地球が静止する日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地球が静止する日
The Day the Earth Stood Still
監督 スコット・デリクソン[1]
脚本 ライン・ダグラス・ピアソン
デヴィッド・スカルパ
製作 ポール・ハリス・ボードマン
グレゴリー・グッドマン
アーウィン・ストフ
出演者 キアヌ・リーブス
ジェニファー・コネリー
音楽 タイラー・ベイツ
撮影 デヴィッド・タッターサル
編集 ウェイン・ワーマン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年12月12日
日本の旗 2008年12月19日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000[2]
興行収入 $233,093,859[2]
24億1300万円[3] 日本の旗
テンプレートを表示

地球が静止する日』(ちきゅうがせいしするひ、原題: The Day the Earth Stood Still)は、2008年SF映画。1951年公開の『地球の静止する日』のリメイク作品。

旧作との差異[編集]

1951年版には冷戦核戦争といった時代的背景が示されていた。今回のリメイクにおいては自然との対立という視点も加えられている[4][5]

ストーリー[編集]

ある夜、プリンストン大学で教諭をする地球外生物学者ヘレン・ベンソン博士の自宅に、アメリカ政府のエージェントが突然やってきた。強制的にある非常事態への協力を求められたヘレンは、1年前に他界した夫の連れ子であるジェイコブを隣人に預け、慌ただしく公用車に乗り込む。

すでに政府は、軍を総動員出動させ警戒態勢を敷き、町は異様なまでに静まり返っていた。政府がヘレンのほかに、核物理学天文学地質学などの権威を招集したのは、木星の外側で観測された「謎の物体」への対策を講じるためだった。小惑星と思われるその物体は、想定外の進路を信じがたい速度で移動し、マンハッタンへと迫っているのだった。

物体が地上に達するはずの瞬間には何も起きず、ただまばゆい光を放つ巨大な球体がセントラルパークへと舞い降りてくる。その一方で、アメリカの軍事衛星が何者かに制御を奪われ、この衛星を経由して国家機密すべてが筒抜けになったことが疑われた。球体を警察と軍隊が包囲し、防護服を着たヘレンらが近づくと、球体の中から一体のヒューマノイド形生命体と、大きなロボット ゴートが姿を現す。動揺した兵士の一人が発砲し、銃弾を受けた生命体はヘレンの目の前で赤い体液を流して昏倒した。その際、生命体を守ろうとしたゴートは周囲の電力を絶ち、人間を昏倒させる音波を放つという恐るべき能力を見せる。

アメリカ政府は生命体を医療施設へ運び、懸命の治療を施した。生命体の体にメスを入れると、灰色の有機物質の皮が剥がれ落ち、その下から人間男性そっくりの本体が姿を現した。複数種類のDNAを持つその生命体は急速に成長しつつ、傷を回復させる。意識を取り戻し、銃創が癒えてきた生命体はクラトゥと名乗り、人類と接触するために人間の姿を取ったと語る。

尋問に訪れたアメリカ国防長官に対し、クラトゥは複数の地球外文明を代表して来たと主張し、国際連合本部で各国の指導者たちに会うことを要求するが拒否される。その後、クラトゥは超人的な能力を発揮して施設から脱走するが、傷はまだ完治しておらず、ヘレンに連絡を入れて助けに来てもらう。その間、アメリカ軍はゴートに攻撃を仕掛けるが通用しない。しかしゴートを巨大な箱に閉じ込めることには成功し、研究施設へ運び込む。

クラトゥは彼同様に人間の姿で地球に来た、Mr.ウーを名乗る同胞と会って意見を求める。人類を70年間観察してきたMr.ウーは、人類は破壊的である一方で愛すべき面をも備え、自らはこのまま人間として地球に残ると語る。そのうえで「処置」を発動させる決断を下したクラトゥは、人間たちを助けに来たのではなく、地球を人間たちから助けに来たのだとヘレンに告げる。その頃、宇宙からの球体が地球上のさまざまなところに出現し、世界中を大混乱へ陥れていたが、その目的は人間以外の地球の生物を保全することにあった。

衝撃を受けたヘレンは、クラトゥをノーベル学者バーンハート教授と面会させるが、必死の説得もむなしく、ついにゴートが大量の虫形ナノマシンに姿を変え、地球上のあらゆる人工物そして人間を分解し、取り込んでゆく。人類の命運がもはや風前の灯火となった今、すべてはクラトゥの心に触れることができるヘレンとジェイコブに託されたのだった。

制作[編集]

オリジナルで背景セットやミニチュアによるアナログ特撮だった同等のシーンにはCGが利用されている。なお後に開発チームがアカデミー科学技術賞を受賞するTheFoundry社の3DCG用の着色ソフト『MARI』が使用された最初の映画である[6]


キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 北米版 2代目 ホンダ・シビック ハイブリッド - 主人公らが逃亡する際に使用し、警察無線でもはっきり「シルバーのシビック」と呼称。
  • LGエレクトロニクス - 今作にモバイル・パートナーとして参加。劇中に同社製携帯電話「SECRET」が登場するほか、日本でもSECRETの日本版である「L-01A」とのタイアップキャンペーンを展開する。
  • マクドナルド - クラトゥが郊外のマクドナルド店舗で同胞「Mr.ウー」と会う。Mr.ウーが注文したのはマックカフェの紙コップに入ったホットドリンクであった。
  • パイオニア -終盤でフィラデルフィアへ向かうトレーラの運転手が聞いていたカーラジオはパイオニア製。
  • 地球が静止した日 - 本作に便乗したアサイラム製作のオリジナルビデオ映画(原題:The Day the Earth Stopped

外部リンク[編集]