Mk19 自動擲弾銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mk.19 自動擲弾銃
MK19-02.jpg
M3三脚上のMk.19 自動擲弾銃
Mk.19 自動擲弾銃
種類 自動擲弾発射器
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 サコー・ディフェンス
仕様
銃身長 41.28cm
使用弾薬 40x53mm
作動方式 APIブローバック方式
全長 109.5cm
重量 32.92kg(本体のみ)
62.43kg(三脚など一式)
発射速度 325rpm
375rpm
銃口初速 240.7m/秒
有効射程 1,600m
歴史
設計年 1966年
製造期間 1967年-
テンプレートを表示

Mk.19 自動擲弾銃(Mk.19 じどうてきだんじゅう; 英語: Mk.19 grenade launcher)は、ベルト給弾方式の自動擲弾発射器(グレネードマシンガン)である。

開発されたのはベトナム戦争中の1966年で、最初の試作モデルであるMk.19 Mod 0は信頼性の低い危険な物であったが、続いて試作された6基のMk.19 Mod 1は、1972年メコン川アメリカ海軍哨戒艦艇でのテスト運用で成功を収めた。その後海軍向け量産モデルとしてMk.19 Mod 2が生産された後、1976年に改良型のMk.19 Mod 3が開発され、このモデルがアメリカ陸軍でも1983年から運用される様になった。

ベトナム戦争の後、1991年湾岸戦争1993年ソマリア内戦でもアメリカ軍によって運用され、2000年代以降のイラク戦争アフガニスタン紛争でも引き続き運用されている。またアメリカ以外の輸出先でも広く運用されている。


概要[編集]

Mk.19は、40mmグレネードを最大で毎分300-400発の連射速度で発射し、持続連射速度は毎分40発程度の性能である。本体重量は33kg。最大射距離は2,200mだが、有効射程は1,600m、照準は1,500mまでの目盛となっている。75m未満の射距離では、射手自らが被害にあう可能性がある。銃口フラッシュハイダーの効果と発射ガスの少なさから、射撃位置の秘匿性に優れている。AN/TVS-5夜間照準具の使用で、夜間でも射撃可能である。

使用される弾薬40x53mm擲弾であり、M203 グレネードランチャー40x46mmとの互換性はなく、有効射程が10倍以上も違う別物である。M203は、技術的には「低速度」擲弾に分類され、主に対人用の榴弾を射撃する。Mk.19は「中速度」であり、対人・対装甲車両用の多目的榴弾を射撃する。

主な使用弾薬は、M430多目的榴弾である。この弾薬の危害範囲は、弾着地点から半径5m以内の人員を殺害、半径15m以内ならば負傷する。直撃ならば約5cmの装甲を貫通でき、歩兵戦闘車装甲兵員輸送車に有効な打撃を与えられる。集団で行動する歩兵に対して特に有効である。弾薬は、32-48発をまとめて一つの金属容器に収納し、その重量は20-30kgである。

Mk.19は、Mk.18 手動連発擲弾銃の後継装備品である。

構造[編集]

作動原理はブローバック・オープンボルト方式で、レバーを倒すと弾薬は機械的に薬室へ給弾される。引き金を引くと、ボルトが閉鎖して撃針が解放され撃発、弾丸が射出される。発射ガス圧を受けたボルトが後退して排莢と装填を行う。この作動方式は、まれに射手を事故に巻き込むことがある。弾詰まりを起こした場合、射手は薬室から弾丸を抜き出すが、このときにボルトが閉鎖してしまうと弾丸が炸裂する場合があり、近隣の人員を死傷させる。

生産は、ジェネラル・ダイナミクスおよびサコー・ディフェンスが行っている。

運用[編集]

元々はアメリカ海軍哨戒艦艇への艦載兵器として開発されたが、Mk.19 Mod 3以降、陸軍海兵隊でも運用されるようになった。地上据置の場合、射撃は通常1個で行い、M205三脚などに搭載される。また、軍用車両銃架への搭載や、装甲戦闘車両銃塔に組み込まれて使用されるケースもある。多くの場合、M2重機関銃と選択的に使用可能である。

地上据置[編集]

通常、三脚に載せて使用される。分解して兵士が運搬する事が可能となっている。

車載 (銃架)[編集]

海軍の哨戒艦艇の他、MRAPハンヴィーM151MTVRIFAVなどの装甲車両や非装甲車両に搭載される。アメリカ陸軍や海兵隊では、2003年のイラク戦争後、射手の防護のためOGPKMCTAGSと呼ばれる銃手用防弾板キットが運用されており、Mk.19もこういった銃塔キットに組み込まれて運用されている。

車載 (銃塔)[編集]

アメリカ陸軍のM1117 ガーディアンASVやアメリカ海兵隊のAAV7に搭載されているキャデラック・ゲージ社製の銃塔には、M2重機関銃とMk.19が同軸(並列)に配置され、いずれも銃塔内からの射撃が可能となっている。

車載 (RWS)[編集]

アメリカ陸軍のストライカー装甲車には、ノルウェーのコングスベルグ・ディフェンス&エアロスペース社の開発したM151 プロテクターRWS(遠隔操作式銃塔)が標準装備されており、M2重機関銃とMk.19を選択して搭載可能である。また、アメリカ陸軍の汎用のRWSとして採用されたM153 CROWS IIにも、同様に搭載可能である。

運用国[編集]

ジェネラル・ダイナミクスによれば、総計約35,000挺のMk.19 Mod 3が製造され、1984年から海外への輸出が始まり、世界に約30カ国のユーザーが居るとされる。

登場作品[編集]

映画[編集]

ジャーヘッド
ワールド・ウォーZ
陸軍州兵イスラエル軍ハンヴィーに搭載されている。

ドラマ[編集]

CSI:ニューヨーク

漫画[編集]

続・戦国自衛隊
戦国時代タイムスリップした、アメリカ海兵隊ハンヴィーAAV7の搭載火器として登場。また、同様にタイムスリップしてきた自衛隊も、米海兵隊よりこれを鹵獲して使用する。

ゲーム[編集]

ArmA: Armed Assault
ARMA 2
Far Cryシリーズ
Far Cry
Far Cry 2
Operation Flashpoint: Dragon Rising
Wargame Red Dragon
何故か自衛隊96式装輪装甲車に搭載されて登場する。
コール オブ デューティシリーズ
CoD4
CH-46 シーナイトから掃射する際に登場。
CoD:MW2
ミッション「S.S.D.D.いつもの戦場」にて、ハンヴィーの横に置いてある。
CoD:MW3
バトルフィールドシリーズ
BF2
BF2MC
BF3
BF4
マーセナリーズ
マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス
メダル・オブ・オナー ウォーファイター

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Jones, Richard D. Jane's Infantry Weapons 2009/2010. Jane's Information Group; 35 edition (January 27, 2009). ISBN 978-0-7106-2869-5.
  2. ^ Armada Argentina - official site
  3. ^ Bangladesh Navy Special Warfare Diving And Salvage (SWADS)”. Bdmilitary.com. 2012年11月24日閲覧。
  4. ^ http://www.hrvatski-vojnik.hr/cache/fdgallery/5b2eef04df_mimohod-b-tehnika-4_750x550.jpg
  5. ^ http://www.osrh.hr/Data/HTML/HR/GLAVNA/DOGA%C4%90ANJA/20150806_ZZ_Sve%C4%8Dani_mimohod_u_Zagrebu_4.8.2015/mimohod_0150.jpg
  6. ^ http://www.osrh.hr/Data/HTML/HR/GLAVNA/DOGA%C4%90ANJA/20150806_ZZ_Sve%C4%8Dani_mimohod_u_Zagrebu_4.8.2015/mimohod_0151.jpg
  7. ^ a b A new generation of AGLs”. Thefreelibrary.com (2002年4月1日). 2012年11月24日閲覧。
  8. ^ Greece Land Forces”. Armyrecognition.com. 2012年11月24日閲覧。
  9. ^ ARW Operator manning a MK19 on a Long Range Patrol Vehicle”. 4 January 2010. Flickr. 2014年5月14日閲覧。
  10. ^ Miles, Donna (2009年4月8日). “Gates, Lebanese Defense Minister Explore Expanding Bilateral Relationship”. American Forces Press Service - DefenseLink News. 2009年4月8日閲覧。
  11. ^ www.defence.pk pakistan-army
  12. ^ http://mon.gov.pl/pl/galeria/2374/
  13. ^ Janq Designs. “Special Operations.Com”. Special Operations.Com. 2012年11月24日閲覧。
  14. ^ Henrik Svensk. “Granatspruta 40mm Grsp”. Soldf.com. 2012年11月24日閲覧。
  15. ^ Report: Profiling the Small Arms Industry - World Policy Institute - Research Project”. World Policy Institute (2000年11月). 2010年7月15日閲覧。
  16. ^ http://www.anahaberyorum.com/gundem/bu-silah-katoyu-pkkya-dar-etti-h8892.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]