M18 57mm無反動砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M18 57mm無反動砲
M18 57mm Recoilless Rifle pic1.JPG
種類 無反動砲
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1944年以降
配備先 アメリカ軍など
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
朝鮮戦争
ベトナム戦争など
諸元
重量 21.0kg(砲本体)
11.8kg(三脚
全長 1,560mm
要員数 2名

砲尾 断隔螺式
反動 クロムスキット式無反動砲
砲架 M1917A1三脚架
発射速度 5発/min
有効射程 450m(M306A1榴弾
最大射程 4,429m(M306A1榴弾)

M18 57mm無反動砲英語: M18 recoilless rifle)は、アメリカ合衆国で開発・製造された無反動砲である。

概要[編集]

アメリカは、1906年のデイビス砲で世界に先駆けて無反動砲の開発に成功したものの、その後長く顧みられることはなかった。一方、ドイツクルップ社はその成果に注目して、1930年代より無反動砲の開発に着手し、LG40 7.5cm無反動砲を完成させた。これはクレタ島侵攻作戦より実戦投入され、高く評価された。

第二次世界大戦間の装甲技術の著しい発達の結果、歩兵部隊および他の軽武装部隊の対装甲攻撃能力は極端に脆弱化しており、このことから中距離において対装甲攻撃能力が十分に高く、かつ歩兵部隊によって容易に運ぶことが可能な兵器が必要されていた。

1943年、第二次大戦中の北アフリカ戦線においてアメリカ軍はLG40を鹵獲し、ただちにこれを参考にした無反動砲の開発に着手した。開発は法務局携帯兵器部門によって行われ、比較的短期に完了した。これによって開発されたのが本砲であり、アメリカ軍が配備した最初の無反動砲である。

構造[編集]

M18はLG40の単なるコピーではなく、いくつかの新機軸を導入していた。

反動減殺の方法として、新開発のクロムスキット式を採用した。これは、発砲と同時にカウンターウェイトを後方に射出するデイビス式、カウンターウェイトを発射ガスで代用したクルップ式よりも高初速を確保でき、大威力となるというメリットがあった。また、砲弾に既成導子と呼ばれる軟金属製のバンドを巻きつけて、これによって砲弾そのものと砲身との摩擦を減らしつつ旋条効果を得られるようにしたことで、砲身の軽量化にも成功した。これにより、在来型の大砲のような大がかりな砲架が不要になり、砲架にはブローニングM1917重機関銃三脚架が使用されることが多く、また、ジープに搭載しての運用も行われた。

運用[編集]

朝鮮戦争でM18A1 57mm無反動砲を射撃するアメリカ兵

M18は、1944年ごろより製造に入った。大戦中の戦車の急速な進歩により、既に57mm口径では有効な対戦車兵器とは言えなくなっていたが、軽量ゆえに歩兵が携行できたことから、小銃中隊レベルで使用できる大口径の直射火力として重宝され、多くが太平洋戦線に投入された。

大戦後も配備は継続され、アメリカ軍では小銃中隊の無反動砲分隊に2門が配備されていたが、朝鮮戦争では、北朝鮮軍T-34戦車に対して有効な打撃を与えることができなかった。このように戦車の進歩に追いつけなくなってきていたことから、大口径の携行型無反動砲として開発されたM67 90mm無反動砲、のちには新開発のドラゴン対戦車ミサイルによって代替されて退役した。

日本警察予備隊にも供与されたが、同様に供与されたM20 75mm無反動砲陸上自衛隊に改変後も長らく用いられたのに対し、威力不足から早々に退役していった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]