ブローニングM1919重機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブローニングM1919重機関銃
Browning M1919a.png
三脚架を装着したM1919A4
概要
種類 機関銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 ブローニング・アームズ
性能
口径 7.62mm
銃身長 609mm
使用弾薬 .30-06スプリングフィールド弾(7.62x63mm)
装弾数 250発ベルトリンク
作動方式 ショートリコイル方式
全長 1,219mm(M1919A4)
1,346mm(M1919A6)
重量 14kg(M1919A4)
発射速度 400-600発/分
銃口初速 853.6m/s
有効射程 1,370m
テンプレートを表示

ブローニングM1919重機関銃(ブローニングM1919じゅうきかんじゅう)は、1919年アメリカ合衆国で開発された重機関銃である。


開発経緯[編集]

第二次世界大戦前のアメリカ国内は、他国に比べると工業や産業共に優れた技術を持っていた。そのため、民需技術であっても物品に対する量産性が優れていた。

そんな中アメリカ陸軍では、当時機関銃といえばブローニング社が生産していたM1917重機関銃を使用していた。この機関銃は、第一次世界大戦で他国の装備が新型化しているのに驚いた米陸軍が急遽、制式採用したもので、その後は陸軍の主力機関銃として活躍していった。しかし、M1917は銃身の冷却方式に水冷方式を採用していたため、野戦などでを探すことが難しい戦場では使用することが厳しくなった。また、冷却装置や水タンクなどが銃身部に装着されるため、どうしても銃自体の重量がかさんでしまう欠点があった。

他国の機関銃の空冷式化が進む中、アメリカ、ブローニング社の社長であったジョン・ブローニングは、空冷式の機関銃を開発を進めることになった。改良自体は順調に進み、1919年にM1917の銃身に水冷化装置の代わりに放熱ジャケットをかぶせたブローニングM1919重機関銃を開発、生産にはゼネラルモーターズ社ほか、多くのアメリカ企業が参加し、大量生産を行った。

設計[編集]

発射機構は、機関部の反動を利用したショートリコイル式を採用し、弾薬の給弾方式には従来の給弾ベルトから金属リングベルトに改良されている。初期に開発されたM1919は水冷方式だが、改良後、銃身に放熱ジャケットを取り付けた空冷方式を採用している。シンプルな構造や部品数の少なさは、同時に大量生産を可能とした。

射撃には通常2名で操作し(射手・助手)、バリエーションも改良を重ねた結果、数種類におよんだ。

運用[編集]

第二次世界大戦では、中隊機関銃としてはもちろん、戦車ジープへの車載機関銃として、または銃自体の重量を軽くして航空機銃としても使用(航空機銃としてのディジグネーションはM2)され、各戦線で広範囲に使用された。なお、アメリカ陸軍の類別ではM1919は中機関銃(Medium machine gun)である。第二次大戦当時は水冷式のM1917は「重」中機関銃として歩兵大隊の機関銃中隊に、空冷式であるM1919は「軽」中機関銃として歩兵中隊の重火器小隊にそれぞれ配備された。

この当時の重火器小隊は編成人員が過少で、機関銃・迫撃砲バズーカのいずれも携行弾薬が少なすぎ、陣地に拠れる防御戦時には目立たなかったが、攻撃前進を行う場合には火力支援を続けきることが難しく、欠陥を露呈した。また、M1919A6では銃床二脚を装着し軽機関銃ないしは汎用機関銃として使用できるように改良されているが、これはさすがに無理があり、将兵には重すぎて扱いにくく不評であり、より軽いブローニングM1918自動小銃が多用された。

第二次大戦後も、朝鮮戦争-ベトナム戦争にわたってM1919シリーズは使用されてきたが、1958年に後継のM60機関銃が採用されると第一線からは順次退いていった。海外にも多くが輸出・供与され、給弾や機動性に多少難はあったものの、他の機関銃に比べ故障が少なかったM1919は、輸出先からも好評価を得た。南アフリカ共和国ではライセンス生産も行われ、20世紀末まで主力機関銃の座にあった。外国に輸出されたM1919は、現在もその国の軍隊で使用されている可能性が高い。戦後日本にも供与され、警察予備隊および自衛隊が装備していた。戦車や装甲車人員輸送車)の搭載機銃としても採用され、61式戦車にも同軸機銃として搭載されており、2000年に同車が退役になるまで使われていた。

派生型[編集]

朝鮮戦争で運用されるM1919A6
ベトナム戦争で運用されるMk.21
M1919
初期生産型。銃身水冷方式を採用した水冷式機関銃
M1919A1
銃身を肉厚銃身から軽量銃身に変更、放熱ジャケットを取り付け、冷却方式を水冷から空冷に変更した型。二脚を装着。
M1919A2
銃身をやや短縮し、人力による持ち運びを容易とするために各部パーツを軽量化した型。銃脚を二脚から三脚に変更。騎兵部隊用として開発され、戦間期に騎兵部隊を中心に装備された。
M1919A3
M1919A2の改良型。
M1919A4
M1919A3を元に、戦車ジープなどに装備する車載機関銃としても使用できるように改良された型。第二次世界大戦時の主力機関銃となり、M1919シリーズでは最も多数が生産されて使用された。
M1919A4E1
M1919A4のコッキングレバーを延長したもの。
M1919A5
装甲車両主砲同軸機銃としてM1919A4を改良した型。グリップが省略され、コッキングレバーが銃後方から操作できるように延長されている。
M1919A6
M1919A5を元にフラッシュハイダーを追加、金属製の銃床M1918 BAR用の二脚を装着し、軽機関銃としても運用できるようにした型。軽機関銃としては重量がありすぎると不評であった。
AN/M2
M1919A4を航空機関銃用に改良した型。
T33
AN/M2に銃床と二脚を装着して軽機関銃として用いることができるようにしたもの。太平洋戦線において、海兵隊兵士がAN/M2にM1918 BARの二脚とM1カービンの銃床を取り付けて現地改造した軽機関銃型("Stinger"の名で知られる)を基に制式装備として採用すべく試作されたが、M1919A6の開発と採用により制式化はされなかった。
M37
装甲車両の同軸機銃や要塞などの固定装備として、遠隔操作による射撃を可能にしたもの。ソレノイド式のリモコントリガーに対応しており、給弾が左右どちらからでも可能な設計に変更されている。
Mk.21 Mod.0/1
アメリカ海軍において、M1919の弾薬7.62x51mm NATO弾を使用できるように改良したものの制式名称。

輸出型[編集]

ブローニング Mk.2
ブローニング Mk.1/2
イギリス連邦加盟国向けのタイプで、弾丸はイギリス連邦制式の.303ブリティッシュ弾7.7x56mmR)を使用する。
FN ブローニング Mle1938
ベルギーFN社で製造されたフランス軍向けの派生形で、フランス軍の制式弾薬である7.5mm弾を使用する。アメリカ製のフランス軍向け航空機武装として製造された。
Mg M/52-1/11
M1919A4とM1919A5のデンマークでの呼称名。
M36
フォッカー D.XXI戦闘機に搭載されたタイプ。7.92x57mmモーゼル弾(8mm Mauser)を使用。
M42B
M1919A6のスウェーデンでの呼称名。7.62x51mm NATO弾を使用。
MG4
南アフリカ共和国でライセンス生産されたM1919A4の制式名で、7.62x51mm NATO弾を使用する。
L3A1/A2
.30-06口径のM1919A2。オーストラリアイギリスに向けて輸出された名称。
L3A3/A4
A1およびA2を改良したもの。主にオーストラリアに向けて輸出された。
MG A4
M1919A4のオーストリアでの呼称名。
C1/A1、C5/A1
M1919A4の改良型で、7.62x51mm NATO弾を使用できるように改良した。カナダでの呼称名。

登場作品[編集]

関連項目[編集]