Pop Up! SMAP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pop Up! SMAP
SMAPスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン)
  • 2006年8月度月間1位(オリコン)
  • 2006年度年間30位(オリコン)
ゴールドディスク
SMAP 年表
SAMPLE BANG!
2005年
Pop Up! SMAP
(2006年)
super.modern.
artistic.performance

2008年
Pop Up! SMAP収録のシングル
  1. Triangle
    リリース: 2005年11月23日
  2. Dear WOMAN
    リリース: 2006年4月19日
テンプレートを表示

Pop Up! SMAP』(ポップ アップ! スマップ)は、SMAPの17枚目のオリジナルアルバム2006年7月26日ビクターエンタテインメントから発売。正式タイトルは『SMAP 018/Pop Up! SMAP』。

解説[編集]

  • 今作以降、アルバムが1年おきの発売となる。
  • 初回生産分のみ、スペシャルパッケージ仕様。3D(赤青)メガネ封入。
  • ジャケットデザインは、前作「SAMPLE BANG!」同様、デザイナーの佐藤可士和が手掛ける。
  • 通常盤より、初回盤の方が歌詞カードのサイズが一回り小さく、おまけに歌詞カードの裏面のメンバーの写真に付属のメガネで見ると、立体的に見えるように細工がされている(通常盤は細工がされていない。)
  • 「Pop Up! SMAP」では、タカチャ(Nai Yai Yai)やHOME MADE 家族のMICRO(TAKE OFF)などの有名人が作詞している曲がある。
  • 「だいじょうぶ」は、アマチュア時代にAqua Timez自身のライブで主に最後に演奏されていた曲であり、彼らの自主制作シングル「いつもいっしょ」のカップリング曲として収録されている。

チャート成績[編集]

収録曲[編集]

DISC1[編集]

  1. Theme of 018
    • 作曲・編曲:中塚武 feat. GROOVY SAUCE CREW
  2. TAKE OFF
    • 作詞:MICRO(HOME MADE 家族) / 作曲:MICRO・Takahiro / 編曲:Takahiro
    ライブや関西テレビフジテレビ系『SMAP×SMAP』での放送では、2番のサビの部分と間奏部分はカットされている。
  3. Nai Yai Yai
    『SMAP×SMAP』において、PVが制作される。また今作の発売に合わせて、テレビ朝日系『ミュージックステーション』において『Dear WOMAN』とともに披露される。
  4. Simple
    • 作詞:篠崎隆一 / 作曲:清水哲平・Axel Bellinder・Stefan Engblom / 編曲:中西亮輔 / コーラスアレンジ:知野芳彦
    『SMAP×SMAP』において、オーケストラの生演奏とともに披露される。
    ベストアルバム「SMAP 25 YEARS」にも収録。
  5. paripia!
    この曲にちなみ、一時期稲垣は『パリピアリーダー』と呼ばれている。
  6. Triangle
    • 作詞・作曲:市川喜康 / 編曲:小西貴雄
    • 38thシングル
    • テレビ朝日系 スポーツ中継テーマソング
  7. モアイ
    • 作詞・作曲:Caravan / 編曲:知野芳彦
    • 木村と香取のユニット曲
  8. Call Your Number
    • 作詞:大智・キャス / 作曲:大智 / 編曲:高野康弘
    木村・香取には、歌詞カードには載っていないラップパートがある。
  9. 星空の下で
    • 作詞・作曲:YoYo・GooF are SOFFet / 編曲:橋本和則 / コーラスアレンジ:YoYo(SOFFet)
    本作の発売から2年後の2008年に発売されるSOFFetのベストアルバム『SOFFet BEST ALBUM -ALL SINGLES COLLECTION-』の初回限定版に、セルフカバーされたものが収録される。
  10. だいじょうぶ
    • 作詞:太志 / 作曲:Aqua Timez / 編曲:田辺恵二
    Aqua Timezがアマチュア時代から歌っていた楽曲のカバー。2012年8月29日放送の僕らの音楽にて番組のナレーションが草彅剛であることからAqua Timezによって披露される。
  11. STAY
    • 作詞:佐原けいこ / 作曲:日比野元気 / 編曲:宗像仁志
    TBS系『うたばん』において披露される。
    2011年8月17日発売「SMAP AID」、2016年12月21日発売「SMAP 25 YEARS」にも収録されている。
  12. Dear WOMAN
    • 作詞:麻生哲朗 / 作曲・編曲:平田祥一郎 / コーラスアレンジ:知野芳彦
    • 39thシングル
    • 資生堂「TSUBAKI」CMソング

DISC2[編集]

  1. 女の子とLOVE SONG
    • 作詞・作曲・編曲:後藤次利
    • 中居のソロ曲
    • 浦嶋りんことのデュエット曲。
    演奏時間は8分近くにも及ぶ計算。
    中居のソロ曲で自身が作詞・作曲に参加しないのは『My Childhood Friend 〜 鏡の中のRadio』以来、12年振り。
  2. 君がいる
    このアルバムのソロ曲には2曲候補があり、この曲ともう1曲ハードなロックな曲があったが、後者を選ぶだろうと思っていた周りを木村自身が驚かせようとこのバラードの曲を選んだ、と自身のラジオで語っている。
  3. L-O-V-E
    観客の声には、蛯原友里押切もえなど4名のCanCamモデルが参加。
    この曲で、稲垣自身は自らのことをSMAPジャズ班と称している。
    SMAP×SMAPのコーナー・ルーレットボウリングにおいて、客席からこの曲の「G・O・R・O!」という掛け声が起こった。
  4. TOKIO
    • 作詞:糸井重里 / 作曲:加瀬邦彦 / 韓国語訳:草彅剛 / 編曲:Daisuke“D.I.”Imai
    • 草彅のソロ曲であり、沢田研二の大ヒット曲「TOKIO」の韓国語バージョン
    • シンファのリーダー・エリックがラップで参加。
    2007年4月23日のBISTRO SMAPに沢田がゲスト出演した際、無許可(日本音楽著作権協会には申告している)で歌ったことを報告し、事後承諾ではあるが許可をとっている。また、作詞した糸井は本曲が歌われた2006年のライブコンサートを訪れ観覧。
  5. Everybody
    • 作詞:Blaise・Maynard・tax(MONKEY MAJIK) / 作曲:Blaise・Maynard(MONKEY MAJIK) / 編曲:Daisuke "D.I" Imai&Chikara "Ricky" Hazama / featuring Vocal:倖田來未
    • 香取のソロ曲
    • 倖田來未がゲストボーカルとして参加。
    このアルバムを発売した後のツアーの9月28日東京ドーム公演では、倖田本人が飛び入り参加し2人のデュエットが実現。また、10月12日東京国際フォーラム・ホールAで行われた倖田のライブコンサートに香取が飛び入り参加し、再びデュエットをしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Pop Up! SMAP (ビクターエンタテインメント)