若者のすべて (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
若者のすべて
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1994年10月19日 - 12月21日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 中江功
木村達昭
臼井裕詞
脚本 岡田惠和
プロデューサー 亀山千広
杉尾敦弘
出演者 萩原聖人
木村拓哉
武田真治
鈴木杏樹
深津絵里
音声 ステレオ放送
オープニング Mr.ChildrenTomorrow never knows

特記事項:
最終回は30分拡大(21:00 - 22:24)。
テンプレートを表示

若者のすべて』(わかもののすべて)は、1994年10月19日から12月21日まで毎週水曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系の「水曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は萩原聖人木村拓哉

あらすじ[編集]

22歳の原島哲生(萩原聖人)は亡き両親が残した自動車修理工場を営んでいた。妹の妙子(山口紗弥加)は両親を亡くしたショックで心を閉ざしており、工場の経営は上手く行っていない。圭介(武田真治)は町医者の父を継ぐため、4浪中。亮子(深津絵里)は女優をめざし、薫(鈴木杏樹)は街を出て商社に勤めている。ある事件がもとで植物人間になってしまった守(EBI)、その原因に関与していた事で皆の前から姿を消した武志(木村拓哉)。工場のある薄暗い街で22歳の夢と傷みが交錯する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 1994年10月19日 君を守るために… 中江功 15.5%
第2話 1994年10月26日 幸せになりたい 15.7%
第3話 1994年11月02日 胸に秘めた思い 15.2%
第4話 1994年11月09日 傷つけ合う二人 木村達昭 15.9%
第5話 1994年11月16日 それぞれの別れ… 18.3%
第6話 1994年11月23日 その夜、奇跡が… 臼井裕詞 17.2%
第7話 1994年11月30日 友の死を越えて 中江功 15.2%
第8話 1994年12月07日 帰ってきたあいつ 木村達昭 17.2%
第9話 1994年12月14日 22歳、愛ある決意 中江功 16.2%
最終話 1994年12月21日 誰も知ることのない明日へ… 15.7%
平均視聴率 16.2%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

関連商品[編集]

DVD
VHS
  • 若者のすべて VHS 全4巻(1995年3月17日発売、ポニーキャニオン)
  • 若者のすべて <永久保存版BOXセット> VHS 全4巻(1995年3月17日発売、ポニーキャニオン)
サウンドトラック
  • 若者のすべて オリジナル・サウンドトラック(1994年11月18日発売、ポニーキャニオン)

備考[編集]

  • 脚本の岡田惠和にとって初めての完全オリジナルの連続ドラマである。
  • 日本のテレビドラマにおける『アウトサイダー』(マット・ディロンの初期の出演作として知られるアメリカ映画)的作品と言われ、事実制作者もその映画を参考にしてキャスティングやストーリーなどを考案した、と『ザ・テレビジョン』誌上で答えていた。
フジテレビ 水曜劇場
前番組 番組名 次番組
お金がない!
(1994.7.6 - 1994.9.21)
若者のすべて
(1994.10.19 - 1994.12.21)
最高の片想い
(1995.1.11 - 1995.3.22)