M20 75mm無反動砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
M20 75mm無反動砲
M20 75 mm RR.jpg
種類 無反動砲
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1945年以降
配備先 アメリカ軍
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
朝鮮戦争
ベトナム戦争
諸元
重量 51.9kg(砲本体)
全長 2,083mm

砲尾 断隔螺式 下開き式
反動 クロムスキット式無反動砲
砲架 M1917A1三脚架
テンプレートを表示

M20 75mm無反動砲(M20 75ミリむはんどうほう、英語: M20 recoilless rifle)は、アメリカ合衆国で開発・製造された無反動砲である。

概要[編集]

アメリカは、1906年のデイビス砲で世界に先駆けて無反動砲の開発に成功したものの、その後長く顧みられることはなかった。一方、ドイツクルップ社はその成果に注目して、1930年代より無反動砲の開発に着手し、LG40 7.5cm無反動砲を完成させた。これはクレタ島侵攻作戦より実戦投入され、高く評価された。

一方、第二次世界大戦間の装甲技術の著しい発達の結果、歩兵部隊および他の軽武装部隊の対装甲攻撃能力は極端に脆弱化しており、このことから中距離において対装甲攻撃能力が十分に高く、かつ歩兵部隊によって容易に運ぶことが可能な兵器が必要されていた。

1943年、第二次世界大戦中の北アフリカ戦線においてアメリカ軍はドイツ軍のLG40を鹵獲し、ただちにこれを参考にした105mm、さらに155mm口径の無反動砲の開発に着手した。開発は法務局携帯兵器部門によって行われ、比較的短期に完了したが、イギリスが独自に開発した「バーニー砲」の技術情報が伝えられ、これに基づいてドイツ製とは異なる作動原理の無反動砲の開発が行われた。この新たな計画によって開発された3種類(Light/Medium/Heavy)のうち、"Medium"にあたるものが本砲であり、"Light"にあたるM18 57mm無反動砲と並び、アメリカ軍が配備した最初の無反動砲である。

なお、砲弾のうち弾頭部は既存のM1 75mm榴弾砲用のものが流用されている。

構造・運用[編集]

朝鮮戦争でM20 75mm無反動砲を射撃するエチオピア

本砲は、M18と同様、アメリカが独自に開発したクロムスキット式を採用している。無反動砲であることから砲身は非常に薄く軽量であり、また、比較的軽量で反動もほぼないことから、砲架としてはブローニングM1917重機関銃三脚架が流用され、また、ジープに搭載しての運用も行われた。既存の機関銃用銃架にそのまま搭載できることから、本砲を供与された国の中には、軽戦車の砲塔上銃架に搭載し、手軽な火力増強策としている例がある[1]。フランスでは、1956年にイタリア製のスクーターベスパ)にM20 75mm無反動砲を搭載した、ベスパ 150 TAP空挺部隊用の即製戦闘車両英語版として開発され、配備されていた。

1944年には第一試作モデルであるT21のテストが行われ、1945年3月より量産モデルの生産が開始されて、ヨーロッパおよび太平洋の戦場に順次配備されたが、欧州戦線では程なく戦争が終結したこともあり、少数が使用されたのみに終わった。太平洋戦線でも同年6月の沖縄戦より実戦投入されたが、やはり配備数が揃わないまま終戦を迎えている。

大戦後も配備は継続され、歩兵大隊の無反動砲小隊に4門が配備されたが、朝鮮戦争では、北朝鮮軍T-34戦車に対して有効な打撃を与えることができなかった。成形炸薬弾を使用しても、装甲貫通力はRHA換算で100mmに過ぎず、有効な対戦車火力とは言えなくなっていたため、大口径化されたM40 106mm無反動砲、あるいは対戦車ミサイルによって代替されて退役した。ただし、ベトナム戦争中においても、アメリカ陸軍特殊部隊群の指揮下に編成された民間不正規戦グループ(CIDG)や、タイ王国軍フィリピン軍など同盟国軍においては運用が継続されていた。


なお、アメリカ軍から全ての砲が退役した後も、雪崩予防(アバランチコントロール)に用いるため、アメリカ合衆国国立公園局においては1990年代に弾薬の備蓄が尽きるまでは運用が継続されていた。

日本における運用[編集]

日本の陸上自衛隊においても、アメリカ軍よりの供与品を75mm無反動砲M20として、普通科部隊が保有していた。供与は警察予備隊時代の1951年より開始され、19701980年代には対戦車ミサイルに置き換えられる形で部隊から引き揚げられ、予備装備となった。予備装備としての保管はその後も続けられ、正式に退役とされたのは1994年のことである。

中華民国/中華人民共和国における運用[編集]

中華民国においてはM18 57mm無反動砲と共に1945年にアメリカより援助品として供与され、部隊での運用結果が良好であったことから設計図を入手して製造設備を揃えて自国生産に着手したが、国共内戦の結果の台湾への撤退により、中国大陸では部分的な国産に成功したのみに終わっている。台湾遷都(「台湾国民政府」の発足)後に改めて台湾で生産された国産品は“民國43年式75mm無後坐力炮”(43年式75mm無反動砲,“43年式”は中華民国暦(民国紀元)に基づく)の制式名称が与えられ、同じくライセンス生産されたM40 106mm無反動砲と共に長らく装備された。

中華人民共和国では中華民国から接収した設備と設計図を用いて“52式75mm无后坐力炮”としてコピー生産し、車輪を装着できるように改良した独自設計の砲架と組み合わせて運用した。更に、細部を中華人民共和国独自の仕様に修正した“56式75mm无后坐力炮”、56式の砲身と砲尾を分割して分解して運搬できるように変更した“56式I型”、-I型の細部を改修し、砲架より車輪を廃して三脚のみとした“56式II型”と発展し、歩兵大隊の支援火砲として長らく使用した。52/56式はコピー品でありながら独自に開発した安定翼付HEAT弾が使用できる点でオリジナルよりも改良されている。また、改良が為される毎に軽量化がなされ、56式II型では砲本体の重量は51kgと、個人が肩担して運用できるものにまで軽減されている。

52式、および56式の各型は中華人民共和国の他北ベトナムといった国々にも輸出/供与されて用いられており、レバノン内戦では中華人民共和国が支援した勢力が使用していることが確認されている。

諸元・性能[編集]

諸元

作動機構

性能

  • 旋回角: 360°
  • 砲口初速: 304.8 m/s
  • 有効射程: 約900m(移動目標)
    約1,350m(固定目標)
  • 最大射程: 6,400m
  • 発射速度: 10発/分

砲弾・装薬

  • 弾薬: 完全弾薬筒(75×408mmR)

運用史

登場作品[編集]

大怪獣バラン
自衛隊が、の中から姿を現したバランに対して使用する。
地球防衛軍
防衛隊が、モゲラの侵攻を食い止めるために使用する。映像は、陸上自衛隊の協力により実物を用いて撮影している。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 75mm無反動砲を砲塔上銃架に搭載したパラグアイ陸軍のM3軽戦車(Chuyện thật như đùa: Xe tăng M4 Sherman trở lại phục vụ ※ベトナム語ページ) ※2018年12月11日閲覧

参考文献・参照元[編集]

関連項目[編集]