ジャッジ・ドレッド (2012年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャッジ・ドレッド
Dredd
Dreddlogo.png
監督 ピート・トラヴィス
脚本 アレックス・ガーランド
原作 ジョン・ワグナー英語版
カルロス・エズキエラ英語版
製作 アンドリュー・マクドナルド
アレックス・ガーランド
アロン・ライヒ
製作総指揮 スチュアート・フォード
ディーパック・ナヤル
アディ・シャンカル
出演者 カール・アーバン
オリヴィア・サールビー
レナ・ヘディ
ウッド・ハリス
音楽 ポール・レオナード=モーガン英語版
撮影 アンソニー・ドッド・マントル
編集 マーク・エカズリー
製作会社 DNAフィルムズ英語版
IMグローバル英語版
リライアンス・エンターテインメント
配給 イギリスの旗 ライオンズゲート
日本の旗 ブロードメディア・スタジオ/
カルチュア・パブリッシャーズ
公開 イギリスの旗 2012年9月7日[1]
日本の旗 2013年2月16日
上映時間 95分[2]
製作国 イギリスの旗 イギリス
 南アフリカ共和国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インドの旗 インド[3]
言語 英語
製作費 $45,000,000[4]
興行収入 $13,414,714[5] アメリカ合衆国の旗
$35,626,525[5] 世界の旗
次作 Dredd 2
テンプレートを表示

ジャッジ・ドレッド』(原題: Dredd)は、2012年ののSFアクション映画である。1995年にもシルヴェスター・スタローン主演で映画化されたイギリスのコミックの再映画化・リブート作品[6]。主人公のドレッドを演じるのはカール・アーバンである。

ストーリー[編集]

核戦争により、国土の大半が荒廃した未来のアメリカ。ボストンからワシントンD.C.にかけての東海岸一体に位置する巨大都市メガシティー・ワンは、8億人もの住民がひしめき合う人口過密都市であると同時に、1日の犯罪件数が1万を超えるほどの犯罪多発都市でもあった。もはや崩壊寸前となっているこの都市の治安を維持しているのは、警察と司法の機能を併せ持つ裁判所であり、そこに所属する通称"ジャッジ"と呼ばれる裁判官達である。彼らは裁判官・陪審員・処刑人の権限を全て持つエリート集団であり、犯罪者をその場で判決し、刑を執行する事が出来る唯一の存在でもあった。そんな彼らの中でもドレッド(カール・アーバン)はジャッジとして特に優れた腕を持ち、法を犯した者には決して容赦をしない事で犯罪者達から恐れられていた。

ある日、ドレッドはチーフ・ジャッジ(ラキエ・アヨラ)から、新米ジャッジのカサンドラ・アンダーソン(オリヴィア・サールビー)の適性をテストするよう命令を下される。それはカサンドラに秘められた超能力が、犯罪の摘発に役立つと考えられての命令だった。ちょうど殺人事件が起きたとの知らせを受けたドレッドは、カサンドラを引き連れ、事件現場となった超高層アパート"ピーチ・ツリー"へと向かう。手掛かりを求め階を調べていくドレッドとカサンドラは、ドラッグの密売所に突入した際、このアパートを支配するギャングのボス・ママ(レナ・ヘディ)の腹心であるケイ(ウッド・ハリス)を捕える。早速裁判所へ連行しようとした2人だったが、2人の動向を知っていたママがピーチ・ツリーの警備システムを作動し、2人を閉じ込めてしまった。実はママは、メガシティー・ワン全土を蝕む新型ドラッグ"スローモー"の製造と密売をこのアパートで行っていたのだ。ケイが2人にその証言をする事を危惧した彼女は、ドレッドとカサンドラを殺すよう大勢の部下達に命じる。かくして2人は、逃げ道も援護も無い中で命がけの戦いに臨む事になるのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ドレッド カール・アーバン 藤原啓治
カサンドラ・アンダーソン オリヴィア・サールビー 藤村歩
ママ(本名:マデレーン・マドリガル) レナ・ヘディ 五十嵐麗
ケイ ウッド・ハリス 坂詰貴之
ケイレブ ウォーリック・グリア
チーフ・ジャッジ ラキエ・アヨラ
レックス ラングリー・カークウッド 土田大
アルヴァレス エドウィン・ペリー
チャン カール・サニング 佐々木義人
キャプラン ミシェル・レヴィン
ガスリー フランシス・チャウラー
ヴォルト ダニエル・ハデベ
TJ デオビア・オパレイ
ビッグ・ジョー ジョー・ヴァズ
ズワーナー ジェイソン・コープ
ジャフェット スコット・スパロー
キャシー ニコル・ベイリー
アモス ジュニア・シンゴ 長南翔太
フリール ルーク・タイラー
トラヴィス ドーナル・グリーソン 山崎健太郎
ママのボディーガード タメル・ブルジャック
  • その他日本語吹き替え
菊本平櫻井トオル林和良冨樫かずみ川瀬晶子野坂尚也山本格遠藤さやか藤田曜子

製作[編集]

企画[編集]

映画の企画は2008年12月20日に発表された。これはイギリスのスタジオであるDNAフィルムズ英語版の独立プロジェクトであり[7][8]、セールス・エージェンシーのIMグローバル英語版と協力して進められた[8]。2009年9月、アレックス・ガーランドが脚本を執筆し、ジョック英語版がコンセプト・アートを描いたことが明らかとなった[9][10]。しかしながら2009年10月の段階で、監督は未だ決まらなかった[11]。2010年5月、リライアンス・ビッグ・ピクチャーズとその子会社のIMグローバルはDNAフィルムズの3Dロジェクトに4500万ドルを出資し、2010年末にヨハネスブルグで撮影開始予定であることを発表した[12][13]。監督はピート・トラヴィス、プロデューサーはガーランド、アンドリュー・マクドナルド、アロン・ライヒに決定した[13][14]。これ以前にはダンカン・ジョーンズへ監督オファーがされていた[15]。2010年9月、タイトルは『Dredd』になることが発表された[16]

2010年9月に開催されたトロント国際映画祭の際、世界へのプリセールスにより3000万ドルを集めた[17][18]。このセールスにはイギリスの配給会社であるエンターテインメント・フィルム・ディストリビューターズ英語版からの700万ドルも含まれた。2010年11月2日、ライオンズゲートが北米での配給権を獲得した[19]。原作者であるジョン・ワグナー英語版は映画のコンサルタントを務めた[20]。2012年、彼は本作はコミックの再映画化であり、シルヴェスター・スタローン主演の1995年の映画『ジャッジ・ドレッド』のリメイクではないことを明かした[21]。2011年7月、北米での劇場公開日は2012年9月21日であることが発表された[22]

プリプロダクションは2010年8月23日、南アフリカのケープタウンのケープタウン・フィルム・スタジオで開始された[23]。2010年7月のコミコン・インターナショナルカール・アーバンがジャッジ・ドレッド役にオファーされていることが明かされ、同年8月18日に決定が報じられた[24]。9月、オリヴィア・サールビーがカサンドラ・アンダーソンを演じることが発表された[4]。2011年1月、レナ・ヘディがドラッグ・ディーラーのママ役としてキャストに加わった[25]

撮影[編集]

4500万ドルの予算で撮影は2010年11月12日にケープタウンで始まって13週間行われ、さらに第二班が7週間撮影した[26][4][19]。撮影地にはヨハネスブルグとケープタウン・フィルム・スタジオが含まれた[27]。デジタルで撮影され、 RED MX、SI2K、ファントム・フレックス・ハイスピード・カメラを使って主に3Dで行われた[26][28]。一部の2D部分はポストプロダクション時に3Dに変換された[29]

DNFフィルムズ設立者のアンドリュー・マクドナルドは撮影監督にアンソニー・ドッド・マントルを起用した。マントルにとっては初の3Dの仕事となった[26][30]

音楽[編集]

映画音楽はポール・レオナード=モーガン英語版が作曲した[31][32]

映画でほかにヴィタリックの「Poison Lips」、ヤン・マッカローとジェマ・キックの「Dubstride」、マット・ベリー英語版の「Snuffbox」、ロバート・J・ウォルシュの「Pontiac Moon」、ボビー・ウーマックの「Jubilee (Don't Let Nobody Turn You Around)」が使われた[27]

公開[編集]

プレミア上映は2012年7月11日にコミコン・インターナショナルで行われた[33]。他に、9月6日にトロント国際映画祭[34]、9月末にファンタスティック・フェスト英語版でも上映された[35]。イギリスでは2012年9月7日に劇場公開された[1]

興行収入[編集]

『ジャッジ・ドレッド』は国際市場では2221万1811ドル[36]、北米市場で1341万4714ドル、累計3562万6525ドルを売り上げた[37]。イギリスでは415劇場公開され、初週末に105万ユーロ(170万ドル)を売り上げた。これは18歳以上向けの映画としては『ソウ ザ・ファイナル 3D』(2010年)以来最高の初動成績である[38][39]。2週目の週末は76万9381ユーロを売り上げ、5位となった[40]。'イギリスでは累計で690万ドルを売り上げている[36]

北米市場ではR指定であることや1995年版が不評であることを踏まえて初週末成績は800万から1000万ドル程度であると予想されていた[41]。2506劇場で封切られ、公開初日には220万ドル[42]、週末全体で630万ドルを売り上げて6位となった。週末動員のうち、25歳以上が69%、男性が75%であった[37][43]。北米での興行は公開から42日後の2012年11月1日に終了した[37]。イギリスと北米以外では、ロシアで400万ドル、オーストラリアで200万ドル、マレーシアで110万ドルで売り上げている[36]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは147件のレビューで支持率は78%、平均点は6.5/10となった[44]Metacriticでは29件のレビューで加重平均値は59/100となった[45]

第18回エンパイア賞では英国作品賞、SFファンタジー賞、3D賞にノミネートされ、3Dを受賞した[46]

ホームメディア[編集]

北米では2013年1月8日、イギリスでは1月14日にDVDBlu-rayデジタル・ダウンロード版が発売された[47]。Blu-rayは2Dと3D版があり、デジタル・コピーも付けられた[48][49]。イギリスでのDVDとBlu-rayの発売初週売り上げは1位となった[50]

出典[編集]

  1. ^ a b Eames, Tom (2012年8月9日). “Karl Urban, Wentworth Miller, Eric Stonestreet in 'The Loft' trailer”. Digital Spy. 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月4日閲覧。
  2. ^ Dredd”. bbfc.co.uk. British Board of Film Classification (2012年8月29日). 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月29日閲覧。
  3. ^ Dredd”. British Film Institute. 2018年9月4日閲覧。
  4. ^ a b c Lodderhose, Diana (2010年9月3日). “Thirlby joins 'Judge Dredd'”. Variety. Reed Business Information. 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月3日閲覧。
  5. ^ a b Dredd (2012)” (英語). Box Office Mojo. 2019年10月16日閲覧。
  6. ^ スタローン主演『ジャッジ・ドレッド』が完全リブート!来年2月に日本公開! - シネマトゥデイ
  7. ^ Anders, Charlie Jane (2008年12月20日). “New Judge Dredd Movie Getting Danny Boyle Treatment?”. io9 (Gawker Media). オリジナルの2012年9月13日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AeJGCsC0?url=http://io9.com/5115029/new-judge-dredd-movie-getting-danny-boyle-treatment 2012年9月3日閲覧。 
  8. ^ a b Young, Rob (2012年9月4日). “Alex Garland Interview: Dredd 3D, SLO-MO, Sequel Ideas & More!”. What Culture. 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月7日閲覧。
  9. ^ Connelly, Brendan (2009年9月8日). “Comics Artist Jock Tweets Judge Dredd and The Losers Movie News”. /Film. オリジナルの2012年9月13日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AeJUWlT4?url=http://www.slashfilm.com/comics-artist-jock-tweets-judge-dredd-and-the-losers-movie-news/ 2012年9月4日閲覧。 
  10. ^ Alex Garland Writing Judge Dredd Script”. ReelzChannel (2009年9月10日). 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月21日閲覧。
  11. ^ Connelly, Brendan (2009年10月24日). “No Director Attached to Judge Dredd, Neither Dredd Nor Lobo Producers or Writers Consulting The Comic’s Creators”. /Film. オリジナルの2012年9月13日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AeJSuAck?url=http://www.slashfilm.com/no-director-attached-to-judge-dredd-neither-dredd-nor-lobo-producers-or-writers-consulting-the-comics-creators/ 2012年9月4日閲覧。 
  12. ^ Fleming, Mike (2010年5月10日). “Reliance Big’s ‘Judge Dredd’ Deal Makes Scifi Film A Hot Cannes Pre-Sale Title”. Deadline.com (PMC). オリジナルの2012年9月13日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AeJBQXNE?url=http://www.deadline.com/2010/05/reliance-bigs-judge-dredd-deal-makes-scifi-film-a-hot-cannes-pre-sale-title/ 2012年9月3日閲覧。 
  13. ^ a b “Judge Dredd to Start Filming this Fall”. comingsoon.net (CraveOnline). (2010年5月10日). オリジナルの2012年9月13日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AeJEA96v?url=http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=65968 2012年9月3日閲覧。 
  14. ^ Pete Travis to Direct 3-D Judge Dredd Reboot”. ReelzChannel (2010年5月19日). 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月21日閲覧。
  15. ^ Duncan Jones on Why He Passed on Directing the Judge Dredd Reboot”. ReelzChannel (2010年8月15日). 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月21日閲覧。
  16. ^ Vejvoda, Jim (2010年9月3日). “Judge Dredd Gets a New Title”. IGN (News Corporation). オリジナルの2012年9月13日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AeJX8T79?url=http://www.ign.com/articles/2010/09/03/judge-dredd-gets-a-new-title 2012年9月4日閲覧。 
  17. ^ 'Dredd' pre-sale deal tops Toronto”. Variety. Reed Business Information (2010年9月14日). 2012年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月4日閲覧。
  18. ^ Dawtry, Adam (2010年9月16日). “Toronto film festival: the UK Film Council's finest hour?”. The Guardian. Guardian Media Group. 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月15日閲覧。
  19. ^ a b McClintock, Pamela; McNary, Dave (2010年11月2日). “Lionsgate, IM Global reach three-pic deal”. Variety. 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月21日閲覧。
  20. ^ Child, Ben (2010年9月16日). “Can the new Judge Dredd excise all memories of Sly Stallone and Rob Schneider?”. The Guardian. 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月21日閲覧。
  21. ^ Williams, Owen (2012年). “Exclusive: John Wagner And Alex Garland Talk Dredd”. Empire. Bauer Media Group. 2012年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月5日閲覧。
  22. ^ Finke, Nikki (2011年7月11日). “Lionsgate Skeds ‘Dredd’ Reboot For 2012”. Deadline.com (PMC). オリジナルの2012年9月13日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AeJQ141V?url=http://www.deadline.com/2011/07/lionsgate-skeds-dredd-reboot-for-2012/ 2012年9月5日閲覧。 
  23. ^ Giant Judge Dredd Movie Update: New Title, Synopsis, Cast Addition, & Filming Location Revealed”. ReelzChannel (2010年9月4日). 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月21日閲覧。
  24. ^ McNary, Dave (2010年8月18日). “Karl Urban seals 'Judge Dredd' role”. Variety. Reed Business Information. 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月3日閲覧。
  25. ^ Lyttleton, Oliver (2011年1月12日). “Confirmed: Lena Headey To Play Villain In 'Dredd'”. Indie Wire. 2012年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月5日閲覧。
  26. ^ a b c Prince, Ron (2011年3月30日). “Camera Creative: Anthony Dod Mantle”. BSCine.com. 2012年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月21日閲覧。
  27. ^ a b Production 2012, p. 31.
  28. ^ de Semlyen, Phil (2010年9月17日). “Exclusive: Karl Urban Talks Dredd”. Empire. Bauer Media. 2012年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月13日閲覧。
  29. ^ Tustain, Jonathan (2011年4月1日). “Prime Focus 3D Exclusive”. 3D Focus. 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月14日閲覧。
  30. ^ Production 2012, pp. 12-13.
  31. ^ Paul Leonard-Morgan Scoring 'Dredd'”. FilmMusicReporter.com (2012年1月24日). 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月5日閲覧。
  32. ^ Reynolds, Simon (2012年8月31日). “Exclusive: 'Dredd' soundtrack: Karl Urban's 2000AD movie score in full – listen”. Digital Spy. オリジナルの2012年9月21日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6Apb509CQ?url=http://www.digitalspy.co.uk/movies/news/a403018/dredd-soundtrack-karl-urbans-2000ad-movie-score-in-full-listen.html 2012年9月1日閲覧。 
  33. ^ Weintraub, Steve (2012年7月3日). “Free Screening of Dredd 3D Wednesday Night at Comic-Con; Plus Karl Urban Moderates the Masters of the Web Panel Thursday”. Collider. 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月5日閲覧。
  34. ^ Punter, Jennie (2012年9月4日). “Toronto ups the volume”. Variety. Reed Business Information. 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月5日閲覧。
  35. ^ Goldberg, Matt (2012年7月30日). “First Wave of Fantastic Fest 2012 Line-Up Announced; Includes Dredd, Room 237, and The Shining”. Collider. 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月5日閲覧。
  36. ^ a b c Dredd (2012) - International Box Office Results”. Box Office Mojo. Amazon.com (2012年11月11日). 2012年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月16日閲覧。
  37. ^ a b c Dredd”. Box Office Mojo. Amazon.com (2012年10月25日). 2013年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月25日閲覧。
  38. ^ Kemp, Stuart (2012年9月11日). “Around-the-World Roundup: 'Expendables' Back on Top”. Box Office Mojo (Amazon.com). オリジナルの2012年9月13日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AeIkbxTN?url=http://www.boxofficemojo.com/news/?id=3523 2012年9月11日閲覧。 
  39. ^ Gant, Charles (2012年9月11日). “Dredd comes out top on weekend when audiences prefer the sun to the screen”. guardian.co.uk (The Guardian). オリジナルの2012年9月13日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AeImMFuE?url=http://www.guardian.co.uk/film/filmblog/2012/sep/11/dredd-audiences-sun-screen?newsfeed=true 2012年9月11日閲覧。 
  40. ^ Gant, Charles (2012年9月18日). “The Sweeney is off to a Flying Squad start at the UK box office”. guardian.co.uk (The Guardian). オリジナルの2012年9月21日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AqdvKnez?url=http://www.guardian.co.uk/film/filmblog/2012/sep/18/the-sweeney-uk-box-office 2012年9月18日閲覧。 
  41. ^ “Forecast: Odds Favor Clint's 'Curve' on Competitive Weekend”. Box Office Mojo (Amazon.com). (2012年9月20日). オリジナルの2012年9月21日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AqdyRrF3?url=http://www.boxofficemojo.com/news/?id=3528 2012年9月21日閲覧。 
  42. ^ Fleming, Mike (2012年9月22日). “Soft Friday Box Office: Clint Eastwood’s ‘Trouble With The Curve’ Disappoints; But ‘End Of Watch’ Strong Even If ‘House’ #1; Rebooted ‘Dredd’ Opens Just Dreadful”. Deadline.com (PMC). オリジナルの2012年9月22日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6As5LqsZa?url=http://www.deadline.com/2012/09/soft-friday-box-office-clint-eastwoods-trouble-with-the-curve-disappoints-but-end-of-watch-strong-even-if-house-1-rebooted-dredd-opens-just-dreadful/ 2012年9月22日閲覧。 
  43. ^ Subers, Ray (2012年9月23日). “Weekend Report: Photo Finish in Slow Race to the Top”. Box Office Mojo (Amazon.com). オリジナルの2012年9月23日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6Au6Y9D0y?url=http://www.boxofficemojo.com/news/?id=3530 2012年9月24日閲覧。 
  44. ^ Dredd 3D (2012)”. Rotten Tomatoes. 2012年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月7日閲覧。
  45. ^ Dredd”. Metacritic. 2013年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月21日閲覧。
  46. ^ Lachno, James (2013年3月25日). “Empire Awards 2013: Skyfall and the Hobbit big winners”. The Daily Telegraph. Telegraph Media Group. 2013年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月25日閲覧。
  47. ^ Bradley, Dave (2013年1月22日). “Dredd Review”. SFX. Future plc. 2013年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月11日閲覧。
  48. ^ Rawden, Jessica (2012年11月15日). “Dredd Is Bringing Judgment To 3D, Blu-ray And DVD In January”. Cinema Blend. 2012年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月15日閲覧。
  49. ^ Graham, Bill (2013年1月17日). “Dredd 3D Blu-ray Review”. Collider. 2013年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  50. ^ Lane, Dan (2013年1月22日). “Dredd debuts at Number 1 on the Official Video Chart”. Official Charts Company. 2013年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月23日閲覧。
参考文献

関連リンク[編集]

外部リンク[編集]