軽機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

軽機関銃(けいきかんじゅう、英語: Light machine gunLMG)は、三脚銃架に乗せて固定的に運用する重機関銃に対して、一人で持ち歩きできるぐらいに軽量化した野戦用の機関銃を指す。

持続射撃能力を妥協して軽便性を重視した結果、ボックス型の弾倉を用いることが多く、銃身交換機能が無いものも多い。

MG34機関銃を嚆矢とする、軽機種と重機種の二つを統合した汎用機関銃が一般的となると、軽機関銃というカテゴリーは自然消滅した。

現代では、アサルトライフル弾薬を使用する分隊支援火器が近い立ち位置を占めている。

歴史[編集]

第一次世界大戦と歩兵戦術の変化[編集]

古来から、野戦の攻撃戦術の基本は、騎兵歩兵部隊が密集隊形を組んで敵陣に突撃し、防衛線を突破する戦法が大原則だった。しかし第一次世界大戦初期、機関銃と鉄条網の登場で、これが根本的に変わった。

中国の国民革命軍によって使われるZB26

敵陣地に密集隊形で突撃する従来の戦法は大損害を受けて撃退されることがたび重なり、その戦訓から歩兵戦闘は密集した隊形で突撃する戦法から、小部隊ごとに散開する戦術に変化した。ドイツ帝国は大戦末期に小隊分隊といった小単位の歩兵を敵前線の脆弱な地点に浸透させ、後背に回り込ませて敵戦線を突破する浸透戦術を考案した。この分隊単位戦闘の上で必要となったのが、火力とともに機動性を備えた機関銃である。

第一次大戦以前の各国の機関銃は、ほとんど全て車輪つき銃架や三脚に固定されていて、後の重機関銃に分類されるものであった。初期の機関銃は主に水冷式で、三脚や弾薬を含めると非常に重く馬を使って移動するもので、歩兵の攻撃前進に追随することは困難だった。解決策として重機関銃を軽量化したものなども作られたが、次第に新しい戦術に適応した射手が一人で持ち運び、二脚(バイポッド)を備え、給弾手とともに第一線歩兵の前進に同伴できる軽機関銃が、参戦各国の間で開発され、広く用いられるようになった。

第二次世界大戦では分隊を単位とする歩兵戦闘理論がさらに発展し、軽機関銃は名実ともに分隊火力の中核をになった。ドイツや、その理論を学んだ日本陸軍では各歩兵分隊に軽機関銃が配備され、分隊火力は軽機関銃が担当する戦闘理論であったため、一般兵士の銃には大火力が必要とされず、終戦まで連発機能のないボルトアクション式のままであった。第二次大戦後は米軍もこの思想を取り入れ、各歩兵分隊に1丁の機関銃を配備するようになった。対してソ連などでは、歩兵の大集団が犠牲を覚悟で敵に肉薄し、近距離から弾丸を乱射する戦法であったため、各兵士が短機関銃を装備したのである。

第一次世界大戦期の連合国側の主力軽機関銃は主にルイス機関銃であったが、これは軽量だったが故障が多かった。ドイツ帝国側の軽機関銃は主にシュパンダウMG08重機関銃を二脚に乗せて軽量化したものが使われたが、本来の水冷式をそのまま空冷にしたもので急造の感が否めなかった。

第二次世界大戦時には信頼性の高いチェコZB26系列がイギリス中華民国などの主力になった。唯一軽機関銃の開発が遅れたアメリカ陸軍のみが、BARという軽機関銃に類似しているが、当時は自動小銃として扱われていた、より能力の劣る分隊支援火器をその用途に充てた。歩兵分隊の火力不足は、当時のアメリカ陸軍の隠れた弱点であった。

汎用機関銃の登場と軽機関銃の衰退[編集]

MG3

第二次世界大戦前夜に採用されたドイツ国防軍MG34機関銃は、従来の重機関銃と軽機関銃の二つのカテゴリーを統一する存在となった。この銃は対空任務をこなせるほど発射速度が高く、また、ベルト給弾銃身交換機能によって持続射撃能力も高かったため、三脚銃架に載せて重機関銃として運用できた。それでいて軽量だったため、二脚を装備しての軽機関銃的な運用もごく当然に行えた。MG34の後継汎用機関銃として第二次大戦を戦い抜いたMG42が、現在でもほぼ口径を変更しただけでMG3としてドイツ連邦軍をはじめ欧州各国で使用されて続けている。(7.92mm→NATO標準7.62mm)

第二次大戦後は、歩兵用の機関銃は汎用機関銃に統合され、従来のような専用の軽機関銃は少なくなった。一方で重機関銃は車載が主流となって生き残り、民間用トラックに重機関銃を据えつけた戦闘車両は、中東アフリカ紛争地帯で主要兵器となっている。

より携帯性の高い分隊支援火器の登場[編集]

長い間、自動小銃と軽機関銃の中間的な位置づけの分隊支援火器は世界的なものでは無く、アメリカ陸軍が用いていた概念に過ぎなかった。しかし、軽量短小弾薬を使用するアサルトライフル歩兵全般に普及したことで、その弾薬を使用する小型の軽機関銃が登場し、汎用機関銃と区別するために分隊支援火器と呼ばれるようになる。

まずAKシリーズが成功した東欧圏から利用されるようになり、後に西側諸国も主流の弾薬が7.62mm弾から5.56mm弾に移行したことにともない、分隊支援火器が普及した。

小型な分、汎用機関銃より携帯性がよいものの、射程、持続射撃力、制圧力などが劣るため、どちらかが一方を駆逐するには至っていない。

主な軽機関銃[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

イギリスの旗 イギリス

イタリア王国の旗 イタリア王国

インドの旗 インド

大韓民国の旗 大韓民国

シンガポールの旗 シンガポール

スイスの旗 スイス

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

大日本帝国の旗 大日本帝国

チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア

 デンマーク

西ドイツの旗 西ドイツ

 フィンランド

フランスの旗 フランス

ベルギーの旗 ベルギー

メキシコの旗 メキシコ

軽機関銃的な運用が行われた銃(分隊支援火器)[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

脚注[編集]

関連項目[編集]