Q (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Q
Mr.Childrenスタジオ・アルバム
リリース
録音 Oorong NY Studio
Oorong TOKYO Studio
Bunkamura Studio
Victor Studio
ジャンル ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
Mr.Children
専門評論家によるレビュー
allmusic 星2.5 / 5 link
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2000年度年間23位(オリコン)
ゴールドディスク
ミリオン(日本レコード協会
Mr.Children アルバム 年表
1/42
1999年
Q
(2000年)
Mr.Children 1992-1995
Mr.Children 1996-2000
2001年
EANコード
EAN 4988061881669
(TFCC-88166)
『Q』収録のシングル
  1. 口笛
    リリース: 2000年1月13日
  2. NOT FOUND
    リリース: 2000年8月9日
ミュージックビデオ
「NOT FOUND」 - YouTube
「口笛」 - YouTube
テンプレートを表示
映像外部リンク
Mr.Children「NOT FOUND」Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour

Q』(キュー)は、日本バンドMr.Childrenの9枚目のオリジナルアルバムである。2000年9月27日にトイズファクトリーより発売された。

背景とリリース[編集]

通常盤のみで発売。前作『1/42』から約1年ぶり、オリジナルアルバムでは7thアルバム『DISCOVERY』から約1年8ヶ月ぶりとなるアルバム。

本作のセッションは桜井のプライベートスタジオで以前から行われていたが、セッション終了後にニューヨークの「Oorong NY Studio」に移動。このスタジオは小林が所有していたスタジオであり、レコーディングが行われた時期は丁度スタジオが完成した直後だったといい、ニューヨークでは以前のセッションで作り上げていた曲のイントロ、アウトロ、伴奏などの構成を小林と桜井の二人でミーティングし、新たに構成し直した物を再びバンドで演奏するという形で作業が行われた。また、プライベートスタジオでProtoolsに録っておいたものの中で、ドラムやギターのフレーズなど使えるものはそのまま使用しているとのこと[1]

桜井はこのアルバムあたりから作曲時にキーボードを活用するようになったという[2]

ジャケットは、桜井和寿潜水服を着用しているもので、ジャケットの背景は絵ではなくアメリカグレートソルトレイク州立公園で撮影されたもの[3]。また、「深海からの脱出」という意味も込められている。アートディレクターは信藤三雄

アルバムタイトルは本作が9枚目ということにちなんで、レコーディングの初期に桜井が遊び心で譜面などに小文字で「q」と書いていたものをメンバーやスタッフが気に入ったことに由来する。そのため桜井は、「『Q』という言葉自体に深い意味はない」と述べている[4]。他のタイトル候補として、『Hallelujah』『Stomach Love』があった。

曲のテンポをダーツの合計点によって決めたり、コード進行をくじ引きによって決めたりと、非常に自由なセッションによって制作が進められた。そのため、作曲クレジットがMr.Childrenとなっている曲も存在している。一方で「つよがり」のようなバンドが目立たない曲(桜井曰く「ソロシンガーとして歌うような曲」)も収録されている[2]

本作発売後にライブツアー『Mr.Children Concert Tour Q 2000-2001』を開催。2001年2月4日に行われたさいたまスーパーアリーナ公演ではBIGLOBE提供でMr.Children初のインターネット生中継が行われた。

桜井は後のインタビューで当時のことを振り返り「メンバーが音楽やってるときより酒飲んでるときの方が楽しそうな状態で進歩がなかった。解散まで考えた。」と述べた[5]

チャート成績[編集]

同日発売の『Duty』(浜崎あゆみ)に阻まれてオリコンチャート初登場2位となり、連続1位獲得記録は5作でストップした。累計売上は89.7万枚で、3rdアルバム『Versus』以来6作ぶりに100万枚を下回った(日本レコード協会からはミリオン認定を受けている)。初めて1位を獲得した4thアルバム『Atomic Heart』以降のオリジナルアルバムで1位を獲得できなかったのは本作のみである。また同じく『Atomic Heart』以降に発売されたオリジナルアルバム(『1/42』『B-SIDE』を除く)で唯一オリコン年間アルバムランキングでトップ10にランクインしていない作品である。

収録内容[編集]

全作詞: 桜井和寿、全編曲: 小林武史 & Mr.Children、ストリングス・アレンジ: 小林武史、Stephen Barber、Tony Finno。
#タイトル作詞作曲時間
1.「CENTER OF UNIVERSE」桜井和寿桜井和寿
2.「その向こうへ行こう」桜井和寿Mr.Children
3.NOT FOUND桜井和寿桜井和寿
4.「スロースターター」桜井和寿桜井和寿
5.「Surrender」桜井和寿桜井和寿
6.「つよがり」桜井和寿桜井和寿
7.「十二月のセントラルパークブルース」桜井和寿桜井和寿
8.「友とコーヒーと嘘と胃袋」桜井和寿桜井和寿
9.「ロードムービー」桜井和寿桜井和寿
10.「Everything is made from a dream」桜井和寿Mr.Children
11.口笛桜井和寿桜井和寿
12.「Hallelujah」桜井和寿桜井和寿
13.「安らげる場所」桜井和寿桜井和寿
合計時間:

楽曲解説[編集]

  1. CENTER OF UNIVERSE
    • ライブでの演奏回数が多い楽曲。ダーツでテンポを決めて作られた。
    • ドラムはコルグのシンセサイザーである「KORG Trinity」に内蔵されているドラムの音源を卓とコンプで歪ませてProtoolsに流し込んだものとを混ぜているとのこと[1]
    • ギターはプライベートスタジオでのセッションで録音されたものをそのまま使用している[1]
    • 次曲「その向こうへ行こう」と繋がっているが、ラストの部分は桜井和寿曰く「2曲目と並べたときにコードが同じになったのがイヤだったので、コード感を忘れるために付け加えたもの」とのこと[1]
  2. その向こうへ行こう
    • Mr.Childrenが漫画「バガボンド」のテーマ曲を作ったらというコンセプトで制作された楽曲。ギターには「Moogerfooger」というエフェクターが掛けられている[1]
    • 展開が多い楽曲で、サビのベースフレーズは別の楽曲のベースのフレーズを移植したものであり、後半からはシーケンスのフレーズを入れ、スピード感を出している。因みにループ部分のドラムは桜井が叩いている[1]
    • バックコーラスは基本的に「Beyond my wish」と歌っているが、ラスサビ部分は新たに「Beyond the time」「Beyond the time」「Beyond the sex」「Beyond the place」が付け加えられている。このコーラスは最上川の舟下りの歌を参考にしたもの[1]
    • もともとはプライベートスタジオで作り上げていたものだが、ニューヨークのレコーディングで全く違うアレンジに変更された。
  3. NOT FOUND
    • 19thシングル表題曲。
  4. スロースターター
    • 仮タイトルは「ジュビ研・炎のテーマ」で、メンバーが所属するサッカーチーム「ジュビ研」のゴールシーンで流れる曲というコンセプトで制作された[6]
  5. Surrender
    • 17thシングル『I'LL BE』のカップリング。
    • 表記はされていないものの、冒頭に鈴木英哉のカウントが入っているため厳密にはアルバムバージョンとなっている。
    • 2013年に行われた「Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour」では田原健一がコーラスを担当した。
  6. つよがり
    • 前作『DISCOVERY』のデッドストック。バンドの勢いを優先した前作には合わないと判断されたため収録が見送られていた[6]。そのため、ベスト・アルバムMr.Children 1996-2000』では先に発表された18thシングル『口笛』や19thシングル『NOT FOUND』より曲順が先になっている。
    • ニューヨークでレコーディングされ、オーケストラを40人程呼んだとのこと[1]
    • 2014年に開催されたファンクラブ限定ツアー『Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー』の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」アンケートでは14位に選ばれた[7]
  7. 十二月のセントラルパークブルース
    • タイトルの「セントラルパーク」をはじめ、歌詞に「ダコタ・ハウス」「六番街」等ニューヨークの地名が登場する。
    • セッション中に出来た2つの楽曲を1つにしたもの。歌詞は『深海』の頃にニューヨークでレコーディングした時のことが書かれている[1]
    • 桜井は当時のインタビューで、「12月のNYを思ってつくったんじゃなく『深海』のころの自分を思ってる曲で。ホントに、どっかから飛び降りようと思ったくらい悩んでたときが、12月で。その自分を、今、笑って歌えるみたいな。笑えるだけの強さが取り戻せたっていう。」と語っている。
    • 次の「友とコーヒーと嘘と胃袋」に音が残っており、この曲から「ロードムービー」までノンストップである。
  8. 友とコーヒーと嘘と胃袋
  9. ロードムービー
    • アルバム曲ながらファンからの人気が高い。
    • 桜井が2000年の元日に歌詞を書き上げた曲で、この曲が自分が作った中で最も気に入っている歌詞だと語っている。
    • 桜井は元々この曲にエレキギターは入るスペースがないと思っていたが、田原健一がまるでエレキギターを元に曲を構成したかのようなギターを入れたため非常に驚いたという。
    • 曲中のグロッケン小林武史が担当している[1]
  10. Everything is made from a dream
    • Mr.Childrenが出演するBIGLOBE「Mr.Children Alternative」のCMソング
    • 仮タイトルは「やまびこマーチ」で、マーチをベースに曲が進行する。
    • 曲の大半は桜井のプライベートスタジオで既に制作されていたが、サビのリズムの変更等の部分はニューヨークで行われた[1]
    • 間奏の語りはスタジオにいた人々に一通りセリフを読ませ、それを切り貼りしたもの。
    • 歌詞にジョン・レノンブルース・リーが登場する。
  11. 口笛
    • 18thシングル表題曲。
  12. Hallelujah
    • 当初は『I'LL BE』のカップリング曲候補だったが、思いの外出来が良かったため本作のリード曲として使用された。
    • アルバムタイトル候補だった曲の1つ。
    • 1999年12月27日にスペースシャワーTVで放送された本アルバムのドキュメンタリー番組内で未発表曲として先行披露されていた[6]。しかし、番組撮影後に「サビでガンと盛り上がる感じが足りない」と気づき、別のアレンジでレコーディングし直したという。
    • 後にベスト・アルバム『Mr.Children 1996-2000』にも収録された。
  13. 安らげる場所
    • 2ndアルバム『Kind of Love』に収録されている楽曲「いつの日にか二人で」の時と同様、ピアノとストリングスで構成されたスローバラードで、桜井の個人的な歌とのこと。
    • ライブツアー『Mr.Children Concert Tour Q 2000-2001』では本作で唯一演奏されなかった曲。

参加ミュージシャン[編集]

その向こうへ行こう
  • Sandra Park Strings:Strings
NOT FOUND
  • Sandra Park Strings:Strings
つよがり
  • Sandra Park Strings:Strings
Hallelujah
  • Catherine Russell:Chorus
  • Ada Dyer:Chorus
安らげる場所
  • Sandra Park Strings:Strings

ライブ映像作品[編集]

曲名 作品名
CENTER OF UNIVERSE Mr.Children Concert Tour Q 2000~2001
wonederful world on DEC 21
ap bank fes '05
MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜
Mr.Children HOME TOUR 2007
Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field-
Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-
Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour
Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25
その向こうへ行こう Mr.Children Concert Tour Q 2000~2001
NOT FOUND
スロースターター Mr.Children Concert Tour Q 2000~2001
Surrender
つよがり Mr.Children Concert Tour Q 2000~2001
wonederful world on DEC 21
Mr.Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜
十二月のセントラルパークブルース Mr.Children Concert Tour Q 2000~2001[注 1]
友とコーヒーと嘘と胃袋 Mr.Children Concert Tour Q 2000~2001
ロードムービー Mr.Children Concert Tour Q 2000~2001
Mr.Children DOME TOUR 2009 SUPERMARKET FANTASY IN TOKYO DOME
Mr.Children Dome Tour 2019 Against All GRAVITY
Everything is made from a dream Mr.Children Concert Tour Q 2000~2001[注 2]
ap bank fes '05
Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-
口笛
Hallelujah Mr.Children Concert Tour Q 2000~2001[注 2]
Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001
MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜[注 2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ キーを全音下げて演奏された。
  2. ^ a b c キーを半音下げて演奏された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『Sound & Recording Magazine』 リットーミュージック 2000年11月号
  2. ^ a b 『Mr.Children 道標の歌』水鈴社、2020年11月20日
  3. ^ 『SWITCH』スイッチ・パブリッシング vol.35 No.5 2017年6月号
  4. ^ 『WHAT's IN?』 ソニー・マガジンズ 2000年
  5. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』 ロッキング・オン 2001年9月号
  6. ^ a b c Mr.Children 1996-2000』ライナーノーツ
  7. ^ 映画『Mr.Children REFLECTION』劇場公開パンフレット
  8. ^ ap bank fes '10 Special Talk”. エコレゾウェブ (2010年7月10日). 2020年4月11日閲覧。

外部リンク[編集]