ハンコック (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンコック
Hancock
監督 ピーター・バーグ
脚本 ヴィンセント・ノー
ヴィンス・ギリガン
製作 アキヴァ・ゴールズマン
マイケル・マン
ウィル・スミス
ジェームズ・ラシター
製作総指揮 イアン・ブライス
ジョナサン・モストウ
リチャード・サパースタイン
出演者 ウィル・スミス
シャーリーズ・セロン
音楽 ジョン・パウエル
撮影 トビアス・シュリッスラー
編集 ポール・ルベル
コルビー・パーカー・ジュニア
製作会社 レラティビティ・メディア
ブルーライト・プロダクションズ
ウィード・ロード・ピクチャーズ
オーバーブック・エンターテインメント
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年7月2日
日本の旗 2008年8月30日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1億5000万ドル[1]
興行収入 $227,946,274[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
31億円[2] 日本の旗
$624,386,746[1] 世界の旗
テンプレートを表示

ハンコック(Hancock) は、2008年アメリカ映画ピーター・バーグ監督、ウィル・スミス製作・主演作品。

原案の題名は『Tonight, He Comes』であり、制作段階で主人公の名前を採った『John Hancock』に改題されたが、最終的にはラストネームのみとなった。同じくウィル・スミス主演の『アイ・アム・レジェンド』より前に撮影された。

ストーリー[編集]

飛行能力と怪力、不老不死の体を持つジョン・ハンコック(ウィル・スミス)は世間から嫌われていた。事件が起こると助けに現れるが、被害を考えないため、周りに迷惑をかけていた。

慈善活動「オールハート」のプレゼンに失敗し、落胆していたレイ・エンブリー(ジェイソン・ベイトマン)はその帰路、列車に轢かれかけた所をハンコックに救われ、ハンコックのためにヒーローになるためのイメージ戦略を持ちかける。

数々の訴訟を起こされていたハンコックをレイの提案で刑務所へ収監させるとしばらくして、ハンコックが居なくなったロサンゼルスでは犯罪発生率が上昇。世間はハンコックの必要性を考え始め、ハンコックの元には警察署長から救援の要請が入る。レイが用意したコスチュームを着て現場に到着したハンコックは銀行強盗犯のケネス・“レッド”・パーカー(エディ・マーサン)を捕まえ、人質を救出。ハンコックは市民に拍手をもって迎えられた。

ハンコックはレイとその妻メアリーとのディナーの中で、80年前から記憶が無いこと、ポケットに残っていた『フランケンシュタイン』のチケット二枚とチューインガムを大切にしていることを語るが、それを聞くとメアリーは不意に涙を流す。レイの家に戻ったハンコックはメアリーに惹かれ、キスをしようとするがメアリーは怪力でハンコックを吹き飛ばす。メアリーに問いただすと、自分達は遙か昔から存在していたこと、同じ力を持った者は他にいたが今では自分達だけであること、元は夫婦であったことを明かされる。

ハンコックは立ち寄った店で強盗に遭遇するが、なぜか力が失われており銃撃を受け重傷を負う。病院に駆けつけたメアリーから、自分たちは神から男女一対の存在として創られ、近づけば力を失い、普通の人間のように暮らせることを聞かされる。80年前、『フランケンシュタイン』を見に行ったハンコックとメアリーは強盗に襲われ重傷を負い、ハンコックは記憶を失った。メアリーは彼のためハンコックの元を去っていたのだ。

ケネスは復讐のため脱獄し、病院に現れるがハンコックを庇いメアリーが銃撃される。ハンコックも重傷を負わされるがレイに救われ窮地を脱し、メアリーと離れれば力が戻ると聞いていたハンコックは、彼女を救うため体を引きずりながらもメアリーの元を去る。

それから一ヶ月後、ハンコックからレイに電話が入り、促されて夜空を見上げると、月に「オールハート」のシンボルマークが描かれていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・ハンコック ウィル・スミス 江原正士
メアリー・エンブリー シャーリーズ・セロン 本田貴子
レイ・エンブリー ジェイソン・ベイトマン 眞木大輔 (EXILE)
アーロン・エンブリー ジェイ・ヘッド 津村まこと
ケネス・“レッド”・パーカー エディ・マーサン 後藤哲夫
ホッティ ヘイリー・マリー・ノーマン 木下紗華
ミッシェル ダエグ・フェアーク 山戸めぐみ
ベンチの少年 アッティカス・シェイファー 川田妙子
マイク トーマス・レノン 佐藤晴男
ジェレミー ジョニー・ガレッキ 勝杏里
巡査 ダレル・フォスター 星野充昭
警察署長 グレッグ・ダニエル 千々和竜策
女性警官 リズ・ウィッカー 田村聖子
リポーター チャー・カルヴィン 世戸さおり
重役 ブラッド・リーランド 楠見尚己
アキヴァ・ゴールズマン 高橋圭一
マイケル・マン 中博史
男性 ライアン・ラディス 疋田高志
群集の女性 エリザベス・デネヒー 込山順子
レスリー・バーガー 定岡小百合
本人役 ナンシー・グレイス 岡田栄美
医師 スティーヴン・ビショップ 堀江一眞
囚人 ドナルド・ギブ 廣田行生
マトリックス・フィトン 乃村健次
アラン・ハーヴィ 伊藤栄次
ジャック・アクセルロッド ふくまつ進紗
エディ・J・フェルナンデス 天田益男
アンソニー・レデスマ 西凜太朗
ドミニス・プランピン 澤田将考
マーズ・クレイン 広田みのる
女性 ミシェル・レモン 西崎果音
女性3 不明 安士百合野
女性4 不明 長谷瞳

スタッフ[編集]

公開[編集]

2008年、7月から9月にかけて70以上の国と地域で公開される[3]

公開1週目の2008年7月4日から6日にかけての週末興行成績では、北米とその他55の地域で1位となった[4][5]

日本では同年8月23日8月24日に先行上映を行ったのち、8月30日から本公開、同日公開の話題作『20世紀少年』を抑え初登場1位を記録した。総興行成績は31億円[2]

バージョン違い[編集]

上映時間は、劇場公開版は92分、エクステンデッド版 (Unrated version) は未公開シーン追加の102分(セル版DVDとUMDとレンタル版Blu-rayにはエクステンデッド版、レンタル版DVDには劇場公開版、セル版Blu-rayには両方のバージョンを収録)。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Hancock”. Box Office Mojo. 2011年9月22日閲覧。
  2. ^ a b 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2008年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2011年9月22日閲覧。
  3. ^ ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント. “Hancock - Worldwide Release Dates” (英語). ソニー・ピクチャーズ デジタル エンタテインメント. 2008年7月25日閲覧。
  4. ^ Weekend Box Office Results for July 4–6, 2008” (英語). Box Office Mojo. 2008年7月25日閲覧。
  5. ^ Overseas Total Box Office, July 4–6, 2008” (英語). Box Office Mojo. 2008年7月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]