アメリカン・スナイパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカン・スナイパー
American Sniper
American Sniper movie logo.jpg
監督 クリント・イーストウッド
脚本 ジェイソン・ホール英語版
原作 クリス・カイル『ネイビー・シールズ最強の狙撃手』(原書房
製作 クリント・イーストウッド
ロバート・ロレンツ
ピーター・モーガン
アンドリュー・ラザール英語版
ブラッドリー・クーパー
出演者 ブラッドリー・クーパー
シエナ・ミラー
撮影 トム・スターン
編集 ジョエル・コックス
ゲイリー・D・ローチ英語版
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
マッド・チャンス・プロダクションズ
22nd & Indiana Pictures
マルパソ・プロダクションズ英語版
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年12月25日(限定公開)
アメリカ合衆国の旗 2015年1月16日(全国公開)
日本の旗 2015年2月21日
上映時間 132分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $58,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$307,158,000 [2]
日本の旗22.5億円[3]
テンプレートを表示

アメリカン・スナイパー』(原題: American Sniper)は、アメリカ合衆国で製作され2014年に公開された伝記映画である。

原作はイラク戦争に4度従軍したクリス・カイルが著した自伝『ネイビー・シールズ最強の狙撃手英語版』(原題: American Sniper: The Autobiography of the Most Lethal Sniper in U.S. Military History)で、脚色はジェイソン・ホール英語版が行った。監督はクリント・イーストウッドで、ブラッドリー・クーパーが主演を務める。イーストウッド監督作品としては初めてのIMAXおよびドルビーアトモス対応作品となる。

2015年1月までに北米興行成績で2億1700万ドルを記録し、『プライベート・ライアン』の2億1650万ドルを超えてアメリカで公開された戦争映画史上最高の興行収入額となった[4]。2015年2月には3億ドルを突破した。

キャッチコピーは、「米軍史上最多、160人を射殺した、ひとりの優しい父親」[5]

ストーリー[編集]

アザーンが放送される瓦礫だらけの町を、アメリカ海兵隊のM1戦車が地響きを立てながら随伴歩兵と共に進撃していく。その後方の建物の屋上では特殊部隊ネイビー・シールズスナイパーであるクリス・カイルがスナイパーライフルを手に掃討作戦の様子をじっと見守っていた。そんな中、海兵隊の進路上に不審な親子を発見したカイルは、母親が子供にRKG-3対戦車手榴弾を手渡すのを確認し、上官に指示を仰ぐがはっきりとした答えが返ってこない。撃つのか撃たないのか。隣の海兵隊員は「間違ったら軍事刑務所行きだぞ」と忠告するが、カイルは子供に照準を合わせ引き金に指をかけた。

銃声と共に時代は遡り、カイルの幼少期へと戻る。テキサス州に生まれ、厳格な父親に狩猟を教わりながら育ったカイルは、初めての狩りで鹿を仕留めた興奮からライフルを地面に置いてしまい叱られる。ある時、いじめられていた弟を暴カで守ったカイルは、父親から「お前は弱い羊達を守る牧羊犬(シープドッグ)になれ、狼にはなるな」と教わるのだった。そして時は経ち、カウボーイに憧れロデオに明け暮れていたカイルは、1998年にアメリカ大使館爆破事件をテレビで見て愛国心から海軍に志願する。30歳という年齢ながら厳しいNavy SEALsの選抜訓練を突破して特殊部隊シールズに配属され、私生活でもバーで出会ったタヤという女性と交際を始めて幸せな生活を送るクリスであったが、アメリカ同時多発テロ事件を契機に戦争が始まり、カイルもタヤとの結婚式の場で戦地への派遣が告げられるのだった。

イラク戦争で狙撃兵として類まれな才能を開花させたカイルは、大きな戦果を挙げたことからいつしか軍内で「伝説(レジェンド)」と称賛されるようになるが、敵からは「悪魔」と呼ばれ懸賞金をかけられるようになる。また、後に過激派組織ISILへと変貌するテロ組織を率いるザルカーウィー容疑者を捜索する作戦へと参加したカイルは1000m級の射撃を行う元射撃オリンピック選手の敵スナイパー「ムスタファ」と遭遇し、以後何度も死闘を繰り広げる。繰り返される凄惨な戦いのなかでビグルスは戦傷により視力を失い、戦争に疑問を感じ始めたマーク・リーは戦死し、強い兄にあこがれて海兵隊に入隊した弟はイラク派兵で心に深い傷を負って除隊した。同僚や弟が戦場で傷付き、倒れてゆくさまを目の当たりにして、徐々にカイルの心はPTSDに蝕ばまれていった。戦地から帰国するたびに変わっていく夫の姿に苦しみ、人間らしさを取り戻してほしいと嘆願するタヤの願いもむなしく、戦地から帰国するたびにカイルと家族との溝は広がっていく。

4度目の派遣でサドルシティに防護壁を建設する工兵を狙うムスタファを倒すという任務を受けたカイルたちは敵の制圧地帯に展開し、ムスタファを捜索する。工兵を射殺したムスタファの姿を捉えたカイルは仲間に距離「2,100ヤード(1,920メートル)」と報告するが、陸軍のデルタフォースの隊員は見えるわけがないと疑う。「ビグルスのために」と放った一発の銃弾はムスタファを貫き、彼との長い戦いはついに幕を閉じたのだった。銃声を聞いた敵が殺到する中でカイルはタヤに衛星電話を掛け「家に帰るよ」と告げる。砂嵐の中で敵の包囲を突破して、友軍の装甲車に間一髪乗車したカイルは戦場を離れていく。その跡には地面に置くなと父親に言われていたライフルや大切にしていた聖書、そしてムスタファが残され、砂に飲まれていく。

カイルは四度のイラク派遣の後に海軍を除隊するが、戦争の記憶に苛まれ一般社会に馴染めない毎日を送っていた。しかし医師に勧められて始めた傷痍軍人達との交流を続けるうちに、少しずつ人間の心を取り戻していく。しかしある日、退役軍人の一人と射撃訓練に出かけた先でその男に殺害される(実在するクリス・カイルの子供達への配慮のため、この場面は直接描写せず文字で示される)。最後に、クリス・カイルの葬送の記録映像が流される。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

プリ・プロダクション[編集]

2012年5月24日、ワーナー・ブラザースはクリス・カイルの『ネイビー・シールズ最強の狙撃手』(文庫版は『アメリカン・スナイパー』と改題)をブラッドリー・クーパー主演・製作のもとで映画化する権利を獲得したと発表した[6]。2012年9月、デヴィッド・O・ラッセルが本作のメガホンをとりたいと述べた[16]。2013年5月2日には、スティーヴン・スピルバーグが本作を監督することになったという報道が出た[17]。しかし、2013年8月5日に、スピルバーグは本作の製作から抜け、同年8月21日にクリント・イーストウッドが監督を務めることが発表された[18][19]

2014年3月14日に、シエナ・ミラーが本作に出演することが決まった[8]。同年6月3日には、カイルの息子であるコルトン・カイルをマックス・チャールズが演じることになったと報じられた[9]

主演のブラッドリー・クーパーは役作りのために84キロだった身体を過酷なトレーニングと約18キロもの体重の増量をして鍛え上げた。数ヶ月間、朝5時に起床して約4時間のトレーニングを行い、1日5食に加え、エネルギー補給のためにパワーバーやサプリメント飲料などを取り入れたという[20]

撮影[編集]

主要撮影は2014年3月31日にカリフォルニア州ロサンゼルスで始まった[21]。また、一部のシーンはモロッコで撮影された[22]。4月23日にロサンゼルス・タイムズはロサンゼルス市サンタクラリタのブルー・クラウド撮影所でアフガニスタンのある村でのシーンが10日間にわたって行われたと報じた[23]。5月7日には、カリフォルニア州エル・セントロの周辺で撮影が行われた[24][25]。同月14日には、カリフォルニア州カルバーシティで数シーンの撮影が行われた後、16日にロサンゼルスに戻って撮影が続けられた[26]

原作との違い[編集]

ムスタファという射撃競技のオリンピック選手であったスナイパーは実在するが、クリス・カイルは自著『ネイビー・シールズ最強の狙撃手』の中で「私は彼と出くわしたことはなかったが、後日、私たちのスナイパーがムスタファだと思われるイラク人スナイパーを射殺した」と述べるにとどまっており[27]、クリス・カイルと交戦した事実はない。映画で何度となく遭遇し、最後は1,920メートルの距離から狙撃で射殺するのはフィクションである。1,920メートルの狙撃に成功したという記述は原作にもあるが、標的はRPG-7を持った反政府武装勢力の男である[28]

映画ではBUD/S(基礎水中爆破訓練)時にクリス・カイルが自分の年齢を30歳と答えているシーンがあるが、クリス・カイルは1974年生まれで同時多発テロ前にSEALSに入隊しているため、実際にはBUD/S時は20代である。

公開[編集]

2014年11月11日、AFI映画祭において初めて上映された[29]

興行収入[編集]

2014年12月25日、本作は北米4館で限定公開され、63万3000ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場22位となった[30]。翌週も4館で公開が続けられ、67万6909ドルを稼ぎ出した[31]。3週間にわたる限定公開で、本作は330万ドルを稼ぎ出した[32]

2015年1月16日の北米市場における拡大公開を前に、専門家は本作が驚異的な興行収入を稼ぎ出すことを予想していた。その理由としては以下の点があげられている[33]

そして、1月15日木曜日のナイトショーにおいて、本作はR指定を受けた作品としては過去最高となる530万ドルを稼ぎ出した[34]。翌16日には全米3555館での上映が始まり、木曜公開分と合わせて3050万ドルを稼ぎ出した[35]。最終的に公開初週末に9020万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場1位となった[36]。なお、この数字は1月に公開された映画のなかでも、最高の初動成績である(今までの最高は2014年公開の『ライド・アロング〜相棒見習い〜』、4150万ドル[37])。また、クリント・イーストウッド監督作品としても最高の初動成績であり(今までの最高は2008年に公開された『グラン・トリノ』、2948万ドル[38])、R指定の映画の初動成績としても2003年に公開された『マトリックス リローデッド』の9177万ドル[39]に次ぐ第2位の成績である[40]

拡大公開2週目には公開規模が全米3705館にまで拡大された。R指定の映画の公開規模としては過去最大の規模となった[41]。そして、前週比28%減の6440万ドルを稼ぎ出し週末興行収入ランキング1位を維持した[42]

拡大公開3週目には公開規模が全米3885館にまで公開され、3180万ドルを稼ぎ出し週末興行収入ランキング3週連続1位となった[43]。この数字はスーパーボウル開催週の週末興行収入としては2008年公開の『ハンナ・モンタナ ザ・コンサート 3D』が記録した3111万ドル[44]を超えて、過去最高のものである[45]。全米興行収入は約2億4900万ドル(約300億円)を記録し、それまで戦争映画として全米歴代興収1位を保持していた『プライベート・ライアン』の2億1600万ドル(約259億円)を超え、戦争映画史上最大のヒット作となった[46]

アメリカ国外での興行[編集]

2014年12月31日、本作はイタリアで公開され、公開初週末に710万ドルを稼ぎ出した[47]。この数字はイタリアで公開されたクリント・イーストウッド監督の映画のなかでは、最高の初動成績である[48]

2015年1月16日、本作はイギリス韓国ニュージーランドなど7か国で公開され930万ドルを稼ぎ出した[49]

2015年2月21日、本作は日本で公開され、2月21日 - 22日の週末興行成績が第1位(公開スクリーン数・333、動員数・24万9321人、興業収入・3億3239万6600円)を記録[50]。翌週末の2月28日 - 3月1日でも週末興行成績の第1位(動員数・24万2428人、興業収入・2億9202万2600円)を記録し、公開9日間で興業収入10億円を突破した。

評価[編集]

本作は批評家から高い評価を得ている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには216件のレビューがあり、批評家支持率は73%、平均点は10点満点で6.9点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「クリント・イーストウッドの確かな監督手腕と観客の心を打つブラッドリー・クーパーの演技によって、『アメリカン・スナイパー』は現実に起きた出来事を鮮やかに描き出し、緊迫感を出すことができた」となっている[51]。また、Metacriticには45件のレビューがあり、加重平均値は72/100となっている[52]。なお、本作のシネマスコアはA+となっている[53]

論争・騒動[編集]

本作は大ヒット作となり、アメリカではさまざまな著名人が鑑賞して感想を述べている。しかし作品の内容を巡って保守派とリベラル派の間では大きな論争が巻き起こっている。

保守系のサイト「Breitbart.com」は本作を「愛国的で、戦争を支持する傑作」と好意的に評価している[54]

女優ジェーン・フォンダは本作のクリス・カイルの描写を高く評価し、「『アメリカン・スナイパー』には『帰郷』とは違った戦争の見方がある。クーパーの演技は鮮やかだ。ブラヴォー、クリント・イーストウッド」とツイートした[55][56]

映画監督のマイケル・ムーアは「スナイパーは背後から人を撃つ臆病者だと教わった。ヒーローではない」と発言し大きなニュースとなった。後にムーアは叔父が第2次世界大戦で日本軍の狙撃手に射殺されていることや、本作に反戦のメッセージがあるなど作品そのものについては評価していると発言をしている[57]

コメディアンセス・ローゲンTwitterで『イングロリアス・バスターズ』に出てきたナチスプロパガンダ映画と本作を比較した発言を行いツイッターが炎上した[58]。ローゲンは「『アメリカン・スナイパー』は好きだ。ただタランティーノの映画のシーンを思い出しただけだよ」と反論している[59]

上記の二人に対しては俳優のロブ・ロウ[60]、政治家のニュート・ギングリッチ[61]らがTwitter上で厳しい批判を行った。また、ミシガン州レストランの店主が二人を入店禁止にすると発表して話題となった[62][63]

ガーディアン』はクリス・カイルの残忍な殺人者としての姿をまとめた記事を出し、カイルを英雄視する人々に疑問を投げかけている[64]

サラ・ペイリンFacebookにおいて「私たちの軍隊、特に私たちの狙撃手たちに神の祝福を」と述べたうえで、「ハリウッドにいる左翼は光り輝くプラスチックのトロフィーは愛撫するのに、自由を守ってくれる戦士たちの墓には唾を吐くのだ。自分たちがクリス・カイルに及ばないということを左翼は自覚するべきだ」と主張し、ブラッドリー・クーパー、クリント・イーストウッド、米軍に感謝の意を示している[65][66]

批評家のマックス・ブルメンタルとラニア・カレックが本作の保守性の強さを批判したところ、ティー・パーティーの支持者をはじめとする保守層から脅迫などのハラスメントを受けた[67]

民主党所属のアメリカ合衆国副大統領ジョー・バイデンは本作を鑑賞し、ラストシーンでは涙を見せた[68]

アーノルド・シュワルツェネッガーは本作を高く評価し、クレジットで涙したとツイッターで発言している[69]

映画の舞台となったイラクバグダードでも本作は公開された。映画は好評で、子供が自爆しようとするシーンでは「撃て!IEDを持ってるぞ、許可なんかいらない!」と叫ぶ声も聞かれた。また、RPG-7を拾い上げた子供を射殺するか迷うシーンでは「撃て!」の大合唱が起きたという。差別的だと思うかという問いかけに現地に住むモハメッドという人物は「そうは思わない。コーランのことはなにも知らないと言ったシーンだけは唯一不満だ」と答えた[70]

映画評論家の町山智浩は、本作を鑑賞してイーストウッド本人に取材した上で保守派とリベラル派の論争が起きていること自体を批判している。イーストウッド監督自身がアフガンやイラクにおける戦争を批判していることや、『父親たちの星条旗』で英雄とされた兵士たちがPTSDで苦しむ姿を描き、また『グラン・トリノ』では朝鮮戦争の体験から心を閉ざした老人を描いている例を挙げ、本作も戦争経験で壊れていく人間の姿を描いた作品であるとしている[71][72]

作家の村上春樹は自身のサイトで「とてもよくできた緊密な映画で感心しました。イラク戦争が舞台の話だけど、好戦的なのか反戦的なのか、どちらともまったく判断できない映画で、そういうところに監督としてのイーストウッドの、底の知れない不気味さを感じました。政治的な観点から、日本での評価はたぶんわかれると思いますが」と本作の感想を述べている[73]

イーストウッド監督本人は、「『アメリカン・スナイパー』は職業軍人や、海軍の将校、何らかの事情で戦地に赴いた人々を描いている。戦場では様々なことが起こるという見方以外に、政治的な価値観は反映されていない。」とコメントしている[74]。なおイーストウッドは共和党支持者として知られているが、イラク戦争には一貫して反対の立場を取っている[75]

受賞[編集]

出典[編集]

  1. ^ The Making of 'American Sniper': How an Unlikely Friendship Kickstarted the Clint Eastwood Film”. 2015年1月18日閲覧。
  2. ^ American Sniper”. 2015年1月19日閲覧。
  3. ^ 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  4. ^ ‘American Sniper’ Overtakes ‘Saving Private Ryan’ as No. 1 Domestic Grossing War Movie of All Time”. 2015年1月31日閲覧。
  5. ^ ブラッドリー・クーパー、18kg増で挑む渾身作『アメリカン・スナイパー』ポスター解禁”. シネマカフェ (2014年11月27日). 2015年8月5日閲覧。
  6. ^ a b Bradley Cooper Sets Up Navy SEAL Pic 'American Sniper' at Warner Bros. (Exclusive)”. 2014年3月8日閲覧。
  7. ^ 桐本琢也ツイッターより「日本語吹き替え版・クリス担当」”. 2015年11月11日閲覧。
  8. ^ a b Sienna Miller Joins ‘American Sniper’ With Bradley Cooper”. 2014年11月11日閲覧。
  9. ^ a b ‘Amazing Spider-Man’ Actor to Play Bradley Cooper's Son in ‘American Sniper’ (Exclusive)”. 2014年11月11日閲覧。
  10. ^ ‘Dear White People’ Star Kyle Gallner Joins Bradley Cooper in ‘American Sniper’ (Exclusive)”. 2014年11月11日閲覧。
  11. ^ Sam Jaeger Enlists For ‘American Sniper'* Jon Tenney Joins ‘The Best Of Me’”. 2014年11月11日閲覧。
  12. ^ ‘Greek’ Star Jake McDorman, Real Navy SEALs Join Bradley Cooper's ‘American Sniper’ (Exclusive)”. 2014年11月11日閲覧。
  13. ^ Daniel Bernhardt Joins 'Term Life'* 'American Sniper' Adds Cory Hardrict”. Deadline.com. 2014年4月13日閲覧。
  14. ^ a b c d 4 Join Clint Eastwood's 'American Sniper'”. Deadline.com. 2014年4月13日閲覧。
  15. ^ Hedelt, Rob (2014年4月23日). “King George: Ex-SEAL helping keep film on target* The News Desk”. News.fredericksburg.com. 2014年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月25日閲覧。
  16. ^ Bradley Cooper and David O. Russell May Re-team for AMERICAN SNIPER, Almost Worked Together on PRIDE AND PREJUDICE AND ZOMBIES”. 2014年11月11日閲覧。
  17. ^ Steven Spielberg's Next Movie: 'American Sniper' (Exclusive)”. 2014年11月11日閲覧。
  18. ^ Steven Spielberg Drops Out of Directing ‘American Sniper’”. 2014年11月11日閲覧。
  19. ^ Clint Eastwood in Talks to Direct 'American Sniper'”. 2014年11月11日閲覧。
  20. ^ ブラッドリー・クーパーが壮絶“肉体改造”!役作りで約18キロ増”. シネマカフェ (2015年2月5日). 2015年8月11日閲覧。
  21. ^ On The Set For 3/31/14: Paul Feig and Melissa McCarthy Start ‘Spy’ and Michael Fassbender Wraps ‘Macbeth’”. 2014年11月11日閲覧。
  22. ^ ‘American Sniper’, starring Bradley Cooper, filming in Los Angeles this week”. 2014年11月11日閲覧。
  23. ^ Eastwood starts shooting 'American Sniper' at Santa Clarita ranch”. 2014年11月11日閲覧。
  24. ^ Bradley Cooper filming ‘American Sniper’ in El Centro, CA this week”. 2014年11月11日閲覧。
  25. ^ Clint, Cooper in El Centro for ‘American Sniper’ through the week”. 2014年11月11日閲覧。
  26. ^ 'American Sniper' Is AFI Fest's Secret Screening”. 2014年11月11日閲覧。
  27. ^ 早川書房『アメリカン・スナイパー』(2015年) Kindle版 位置No.2204/5945
  28. ^ 早川書房『アメリカン・スナイパー』(2015年) Kindle版 位置No.5438/5945
  29. ^ 'American Sniper' Is AFI Fest's Secret Screening”. 2014年11月11日閲覧。
  30. ^ December 26-28, 2014”. 2015年1月6日閲覧。
  31. ^ Weekend Report: 'Hobbit' Finale Three-Peats on First Weekend of 2015”. 2015年1月7日閲覧。
  32. ^ ‘American Sniper’ Makes Eastwood’s Friday With $30.5M, Can It Hit $80M By Monday? – Saturday Update”. 2015年1月18日閲覧。
  33. ^ ‘American Sniper’ Makes Eastwood’s Friday With $30.5M, Can It Hit $80M By Monday? – Saturday Update”. 2015年1月17日閲覧。
  34. ^ Box Office: ‘American Sniper’ Scores Hit with $5.3 Million on Thursday Night”. 2015-0118閲覧。
  35. ^ Friday Report: 'Sniper' Earns Huge $30.5 Million on Opening Day”. 2015年1月18日閲覧。
  36. ^ Weekend Report: 'Sniper' Sets January Record with Stunning $90 Million Debut”. 2015年1月19日閲覧。
  37. ^ Ride Along”. 2015年1月19日閲覧。
  38. ^ Gran Torino”. 2015年1月19日閲覧。
  39. ^ The Matrix Reloaded”. 2015年1月19日閲覧。
  40. ^ 'American Sniper' Now Targeting $105M Debut”. 2015年1月19日閲覧。
  41. ^ WIDEST RELEASES BY MPAA RATING R”. 2015年1月25日閲覧。
  42. ^ Box Office: 'American Sniper' Hits Stunning $200M; Johnny Depp Fizzles”. 2015年1月25日閲覧。
  43. ^ Box Office: ‘American Sniper’ Sets Super Bowl Weekend Record With $31.8 Million”. 2015年2月1日閲覧。
  44. ^ February 1-3, 2008”. 2015年2月1日閲覧。
  45. ^ Box Office: ‘American Sniper’ to Dominate Super Bowl Weekend with $35 Million”. 2015年2月1日閲覧。
  46. ^ 歴代戦争映画史上ナンバーワンにイーストウッド新作!興収で『プライベート・ライアン』抜く”. 2015年2月20日閲覧。
  47. ^ ‘Sniper’ Hits Bullseye For Eastwood In Italy, ‘Hobbit’ Grows: Intl BO Update”. 2015年1月7日閲覧。
  48. ^ Around-the-World Roundup: 'Hobbit' Marches To $500 Million Overseas”. 2015年1月8日閲覧。
  49. ^ Around-the-World Roundup: 'Taken' Repeats, 'Hobbit' Hits $800 Million”. 2015年1月25日閲覧。
  50. ^ 【国内映画ランキング】「アメリカン・スナイパー」初登場1位、「きっと、星のせいじゃない。」は10位”. 映画.com (2015年2月24日). 2015年3月3日閲覧。
  51. ^ American Sniper (2015)”. 2015年1月21日閲覧。
  52. ^ American Sniper”. 2015年1月21日閲覧。
  53. ^ Can Box Office Help ‘American Sniper,’ ‘Unbroken’ Win Over Academy Voters?”. 2015年1月21日閲覧。
  54. ^ ‘American Sniper’ Review: A Patriotic, Pro-War On Terror Masterpiece”. 2015年1月20日閲覧。
  55. ^ https://twitter.com/Janefonda/status/546774843669368833
  56. ^ “[jane-fonda-praises-american-sniper-bravo-clint-eastwood Jane Fonda Praises ‘American Sniper’: ‘Bravo Clint Eastwood’]”. 2015年1月21日閲覧。
  57. ^ C.イーストウッド新作『アメリカン・スナイパー』が『アバター』を超える大ヒット記録。マイケル・ムーアもの申す。”. 2015年1月19日閲覧。
  58. ^ Seth Rogen, Michael Moore ignite 'Sniper' debate”. 2015年1月21日閲覧。
  59. ^ セス・ローゲン、『アメリカン・スナイパー』の感想ツイートで炎上騒ぎに”. 2015年1月23日閲覧。
  60. ^ https://twitter.com/RobLowe/status/556989642734448640
  61. ^ https://twitter.com/newtgingrich/status/556988852897054720
  62. ^ Michael Moore and Seth Rogen Banned from Michigan Restaurant for 'American Sniper' Tweets”. 2015年2月2日閲覧。
  63. ^ Michael Moore and Seth Rogen banned from Michigan restaurant over ‘Sniper’ comments”. 2015年2月2日閲覧。
  64. ^ The real American Sniper was a hate-filled killer. Why are simplistic patriots treating him as a hero?”. 2015年1月21日閲覧。
  65. ^ https://www.facebook.com/sarahpalin/posts/10153050365203588
  66. ^ 'American Sniper' Generates Off-Screen Controversy”. 2015年1月21日閲覧。
  67. ^ ‘Let ISIS rape you’: Conservatives deluge ‘American Sniper’ critics with harassment and threats”. 2015年1月21日閲覧。
  68. ^ Oscar-Nominated ‘American Sniper’ Made Joe Biden Cry”. 2015年1月23日閲覧。
  69. ^ https://twitter.com/schwarzenegger/status/547078605772046336
  70. ^ Here’s what moviegoers in Baghdad think of ‘American Sniper’”. 2015年1月31日閲覧。
  71. ^ TBSラジオ『たまむすび』2015年01月27日
  72. ^ 『週刊文春』2015年2月19日号
  73. ^ イーストウッド最新作、オノ・ヨーコや村上春樹も絶賛”. 2015年5月16日閲覧。
  74. ^ Think before you shoot, Clint Eastwood says of war: interview”. 2015年1月19日閲覧。
  75. ^ 'A school reunion? It would be pointless. There wouldn't be anybody there': Clint Eastwood at 80”. 2015年1月23日閲覧。
  76. ^ “ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表”. 映画.com. (2014年12月3日). http://eiga.com/news/20141203/15/ 2014年12月4日閲覧。 
  77. ^ “2014年ベスト映画&テレビドラマTOP10!米映画協会が発表”. シネマトゥデイ. (2014年12月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068884 2014年12月10日閲覧。 
  78. ^ アンブロークン』『アメリカン・スナイパー』『バードマン』が受賞!ゴールデン・リール賞発表”. シネマトゥデイ (2015年2月18日). 2015年2月18日閲覧。
  79. ^ キネマ旬報ベスト・テン発表、「恋人たち」「マッドマックス」が1位に輝く”. 映画ナタリー (2016年1月8日). 2016年1月8日閲覧。

外部リンク[編集]