ロバート・デ・ニーロ エグザイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロバート・デ・ニーロ
エグザイル
Being Flynn
Being Flynn.svg
監督 ポール・ワイツ
脚本 ポール・ワイツ
原作 ニック・フリン英語版
『路上の文豪、酔いどれジョナサンの「幻の傑作」』
製作 ポール・ワイツ
マイケル・コスティガン
アンドリュー・ミアノ
製作総指揮 ニック・フリン
ジェーン・ローゼンタール
ケリー・コハンスキー
メーガン・ライヴァーズ
キャロライン・バロン
出演者 ロバート・デ・ニーロ
ポール・ダノ
音楽 バッドリー・ドローン・ボーイ
撮影 デクラン・クイン
編集 ジョーン・ソーベル
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年5月2日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $540,152[1]
テンプレートを表示

ロバート・デ・ニーロ エグザイル』(原題: Being Flynn)は、2012年アメリカ合衆国で制作されたドラマ映画。ニック・フリン英語版が、自身の父親と過ごした日々を記したノンフィクション小説『路上の文豪、酔いどれジョナサンの「幻の傑作」』を原作にしている。

日本では劇場公開されず、『ビーイング・フリン 〜僕と父さんをつなぐもの〜』という邦題で動画配信やスター・チャンネルでの放送がされた後、現在の邦題でDVDのみが発売された。

ストーリー[編集]

作家志望の青年ニックは、幼い頃から父親の愛を知らずに生きてきた。ニックが幼い頃に刑務所に入った父親ジョナサンは、その後まともに働こうとせず、周囲とトラブルを起こしては職を転々としていた。そんな父親から、突然ニックに連絡が入る。アパートを追いだされたから、荷物の整理を手伝えと言うのだ。酷く落ちぶれた父親の姿を見たニックは、同じく職についていない自分の姿と重ねて彼を激しく嫌悪し、酷い言い争いをして別れるのだった。

それから月日が経ち、ニックはホームレス・シェルターで働いていた。仕事にやりがいを感じ、生きる意義を見出し始めたニックの前に、ホームレスとなった父親が再び姿を見せる。この父親との再会を通じて、ニックは人生の意味を見つける。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョナサン・フリン ロバート・デ・ニーロ 樋浦勉
ニック・フリン英語版 ポール・ダノ 前野智昭
ジョディ・フリン ジュリアン・ムーア 山口協佳
デニス オリヴィア・サールビー 秋山友香
ジョイ リリ・テイラー[2] 木曽寛子

参考文献[編集]

  1. ^ Being Flynn” (英語). Box Office Mojo. 2014年6月5日閲覧。
  2. ^ 演じているリリ・テイラーは、原作者であるニック・フリンの実の妻である。

外部リンク[編集]