M2 60mm 迫撃砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M2 60mm 迫撃砲
砲弾。左からM69訓練弾・M49A2榴弾・M302白燐発煙弾・M83照明弾

M2 60mm 迫撃砲英語: M2 Mortar)は、アメリカ軍第二次世界大戦-ベトナム戦争にかけて使用した軽迫撃砲である。

概要[編集]

M2迫撃砲は、M1 81mm 迫撃砲手榴弾のギャップを埋めるために、1920年代後半からフランスストークブラン社製Mle.1935 60mm迫撃砲ライセンス生産として、アメリカ陸軍軍需品部により開発が始まり、1930年代後期に試験を受けた。1940年1月、最初の1,500門の発注がなされ、最終的に約60,000門が生産された[1]

アメリカ軍においては、砲本体がM2迫撃砲、支持構造がM2(のちにM5)マウントとして制式化されている。M2迫撃砲は砲身撃針、マウントは二脚と底板などによって構成されている[2]。主に榴弾を使用するが、夜間、低空侵入してくる敵機を迎撃する際にM83照明弾を発射して対空射撃の支援を行ったこともある。

初めて実戦投入された第二次世界大戦当時の米軍の歩兵連隊では1個連隊に27門が装備されていた。歩兵中隊ごとに編成された火器小隊に3門ずつ配備され、歩兵3個小隊を3門のM2迫撃砲が支援するようになっていた[3]。第二次大戦以降も、1942年に制式採用されたM19 60mm 迫撃砲と共に朝鮮戦争ベトナム戦争で使用されたが、現在は新型のM224 60mm 迫撃砲に更新されて退役している。

また、原設計国であるフランス軍においても、オリジナルのMle.1935 60mm迫撃砲とともに運用され、第一次インドシナ戦争アルジェリア戦争でも使用された。日本でも1951年より供与され、陸上自衛隊によって使用されていたが、現在は退役している。

諸元・性能[編集]

出典: アメリカ合衆国陸軍省 (1958年1月) (英語) (PDF). US Army, Technical Manual, TM 9-3071-1. http://www.liberatedmanuals.com/TM-9-3071-1.pdf 2014年4月29日閲覧。. 

諸元

  • 砲身:12.8 lb (5.8 kg)
  • 二脚:16.4 lb (7.4 kg)
  • 底板:12.8 lb (5.8 kg)
  • 全長: 28.58 in (726 mm)

作動機構

性能

砲弾・装薬

  • 弾薬: 60mm迫撃砲弾・装薬
  • 砲弾: 1.33kg(2.94lb)


登場作品[編集]

映画[編集]

戦国自衛隊
戦国時代タイムスリップした自衛隊が、突撃してくる武田騎馬隊に対して使用するほか、反乱を起こした自衛官たちが、飛行するS-62に対しても使用する。

漫画・アニメ[編集]

戦国自衛隊
戦国時代タイムスリップした自衛隊の装備の1つとして登場。

ゲーム[編集]

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3
迫り来る民兵テクニカルを吹き飛ばすためにユーリが使用。

参考文献[編集]

  1. ^ Dan Alex (2010年11月16日). “Mortar, 60mm M2 Muzzle-Loading Light Mortar” (英語). 2012年4月7日閲覧。
  2. ^ アメリカ合衆国陸軍省 (1958年1月) (英語) (PDF). US Army, Technical Manual, TM 9-3071-1. http://www.liberatedmanuals.com/TM-9-3071-1.pdf 2014年4月29日閲覧。. 
  3. ^ ワールドフォトプレス 『世界の重火器 - ミリタリー・イラストレイテッド』 光文社、1986年6月。ISBN 978-4334703738

外部リンク[編集]