オリヴィア・サールビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オリヴィア・サールビー
Olivia Thirlby
Olivia Thirlby
2012年9月20日、Fantastic Fest
生年月日 (1986-10-06) 1986年10月6日(34歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 2006年 -
テンプレートを表示

オリヴィア・サールビー(Olivia Thirlby, 1986年10月6日[1] - )は、アメリカ合衆国女優である。

2012年、雑誌『Complex』で「ニューヨークで最も魅力的な50名の独身女性」第9位に選ばれた[2]

経歴[編集]

イースト・ヴィレッジで生まれ育ち[3]、16歳のとき、演技の世界に入る[4]。2006年、ポール・グリーングラス監督の『ユナイテッド93』で映画に初出演し[5]、翌年、ジェイソン・ライトマン監督の『JUNO/ジュノ』でエリオット・ペイジと共演する[6]。2012年、ポール・ワイツ監督の『Being Flynn』ではロバート・デ・ニーロポール・ダノジュリアン・ムーアと共演し[7]ピート・トラヴィス監督の『ジャッジ・ドレッド』ではカール・アーバンと共演する[8]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2006 ユナイテッド93
United 93
ニコール・キャロル・ミラー
2007 スノー・エンジェル
Snow Angels
ライラ・レイバーン 日本劇場未公開
JUNO/ジュノ
Juno
リア
秘密 THE SECRET
The Secret
サマンサ・マリス 日本劇場未公開
2009 ニューヨーク、アイラブユー
New York, I Love You
女優 ブレット・ラトナー監督作 「車椅子でプロム」
ハーフ・デイズ
Uncertainty
ソフィー・モンテーロ
ソリタリー・マン
Solitary Man
モーリーン クレジットなし
2011 抱きたいカンケイ
No Strings Attached
ケイティ・カーツマン
マーガレット
Margaret
モニカ・スローン 日本劇場未公開
ダーケストアワー 消滅
The Darkest Hour
ナタリー
2012 ロバート・デ・ニーロ エグザイル
Being Flynn
デニス 日本劇場未公開
ジャッジ・ドレッド
Dredd
カサンドラ・アンダーソン
2014 5時から7時の恋人カンケイ
5 to 7
ジェーン・ヘイスティングズ 日本劇場未公開
2015 ベストマン -シャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間-
The Wedding Ringer
アリソン・パーマー 日本劇場未公開
プリズン・エクスペリメント
The Stanford Prison Experiment
クリスティーナ・マスラック
2017 チャパキディック
Chappaquiddick
レイチェル・シフ 日本劇場未公開
2018 スパイ・ミッション シリアの陰謀
Damascus Cover
キム・ジョンソン

テレビ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
2006-2007 キッドナップ
Kidnapped
オーブリー・ケイン 5エピソード
2009 ボアード・トゥ・デス
Bored to Death
スザンヌ 4エピソード
2011 Good Vibes Jeena 12エピソード
声の出演
2016 弁護士ビリー・マクブライド
Goliath
ルーシー・キトリッジ 8エピソード
2019-2020 Lの世界 ジェネレーションQ
The L Word: Generation Q
レベッカ 5エピソード

脚注[編集]

  1. ^ ABOUT 作品情報”. 映画「ダーケストアワー 消滅」オフィシャルサイト. 20世紀フォックス. 2014年2月10日閲覧。
  2. ^ Shanté Cosme; Julian Kimble (2012年9月4日). “The 50 Most Desirable Bachelorettes in NYC”. Complex. 2014年2月10日閲覧。
  3. ^ Tim Stack (2008年6月17日). “Olivia Thirlby: Life After 'Juno'”. Entertainment Weekly. 2014年2月10日閲覧。
  4. ^ Sara Vilkomerson (2008年2月26日). “Olivia Thirlby: Juno's Bestie on the Brink”. The New York Observer. 2014年2月10日閲覧。
  5. ^ Bruce Fretts (2012年10月21日). “Olivia Thirlby on becoming a somebody - and being a 'homebody - with new film 'Nobody Walks'”. New York Daily News. 2014年2月10日閲覧。
  6. ^ Larry Carroll; Jeff Cornell (2007年9月5日). “Michael Cera, Jason Bateman Insist 'Juno' Is Not An 'Arrested Development' Reunion”. MTV. 2014年2月10日閲覧。
  7. ^ David Rooney (2012年2月28日). “Topher Grace, Olivia Thirlby Reteam With Director Paul Weitz for New Play”. The Hollywood Reporter. 2014年2月10日閲覧。
  8. ^ Nick Schager (2012年9月19日). “Dredd - Film Review”. Slant Magazine. 2014年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]