オオカミ少女と黒王子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オオカミ少女と黒王子
ジャンル 少女漫画ラブコメディ学園
漫画
作者 八田鮎子
出版社 集英社
掲載誌 別冊マーガレット
レーベル マーガレットコミックス
発表号 2011年7月号[1] - 2016年6月号[2][3]
発表期間 2011年6月13日 - 2016年5月13日
巻数 全16巻
話数 全59話
その他 第59話は単行本未収録[2][3]
アニメ
原作 八田鮎子
監督 カサヰケンイチ
シリーズ構成 平林佐和子
脚本 平林佐和子、香村純子、関根アユミ
キャラクターデザイン 藤岡真紀
音楽 坂部剛
アニメーション制作 TYOアニメーションズ
製作 「オオカミ少女と黒王子」製作委員会
放送局 放送局参照
放送期間 2014年10月 - 12月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

オオカミ少女と黒王子』(オオカミしょうじょとくろおうじ)は、八田鮎子による日本漫画作品。『別冊マーガレット』(集英社)2011年7月号から[1]2016年6月号まで連載された[2][3]。単行本の売り上げ総数は540万部を突破[4]。単行本6巻と10巻[5]では通常版とドラマCD同梱版の、12巻では通常版とOAD同梱版の2種類が発売された[6]。2014年4月にテレビアニメ化が発表され、同年10月から12月まで放送された。

2015年、第39回講談社漫画賞・少女部門にノミネートされる[7](落選[8])。2016年5月28日、実写版映画が公開[9]

あらすじ[編集]

高校1年の篠原エリカは、友達相手に話を合わせるために彼氏との恋愛話を語るが、本当は彼氏どころか恋愛経験そのものがない。友達に怪しまれ始めて嘘も限界になってきたとき、街で見かけたイケメンを盗撮して自分の彼氏として写真を見せることでその場をしのごうとする。だが、なんとその彼は同じ学校に通う佐田恭也だった。事情を打ち明け彼氏のフリをしてもらうことを承諾してもらったが、恭也は優しげな見た目とは正反対の腹黒ドS男子だった。エリカは恭也から犬扱いを受けるなどのトラブルに見舞われるが、二人は次第に本当の恋人として交流するようになる。

登場人物[編集]

※ 声はテレビアニメの声優、演は映画版キャスト。

篠原 エリカ(しのはら エリカ)
- 伊藤かな恵 / 演 - 二階堂ふみ
本作の主人公兼ヒロイン。通称:オオカミ少女。高校で出来た友達グループの話題についていくために、嘘の彼氏との恋愛話を続ける。嘘がバレそうになったところで街で見かけた恭也を盗撮、偶然にも同じ学校だったことから2人の偽装カップルが始まった。
上述の通り見栄っ張りだが、単純で騙されやすく、初期の恭也に何度も遊ばれたり木村に騙されたりした。その一方で恭也や怜香が認めるほど根性があり、初対面の怜香に啖呵を切るなど思い切った面がある。
佐田 恭也(さた きょうや)
声 - 櫻井孝宏早水リサ(幼少時代)/ 演 - 山崎賢人
本作のもう1人の主人公。通称:黒王子。学校で「王子」と騒がれる程のイケメン。運動万能で頭も良く、女子から絶大な人気がある。普段は人当たりの良い笑顔でやり過ごしているが、本性は腹黒くドS。本当の性格を見せているのはエリカ、あゆみ、健、神谷、手塚、マリンのみ。家族構成は父・母・姉の4人家族で、両親は別居中(離婚はしていない)。自身は父と同じマンションだが、父親は出張が多く、実質一人暮らし。母と姉は神戸で暮らしている。休日はだらけている。
エリカから突如嘘の彼氏役を頼まれたことがきっかけで、彼女を犬扱いして弄んで楽しんでいる。両親の別居が原因で恋愛不信となっている。エリカから嘘の彼氏を承諾した理由も暇潰しの為だったが、次第に本気で惹かれて晴れて本当のカップルになった。愛情表現は不器用で素直になれない所もあるが、根は優しい。また、エリカと付き合うようになってからは、やや過保護な面もある
三田 亜由美(さんだ あゆみ)
声 - 茅野愛衣 / 演 - 門脇麦[10]
エリカの親友。愛称:さんちゃん。エリカとは中学3年生の時に出会った。弟が2人いる。細かい配慮ができたり校外学習の班のリーダーを務めたりと、クールでかなりしっかりした性格。帰宅部だが、バイトに励んでいる。
日比谷 健(ひびや たける)
声 - 細谷佳正 / 演 - 横浜流星[10]
恭也の中学時代の友達。現在は、男子校に通っている。ハーフアップのような髪型をしている。外交的で熱血漢だが、親や友達など周りの人を大切に思う性格で、初対面の時のエリカの頼みにも親身に全力でこたえ、自宅のカフェの経営が苦しい時はどうすればいいか悩んでいた。たまにズバッと真理をつく。
神谷 望(かみや のぞみ)
声 - 松岡禎丞 / 演 - 鈴木伸之[10]
高校2年のクラス替えで、エリカ、恭也、あゆみらと同じクラスになる。校内で恭也と双璧を成す程の美少年だが、プレイボーイで彼女は作らない主義。自分と同じ人種だと思っている恭也がエリカと付き合っていることに納得がいかず、色々な手を使って恭也を女遊びの世界に引き入れようとしたが、逆に恭也に虚しさを気づかされる形で一連の騒動は終わった。その後は恭也にべったりで、一部の女子からあらぬ噂をたてられてエリカには怒られ、あゆみには気持ち悪がられている。
立花 マリン(たちばな マリン)
声 - 伊瀬茉莉也 / 演 - 玉城ティナ[10]
エリカのクラスメイトで友人。明朗快活だが、ノリが良すぎる所がある。お菓子が大好物で、教室でも食べている。アツムという彼氏がおり、彼からはマリリンと呼ばれている。海のデートで起こったある事件で彼氏と別れそうになるも、それを乗り越えてより仲が深まった。
手塚 愛姫(てづか あき)
声 - 小松未可子 / 演 - 池田エライザ[10]
エリカのクラスメイトで友人。年上の彼氏である肇に合わせるため、大人の女性を目指している。彼氏とのデートは、外車でドライブや赤坂のホテルで夜景ディナー・沖縄旅行など、なかなかリッチ。バレンタインにはゴデバのチョコレートをあげた。恭也曰く「マリンと合わせてビッチコンビ」
日下部 憂(くさかべ ゆう)
声 - 村瀬歩 / 演 - 吉沢亮[10]
エリカの1年次のクラスメイト。ネガティブでいつも下を向いているような性格だったが、エリカと仲良くなってから少しずつながらも自分に自信をつけていく。エリカに惹かれ告白するが、奇しくもそれがきっかけでエリカと恭也が本当のカップルとして付き合うことになる。2人がうまくいった時は笑って祝福するなど、人の喜びを一緒に祝える善人。また、恭也に啖呵を切るなど意外な面も見せた。2年次の文化祭で同じクラスの枝野と付き合うことになった。
佐田 怜香(さた れいか)
声 - 中原麻衣 / 演 - 菜々緒[10]
恭也の姉。美人だが恭也以上のドSで、ナンパしてきた男を蔑んだり、過去には言うことを聞かなかった恭也の服を切り刻んだりしている。無類の甘党で大食漢。母と一緒に神戸で暮らしており、エリカたちが高校2年の夏に東京に出てきた時に初めてエリカと会った。恭也のことを始めは馬鹿にしていたが、エリカと出会ってからの弟の成長を認め、エリカに感謝している。
佐田 瞳(さた ひとみ)
声 - 久川綾
恭也と怜香の母。普段は温厚だが、酔うとハイテンションになる。息子が恋愛不信になったのは自分のせいだと思っていた。
深見 レナ(ふかみ レナ)
エリカの従妹。エリカと彼女の母の依頼で恭也に家庭教師をしてもらうことになったが、最初は恭也のことを嫌っており、家庭教師の日も仮病を使って休むなどしていた。だが、彼氏から道端で迫られているところを偶然通りかかった恭也に助けられ、だんだん彼に惹かれていく。恭也を好きだと自覚した時はエリカに宣言するなど、エリカに似た思い切った面がある。
木村 良人(きむら よしと)
声 - 島﨑信長
エリカ・恭也らの同級生。1年次、7組在籍で、「7組の木村」と呼ばれていた。恭也のファンに絡まれていたエリカを助けた。実は当時の恋人が恭也を好きになったために振られたことから、恭也に仕返ししようとエリカに近付いたが、失敗に終わる。
村井 肇(むらい はじめ)
愛姫の彼氏。

書誌情報[編集]

コミック[編集]

小説[編集]

単行本未収録作品[編集]

  • オオカミ少女と黒王子(『別冊マーガレット』2016年6月号[2][3]

テレビアニメ[編集]

2014年10月より12月まで放送された。なお一部の局・サイトでは第十二話翌週に「総集編」を放送している。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 八田鮎子
  • 監督 - カサヰケンイチ
  • シリーズ構成 - 平林佐和子
  • キャラクターデザイン - 藤岡真紀
  • 衣装・プロップデザイン - 大森理恵
  • 総作画監督 - 藤岡真紀、安田京弘
  • 美術設定 - 松本吉勝
  • 美術監督 - 飯島寿治
  • 色彩設計 - 川上善美
  • 撮影監督 - 加藤伸也
  • 編集 - 近藤勇二
  • 音響監督 - 本山哲
  • 音楽 - 坂部剛
  • 音楽プロデューサー - 渡辺一博、近藤貴郎
  • プロデューサー - 奈良駿介、興野裕之、菊川雄士、北田修一、木村文彦、小俣明徳
  • 制作プロデューサー - 漆山淳
  • アニメーション制作 - TYOアニメーションズ
  • 製作 - 「オオカミ少女と黒王子」製作委員会(集英社・読売テレビバップ・TYOアニメーションズ・読売テレビエンタープライズ

主題歌[編集]

オープニングテーマ「LOVE GOOD TIME」
作詞・作曲 - Misaki / 歌 - SpecialThanks
エンディングテーマ「オオカミハート」
作詞 - ぽん / 作曲 - 小島英也 / 歌 - オレサマ。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
第一話 自縄自縛 -Liar- 平林佐和子 カサヰケンイチ 筑紫大介 大森理恵、Park Gi-duck
第二話 軽挙妄動 -First love- 香村純子 於地紘仁 川西泰二 渡辺まゆみ、大川美穂子
今野幸一、吉田肇
第三話 急転直下 -Fall in- 平林佐和子 中山岳洋 駒屋健一郎 古賀誠、小野ひろみ、斉藤良成
相坂ナオキ、坪田慎太郎
第四話 日々悶々 -Love attack- 片貝慎 野田智弘、Park Gi-duck
第五話 難攻不落 -Christmas eve- 関根アユミ きみやしげる 川口弘明、菅野直之
第六話 臨戦態勢 -Valentine day- 香村純子 佐山聖子 藤本義孝 渡辺まゆみ、萩原しょう子、吉田肇
第七話 落花流水 -White day- 平林佐和子 筑紫大介 佐々木純人 野田智弘、Seo Sun-yeong
第八話 二律背反 -Spring storm- 香村純子 岩崎光洋 宮澤良太 Park Hye-ran、Hong Seok-pyo
Park Gi-duck、Lee Bu-hui
第九話 手練手管 -Wake up- 片貝慎 手島典子、野田智弘
第十話 掉棒打星 -Happy birthday- 関根アユミ 杉島邦久 川西泰二 野田智弘、川口弘明
Swo Sun-young、大森理恵
第十一話 一触即発 -Judgement- 平林佐和子 佐山聖子 佐々木純人 渡辺まゆみ、萩原しょう子、野田智弘
大森理恵、荒木弥緒
第十二話 愛及屋烏 -I love you- 平牧大輔 片貝慎
有江勇樹
藤岡真紀、安田京弘、手島典子
野田智弘、渡辺まゆみ、萩原しょう子
吉田肇、大森理恵、Seo Sun-yeong
Lee Seok-in、Park Hye-ran

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[19]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域・備考 [20]
2014年10月5日 - 日曜 22:00 - 22:27 TOKYO MX 東京都
2014年10月7日 - 火曜 1:59 - 2:29(月曜深夜) 読売テレビ 近畿広域圏 / 『MANPA』第1部 / 総集編は放送なし / 製作委員会参加
火曜 2:22 - 2:52(月曜深夜) 中京テレビ 中京広域圏 / 総集編は放送なし
火曜 3:00 - 3:30(月曜深夜) BS11 日本全域 / 『ANIME+』枠
火曜 20:00 - 20:30 AT-X 日本全域 / リピート放送あり / 総集編は放送なし
日本国内 インターネット放送 / 放送期間および放送時間[21]
放送期間 放送時間 放送局 備考
2014年10月7日 - 火曜 22:00 - 22:30 ニコニコ生放送
火曜 22:30 更新 ニコニコチャンネル
2014年10月8日 - 水曜 0:00(火曜深夜) 更新 日テレオンデマンド 総集編は配信なし
水曜 12:00 更新 バンダイチャンネル 総集編は配信なし

関連商品[編集]

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2014年12月24日 第1話 - 第2話 VPXY-71355 VPBY-14361
2 2015年1月21日 第3話 - 第4話 VPXY-71356 VPBY-14362
3 2015年2月25日 第5話 - 第6話 VPXY-71357 VPBY-14363
4 2015年3月25日 第7話 - 第8話 VPXY-71358 VPBY-14364
5 2015年4月22日 第9話 - 第10話 VPXY-71359 VPBY-14365
6 2015年5月20日 第11話 - 第12話 VPXY-71360 VPBY-14366

CD[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2014年12月3日 LOVE GOOD TIME VPCG-82326
オオカミハート VPCG-82325

ラジオ[編集]

オオカミ少女とラジ王子』は、2014年10月12日から2015年1月4日まで超!A&G+にて毎週日曜日に配信されていたラジオ番組。HiBiKi Radio Stationでは10月14日から2015年1月6日まで毎週火曜日に配信されていた。パーソナリティは村瀬歩(日下部憂 役)。

実写映画[編集]

オオカミ少女と黒王子
監督 廣木隆一
脚本 まなべゆきこ
原作 八田鮎子「オオカミ少女と黒王子」
製作 松橋真三、北島直明
製作総指揮 小岩井宏悦、門屋大輔
出演者 二階堂ふみ
山﨑賢人
鈴木伸之
門脇麦
横浜流星
池田エライザ
玉城ティナ
吉沢亮
菜々緒
音楽 世武裕子
主題歌 back number僕の名前を
撮影 花村也寸志
編集 菊池純一
制作会社 プラスディー
製作会社 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 2016年5月28日
上映時間 116分
製作国 日本の旗
言語 日本語
テンプレートを表示

2016年5月28日、山崎賢人二階堂ふみの主演で実写映画化された。監督は廣木隆一[9]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 八田鮎子「オオカミ少女と黒王子」(集英社別冊マーガレット」連載)
  • 監督 - 廣木隆一
  • 脚本 - まなべゆきこ
  • 音楽 - 世武裕子
  • 主題歌 - back number僕の名前を」(ユニバーサルシグマ[22]
  • 製作 - 福田太一、中山良夫、井上肇、渡辺直樹、藪下維也、荒波修、高橋誠、本田晋一郎
  • ゼネラルプロデューサー - 奥田誠治
  • エグゼクティブプロデューサー - 小岩井宏悦、門屋大輔
  • プロデューサー - 松橋真三、北島直明
  • アソシエイトプロデューサー - 平野宏治
  • 音楽プロデューサー - 安井輝
  • ラインプロデューサー - 榊田茂樹
  • 撮影 - 花村也寸志
  • 照明 - 北岡孝文
  • 録音 - 深田晃
  • 美術 - 丸尾知行、松本知恵
  • 編集 - 菊池純一
  • 衣装 - 坂井央里英
  • ヘアメイク - 板垣美和
  • 助監督 - 中里洋一
  • 制作担当 - 吉田信一郎、宮下直也

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 八田鮎子、別マで嘘つき少女とドS王子描く新連載スタート”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年6月13日). 2015年8月2日閲覧。
  2. ^ a b c d 「オオカミ少女と黒王子」約5年の連載に幕、八田鮎子の映画撮影現場レポも”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年5月13日). 2016年5月15日閲覧。
  3. ^ a b c d 八田鮎子 2016年5月16日のツィート2016年5月22日閲覧。
  4. ^ “『オオカミ少女と黒王子』の超恋愛初心者・エリカと同じ!! モテ男との恋愛を描いた映画4選”. T-SITE NEWS (株式会社TSUTAYA). (2016年5月6日). http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/28896514/ 2016年5月15日閲覧。 
  5. ^ 【9月25日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年9月25日). 2016年5月15日閲覧。
  6. ^ a b 【4月24日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年4月24日). 2016年5月8日閲覧。
  7. ^ 第39回講談社漫画賞に14作品がノミネート、受賞作の発表は5月12日”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年4月3日). 2015年4月3日閲覧。
  8. ^ 講談社漫画賞が決定!シドニアの騎士、逃げ恥、七つの大罪、弱虫ペダル”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年5月12日). 2015年6月25日閲覧。
  9. ^ a b 「まれ」夫役の山崎賢人、映画では“ドS王子”に!?”. Sponichi Annex. スポーツニッポン (2015年9月7日). 2015年9月7日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g 鈴木伸之、横浜流星、吉沢亮、門脇麦ら「オオカミ少女と黒王子」新キャスト発表”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年12月10日). 2015年12月10日閲覧。
  11. ^ 別マsisterに河原和音「遠恋デビュー」掲載、咲坂伊緒新作も”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年12月1日). 2015年9月13日閲覧。
  12. ^ ひるなかの流星×ヒロイン失格、コラボ作がマーガレットに”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年5月20日). 2015年9月13日閲覧。
  13. ^ 渡辺カナ「花と落雷」完結後、初の新作読切が別マsisterに”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年6月1日). 2015年9月13日閲覧。
  14. ^ 「ヒロイン失格」の幸田もも子ら、新作読切で別マsisterに”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年3月1日). 2015年9月13日閲覧。
  15. ^ 幸田もも子新連載で「ヒロイン失格」弘光の兄が先生に”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年7月13日). 2015年9月13日閲覧。
  16. ^ 仲間りょうら寄稿、オオカミ少女と黒王子特集”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年10月1日). 2015年9月13日閲覧。
  17. ^ アルコと河原和音、「俺物語!!」タッグがそれぞれ新作発表”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年11月1日). 2015年9月13日閲覧。
  18. ^ 4コマ作品6本。「虹色デイズ」つよぽんとゆきりんカップル描く番外編、別マsisterに”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年11月4日). 2015年11月16日閲覧。
  19. ^ 放送・配信”. オオカミ少女と黒王子 公式ホームページ. 集英社、「オオカミ少女と黒王子」製作委員会. 2014年10月13日閲覧。[リンク切れ]
  20. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引員会. p. 2 (2009年10月9日). 2015年8月31日閲覧。 基幹放送普及計画”. 2015年8月31日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会 (Dpa). 2015年8月31日閲覧。
  21. ^ 放送・配信”. オオカミ少女と黒王子 公式ホームページ. 集英社、「オオカミ少女と黒王子」製作委員会. 2014年10月13日閲覧。[リンク切れ]
  22. ^ “「オオカミ少女と黒王子」胸キュンセリフ満載予告編、主題歌はback number”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年3月16日). http://natalie.mu/eiga/news/179896 2016年3月16日閲覧。 

以下の出典は『集英社BOOK NAVI』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ オオカミ少女と黒王子/1|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月20日閲覧。
  2. ^ オオカミ少女と黒王子/2|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月20日閲覧。
  3. ^ オオカミ少女と黒王子/3|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月20日閲覧。
  4. ^ オオカミ少女と黒王子/4|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月20日閲覧。
  5. ^ オオカミ少女と黒王子/5|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月20日閲覧。
  6. ^ オオカミ少女と黒王子/6|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月20日閲覧。
  7. ^ オオカミ少女と黒王子/7|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月20日閲覧。
  8. ^ オオカミ少女と黒王子/8|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月20日閲覧。
  9. ^ オオカミ少女と黒王子/9|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月20日閲覧。
  10. ^ オオカミ少女と黒王子/10|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月20日閲覧。
  11. ^ オオカミ少女と黒王子/10 ドラマCD同梱版|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月20日閲覧。
  12. ^ オオカミ少女と黒王子/11|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月25日閲覧。
  13. ^ オオカミ少女と黒王子/12|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年4月24日閲覧。
  14. ^ オオカミ少女と黒王子/13|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年9月13日閲覧。
  15. ^ オオカミ少女と黒王子/14|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年4月25日閲覧。
  16. ^ オオカミ少女と黒王子/15|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年4月25日閲覧。
  17. ^ オオカミ少女と黒王子/16|八田 鮎子|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年5月28日閲覧。
  18. ^ オオカミ少女と黒王子|ココロ 直|集英社コバルト文庫|BOOKNAVI”. 集英社. 2014年11月20日閲覧。
  19. ^ 映画ノベライズ オオカミ少女と黒王子|きりしま 志帆|集英社オレンジ文庫|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年5月8日閲覧。
  20. ^ オオカミ少女と黒王子 映画ノベライズ みらい文庫版|松田 朱夏|集英社みらい文庫|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年5月8日閲覧。

外部リンク[編集]

読売テレビ MANPA 第1部
前番組 番組名 次番組
オオカミ少女と黒王子