプレートを表示

コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』(Call of Duty: Black Ops Cold War)はコール オブ デューティシリーズの第20作目であるファーストパーソン・シューティングゲームである。

Black Opsシリーズの第6作目であり、 コール オブ デューティシリーズ全体の第17作目。『コール オブ デューティ ブラックオプス』の直接の続編として、2020年11月13日にリリースされた[1][2][3]

概要[編集]

今作では『コール オブ デューティ ブラックオプス4』で廃止されたキャンペーンモードが復活した。キャンペーンはリブート作品ではなく、『コール オブ デューティ ブラックオプス』の直接の続編となる冷戦をテーマとした作品である[4]。また、ブラックオプスシリーズ恒例のゾンビモードも登場する。

ストーリー[編集]

キャンペーンでは、1981年を舞台にCIAブラックオプスチーム による、テロリスト ペルセウス により奪われた核兵器の追跡が描かれている。 アドラーとベル、ウッズとメイソンが組むシーンも多いが、ステージにより組み合わせは異なる。プレイヤーは主にメイソンかベルを操作して闘っていくことになる。「決死の手段」では、操作キャラクターがベリコフからベルへ途中で交代するなどのギミックもある。

プレイヤーはセーフハウスに設置された作戦ボードから次のミッションを選択してプレイしていくことになるが、「レッドサーカス作戦」「カオス作戦」をプレイするためには他のステージに存在する「証拠」を集めて謎を解く必要がある。「証拠」は従来シリーズのようにアイテムとして配置されている場合もあれば、特定のイベントを発生させることで入手が可能になる等の違いがある(どのステージの証拠が必要かは、該当ステージクリア後に明らかにされる)。

キャンペーンステージ[編集]

追跡 - Alex Mason, CIA オペレーター, オランダ アムステルダム, 1981年1月12日
大統領は2人のイラン人テロリスト、カシーム・ジャヴアディとアラーシュ・カディヴァーに対する報復攻撃を許可した
CIAセーフハウスE9 - "Bell", CIA, 西ベルリン, 1981年2月23日
有力な手がかりがない中、チームは見落とした情報が潜んでいないか13年前のベトナムでの作戦を再度見直す
フラクチャー・ジョー - "Bell", CIA, ベトナム キャンプ・ハスキンズ, 1968年1月26日
1968年、CIAはラッセル・アドラーのSOGチームに、ダナンの火力支援基地に隠されている重要な軍事資材の確保を命しる
セーフハウス:東ベルリンの指令 - "Bell", CIA, 西ベルリン, 1981年2月24日
ベルがベトナムで回収したベルセウスの暗号化された情報には、調査価値のある現在も活動中の人物名が含まれていた
反乱分子 - "Bell", CIA, 西ベルリン, 1981年2月24日
ベルリンを拠点に活動するロシア人ギャング、アントン・ヴォルコフはペルセウスとつながっていた。奴を排除または捕縛する必要がある
レッドライト、グリーンライト - "Bell", CIA, ソビエト連邦 ウクライナ サカルバッチャ州, 1981年2月27日
ウッズとベルはウクライナ・ソビエト共和国にある隠された軍事施設に侵入する
冷戦の残響 - Alex Mason, CIA オペレーター, ソビエト連邦 ウラル山脈 ヤマンタウ山, 1981年3月3日
ベルセウスはニキータ・ドラゴヴィッチが残した情報を求めて、放棄されたヤマンタウの基地で略奪を行っていた
セーフハウス:ルビャンカの指令
ラッセル・アドラーは、ヤマンタウでベルセウスが探していた物を知り、潜入スパイの名前を入手するためベルと共にルビャンカ・ビル潜入を企てる
決死の手段
ラッセル・アドラーは、ルビャンカ・ビルで潜伏スパイの身元情報を手に入れるために大胆な計画を考えた
セーフハウス:キューバの指令
1人の潜伏スパイの動きを追跡するうちに、チームはキューバへと行き着く
レッドサーカス作戦
ソビエトのヴァデイム・ルードニク少佐はベルセウスに協力しヨーロッパの政府に工作員を送り込んでいる。チームはルードニクの排除にあたる
カオス作戦
チームは、ベルセウスがアメリカ国内にスパイネットワークを築くのを手助けしているCIAの悪徳職員、ロバート・アルドリッチを追跡する
終点
盗まれたグリーンライトニュークをベルセウスから奪還するため、チームはキューバに向かう
尋問
キューバでの惨事の後、ラッセル・アドラーは残る択肢は1つしかないと決断する
正面突破
ベルはベトナムのジャングルの奥深くで謎めいたバンカーを探す
自己喪失
ベルを危険な尋問にかけた後、ラッセル・アドラーはベルの過去についての真実を明らかにする
最終カウントダウン
ベルセウスの居場所について真実を伝えた後、ベルはチームをロシア北部の沖にあるソロヴェッキー島へと案内する

登場人物[編集]

CIA関係者[編集]

ベル
本作の主人公。名前・性別・所属はプレイヤーによって選択でき、CIA、MI6、元KGBの中から選ぶことができる。
ラッセル・アドラー
吹き替え:間宮康弘
CIAの工作員で、素性を知る者はいない謎多き男。謎の工作員「ペルセウス」を追っている。顔の傷はインドネシアでの作戦中、襲ってきた野生のトラによるものだという(ただしランダムでほかの理由を言うこともあり、真実は話していない可能性が高い)。
アレックス・メイソン
吹き替え:岡林史泰
本作のプレイヤーキャラクターの一人で、「BO」及び「BO2」の主人公。CIAの工作員。本作では主に補助的な任務でプレイヤーキャラクターとなる。
フランク・ウッズ
吹き替え:星野貴紀
CIAの工作員で、メイソンの相棒。過去にラオスでクラフチェンコに殺されかけ、NVAの収容所から一人で脱出した経験がある。
ジェイソン・ハドソン
吹き替え:辻井健吾[5]
CIAの工作員で、メイソンとウッズの担当官。今回は戦闘には参加せず、西ベルリンのセーフハウスで後方支援と本部への報告を担う。
エレアザー・"ラザー"・アズレイ
吹き替え:拝真之介
モサドの工作員。ワシントン出身でイスラエルとの二重国籍持ち。以前ヘレンが追っていた女性スパイを始末した過去がある。
ローレンス・シムス
吹き替え:祐仙勇
CIAの工作員で、アドラーの部下。ベトナム戦争時にはMACV-SOGに所属していた。元陸軍軍曹でロチェスター工科大学卒業生。
ヘレン・パーク
吹き替え:木下紗華
MI6の工作員の女性。飛び級で大学に入ったが、兄がIRAのテロ被害に遭ってから中退して工作員になった。
エマーソン・ブラック
吹き替え:坂東尚樹
CIAの作戦本部副戦略官。ハドソンの上司。

ソビエト連邦[編集]

ペルセウス
吹き替え:魚建
KGBに所属する謎に包まれた工作員。第二次大戦の「マンハッタン計画」の情報の奪取に始まり、ベトナム戦争への関与から本作舞台の1981年まで世界規模で活動が確認されるスパイ。彼の存在が西側諸国にとって最大の脅威だという。
レフ・クラフチェンコ大佐
吹き替え:徳森圭輔
赤軍大佐。前作の悪役ニキータ・ドラゴヴィッチの右腕的存在だった人物。ザカエフと共にKGB内の内通者摘発のためにKGB本部に派遣された。
イムラン・ザカエフ
吹き替え:左座翔丸
MWシリーズのイムラン・ザカエフ本人かは不明。本作ではKGB内の内通者摘発のために派遣されてきた監査員。
ディミトリ・ベリコフ少佐
吹き替え:丸山智行[6]
KGBの将校だが、実はCIAと繋がっている二重スパイでベルやメイソン達の現地支援を行う。攻撃ヘリコプターパイロットでもある。ソ連人であるがMLBの大ファン。一部のミッションではプレイヤーキャラクターとなる。
アントン・チャルコフ大将
吹き替え:石川貴大(オフィス海風)
KGBの上級将校でザカエフとベリコフの上官。KGB本部地下にあるバンカーのセキュリティ強化のため、バンカーのキーカードを管理する。ベリコフとはアフガニスタン戦争時代からの付き合い。
アントン・ヴォルコフ
吹き替え:清里孝也
ペルセウスと繋がりを持つ東ベルリンに潜むロシア人の「武器商人マフィア」。武器や構成員の供給元はKGBであり、諸外国のテロリストやギャングに武器を供給する役割を担う。
ヴァディム・ルードニク少佐
ペルセウスと繋がりを持つKGBの工作員。西側ヨーロッパ各国の政財界に潜伏させた工作員に命令と資金提供を行っている。
ロバート・アルドリッチ
吹き替え:山本格
ペルセウスと繋がりを持つ元CIAのロシア系工作員。CIAを裏切りKGBと内通し、アメリカ国内のKGBスパイ網の元締めとなっている。
ミハイル・ゴルバチョフ
吹き替え:矢野龍太
ソビエト連邦共産党中央委員会書記官(1981年当時)。

東ドイツ[編集]

フランツ・クラウス
吹き替え:利根健太朗
シュタージの情報屋。ヴォルコフやルードニクの下で使い走りをしている。妻子持ち。
ルーカス・リヒター
元CIAの現地エージェントだがKGB側に寝返った。
グレタ・ランゲ
吹き替え:竹内麻沙美
連邦情報局のエージェント。ヴォルコフやクラウスに関する情報をベル達に提供する。

イラン[編集]

アラーシュ・カディヴァー
吹き替え:山本格
ペルセウスと繋がりを持つテロリスト。イランアメリカ大使館人質事件に関与。モハマド・モサッデクの政権を支援していた父親が投獄、拷問され処刑された過去を持つ。
カシーム・ジャヴァディ
アラーシュの部下。

その他[編集]

ロナルド・レーガン
吹き替え:岩崎ひろし
第40代アメリカ合衆国大統領。
アレクサンダー・ヘイグ
吹き替え:井上健一
第59代アメリカ合衆国国務長官。
ハンズ・ティマーマン
オランダ アムステルダム=セントルム警察の警察署長。カシームの確保を行うメイソン達に協力する。アドラーにポーカーでの貸しがあるため逆らえない。
セオドア・ヘイスティングス
吹き替え:井上健一
ペルセウスと繋がりを持つ原子力技師。かつてはドラゴヴィッチの潜入工作員だった。

マルチモード[編集]

各オペレーターのデフォルトスキンは大半が戦闘装備つきの私服である。他スキンには共通の傾向があり、軍服[注 1]のほかマフィアや刑事風のスーツ姿、ギャングやパンク系ファッション、アウトドアやレーサー系ファッションなどがある。

オペレーター[編集]

NATO
ジェイソン・”ハンター”
吹き替え:伊原正明
第75レンジャー連隊の兵士。韓国系アメリカ人。
クワン・”ソン”
吹き替え:櫻庭有紗
韓国軍特戦司の女性兵士。白虎部隊に所属。
フランク・”ウッズ”
詳細は登場人物を参照。CIA要員。
ラッセル・”アドラー”
詳細は登場人物を参照。CIA要員。スキン「ガンスリンガー」では西部劇風の衣装を着用。
ローレンス・”シムス”
詳細は登場人物を参照。CIAおよびMACV-SOGの要員。スキン「レギュレーター」ではブラックパンサー党員の衣装を着用。
ヘレン・”パーク”
詳細は登場人物を参照。MI6の要員。
ジョン・”ベーカー”
吹き替え:高口公介
Navy SEALsの兵士。狙撃手。コンドル作戦の参加者。スキン「ザ・クラウン」ではピエロの衣装を着用。
ワイアット・”ブルドーザー”・ジョーンズ
吹き替え:永野善一
海兵隊SRT隊員。CQBに特化している。素顔は溶接用マスクで隠している。「シーズン1」にて追加。
”ゼイナ”・オッソー
吹き替え:木村涼香
DGSEの女性要員。セネガル人。「シーズン1」にて追加。
テレル・”ウルフ”
デルタフォースの兵士。狙撃および重火器操作の専門家。「シーズン2」にて追加。
カーラ・”リーバス”
コントラの女性ゲリラ。メネンデス・カルテルに敵意を抱く。「シーズン2」にて追加。
サマンサ・”マキシス”
BNDの女性要員。前作のゾンビモードの主要人物であり、呪いを解かれ工作員となった。「シーズン2」にて追加。
Warsaw Pact
セバスチャン・”バルガス”
吹き替え:武田幸史
M-19のゲリラ。元コロンビア軍の兵士。
ジェイダ・”パワーズ”
吹き替え:濱口綾乃
アメリカ海兵隊出身の女性兵士。スパイ疑惑をかけられ東側についた。
イリーナ・”ポルトノバ”
吹き替え:江口育美
KGBの女性工作員。ヴィンペル部隊の一員でもある。スキン「キラービー」では『キル・ビル』のザ・ブライドのような黄色系のレーサー衣装を着用。
メンド―・”ガルシア”
吹き替え:野川雅史
キューバ諜報部(DGI)の工作員。元ストリートギャング。スキン「ツーリスト」では『ファイト・クラブ』のタイラー・ダーデン風衣装を着用。
ハリー・”ストーン”
吹き替え:宮本崇弘
SASの傭兵。目出し帽が特徴で、スキン「ステルス」では『デッドプール』のような赤、黒の戦闘服を着用。
インゴ・”ベック”
吹き替え:石川貴大(オフィス海風)
人民警察第9中隊の隊員。破壊工作のスペシャリスト。スキン「ナイトオプス」では『スプリンターセル』のサム・フィッシャー風装備を着用。
ヴィホル・”スティッチ”・クズミン
吹き替え:楠見尚己
ペルセウスの側近。プロジェクト・ノヴァの中心人物だったがCoD:BOのキャンペーン、リバース島襲撃によりアドラーに捕まってしまい片目を失明させられている。「シーズン1」にて追加。
カパノ・”ナーガ”・ヴァン
ペルセウスの配下。ラオスの軍閥指導者で武器商人。「シーズン2」にて追加。

ゾンビモード[編集]

今作はシステム面ではこれまでのシリーズのシステムの一部を採用し、BO1,2,3を基準にしBOCWシステムを合わせて作られている。

WW2と同様に初期武器と装備を任意で選択はでき,BO4ではショットガン、サブマシンガンまでだったが今作はスナイパーライフルにライトマシンガン、ランチャーやスペシャルも装備出来るようになった。ただし全武器はほぼ威力が均一がされている(ただしスナイパーライフルなどのヘッドショットダメージは均一されていない)、またBO4で登場した特殊武器はフィールドアップグレードとして使用することになっている。ただしフラググレネードなどの装備は開始時になく倒したゾンビからとるか今作から追加されたサルベージを回収して工作台で作っていくようになって今作でスコアストリークも使用するようになって、アーマーと武器のランク上げるにはアーセナルとゆう機械でサルベージを使用してダメージ軽減、武器の威力強化していく。なおフラググレネードなどの装備はラウンドごとに威力が上がるようになっている。10ラウンドそれ以降の5ラウンドづつクリアすると無線でヘリを呼び脱出することができる、ただし脱出地点でゾンビ全て倒さないと時間切れで脱出失敗になる。脱出成功するとボーナスでXPとエーテリウムクリスタルが手に入る。

更に今作のポイントシステムはBO4と同様ゾンビ1体倒せば90ポイントでボーナスポイントのヘッドショット、近接はどちらも115ポイントになったがマルチでのアシストキルがゾンビに採用されていてポイントとXPも稼げるようになっている。またウォールバイは武器のランク、アタッチメントに応じて価格が大きく設定されている。ミステリーボックスは950ポイント支払うがランダムでランク、アタッチメントが排出されるただしラウンドが上がれば上がるほど高ランク、多くのアタッチメント排出され34ラウンド以降になるとレジェンダリーランクで最大8個のアタッチメント排出される。今作弾薬箱でポイントを支払って弾の補充ができるようになってパックアパンチの改造に応じて価格が多くなる。ただしゾンビモードでおなじみのワンダーウェポンは未改造でも1万ポイント支払うことになっている。Perkドリンクはこれまで4つまでしか購入出来なかったが今作では最大制限が解除され全て購入出来るようになった。ただし価格は1つめで2500ポイント支払い2つ目で3000ポイント支払うように1つ1つ購入するごとに500ポイントプラスされ購入すれはするほど価格大きくなる。

今作新しく追加されたスキルはフィールドアップグレード、Perkドリンクなどを強化することが出来る。10ラウンドそれ以降の5ラウンドづつクリアしていくと手に入るエーテリウムクリスタルを使用して強化していく。

ストーリー[編集]

前作のBO4のTAG DER TOTENのラストでプリミスのニコライの行動でこれまで起こったエーテルとダークエーテルの争いとゾンビに埋め尽くされた各世界を全てダークエーテルの所にある真っ暗な世界に放り込み、そして特異点であるプリミスの4人とウルティミスの4人も死んで真っ暗な世界に放り込んだ。その結果アガルタのサマンサ・マキシスとエディ(子供版リヒトーフェン)はゾンビとエレメント115がない新たに世界へたどり着いで物語は終わったかに思えた・・・                舞台は1983年、ソ連のオメガグループという組織は無き935部隊のダークエーテルのゲート発生装置を再稼働してその結果、世界各地にゲートの裂け目とポータル発生しゾンビが出てきてしまうただ静かな混乱で起きている。これの事態をプリミスのニコライは前から予期し大人になったサマンサにオメガグループが装置再稼働のビデオ映像託して、サマンサはすぐに行動し自ら情報を集めCIAにいるグリゴリー・ウィーバーにビデオを送って東ドイツで電話をした。だがオメガグループはどんどん研究し遂には自分たちのワンダーウェポンも作れるようになっていた。サマンサはウィーバーとの電話切って再び行動しウィーバーはビデオ映像の場所に部隊を編制し調査に向かわせた。

マップ、モード[編集]

DIE MASCHINE(デア・マシーナ)ポーランド、モラスコ 1983年11月13日

通称”グランド・セロ”でサマンサがウィーバーにビデオを送った場所であるが、その場所はCoD:WaWのNacht der Untoten(不死者の夜)でありゾンビモードの原点ある。幾つか部分は変化はあり建物は崩れた個所がある、そして墜落した飛行機の奥に洞窟があり更に奥には大本であるダークエーテルのゲート稼働装置ある。これ以上の各地のゲート発生を止めるため施設丸ごと破壊するため、ある方法で施設に詳しい人物を手を貸して施設の機械をオーバーロードを起こし機械が耐え切れなくなった所で脱出し大爆発起き”グランド・セロ”は更地となった。

Firebase Z(ファイヤーベース ゼット)ベトナム、シャウ谷 1984年6月15日

シーズン1途中で追加されたマップで、公式ディザームービーでベトナムのオメガグループの前線基地に潜入したサマンサは兵士を倒したがテレポートゲートから新たな敵に襲い掛かられてオメガグループのドクターウィリアム・ペックに捕まってしまいダークエーテルの世界に飛ばされてしまう。この事態を聞いたオメガグループのディミトリ・ラベノフはレクイエムに場所を教えサマンサ救出を頼んだ。

Onslaught(猛襲)[編集]

このモードはマルチプレイで使われているマップを使用してプレイする。ルールはゲートの裂け目に付いていき止まった所で範囲内でゾンビを次々と倒していく。ただし範囲外だと徐々にダメージが入る。進めるとエリートゾンビが出現してこれを倒すとパワーアップのランダムPerkと武器を落とす。シーズン2で大型マップを使ってプレイすることが公開された。PS4・PS5版限定モードでその他のプラットフォームでは2021年11月1日まで利用不可となっている。

Dead Ops Arcade3[編集]

CoD:BO3以来の登場したミニゲーム的モード。

登場人物[編集]

CIA:レクイエム[編集]

今回の物語進めていく組織。プレイヤーはストライクチームの部隊として行動する、キャラはマルチモードのオペレーターを使用することになっているためNATOとWarsaw Pactの陣営関係なしに好きに選択できるようになっている。

“オフィサー”グリゴリー・ウィーバー

CoD:BO以来の登場で今回のゾンビ対策の指揮官としてプレイヤーに指示を送る役回りを行う

マッケンジー・カーバー

階級は大佐の黒人で朝鮮戦争とベトナム戦争に参加して今回のゾンビ対策の部隊編成に携わる

エリザベス・グレイ

自然科学研究者て今回の作戦で生態などのアドバイザーとして参加した

オスカー・シュトラウス

ドイツの科学者で935部隊の研究は噂で聞いており今回の作戦の重要アドバイザーとして任命された

KGB:オメガグループ[編集]

ディミトリ・ラベノフ

ウィリアム・ペック

BND:マキシス[編集]

サマンサ・マキシス

前作のCoD:BO4から時が立って大人なった少女。エディと共に新たに世界へたどり着いがそこからの生活や経歴などは詳しくは知らない、だけど大人なって西ドイツBNDに所属しついには自分の部隊を作り上げる存在となった。オメガグループがダークエーテルのゲート発生装置を再稼働したのを聞いて自ら部隊を解散しそこから単独で行動しオメガグループを止めようとする。Firebase Zでペックに捕まってしまいダークエーテルの世界に飛ばされてしまうがストライクチームに助けてられてダークエーテルの世界から抜け出した。シーズン2でNATOのオペレーターとして参加する。

ダークエーテル[編集]

シャドウマン

これまでのゾンビ騒動を引き起こした張本人でダークエーテルのキーパー、つまり親玉的存在。CoD:BO3で一度召喚の鍵に封じ込められたがアガルタでルートヴィヒ・マキシス体を支配しアガルタを自分らの世界に支配したが、プリミスの4人らに阻まれてしまい召喚の鍵に再び封じ込められブラックホールに吸い込まれ存在を消した。だがCoD:BO4では展開が改ざんされエーテルとダークエーテル、プリミスの4人とウルティミスの4人ら全部ダークエーテルの所にある真っ暗な世界に放り込まれた。その結果シャドウマンの存在も生きているためオメガグループがゲートを開いたため再び世界を支配しようとする。

WarZone[編集]

前作『CoD:MW』のバトルロワイヤルモード「Warzone」が今作に統合されることが発表された。これにより、Warzone内ではMWとBOCW両方のオペレーター及びロードアウトを使用することが可能になった。

登場銃器[編集]

プライマリ武器[編集]

今作はMWで登場した「ガンスミス」というシステムが引き続き採用されており、アタッチメント等で幅広いカスタマイズが可能となっている。また、登場する銃はライセンス料回避のため一部名前やデザインが変更されている。

アサルトライフル
サブマシンガン
タクティカルライフル
ライトマシンガン
スナイパーライフル

セカンダリ武器[編集]

ハンドガン
ショットガン
ランチャー
特殊
近接

規制[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ウッズ、アドラー、ローレンスはベトナム戦争時代の米軍、パークは英軍SAS、ポルトノバはソ連軍、ベックは西ドイツGSG-9の戦闘服を着用。
  2. ^ 架空の3点バーストサブマシンガン。UMP45やMPLをミックスしたようなデザイン。
  3. ^ ワルサーMPのようなデザインの架空銃
  4. ^ 架空のリボルバー拳銃。コルト・パイソンやS&W M19をミックスしたようなデザイン。
  5. ^ KGBの地下シェルター内に置かれている。上部レイルにアイアンサイトも兼ねた大型のレーザーサイトを搭載しており、スライドに.50CAL、フレームにはMADE IN USAと過去作で登場したANNIHILATORの刻印がある。非常に高威力で装備を身につけた兵士を1ショットキルすることが可能だが、リロードや弾の補充は不可。

出典[編集]

外部リンク[編集]