宮本武蔵 (2014年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テレビ朝日
開局55周年記念ドラマスペシャル

宮本武蔵
ジャンル 時代劇
原作 吉川英治
脚本 佐藤嗣麻子
監督 兼﨑涼介
出演者 木村拓哉
沢村一樹
真木よう子
松田翔太
ユースケ・サンタマリア
東幹久
中谷美紀
西田敏行
倍賞美津子
八千草薫
ナレーター 市原悦子
音楽 服部隆之
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
話数 全2話
製作
製作総指揮 横地郁英(GP)
プロデューサー 大江達樹
川島誠史
河瀬光
撮影地 東映太秦映画村
撮影監督 唐沢悟
編集 米田武朗
制作 東映
製作 テレビ朝日
放送
放送局テレビ朝日系列
映像形式16:9
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2014年3月15日 - 3月16日
放送時間土曜日21:00 - 23:21(第1夜)
日曜日21:00 - 23:24(第2夜)
テンプレートを表示

宮本武蔵』(みやもとむさし)は、2014年3月15日16日に2夜連続でテレビ朝日開局55周年記念番組として系列局で放送されたスペシャルドラマ。

主演は当時SMAPのメンバーだった木村拓哉で、時代劇への出演は2006年の映画『武士の一分』以来8年ぶりで、テレビ朝日のドラマ出演は1995年の『君は時のかなたへ』以来19年ぶりとなる[1]。キャッチコピーは、「斬った数だけ、強くなれた。斬った数だけ、涙を流した。」。視聴率は、第一夜が14.2%、第二夜が12.6%(関東地区)[2]

概要[編集]

原作は吉川英治同名小説で、ドラマ化は2003年に放送されたNHK大河ドラマ武蔵 MUSASHI』以来11年ぶり。アクション監修に、ジャッキー・チェンが会長を務める香港動作特技演員公會の唯一の日本人会員である谷垣健治を迎え[3]、殺陣のシーンでは、刀を「本当に当てる」という今までにない手法が取り入れられた[4]

キャスティングやビジュアルのイメージに、原作を同じくする井上雄彦の漫画『バガボンド』の影響が見られるとの意見もある[5]。ちなみに木村は後の2021年6月13日に配信された冠番組『木村さ〜〜ん!』で好きな漫画5選の話の中で選外ながら『バガボンド』を挙げている[6][注 1]

放送時間[編集]

第1夜
第2夜

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第5位に『バガボンド』と悩んだ『小学館版 学習まんが 少年少女 日本の歴史』・第4位に『バガボンド』とムサシ被りである『六三四の剣』・第3位に後の2017年に木村主演で実写映画化された『無限の住人』・第2位に『鬼滅の刃』・第1位に『ONE PIECE』と、日本の歴史(時代)ものや武道など和風文化にかなり影響を受けてきた事が伺える。

出典[編集]

外部リンク[編集]