ライラの冒険 黄金の羅針盤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライラの冒険 黄金の羅針盤
The Golden Compass
監督 クリス・ワイツ
脚本 クリス・ワイツ
原作 フィリップ・プルマン
黄金の羅針盤
製作 デボラ・フォート
ビル・カラッロ
製作総指揮 ロバート・シェイ
マイケル・リン
トビー・エメリッヒ
マーク・オーデスキー
アイリーン・メイゼル
アンドリュー・ミアノ
ポール・ワイツ
出演者 ダコタ・ブルー・リチャーズ
ダニエル・クレイグ
ニコール・キッドマン
サム・エリオット
エヴァ・グリーン
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 ヘンリー・ブラハム
編集 アン・V・コーツ
ピーター・ホーネス
ケヴィン・テント
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ/松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年12月7日
日本の旗 2008年3月1日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $180,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $372,234,864[1]
日本の旗 37.5億円[2]
テンプレートを表示

ライラの冒険 黄金の羅針盤』(ライラのぼうけん おうごんのらしんばん、原題: The Golden Compass)は、2007年アメリカ映画イギリス作家フィリップ・プルマン作の『ライラの冒険』シリーズの第1巻『黄金の羅針盤』を原作とする実写作品である。

日本ではギャガ・コミュニケーションズ松竹の配給により2008年2月24日25日に先行上映、3月1日に公開。

小道具の製作に、例えば羅針盤だけで実際の鍛冶部屋まで用意し非常に潤沢な予算をかけたものの、2008年10月、続編2作の制作について、制作会社は無期限で延長することを決定したとContactmusic.comが伝えた。この理由として当初は、世界的な金融危機の影響が指摘されていた[3]。しかし2009年12月、制作会社から続編の制作について断念することが発表された。このときには理由として、北米カトリック連盟が「子供に対し無神論を奨励する映画だ」などとしてボイコット運動を展開したためにアメリカにおける興行収入が振るわなかったからとされ[誰によって?]、原作者であるフィリップ・プルマンが遺憾の意を述べる事態となっている[4]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
劇場公開版 テレビ朝日版
ライラ・ベラクア ダコタ・ブルー・リチャーズ 西内まりや[5] 釘宮理恵
アスリエル卿 ダニエル・クレイグ 東地宏樹 藤真秀
コールター夫人 ニコール・キッドマン 山口智子 田中敦子
セラフィナ・ペカーラ エヴァ・グリーン 本田貴子 冬馬由美
リー・スコーズビー サム・エリオット 小林清志 山野史人
ジョン・ファー ジム・カーター 内海賢二
ファーダー・コーラム トム・コートネイ 麦人 納谷六朗
ロジャー・パースロウ ベン・ウォーカー 海鋒拓也 小林由美子
ビリー・コスタ チャーリー・ロウ 神谷涼太 竹内順子
マ・コスタ クレア・ヒギンズ 磯辺万沙子 片岡富枝
学長 ジャック・シェパード 大木民夫 糸博
教会組織の幹部 デレク・ジャコビ 稲垣隆史 城山堅
教会組織の使者 サイモン・マクバーニー 牛山茂 青山穣
第一評議員 クリストファー・リー 藤本譲 真田五郎
パンタライモン フレディ・ハイモア(声の出演) 成海璃子 水田わさび
イオレク・バーニソン イアン・マッケラン(声の出演) 緒形拳 大塚明夫
ラグナー・スタールソン イアン・マクシェーン(声の出演) 磯部勉 大塚芳忠
ステルマリア クリスティン・スコット・トーマス(声の出演) 坂上みき なし[6]

評価[編集]

興行収入[編集]

北米では3528館で上映されたが、初動成績が2610万ドルという結果であり、製作費(1億8000万ドル)を考慮すると、物足りない成績だった[7]。しかし、北米以外の国では総興行収入3億ドル(2008年3月10日の時点で)のヒットとなっている[8]イギリスでは公開3日間の成績が約1490万ドル(約18億円)と『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』以上の成績である[9]

日本での初動成績は先行上映を含め、動員数70万9000人、興行収入8億2000万だった[10]

賞歴[編集]

ゲーム[編集]

  • 『ライラの冒険 黄金の羅針盤』のPS3用日本語版・DS用日本語版がセガから2008年3月27日発売。当初はWiiPSPからも発売が予定されていたが、発売中止となった。

関連イベント[編集]

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』

脚注[編集]

外部リンク[編集]