H&K HK416

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
H&K HK416
HK416.jpg
HK416N
Aimpoint Comp M4ダットサイトをアッパーレシーバー上面、フォアグリップをハンドガード下面のピカティニー・レールに取り付けている
H&K HK416
種類 軍用小銃
製造国 ドイツの旗 ドイツアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 ヘッケラー&コッホ
仕様
種別 カービン
口径 5.56mm
銃身長 9インチ-16.5インチ(228mm-505mm)※モデル毎に異なる
ライフリング 6条 右回り 1:177.8mm(1:7″)
使用弾薬 5.56x45mm NATO弾
装弾数 30発
作動方式 ガス圧作動方式
ロテイティングボルト方式
全長 560mm-941mm/690mm-1,037mm(銃床最大展張時)
 ※銃身長他によって異なる
重量 3.1-4.2kg ※銃身長他によって異なる
発射速度
  • 700発/分
  • 900発/分 ※HK417C
  • 650発/分 ※HK417A5
銃口初速 890m/秒 ※16.5インチバレルモデル
有効射程 300m
最大有効射程 400m
歴史
設計年
製造期間
配備期間
配備先 #使用国を参照
関連戦争・紛争 アフガニスタン戦争
バリエーション #各型及び派生型を参照
テンプレートを表示

H&K HK416(Heckler-und-koch HK416)(HKM4)は、独ヘッケラー&コッホ社(H&K社)が開発したカービンタイプのアサルトライフルである。

計画時の名称から“エンハンスド・カービン(Enhanced Carbin)”とも呼ばれる。

概要[編集]

アメリカ陸軍が、H&K社にM4カービンの改修を依頼して開発されたもので、M4カービンの独自改良版である。

当初開発されたモデルにはHKM4の名称が付けられたが、M4カービンの製造元であるコルト・ファイヤーアームズより抗議を受けたため、2005年にはHK416と改称されている。

銃身の長さに応じて複数のバリエーションが存在している他、本銃の発展型として7.62x51mm NATO弾仕様としたH&K HK417が開発されている。半自動射撃機能のみとした民間向け型も開発・販売されており、使用弾薬を.22LR(22口径ロングライフル弾)としたスポーターモデルもライセンスを所得した別会社により開発されて販売されている。

ドイツのH&K本社で生産されている他、H&Kのアメリカ現地法人であるH&K Defence USA社によっても生産・販売されており、同社が生産、納入/販売しているものにはHK416Dの名称が付けられている。

開発[編集]

2001年H&K社がイギリス軍L85A1の近代改修を請け負った際の実績を評価し、アメリカ陸軍M4カービンの改修をH&K社に依頼した。

M4カービンはM16自動小銃の特性を引き継いだ優秀な自動火器ではあったものの、「光学照準器を始めとする様々なオプション装備に十分に対応していない」「過酷な使用状況での信頼性に問題がある」との不満も多かったためである。特に、特殊部隊用途としては将兵の評価は必ずしも高くなく、それらの部隊ではM4以外の様々なAR-15系列の自動小銃を「試験用途」の名目で使用している状況でもあり、装備の統一が求められていることも、M4の改修型が求められた要因であった。
これに加え、H&K社ではアメリカ軍次期制式アサルトライフルとして同社のG36を基にしたXM8を提案しており、M4カービン改修型の開発と納入にはXM8の本格導入までの暫定装備としての位置を念頭に置いていた。「M16/M4と操作は基本的に同じであるため新たな銃器教育体系の必要がなく、性能面ではXM8と同等である」という存在を用意することで、制式小銃をXM8に切り替える際の“ストップギャップ(stop-gap:「穴埋め」「中繋ぎ」の意)”として、XM8と併せて大規模な導入が見込める、と考えていたためである。

これらの事情を踏まえ、アメリカ陸軍特殊部隊“デルタフォース”の元隊員である、ラリー・ヴィッカーズLarry・Vickers)氏を監修に迎え、2002年よりアメリカ特殊作戦軍(USSOCOM)と共同で“エンハンスド・カービン(Enhanced Carbin:“Enhanced”とは「強化」「改良」の意)”計画の一つとして開発が進められた。

2004年2月に発表された最初のモデルにはHKM4の名称が付けられた。試験運用の結果は好評であったが、M4カービンの製造元であるコルト社より「商標権を侵害している」との抗議を受け、訴訟に発展した[注釈 1]ために、部分改良を施された後に2005年2月にはHK416と改称されて改めて発表され、以後はこれが正式な製品名となった[注釈 2]

運用試験と実戦での試験運用の結果、「重心が前に偏っているために構え辛い」との意見が多数出されたことから、銃身部を7オンス(約198.5グラム)軽量化する改良が行われ、その後は「依然として重心偏重の問題は残されている」とされながらも「M4カービンに比べて高い信頼性と耐久性を持つ」として使用部隊の将兵には好評を得たが、XM8の導入計画がキャンセルされた上、M4カービンの改良計画も、暫定的な結論ながら「M4には全面的に改修しなければならないほどの問題はなく、予算的にもその必要性は低い」とされたため、アメリカ軍ではHK416の導入は特殊部隊向けに留まり、全軍への大規模な採用は行われなかった。アフガニスタンイラク戦争の結果、5.56mm弾とそれを使用するアサルトライフルでは射程と威力に劣る状況が多発した、という戦訓から7.62mm弾を使用する自動小銃バトルライフル)の存在が見直されたことを受けて、口径を7.62mmNATO弾対応とした拡大型の「HK417」も開発されたが、こちらもアメリカ軍への大規模な納入は行われていない。

アメリカ軍への採用が「国産品ではない」という点から阻害されることと、武器の輸出入に関する国際的規制の手続きが販路拡大の障害になることから、H&K社はアメリカ政府及びアメリカ国内に納入・販売するものについてはアメリカでの現地生産を行う方針に切り替え、2007年に銃器部品の製造会社であるウィルコックス・インダストリーズ(wilcoX industries)と提携、HK416のアメリカ市場向け民間モデルであるMR556より国内生産を開始し、アメリカ現地法人の販売モデルであるHK416Dについても順次国内生産に切り替えられている。

HK416は運用試験の結果を受けて細かな仕様の改良・改修が段階的に繰り返されており、特に、ノルウェー軍が制式採用するにあたり独自に発注した仕様(HK416N)がその後のモデルにも採り入れられている。2012年にはM4カービンの全面更新用たる米軍次期カービン計画(ICC:Individual Carbine Competition)に応募するために、HK417の派生型である「G28」の特徴を採り入れた改良型の「HK416A5」が開発されているが、この計画も「M4に全面的に更新しなければならないほどの問題はなく、予算的にも困難が多い」として中止され、H&K社の再度の期待も空しくHK416がアメリカ軍に全面的に採用される機会は訪れなかった。

2010年には16インチ銃身型に小規模な改修を加えたモデルがアメリカ海兵隊M27として採用され、2014年にはHK416A5はドイツ連邦軍/法執行機関に「G38」として採用されている[1][2]

HK416A5にも生産時期により細かな仕様の変更が行われており、H&K社では今後も改良を続けていくとしている。

運用[編集]

HK416はH&K社によってアメリカ軍を始めとしたAR-15系列の自動火器、時にM16アサルトライフルもしくはM4カービンを装備する軍隊や法執行機関[注釈 3]に積極的な売り込みが行われたが、原型のHKM4開発時の軋轢からM4を製造・販売しているコルト社系列の販売網に参入することができず、またM4に比べて高価なことから、使用国そのものは多いものの、軍の制式装備として採用された例は少ない。結果、主に軍隊や警察組織の特殊部隊が用いるアサルトライフルもしくはカービンとして運用されているものが大半である。

正規軍により制式化された実績としては、トルコ軍がまず8,000丁を導入し、更にトルコのMKE社がライセンス生産したものを「Mehmetcik-1」という名称で軍の次期制式小銃とすることを発表し、2010年に置き換える予定であったが、実際にはライセンスの取得には至っておらず、生産を巡って争議となったため、計画は2011年に中止となっている。制式小銃として最も多数のHK416を導入しているのはノルウェー軍で、AG-3(H&K G3自動小銃のノルウェー軍向けモデル)に代わるものとして制式採用し、89,000丁を導入している。ドイツ連邦軍は2014年にはHK416A5を公式に採用し、“G38”の名称を指定した[1][2]

本銃のそもそもの発注元であったアメリカ軍では2004年から2005年にかけてHKM4/HK416を試験運用し、2007年よりHK416の正式発注を開始した[注釈 4]。最初に納入された部隊はアメリカ陸軍第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊であり、HK416 D10RSのアッパーアセンブリ、84セットが既存のM4カービンの近代化改修キットとして納入されている[3]。その後もアメリカ軍向けの納入は特殊部隊向けに限られていたが、2010年には海兵隊に分隊支援火器型がM27 IAR(Infantry Automatic Rifle)として採用されている。

特殊部隊の用いる銃器としてはアメリカ軍を始めとして世界各国で採用されており、特に、アメリカ海軍の特殊部隊であるDEVGRU(旧Navy_SEALsチーム6)所属の隊員が、2011年5月2日に行われた「Operation Neptune Spear」(ウサーマ・ビン・ラーディン襲撃作戦)の際に、HK417と共に本銃を運用していたという情報が海外のミリタリー系サイトで話題となり、本銃の知名度を一挙に広めた。

セミオートのみとした民間向けモデルも、当初は「価格が高い」「AR-15系列に比べて体感反動が大きい[注釈 5]」「操作系が左右両用に対応していない[注釈 6]」「AR-15系のカービンモデルに比べると重量がある」「AR-15系列用の互換弾倉が使用できない」と言った点から評価が低く、販売開始直後は売上は不振であった。H&K社ではこれらの点を改良したモデルを開発すると共に積極的な広報活動を行って販路の拡大に務め、知名度の向上と共に特に北米市場での人気は高まりつつある。

日本における運用[編集]

日本においても、海上自衛隊の平成20年度調達予定品目に「研究・評価用弾薬等購入(HK-416用弾薬(フランジブル弾等)」という記載があり、試験的にHK416が納入されていることが確認できた[注釈 7]。また、これ以外にもH&K社の日本代理店であるJALUXが海上自衛隊に「特殊小銃」という名称の装備を納入していることが確認できたが[4]、詳細は不明である。

陸上自衛隊でも「特殊小銃」、「特殊小銃(B)」という名称の装備を購入しており、こちらも調達情報にはヘッケラー&コッホ社製と記載されている[5]

特徴[編集]

HK416(HKM4)はダイレクト・インピンジメント式(リュングマン式)からショートストロークピストン式への変更、ピカティニー・レールシステムの標準装備、アルミ製に替わるスチール製の弾倉の採用など、作動の確実性と耐久性の向上を企図している。

特に、ショートストローク化されたガスピストンがロッド経由でボルトを押し戻すため、機関部内には高温で汚れた発射ガスが一切入らず、保守性、耐塵性が向上している。銃身は冷間鍛造技術の採用によって長寿命化され、20,000発以上発射しても銃口初速が衰えず、命中精度が維持できるとされている。また、その頑丈さゆえ、テストでは泥水に漬けた直後でもそのまま正常に動作するという耐久性能を見せている[注釈 8]

なお、2007年秋、メリーランド州アバディーン性能試験場において、HK416はXM8FN SCAR、M4とともに、砂塵の多い状況下での試験が行われた。この試験では各銃を10丁ずつ用意し、1丁につき6,000発が射撃された(全体では1種につき60,000発が発射されたことになる)。その結果、HK416は233回の射撃停止障害を記録した。テストに用いられた4種のうち、XM8が最も障害が少なく、障害は116回、重大な障害が11回、FN SCARは223回、M4は最も多い882回の射撃停止障害を起こし、19回は部品の修理を必要とするものであった。

構成[編集]

HK416の全体的なデザインはM4と同一であり、射撃のための操作、整備のための分解手順もM4とほぼ同一だが、リング型フロントサイトガードやドラム型リアサイトといったH&K社特有の意匠が採用されたほか、弾倉はH&K社独自のものとなっており、マグウェル(弾倉挿入部)形状、エキストラクター(排莢器)などの細部も強化された。

ハンドガードは銃身に接触しない“フリーフローティング式(無接触式)”の取付構造で、上下左右4面にNATO規格STANAG4694またはSTANAG2324及びMIL規格MIL-STD1913に適合するピカティニー・レールを装備した“FFRS(Free Floating Rail System)”とされ、基部にあるねじ1本で固定されている[注釈 9]。これによりM203 グレネードランチャーに替わるH&K GLM(AG416)も装着可能である[6]。ただし、仕様上M203を装着する事は不可能となっている[注釈 10]

5.56x45mm NATO弾を使用する他のAR-15系統のライフルとロアレシーバー他の互換性があり、アッパーレシーバーのみを従来のものから丸ごと入れ替えることが可能である。これにより、高い信頼性を持つ機関部やバレル、レールシステムを取り入れながら、従来の各種コントロールやトリガユニットを使用する事も可能である。

仕様について[編集]

HK416には“-A*”で区分されるサブタイプがあるが、-A5型を除いて通常は型式番号としては明記されない。この他にも明確に区分されていない仕様の差が多くあり、製造時期や仕様から以下のような差異があるが、ユーザーにより独自に仕様変更されていることも多く、製造時期・サブタイプと仕様は必ずしも一致していない。

ハンドガードの長さ
9インチ長のスタンダードタイプと13インチ長のロングタイプの2種がある(ロングタイプは10/11インチバレルモデルには基本的に使用不能である)。
セレクターレバーの左右両面装備
-A3型からほぼ全てアンビ(左右両用)タイプとなる
チャージングハンドルロックボタンのアンビ化
-A4型(MR223A1/556A1)からほぼ全ての製品がアンビ型となり、アッパーレシーバー上部後端のロック用ラッチが左右両面に備えられるようになった。
フロントサイトの形状
ガスブロック、もしくは銃身に装着するサイトベースに装備される折畳式サイトとハンドガード上部レイルに装着する方式のフリップアップサイトが用意されている。
  • -A5型からはガスレギュレーターの装備のため、折畳式サイトは銃身のサイトベースに装着される方式が標準となる。
銃床及び銃把の形状
HKM4はロットにより異なるAR-15互換のストックとグリップが装備されていたが、HK416からはAR-15互換のもののうち“Bushmaster type”と呼ばれるものに準じたデザインのH&K純正の伸縮式ストックとグリップに統一されている。-A3型よりはストックは上部が左右に張り出した“SOPMOD type”となり、更に-A5よりは“SlimLine type”と呼ばれる上部の張り出しがないものに変更されている。グリップは初期はM4タイプのストレート型であったが、HK416より曲線味の強いものとなり、更に複数のバリエーションが用意されている[注釈 11]

各型及び発展型[編集]

HKM4(試作型)
試作及び開発モデル。ハンドガードはM4カービンと同じく前後のリングにより固定する方式の、レイルがないタイプものが用いられており、ガスブロック(フロントサイト基部)の上部と左右に短いレイルが装備されている(下部にはM4と同じスリングスイベルと着剣装置が備えられている)。
当初はM4のロアレシーバーにハンドガードを除く新造のアッパーアセンブリを組み合わせて製作された。ハンドガード、グリップ及び銃床はAR-15系列用の様々なものが使われており、固定式の銃床を持つモデルも存在している。
HKM4
初期モデル。排莢口ダストカバーがなく、アッパーレシーバー上のレール装着位置が低い。初期生産型では試作型と同じM4タイプのハンドガードとレイル付きガスブロック仕様になっており、中期以降はナイツアーマメント社のRASに似た4面レイル付きのフリーフロートバレル方式のハンドガードとなっている。
HKM4D
公的機関向けモデル。「D」は“Defense”の略。
H&K社のアメリカ現地子会社であるHeckler and Koch Defense USA社の製品としてアメリカの軍・政府機関に販売・納入されたものに付けられた名称。刻印以外はHKM4と同一である。
HK416
2005年より生産された主力モデル。排莢口にダストカバーが付き、ハンドガードはH&K社オリジナルのFFRS型(後部で一本のネジのみでレシーバーに固定する方式の、上下左右4面にレイルが装備されたもの)に統一された。
HKM4からHK416A2型まではオリジナルのセレクターはアンビタイプ(左右両用型)ではないが、独自にアンビタイプのセレクターに交換されているものが多数見受けられる。
HK416D 10インチ銃身モデル
アッパーレシーバー上に光学照準器を搭載している
HK416D
公的機関向けモデル。「D」は“Defense”の略。
HK416のうち、H&K社のアメリカ現地子会社であるHeckler and Koch Defense USA社により生産、販売・納入されているものに付けられている名称。刻印以外はHK416と同一である。
ロアレシーバー右面の刻印は「Heckler & Koch GmbH|Made in Garmany|Heckler & Koch|Defense Inc.|Sterling VA」(2008年まで)及び「Heckler & Koch GmbH|Made in Garmany|Heckler & Koch|Defence Inc.|Ashburn VA」(2008年より)。
H&K Defense USA社がアメリカで生産したものは「Heckler & Koch GmbH|Made in Garmany」の部分が省かれており、刻印は「Heckler & Koch|Defence Inc.|Ashburn VA」のみとなっている。
  • 「HK416D」と呼称されている場合、後述のUmarex社製.22口径レプリカモデルである「H&K 416 .22 LR」を指していることがあるため、注意が必要である。
HK416SF
HK416Dの販売網にて、全自動火器の装備を認められない法的執行機関向けにセミオートのみの「SF」(“SF”とはSingle Fire.の略)モデルが少数生産されて導入された、とされており[注釈 12]、セレクターにフルオートの位置のないロアレシーバーを持つモデルの写真が存在する[2]
MR223/556の発売以降は、全自動射撃機能を必要としない公的機関にはそれらが供給されており、HK416Dのセミオートのみのモデルは確認されていない。
銃身長によるモデル分類
D10RS
10インチ銃身モデルの製品名。H&K社による製品通称は“Compact Model[注釈 13]”。
D14.5RS
14.5インチ銃身モデルの製品名。H&K社による製品通称は“Carbine Model”。
D16.5RS
16.5インチ銃身モデルの製品名。H&K社による製品通称は“AssaultRifle Model”。
D20RS
20インチ銃身モデルの製品名。H&K社による製品通称は“Fullsized Rifle Model”。
サブタイプ
HK416A1
改良型。フロントヘビーであるとの評価に対応するために銃身部を軽量化し、ファイアリングピンセイフティ[注釈 14]が装備された。
HK416A2
“OTB(Over The Beach:上陸作戦の意)モデル”と呼ばれる、-A1型に水際での使用に対応した改修を施した改良型。バッファチューブとボルトキャリアに水抜き穴があり、機関部内に水が侵入した場合に素早く排水できるようになっている。
上記の特徴に加え、銃身基部に僅かな突起が設けられており、銃身内に水が入ったまま発砲した場合に規定値以上の腔圧が加わることによる作動不良と破損に備えている。
HK416A3
-A2型を基にノルウェー軍の要求に合わせて開発されたモデル(HK416N)の仕様を取り入れた改良型。コッキングしていない状態でもセレクターをセイフティ位置にできることが最大の変更点となる。-N型にあったガスレギュレーターは採用されていない。
HK416A4
-A3型のトリガーシステムをMR556に採用された2段階式[注釈 15]のものに変更した改良型。
これらサブタイプ名称は公式のモデル区分には通常は用いられておらず、“サブタイプ名称”というよりは“細かな仕様の名称”に近い。後述のHK416A5以外は単に「HK416」とのみ表記されることが通例である。
HKM4/HK416の各型はフルセットだけではなくアッパーレシーバーとそれに組み込まれた銃身及び作動機構、そしてハンドガード(HK416)がセットになったコンバージョンキットの状態でSOPMOD(Special Operations Peculiar Modification:特殊作戦用装備)として供給され、既存のM4カービンを始めとしたAR-15系列の銃と結合させて用いられており、「上半分だけがHKM4/HK416」という特殊なモデルが多数存在している。これらは言わば使用部隊や隊員による「ワンオフモデル」のため、派生型として正確に把握することは困難である。
HK416A5
2012年に行われた米軍次期カービン計画(ICC:Individual Carbine Competition)に応募するために開発された全面改修型。-A4型を基にG28マークスマンライフルの特徴を取り入れて改修されたモデル。
ガスブロック先端にガスレギュレーターが装備され、ハンドガードの固定用ネジは独自規格のものから一般的なものに変更されている。ロアレシーバーはセレクター、マガジンキャッチ及びボルトリリースが全てアンビタイプとなった。ボルトキャッチはボタンが大型のものとなり、周囲にL字型のガードが追加されている。トリガーガードは手袋を填めていても引き金を引きやすいように下方に湾曲した形状のものに変更された。弾倉装着部がM4カービンに準拠したものになった[注釈 16]他、弾倉は同社のHK417やG36同様に、半透明プラスチック製の弾丸が見えるタイプのものがラインナップに加えられている。本体色のバリエーションにはタンカラー[注釈 17]が追加されている。
  • 開発のきっかけとなった次期カービン計画が2013年には中止されたため、米軍への採用はなされていない。
- 11"
コンパクトモデル。11インチ(279 mm)銃身を装備。
- 14.5"
カービンモデル。14.5インチ(368 mm)銃身を装備。
- 16.5"
アサルトライフルモデル。16.5インチ(419.1 mm)銃身を装備。
- 20"
フルサイズライフルモデル。20インチ(508 mm)銃身装備。銃身長に合わせ、ハンドガードは従来のロングタイプよりさらに長いものが用意されている[注釈 18]
なお、HK416A5となってよりは、銃身長により「- @@"」(@@には銃身長のインチ数が入る)のサブタイプ名称が付けられるのみになり、銃身長によるモデル名の分類は基本的になされていない。
G38
ドイツ連邦軍は2014年にはHK416A5- 16.5"を公式に採用し、“G38”の名称を指定した。また、14.5インチバレル型が“G38K”、11インチバレル型が“G38C”としてドイツ連邦共和国の政府機関に採用された[1][2]

派生型[編集]

HK416C
「C」は“sub-Compact”の略[注釈 19]2009年に発表された、銃身長を9インチまで短縮したショートカービンモデル。
ハンドガードを9インチ銃身に対応した短寸型とし、ストックは“Troy type”と呼ばれるH&K MP5A1/A3に似たワイヤー伸縮ストックに、フラッシュハイダーはバードケージ型から先割れ型に変更された[注釈 20]
当初は公的機関向けに“HK416 PDW”または“HK416K”(「K」は“Kurz”(ドイツ語で“短い”の意)の名称で企画され、アメリカ陸軍特殊部隊イギリス軍特殊部隊本部(UKSF)の依頼により本格的に開発された。
HK416N
HK416N
「N」は“Norge[注釈 21]”の略。ノルウェー軍の要求に応わせ仕様変更されたモデル。
HK416A2 D16.5RSから銃身の浸水対応機能を省いたものに、安全装置の機構の変更、規制子(ガスレギュレーター)の装備などの改修を加えたもの。独自の着剣装置が銃身に装着されており、規制子切り替えノブはハンドガード前端部右側面にある。
  • 一部仕様はノルウェー軍向け納入分以外のモデルにも取り入れられて標準仕様化され、HK416A3となった。
HK416K
「K」は“Kort”の略(ノルウェー語で「短い」の意)。HK416Nの10インチ銃身モデル。
M27 IAR
アメリカ海兵隊M249軽機関銃の後継として採用した分隊支援火器型。16.5インチのヘビーバレルを持ち、アメリカ軍規格の着剣装置が追加された。
H&K HK417
使用弾薬を7.62x51mm NATO弾とした大口径モデル。HK416同様、銃身の長さが異なる製品(12インチ、16/16.5インチ、20インチモデル)が存在する。
MKEK Mehmetcik-1(トルコ語: MKEK Mehmetçik-1
トルコMKEトルコ語: Makina ve Kimya Endüstrisi Kurumu:「機械及び化学工業株式会社」の意)社がライセンス生産したトルコ軍向けモデル。刻印やセレクター等の表示以外はHK416Nと同様である。“Mehmetçik(メフメツィッキ)”とは“トルコ兵”を意味する愛称である[注釈 22]
2010年より導入されてH&K G3を置き換える予定であったが[7]、MKE社がライセンスの正式な取得を待たずに生産を開始し、これに対してH&K社が契約を破棄したため、2011年7月には計画が中止された[8]
後に、MKE社ではHK416/417の設計を基に新たな国産自動小銃である「MKEK MPT(トルコ語: Milli Piyade Tüfeği:国家歩兵小銃)」の計画を進め、7.62x51mm弾仕様の「MPT-76」と並んで5.56x45mm仕様の「MPT-56」を開発し、この2種を主力アサルトライフルとして導入する計画である。
G5カービン(STC DELTA G5 Carbine)
グルジアのSTCデルタ(STC DELTA(State Military Scientific-Technical Center “Delta”グルジア語: სსსტც „დელტა“:国立軍事科学技術研究所“デルタ”)が2012年に発表した、M4カービンとHK416を基に開発した国産自動小銃[9]

MR556/MR223[編集]

2007年10月に公表され、2008年3月に正式に発表された、セミオートのみとした民間市場向けモデル。MR556はアメリカ市場向け、MR223はヨーロッパカナダ市場向けモデルの名称で、MR556はH&K社のアメリカ現地法人であるH&K Defence USA社によって生産・販売されている。

作動機構及びセレクターがセミオートのみのものに変更されている他はHK416 D16.5RSと基本的に同一だが、ロアレシーバーを交換することによりフルオートモデルに改造されることを防ぐため、AR-15互換のレシーバーが装着できない設計に変更されている。弾倉は最大10発装弾[注釈 23]のボックスタイプと20発用のバナナタイプが用意されている。

MR223はレシーバー交換の不可能化に加え、フラッシュハイダーを外してもオリジナル以外のものには交換することができない仕様になっており、サプレッサー(サイレンサー)が装着出来ない構造になっている。

MR556(MR223)
最初に発売されたモデル。HK416A4を基本にしているが、発表・販売は当モデルの方が先行して行われた。フロントサイトはハンドガード前部上端に装備する固定式サイトが標準仕様とされている。
ロアレシーバー右面の刻印はMR556が「Heckler & Koch Inc.|Colombus GA」、MR223が「HKSidearms GmbH|Made in Garmany」[注釈 24]
MR556A1
2011年に発表された、セレクターをアンビ(左右両用)タイプを標準化[注釈 25]し、レシーバーを交換可能な設計に変更してAR-15互換のロアレシーバーを装着できるようにした改良モデル。ハンドガードの固定用ねじが一般規格のねじに変更された。
レシーバーの仕様変更に伴い、既存のAR-15系列のロアレシーバーと組み合わせることのできるアッパーレシーバーコンバージョンキット(アッパレシーバー、銃身及び機関部がセットになったもの)も発売されている。
2015年の生産分からはハンドガードはKMR (KeyMod Modular Rail:KeyMod式レイルシステム)対応とした新型のものに変更されており、アッパーレシーバーコンバージョンキットも同様である。
MR223A1
MR556A1のヨーロッパ市場向けモデル。基本的にMR556A1と同様だが、フラッシュハイダーを外してもオリジナル以外のものには交換することができない構造となっている。
MR223A2
銃口にフラッシュハイダーがなく、サプレッサーやハイダーを装着するためのネジが切られていないストレートマズルモデル。ドイツの新たな銃規制に対応するためのモデルとして発表されたが、実際には発売されなかった。
MR223A3
HK416A5からフルオート機能とガスレギュレーターを省いた、-A5型の民間向けモデル。ハンドガードの固定用ねじが一般規格に変更され、セレクター他の操作系が完全なアンビタイプとなり、ボルトキャッチのボタンが大型化され周囲にL字型のガードが追加されている。トリガーガードが下方に湾曲した形状のものに変更され、弾倉装着部がAR-15系列互換弾倉対応となった。本体色にはタンカラーが追加されている。
  • なお、MR556A2及びMR556A3という名称の製品は2014年現在は公式には発表も発売もされていない。
MR556A1-SD
2014年に発表された、MR556A1にKeyMod式レイルシステム対応のハンドガード(14インチ及び9インチ長が選択できる)とOSS(Operators Suppressor Systems)社製モジュラー式サプレッサーを装備したモデル。
MR556A1 Competition Model
2014に発表され、2015年に発売された、MR556A1に社外品のオプションパーツを装着したオフシャルカスタムモデル。
ハンドガードをKeyMod式レイルシステム対応の14インチ長のものとし、マグプル社製のスケルトン型伸縮式銃床を装備、マズルコンペンセイターにはOSS社製のヘリカル(螺旋)タイプが装着されている。弾倉はH&K純正の半透明樹脂製30発装弾タイプが標準で付属する。

クローンモデル[編集]

Titan Defence TD-415
アメリカのTitan Defence社が製造したHK416/MR556のクローン(コピー)モデル。アッパーレシーバー、機関部、16.25インチ(41.28 cm)長の銃身及び照準器がセットになったコンバージョンキットとして発売され、ユーザーがAR-15系列のロアレシーバーと組み合わせるものとして販売された。
Coharie Arms CA-415
アメリカのCoharie Arms社が製造したHK416/MR556のクローン(コピー)モデル。弾倉装着部がM4カービンに準拠したものになっており、AR-15互換弾倉に対応していることがオリジナルとの相違点である。銃身長は16.5インチ、弾倉は標準で合成樹脂製のものが付属する。

Umarex HK416[編集]

ドイツのスポーツ銃メーカー、Umarex社が製造・販売しているHK416のコピー(レプリカ)モデル。メーカーの公式な製品名は「H&K 416 .22 LR」であるが、カービンモデルのレシーバーの刻印からHK416Dと通称されていることが多い[注釈 26]

使用弾薬は.22LR(22口径ロングライフル弾)となっているコピーモデルではあるが、H&K社から正式なライセンスを所得しているためにレシーバーには「HK」のロゴマークが入れられている。Umarex社は現在ではWALTHER(ワルサー)社の親会社であるため、生産はワルサー社で行われており、「WALTHER」ブランドでも販売されている。

基本的に民間市場のみを対象とした製品のため、セミオートのみでフルオート機能はない。弾倉は30連バナナ型、20連バナナ型、10連箱型のものが用意されている(30連のものはオプション品の扱い)。

H&K 416 D145RS .22 LR
オリジナルのHK416の14.5インチ銃身モデルとほぼ同様の外観を持つピストルカービンモデル。
レシーバー左側面の刻印は「HK」ロゴに「HK 416 D|cal. .22 L.R.HV」。
HK 416 D10RS .22 LR
10インチバレルを持つピストルカービンモデル。主にWALTHERブランドで発売されており、ワルサーでの商品名は「HK 416 D10RS, 20-round」となっている。
レシーバー左側面の刻印は「HK」ロゴに「HK 416 D|cal. .22 L.R.HV」。
H&K 416 Pistol .22 LR
銃身を9インチとし、サプレッサー風(消音機能はない)のバレルカバーを装備して銃床を装着していないピストルモデル。
レシーバー左側面の刻印は「HK」ロゴに「「HK 416|cal. .22 L.R.HV」となっている。

性能[編集]

諸元表
型式名 HK416 M27 IAR
HK416C D10RS D14.5RS D16.5RS
使用弾薬 5.56x45mm NATO弾
銃身長 228mm 264mm 368mm 419mm 505mm 420mm
施条 6条右転, 1:7インチ
作動機構 ショートストロークピストン式
閉鎖機構 ロータリーボルト式
発射速度 650〜900発/分
装弾数 30発(STANAG マガジン
全長 560-690mm 700-796mm 804-900mm 855-951mm 941-1,037mm 840-940mm
重量 3,090g 3,270g 3,740g 3,810g 4,105g 3,850g

使用国[編集]

組織名称 モデル 数量 導入年月 出典・参照元
アルバニアの旗 アルバニア アルバニア警察 テロ対策特殊部隊(Reparti i Neutralizimit të Elementit të Armatosur ose shkurt(RENEA) HK416 実地試験用に少数 - [10]
オーストラリアの旗 オーストラリア オーストラリア国防軍 特殊作戦軍(Special Operations Command,ADF D10RS[11][12] 実地試験用に少数 - [11]
ブラジルの旗 ブラジル ブラジル連邦警察(Departamento de Polícia Federa HK417 - 2012年 [13]
ブラジル連邦警察 戦術作戦部隊(Comando de Operações_Táticas(C.O.T) HK416 - - [14]
クロアチアの旗 クロアチア クロアチア陸軍 特殊戦大隊 (Bojna za specijalna djelovanja(BSD) D14.5RS 12丁(第1期導入数) 2013年3月より導入 [15]
フランスの旗 フランス フランス陸軍 第1海兵歩兵落下傘連隊 HK416 - - [16]
フランス空軍 空挺コマンド部隊第10中隊(CPA 10) HK416 - - [17]
治安介入部隊(GIGN) HK416/HK417 - - [18]
国家憲兵隊空挺介入中隊(EPIGN) HK416 - - -
国家警察特別介入部隊(RAID) HK416/HK417 - - [19]
ドイツの旗 ドイツ ドイツ陸軍 特殊戦団(KSK) HK416 - - [20]
ドイツ連邦警察局(BPOL) GSG-9 HK416 - - [21]
グルジアの旗 グルジア グルジア軍特殊作戦旅団グルジア語: სპეციალური დანიშნულების ბრიგადა HK416 - - [22]
インドネシアの旗 インドネシア インドネシア海軍テロ対策特殊部隊「Detasemen Jala Mengkara(Denjaka) HK416/D14.5RS+AG416 - - [23]
インドネシア国家警察 第88特別支隊(デルタ88)(Detasemen Khusus 88 atau (Densus 88 HK416 - - [20]
アイルランドの旗 アイルランド アイルランド陸軍レンジャー部隊(Sciathán Fiannóglaigh an Airm, "SFA" HK416/HK417 - - [24]
アイルランド治安防衛団(アイルランド警察)緊急事態対応部隊(Aonad Práinnfhreagartha HK416/HK417 - - [25]
イタリアの旗 イタリア イタリア陸軍第9落下傘強襲連隊 HK416/HK417 - - [20]
イタリア海軍 潜水奇襲攻撃部隊(COMSUBIN) HK416 - - [14]
カラビニエリ国家治安警察隊特殊介入部隊(GIS) HK416/HK417 - - [14]
ヨルダンの旗 ヨルダン ヨルダン軍統合特殊作戦軍 HK416 - - [26]
日本の旗 日本 陸上自衛隊 HK417 評価・試験用 - [27]
海上自衛隊 HK416 研究・評価用 - [28]
リトアニアの旗 リトアニア リトアニア特殊作戦部隊Lietuvos Specialiųjų Operacijų Pajėgos HK416 - - [29]
コソボの旗 コソボ コソボ警察 特別介入部隊(NJSI) HK416 - - [14]
韓国の旗 韓国 大韓民国海軍特殊戦旅団(UDL/SEALs) HK416 - - [30]
マレーシアの旗 マレーシア マレーシア海軍海上テロ対策特殊部隊(Pasukan Khas Laut(PASKAL) HK416 D16.5RS
/HK417
180
/狙撃銃として使用
2010年 [31][32][33]
マレーシア国家警察 特殊作戦司令部(Pasukan Gerakan Khas(PGK) D10RS
D14.5RS
- - [34]
オランダの旗 オランダ オランダ陸軍コマンドー軍団Korps Commandotroepen(KCT) D10RS
D14.5RS
- 2010年7月 [35]
オランダ海兵隊 海洋介入部隊(Unit Interventie Mariniers(UIM) D10RS
D14.5RS
- 2010年7月 [36]
オランダ海兵隊 海上特殊作戦部隊(Netherlands Maritime Special Operations Forces (NLMARSOF) D10RS
D14.5RS
- 2010年7月 [37]
オランダ王立保安隊 特別防護任務旅団(Brigade Speciale Beveiligingsopdrachten(BSB) D10RS
D14.5RS
- 2010年7月 [38][39]
ノルウェーの旗 ノルウェー ノルウェー軍
ノルウェー郷土防衛隊
HK416N 及びHK417 89,000(HK416N) 2010年よりAG-3の更新用としてHK416Nの導入を開始
マークスマンライフルとしてHK417を使用
[40][41]
ポーランドの旗 ポーランド ポーランド特別軍緊急対応作戦グループ(Jednostka Wojskowa GROM D10RS
D165RS
- 2008年 [42]
ポーランド特別軍コマンド部隊(Jednostka Wojskowa Komandosów(JWK) D145RS
D165RS
- 2009年 [43]
ポーランド警察 対テロ部隊(Samodzielny_Pododdział_Antyterrorystyczny_Policji(SPAP) HK416/HK417 - - [44]
フィリピンの旗 フィリピン フィリピン海兵隊武装偵察大隊(Force Recon Battalion D10RS + AG416
D14.5RS
- 2010年 [45]
セルビアの旗 セルビア セルビア軍特殊旅団(Специјална бригада HK416 - 2010年 [46]
シンガポールの旗 シンガポール シンガポール海軍 HK416 - 2013年 [47]
[48]
シンガポール軍特殊作戦部隊((SOF) HK416 - - [14]
シンガポール軍コマンド大隊(Singapore Armed Forces Commando Formation (CDO FN) HK416 - - -
スロバキアの旗 スロバキア スロバキア軍 第5特殊部隊連隊(5. pluk špeciálneho určenia,(5.PŠU) HK416 - 2010年 [49]
トルコの旗 トルコ トルコ陸軍特殊部隊コマンド HK416 2010年 [50]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アメリカ陸軍第1特殊作戦部隊デルタ分遣隊(デルタフォース) HKM4/HK416
D10RS 他
- 2004年(HKM4)
2007年(HK416)
[51]
アメリカ陸軍非対称戦群 HK416 - 2008年 [52]
アメリカ海軍特殊戦コマンドNavy SEALs DEVGRU HK416 - - [3]
アメリカ海兵隊 M27 IAR 4476 2010年制式採用
2011年より部隊配備開始
[53]
NASA 危機対処チーム(Emergency Response Team.ERT) HK416 - - [54]
アメリカ合衆国議会警察封じ込めと危機対応チーム(Containment and Emergency Response Team(CERT) HK416 - - [55]
運輸保安庁(TSA:Transportation Security Administration) D10RS - - [56]
連邦捜査局(FBI) 人質対応部隊(Hostage Rescue Team.HRT) HK416 - - [57]
ロサンゼルス市警察 SWATLAPD SWAT HK416D - - [58]
この他、HK416/417は幾つかの州/市警察のSWATで使用されている模様である

ギャラリー[編集]

登場作品[編集]

参考文献・参照元[編集]

書籍
2008年2月号「HK417 by ICHIRO NAGATA」著:イチローナガタ 2007年12月
2012年6月号「海兵隊の新型分隊支援火器 M27 IAR」 2012年
2013年2月号「ただのクローンM4カービンとは呼べない HK416の実力」 著:Tomo Hasegawa 2012年12月
ウェブサイト

出典[編集]

  1. ^ a b c TFB(THE FIREARMS BLOG.COM):September 1, 2014 "The HK416A5 Is Now The G38"
  2. ^ a b c STRATEGIE & TECHNIK:28. August 2014"Neu im Katalog: G38 alias HK416A5 "
  3. ^ a b Senator Tells Army to Reconsider militarycom4-30-2007”. 2015年2月12日閲覧。
  4. ^ 公共調達の適正化について(平成18年8月25日付財計第2017号)に基づく随意契約に係る情報の公表(物品役務等) 技術援助(小火器等専用装備品の技術指導)(2015年1月現在では削除されている)
  5. ^ 補給統制本部公示第132号 平成23年1月28日
  6. ^ GLM | One system, two uses (H&K公式ウェブサイト(※独/英/仏語)
  7. ^ HTTEKNOlOJI:04 Ocak 2008 "MEHMETÇİK-1 TANITILDI"
  8. ^ mediafareci:11-02-2013 "Mehmetçik 1 projesi iptal mi oldu?"
  9. ^ სამხედრო ტექნიკის გამოფენა თბილისში - ცეცხლსასროლი იარაღი (28 ფოტო) ნაწ-1(The exhibition of military equipment - machine guns (28 photos) Part -1)
  10. ^ YouTube - hk in albania
  11. ^ a b Contract Notice View - CN253784”. AusTender. Australian Government (2010年1月12日). 2011年1月30日閲覧。
  12. ^ “CQB weapon sought for Oz Special Forces”. Australian Defence Magazine. (2009年8月4日). http://www.australiandefence.com.au/C1416489-5056-8C22-C9356780A64017B9 2011年5月12日閲覧。 
  13. ^ DefesaNet - Armas - PF - 200 novos fuzis de assalto HK 417 são distribuídos.”. DefesaNet. 2014年11月15日閲覧。
  14. ^ a b c d e HKPRO.com>Forum>HK416 and HK417 HQ>Current List of HK416/417 Mil/LE End-Users”. 2014年2月4日閲覧。
  15. ^ Light small arms for special forces”. Hrvatski vojnik. 2014年6月1日閲覧。
  16. ^ YouTube - 1RPIMa Entrainement du defile du 14 juillet 2009
  17. ^ L'armee de l'air abandonne (partiellement) le fusil FAMAS” (2009年6月6日). 2012年7月29日閲覧。
  18. ^ GIGN & Ура::2012年5月17日「GIGNの武器〜アサルトライフル・H&K編〜」
  19. ^ special-ops.org:Jun 4, 2013「French Police Nationale RAID」
  20. ^ a b c Kemp, Ian (2009年). “A New 5.56mm Generation or a Changing of the Guard?”. http://asianmilitaryreview.com - Asian Military Review. 2010年4月18日閲覧。
  21. ^ Wikipedia (2014年). “GSG-9”. Wikimedia Foundation. 2014年7月22日閲覧。
  22. ^ DEL-TON BLOG:October 31, 2013 "Elite Military Units and the AR Weapon Platform: The Special Forces Brigade, Georgia"
  23. ^ HK416, The New Denjaka Weapon
  24. ^ Tactical Weapons, May 2010 Issue. Guns of the Elite: Multi-Mission Warriors, page 92.
  25. ^ Tactical Weapons, May 2010 Issue. Guns of the Elite: Multi-Mission Warriors, page 92.
  26. ^ Shea, Dan (Spring 2009). "SOFEX 2008". Small Arms Defense Journal, p. 29.
  27. ^ 補給統制本部公募93号 平成26年10月7日
  28. ^ 「自動小銃固定用金具の製作以下3件」の契約希望者募集要項” (2009年4月22日). 2010年4月19日閲覧。[リンク切れ]
  29. ^ HKPRO.com>Forum>HK416 and HK417 HQ>Current List of HK416/417 Mil/LE End-Users”. 2014年2月4日閲覧。
  30. ^ ROK & US SPECIAL FORCES TACTICAL GEARS.2011年02月01日「韓国軍 UDT/SEAL 最新小火器」
  31. ^ Abas, Marhalim (2009-05-06). "Tender of HK416". Malaysian Defence. Retrieved 2010-02-01. 
  32. ^ Abas, Marhalim (2010-04-23). "DSA 2010 Part III". Malaysian Defence. Retrieved 2010-05-25. 
  33. ^ Abas, Marhalim (2010-04-23). "DSA 2010: The biggest security and defence show in Asia". Malay Mail Online. Retrieved 2010-05-25. 
  34. ^ Abas, Marhalim (2012-06-14). "2012 Supplementary Budget: Anything for Defence, MMEA and PDRM? Updated". Malaysian Defence. Retrieved 2010-05-25. 
  35. ^ KCT operator krijgt nieuw persoonlijk wapen, Dutch Defence Press, 16 July 2010 (Dutch)
  36. ^ Elite operators of the Royal Netherlands Marine Corps, Dutch Defence Press, 9 October 2010
  37. ^ Special Forces - Wapens - Heckler & Koch 416” (Dutch). Legermuseum: Collectie Informatie Centrum. 2010年9月11日閲覧。
  38. ^ HK416 nieuwe wapen commando’s, Dutch Ministry of Defence, 16 July 2010
  39. ^ HK416” (Dutch). Dutch Ministry of Defence. 2010年9月18日閲覧。
  40. ^ Watne, Monique (2008年9月22日). “Nye angrepsrifler i Afghanistan”. Mil.no. http://www.mil.no/start/aktuelt/article.jhtml?articleID=166327 2010年2月4日閲覧。 
  41. ^ Norway selects the HK416”. 2007年9月22日閲覧。
  42. ^ Wilk (REMOV), Remigiusz. “Nowe gromy GROM”. http://www.altair.com.pl/cz-art-1660 
  43. ^ Chloupek, Ireneusz. “Lubliniec”. Special Ops (Oficyna Wydawnicza Medium). http://www.e-czytelnia.eu/md/home/book/283.xhtml 
  44. ^ http://bip.kgp.policja.gov.pl/download.php?s=18&id=8523
  45. ^ HK416 notice of award”. Timawa.net. 2014年1月25日閲覧。
  46. ^ Dru?tvo : Najsavremeniji ?hekleri” za Vojsku Srbije : POLITIKA
  47. ^ Republic of Singapore Navy (RSN) sea security team displays seldom-seen firearms”. kementah.blogspot.com. 2014年2月16日閲覧。
  48. ^ Republic of Singapore Navy (RSN) Open Day photo of HK416”. flickr.com. 2013年3月15日閲覧。
  49. ^ Profesional, 4. marca 2010”. 2010年4月22日閲覧。
  50. ^ Ministerstvo obrany SR :: Profesional, 4. marca 2010
  51. ^ Cox, Matthew (March 1, 2007). "Better than M4, but you can't have one". Army Times. Retrieved 2007-03-15. 
  52. ^ Army takes HK416s from special unit - Army News, opinions, editorials, news from Iraq, photos, reports - Army Times
  53. ^ IAR What IAR: The USMC’s SAW Substitution
  54. ^ Andre M. Dall'au. “NASA ERT: Spaceport Protectors”. Tactical Life. 2010年5月23日閲覧。
  55. ^ HK Pro article
  56. ^ FBO DAILY ISSUE OF MARCH 22, 2006 FBO #1577 SOLICITATION NOTICE
  57. ^ Chris Martin. “Meet the FBI hostage team that rescued Hannah Anderson”. Yahoo News. 2014年7月23日閲覧。
  58. ^ LAPD Equipment - official website of THE LOS ANGELES POLICE DEPARTMENT”. Lapdonline.org. 2013年10月18日閲覧。

脚注[編集]

  1. ^ この訴訟は「H&K社は「HKM4」という名称を変更する」「H&K社は以後「M4」の名称を商品名に用いない」という形で和解となった。
    なお、コルト社より同様の抗議を受けたブッシュマスター社(Bushmaster Firearms International, LLC)は裁判所に対し「M4」の名称はアメリカ陸軍の制式番号であり、コルト社固有の商標ではなく、コルト社が占有権を主張することは認められない」との訴えを起こし、2005年12月8日にはメイン州連邦地方裁判所にて「コルト社に「M4」という語に関する独占的権利は認められない」との判決が下されている。
  2. ^ なお、上述の和解の内容に基づき、以後はH&K社の公的な記述には一切「HKM4」の名称は使われておらず、HKM4について記述される場合には“HK416 Prototype”と表記されている。
  3. ^ 英語の“law-enforcement”の訳語、警察組織及び公的取締機関等を指す用語。
  4. ^ 2006年には正式発注を待たずにHK416の最初の生産分が納入されている。
  5. ^ この点に関しては「個人差が大きい」と異論も多い。
  6. ^ 民間向けの銃火器は、特に北米市場においては「左右両用型である」ことに対するニーズが非常に高く、セールス上では重要なポイントとなっている。
  7. ^ 2015年1月現在では削除されている([1]
  8. ^ 同様のテストではM4カービンは暴発事故を起こしているため、このテスト結果はHK416の優秀さの一つとして喧伝されているが、「全く同一の条件下で比較されていない」「テストに用いられているのは特別に耐浸水性能を持つモデル(HK416A2を参照)であり、HK416全般としての性能ではない」といった批判もある。
  9. ^ ハンドガード固定用ねじはプラスねじであったが、通常のものとは規格が異なり、一般的なスクリュードライバーで回すことが難しいものであった。H&K社のマニュアルでは工具にはHK416用公式スリングのフックの一部を用いるか、それがない場合にはボルトのロッキングラグを使う方法を指示していた(JISAKUJIEN.org:2014年3月17日「H&K HK416 のハンドガードを外す方法が予想外だった話」)。ただし、後者の方法ではボルト及びねじを破損したという例があるとされる。
    独自規格のプラスねじは不評が多く、後にはねじは通常規格の六角ねじに、2014年製造分以降はマイナスねじに変更されている。
  10. ^ 14.5インチ銃身モデルには、M4カービン等と同じく銃身の中間にM203の固定具を装着するために一段細くなっている部分(ステップカット(step cut)と呼ばれる)があるが、これはM4の派生型であることをアピールするためのデザイン上の意匠で、M4とはバレルナットと呼ばれる銃身基部のパーツの形状が異なっているため、M4のようにM203をハンドガード下部に装着することはできない。
  11. ^ SOPMODタイプのストックはバットプレートの形状によってE1(conbex type(凸形)型、E2(concave type(凹形)型、グリップは短(基本形(V1型)、長(V6型)、背面タング(テイル)付(V2、V7型)、フィンガーレスト付(V3、V4型)、といった多種類のバリエーションがラインナップされている
  12. ^ ただし、これに関しては「公的機関であればアッパーアセンブリのみを購入し、既存のセミオート機構のみのAR-15系列ロアレシーバーと組み合わせればよく、わざわざ特注されたとは考え難い」といった異論もある。
  13. ^ 発表当初の名称は“Command model”であったが、コルト社の発売しているM16/M4に同様の名称のものがあったため、商標権侵害の訴訟を避けるために改名された。
  14. ^ 撃針は常時ロックされており、トリガーを引ききった時のみロックが開放される構造とした安全装置の一つ。
  15. ^ 引き始めが軽く、トリガーに連結されている撃発機構が開放(発射)される段階で重くなる方式。指先に力を入れてトリガーを引く必要がなく、射撃精度が高まる。
  16. ^ それまでのモデルではM4とは弾倉装着部の形状が微妙に異なっており、特に、互換製品として評価が高く人気のあったマグプル社製のAR-15系列用互換弾倉(PMAG)が装着できない(EMAGは装着可能)。
  17. ^ 公式な色名称は「RAL-8000 green-brown」となっている。
    タンカラーはH&K G28の採用結果を受けてHK416及び417のラインナップにも採り入れられた。
  18. ^ ガスブロックをハンドガードが覆ってしまうために規制子の調節ノブが隠れてしまうため、ハンドガード上半部左側面の中程には調節ノブ操作用のスリットがある。
  19. ^ “ultra-Compact”とも呼ばれる。
  20. ^ 銃身を短くした分発射炎が激しくなることに対応したもの。
  21. ^ ノルウェー”のノルウェー語における自国名表記
  22. ^ トルコ語においては「兵卒」という存在に対する愛称でもあり、日本語ならば「兵隊さん」の呼称がニュアンスとしては近い。
  23. ^ 販売国の銃規制に対応するために、外形は同じだが装弾数がそれぞれ2/5/10発のものが用意されている。
  24. ^ HK SidearmsはH&Kの民間市場向け製品の販売を担当するH&Kの子会社である。
  25. ^ セレクターがアンビタイプでないことは特に北米市場において不評で、アンビセレクターの要望が多く、ユーザーが独自に社外品のアンビタイプセレクターに交換しているものが多数あったことから、最優先の改善点とされた。
  26. ^ このモデルの刻印の「D」はH&K製オリジナルモデルの「D(Defense)」とは意味するものが異なり、「公的機関向け」を意味しない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]