飯島三智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いいじま みち
飯島三智
生誕 (1958-02-20) 1958年2月20日(60歳)
住居 日本の旗 日本
職業 芸能マネージャー
著名な実績 SMAPを育成[1]

飯島 三智(いいじま みち、1958年2月20日 - )は、日本実業家芸能マネージャー。株式会社CULEN取締役。株式会社ジェイ・ドリームの元取締役[2][3]ジャニーズ事務所のチーフマネージャーとして男性アイドルグループSMAPを担当していた[4]

略歴[編集]

ジャニーズ事務所黎明期から事務所と関係の深い酒井政利の推薦により、同事務所に入社[5]

SMAPがデビューした当時は事務職として勤務していた[6]大学卒業したばかりだった飯島はたまたまSMAPのデビューに関わり、自ら希望してマネージャーとなった[7]。最初は売れずに苦労したが、バラエティー番組など新たな活躍の場を開拓し、彼らの成長に精魂をこめた。その後20年以上に渡り彼らを担当し、SMAPを国民的アイドルに育て上げた。

2011年からはNEWS脱退後の山下智久Kis-My-Ft2のマネジメントも担当[8]マネジメント担当のタレント以外にもジャニー喜多川社長がプロデュースを担当していたタレントのテレビ出演のブッキングも任されていた(退社時前はSexy ZoneA.B.C-ZジャニーズJr.[9]。同年、中華人民共和国温家宝国務院総理の要請で実現した北京講演のために訪中したSMAPが人民大会堂で対日外交担当者の唐家センと会見した際にはメリー喜多川とともに立ち会った[10]

2016年1月12日にジェイ・ドリームの取締役を辞任し[11]、同月中にジャニーズ事務所からも退社することが明らかとなった[12]。SMAPの解散は、飯島の退社と大きな関連があるとされている。

ジャニーズ事務所退社後、『週刊現代』(同年7月25日発売)の突撃取材を受け、その後の予定について「何も決まっていません。でも、芸能(の仕事)はないです」「普通に生活したいので。ホント静かにしていたんです」などと回答した[13]

その後、同年12月21日にラオックスの関係者が設立した新会社の代表取締役に就任した[14]

2017年9月22日、元SMAPの稲垣吾郎草彅剛香取慎吾の3人が活動をともにする「株式会社CULEN」の代表取締役であることなどが明かされた[15]

エピソード[編集]

SMAPがデビューした当時、すでに光GENJIのブームは終焉。芸能界全体が"アイドル氷河期"に突入しており、SMAPもCDは鳴かず飛ばず、途中からはジャニーズ出版に所属を移され、マネージャーもつけてもらえない状態だった[16]

SMAP以前のアイドルは、特定のメンバーだけが成功するスタイルのグループが多かったが[17]、SMAPは誰か1人だけを売り出すのではなく、メンバー5人5様のカラーを打ち出し、それぞれの個性が世間から認知されるグループを作り上げていった[18]

よく飯島がSMAPをバラエティーに売り込んだと言われているが「SMAPを初めてバラティーで推薦されたのは、今はない青山劇場の楽屋。ジャニーさんに呼ばれて見た聖闘士星矢。そこにはメリーさんと泉ピン子さんがいて彼らの未来を話された。1991年8月のことだ。だからメリーさんの熱い気持ちからフジテレビのプロジェクトが始まったことは間違いない。」[19]と『夢で逢えたら (テレビ番組)』『笑う犬の生活』等に参加した、テレビプロデューサーワタナベエンターテイメント代表取締役会長等を勤める吉田正樹がTwitterで証言している。

また、1992年春に『夢がMORI MORI』を立ち上げ、まだ当時無名であったSMAPを起用、彼らにバラエティ魂をじっくり叩き込む。その荒井昭博が、SMAPの起用理由を『SMAP GO!GO!』でなぜ彼らだったのか当時番組ディレクターだった荒井昭博に聞いてみたというVTRの際「ジャニーさんに頼まれたから」と残念ながら積極的な理由ではなかったと本人は写真でのみの出演だったものの『SMAP GO!GO!』で紹介された。各媒体でも共通してジャニー喜多川氏が発端だということを一貫して語っている。

それまでジャニーズのアイドルの寿命はせいぜい4 - 5年であり、25歳くらいになった頃から人気が衰え、徐々にメディアからも露出が減っていくというのがパターンだったが、バラエティアイドル俳優への道が広がり、商品性が高まったことで、飯島が手掛けたSMAPを筆頭に、30代後半はおろか40代まで活躍するアイドルがジャニーズではおろか、他の事務所でも徐々に登場するなど、男性アイドルの寿命を延ばした貢献者となった。

クリエイティブディレクター佐藤可士和や多田琢がそれぞれ別の広告代理店から独立した際に、飯島が声を掛け、タッグを組ませるなど、SMAPの作品や広告などを手掛けるのに、新進気鋭のクリエイターたちに積極的に声を掛け、新しいプロジェクトに挑戦し続けてきた[20]

映画製作[編集]

製作[編集]

エグゼクティブ・プロデューサー[編集]

企画[編集]

音楽製作[編集]

プロデュース[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “SMAP飯島マネージャーの素顔とは”. 日刊サイゾー ((株)サイゾー). (2016年1月19日). http://www.cyzo.com/2016/01/post_26078.html 
  2. ^ “SMAPマネージャー漏らした別れの言葉「5人を応援して…」”. 女性自身DIGITAL ((株)光文社). (2016年1月26日). http://jisin.jp/serial/johnnys/johnnysinfo/22713 
  3. ^ “キムタク残留には打算も SMAPクーデター解散の全真相”. 日刊ゲンダイDIGITAL ((株)日刊現代). (2016年1月13日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/173233/1 
  4. ^ “SMAP解散、独立の中居らは干される”. Business Journal ((株)サイゾー). (2016年1月13日). http://biz-journal.jp/2016/01/post_13275.html 
  5. ^ [論点:SMAPが残したもの](毎日新聞2016年12月23日付東京朝刊 13面)
  6. ^ “事務員から敏腕マネジャーに SMAPブレイクにI氏の存在”. 週刊女性PRIME ((株)主婦と生活社). (2016年1月19日). http://www.jprime.jp/johnnys/smap/22892 
  7. ^ [論点:SMAPが残したもの](毎日新聞2016年12月23日付東京朝刊 13面)
  8. ^ SMAP解散危機 中居、草なぎ、稲垣、香取 独立検討”. 中日スポーツ. 2016年2月11日閲覧。
  9. ^ 山下智久「独立しません」SMAP解散騒動で飛び火”. 日刊スポーツ. 2016年2月29日閲覧。
  10. ^ “SMAP、唐家セン元国務委員と会見 人民大会堂”. 中国網. (2011年9月16日). http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2011-09/16/content_23429705.htm 2017年6月27日閲覧。 
  11. ^ SMAP分裂危機!“育ての親”退社に4人同調、キムタクは残留(Sponichi Annex/スポニチ 2016年1月13日付)
  12. ^ “飯島マネ今月退職決定!”. リテラ ((株)サイゾー). (2016年1月17日). http://lite-ra.com/2016/01/post-1896.html 
  13. ^ 明石家さんま、「飯島さんは?」発言で非難轟々! 「黙ってろ」とSMAPファン怒り心頭,サイゾーウーマン,2016年7月26日
  14. ^ SMAP独立? 飯島元マネジャーが新会社代表に就任,ライブドアニュース,2017年1月19日
  15. ^ 稲垣、草なぎ、香取 元マネジャーと再出発! 初の公式ファンサイト「新しい地図」開設” (2017年9月23日). 2017年9月24日閲覧。
  16. ^ “マネ不在は原点 かつては「メンバー同士で予定確認して仕事に」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2016年1月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/20/kiji/K20160120011896910.html 
  17. ^ “さんま、たけし、タモリらがSMAPへ賞賛のメッセージ「前代未聞のアイドルグループ」”. リアルライブ. (2014年7月28日). http://npn.co.jp/article/detail/00812006/ 
  18. ^ “酒井政利氏 SMAP女性マネジャーは「品のいいお嬢さん」”. 東スポWeb. (2016年1月14日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/494701/ 
  19. ^ “吉田正樹 on Twitter” (日本語). Twitter. https://twitter.com/yoshidamasaki/status/813965478234206209?s=19 2018年4月17日閲覧。 
  20. ^ “2014夏季特別短期セミナー『信也のまんま 3』多田琢さんレポートUP!|映像編集・広告を学ぶ学校【映像・広告クリエイター科/映像テクノアカデミア】”. 映像テクノアカデミア. (2016年4月9日). https://www.vta.tfc.co.jp/creator_topics/2014/09/2014-3up.html 

関連項目[編集]