レインツリーの国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レインツリーの国
著者 有川浩
発行日 2006年9月29日
発行元 新潮社
ジャンル 恋愛小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判変型
ページ数 206
公式サイト www.shinchosha.co.jp
コード ISBN 978-4-10-301871-1
ISBN 978-4-10-127631-1文庫
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

レインツリーの国』(レインツリーのくに)は、有川浩小説2006年9月出版の『図書館内乱』(アスキー・メディアワークス)の中の1エピソード(作中作として登場する架空の小説)として書いた後に、改めて書き下ろした恋愛小説[1]で、2006年9月29日新潮社から単行本が刊行された。2009年7月1日には新潮文庫版が発刊された。2015年9月24日には角川文庫からも文庫本が発売される[2]

自分が好きな小説の感想を書いているウェブサイトを探していた男性が、共感する感想をブログで見つけ、そのサイトの管理人であり難聴を抱える女性と交流を重ねていく。

2007年NHK FMシアターラジオドラマ化され、2015年には映画化された[3]

書籍版あらすじ[編集]

登場人物[編集]

向坂 伸行(さきさか のぶゆき)
主人公。実家は美容院。根っからの関西人で、たまにすごくキレることがある。高校の時、父親を脳腫瘍で亡くしている。中学生の頃に読んだライトノベル『フェアリーゲーム』の感想をインターネットで探していて、「レインツリーの国」というサイトにたどり着く。『フェアリーゲーム』の終わり方に納得していないので『フェアリーゲーム』の話になると熱くなる。ハンドルネームは「伸(しん)」で、この読みは利香がつけた。(もとは「のぶ」)
雑誌『ダ・ヴィンチ』2009年5月号の「有川浩徹底特集」における「有川ワールドなんでもランキング」の「好きなカップルBEST10」では、利香とともに第10位。2013年5月号の同ランキングでは第9位。
人見 利香(ひとみ りか)
ブログ「レインツリーの国」の管理人。高一の時、両親と登山中に滑落事故に遭って、両耳とも感音性難聴になってしまい補聴器を付けている。そのため、他人に補聴器が見えないように髪を伸ばしている。『フェアリーゲーム』の終わり方に対する考えに共感した伸行とメールをやり取りするようになる。伸行と会って、健聴者に対する考え方が変わっていく。ハンドルネームは「ひとみ」。

書籍情報[編集]

ラジオドラマ[編集]

NHK-FMのラジオドラマ番組FMシアターラジオドラマ化され、2007年6月9日に放送された。出演者は、赤星マサノリ前田亜季ほか[4]

スタッフ(ラジオドラマ)[編集]

  • 原作:有川浩
  • 脚色:山本雄史
  • 演出:佃尚能

映画[編集]

レインツリーの国
監督 三宅喜重
脚本 渡辺千穂
原作 有川浩
出演者 玉森裕太
西内まりや
森カンナ
阿部丈二
山崎樹範
矢島健一
麻生祐未
大杉漣
高畑淳子
片岡愛之助
音楽 菅野祐悟
主題歌 Kis-My-Ft2最後もやっぱり君
撮影 柳田裕男
編集 普嶋信一
制作会社 コクーン
製作会社 「レインツリーの国」製作委員会
配給 ショウゲート
公開 2015年11月21日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 5億3300万円[5]
テンプレートを表示

2015年11月21日に公開された[6]。監督は三宅喜重。主演の玉森裕太は映画初主演で、ヒロインの西内まりやは映画初出演である[3]

あらすじ(映画)[編集]

向坂伸行はヘルパーとしても時々病院に通っている。病院から戻った早々、実家の引っ越しの片づけの続きを再開する。伸行の母が仕事をやめるため、ここを引っ越すことになったのだ。自分の部屋を片付けていると、ふと大好きな本の下巻だけがなくなっていることに気付く。下巻の内容を思い出そうとするが思い出せず、とうとう片付けそっちのけで上巻、中巻を読みふけってしまう。

本を読み終えても下巻の内容が思い出せず、気になる伸行はネットで内容の検索を始めたところ、ひとみが管理人のサイト「レインツリーの国」を偶然発見し、とても共感する。サイトにはメッセージボタンがあったため感想を書き溜めておいた。後日、本業の仕事の帰宅後に一杯やりながら、感想メールのハンドルネームを考えていたところ、ふと名前を思いつきメールに書き込んだところ、勢い余って送信ボタンまで押してしまう。

メール送信後、気持ち悪がられるのでは、と後悔する反面、返事がもらえるのでは、と期待する伸行だったが、返事はなかなかこず、あきらめかけていたころひとみからの返事が入る。大喜びの伸行はすぐに返信しようとするが、会社の先輩は、返信は夜9時まで待てという。伸行は先輩の忠告通り夜9時まで待って返信を送ったが、ひとみからはすぐ返事が届き、2人はとても盛り上がる。

会ったことのないひとみがどんな人なのか、思いをはせながらメールのやり取りを続ける伸行だったが、とうとう、会いたいというメールを送ってしまう。そのとたん、ひとみからの返事はこなくなってしまった。メールがこなくなって5日目、会社の先輩に話したところ社内の懇親会に誘われ、そこで社内の女の子に気に入られるが相手にせず、場の雰囲気を壊してしまう。

懇親会からの帰りの電車の中で、ひとみにお詫びのメールをどう入れようか悩んでいたところ、ついにひとみからの返事が届き、2人は青山の本屋で会うことになったのだった。

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

封切り[編集]

全国190スクリーンで公開され、2015年11月21日・22日の初日2日間で興収1億2394万4520円、動員9万1726人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[8]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 有川浩 「あとがき」『レインツリーの国』 新潮社、200 - 203頁。
  2. ^ “9/25(金)より、映画原作小説 発売決定!”. 映画『レインツリーの国』公式サイト. (2015年9月1日). http://raintree-movie.tumblr.com/post/128079179666/ 2015年9月2日閲覧。 
  3. ^ a b “キスマイ玉森、有川浩「レインツリーの国」実写化で映画初主演!”. シネマトゥデイ. (2014年10月29日). http://www.cinematoday.jp/page/N0067681 2014年10月29日閲覧。 
  4. ^ 放送済の作品(2007年)”. FMシアター. NHK-FM. 2014年10月29日閲覧。
  5. ^ キネマ旬報』2016年3月下旬 映画業界決算特別号、44頁
  6. ^ a b c キスマイ玉森、大阪弁初挑戦に、ネイティブの片岡愛之助がアドバイス!”. シネマトゥデイ (2015年4月20日). 2015年4月20日閲覧。
  7. ^ キスマイ、玉森初主演映画主題歌 つんく♂が楽曲提供「心温まる作品」”. ORICON (2015年8月14日). 2015年8月17日閲覧。
  8. ^ キスマイ玉森『レインツリーの国』が初登場ナンバーワン!『ガルパン』は2位!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ (2015年11月25日). 2017年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]