セントラル・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セントラルパークから転送)
Jump to navigation Jump to search
セントラル・パーク
CentralParkFromAboveCropped.jpg
分類 都市公園
所在地
面積 843エーカー (341 ha)
1.32 sq mi (3.4 km2)
開園 1859年
運営者 Central Park Conservancy
現況 年中開放
セントラル・パーク
セントラル・パークの位置(マンハッタン内)
セントラル・パーク
座標 北緯40度46分57秒 西経73度57分58秒 / 北緯40.7825度 西経73.9661度 / 40.7825; -73.9661
建設 1857年
建築家 フレデリック・ロー・オルムステッドカルヴァート・ヴォークス
NRHP登録番号 66000538
指定・解除日
NRHP指定日 1966年10月15日[1]
NHL指定日 1963年5月23日
公園から摩天楼を望む
公園にある湖

セントラル・パーク英語: Central Park「中央公園」)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンにある都市公園。南北4km、東西0.8kmの広さがある。周囲の摩天楼で働き暮らすマンハッタンの人々のオアシスとなっており、映画テレビの舞台としても度々登場するため世界的にも知られるようになった。

公園は、北をセントラル・パーク・ノース、南をセントラル・パーク・サウス、西をセントラル・パーク・ウェスト、東を5番街と接している。東側中央にはメトロポリタン美術館、西には道をはさんでアメリカ自然史博物館がある。

概要[編集]

公園内はまるで自然の中にいるように錯覚する風景だが、高度に計算された人工的なものである。湖がいくつかと、2つのアイススケートリンク、各種スポーツ用の芝生のエリア、自然保護区、そしてそれらを結ぶ遊歩道などがある。

道路は景観を崩さないために人工的に窪地に造られている。これはダイナマイトで岩盤を破壊して造ったものである。

公園内は自動車での通行が禁止されており、週末は公園を囲む9.7kmの道はジョギングをする人々、サイクリングインラインスケートを楽しむ人々などで賑わう。また、ここはニューヨークシティマラソンのゴール地点にもなっている。

渡り鳥たちのオアシスにもなっており、バードウォッチングも盛んに行われている。夏には園内のデラコート劇場で有名な映画スターによるステージが行われる。

マンハッタン島の都会的景色・喧噪の中のオアシスとしての働きを果たしており、公園に面してその景色が視野に入るアパートメント・コンドミニアムは、近隣の中でも高く評価される物件となっている。

歴史[編集]

セントラル・パークはアメリカで景観を考慮して設計された最初の公園である。1811年委員会計画によって14丁目以北の開発計画が策定され、ニューヨークの市街地は北へ拡大していった。セントラルパークの建設は当初の計画には含まれていなかった。市街開発が進むにつれ、膨張したニューヨークに大きな都市公園が必要であると、詩人ウィリアム・カレン・ブライアントやアメリカ初のランドスケープアーキテクト造園家、造景家)とされるアンドリュー・ジャクソン・ダウニングによってその必要性が唱えられており、ロンドンハイドパークパリブローニュの森のような屋外でのんびり過ごせる場所が多くのニューヨーカーにも望まれてもいた。それを受け、1853年にニューヨーク州議会によりこの地が公園用地として指定されることとなる。1857年には当時ここに住んでいたアフリカ系、アイルランド系住民、約1600名は立ち退きの憂き目にあった。同年、現在よりも少し小さい範囲で開園したが、翌年1858年には公園の拡張と景観整備のコンペにおいてフレデリック・ロー・オルムステッド Calvert Vauxによる設計案 (Greensward Plan) が採用されることとなった。コンペが行われたその年に建設が始まり、1873年に正式に開園した。

1870年代ニューヨーク市の住民の大多数が住んでいたロウワー・マンハッタンには、公園と呼ぶに値する場所はほとんどなかった。1876年にほぼ現在の形に完成したセントラル・パークはずっとアップタウンにあり、その緑の恩恵を一番必要としていた住民には手の届かない場所だった。文人、医師にして教育家のオリヴァー・ウェンデル・ホームズがニューヨーク市を訪問した際にこの公園を絶賛したものの、5番街23丁目からアップタウンに行くのに、交通費が4ドル(当時)もかかったのに不満を漏らしたとされている。実のところ「多くの人にとって、公園は100マイル離れた場所にあるのと同じで、年に一度の遠足でも遠すぎる」と言われていた。

ニューヨークという不夜城の中にあってオアシスの役割を果たしてきた公園ではあるが、1930年代頃よりここに住み付くホームレスたちが増加し、また、暴力レイプなどの夜間の治安悪化が問題となっていった。これを危惧したニューヨーク市警察がここを重点地区にと指定、現在は比較的安全になっている。2004年にはのべ2500万人もの人々が訪れたが、ここで起こった犯罪は100件未満であったとのことである。

近年の状況[編集]

Central Park New York City.svg

1962年以来、アメリカ合衆国国定歴史建造物となっている この公園はフレデリック・ロー・オルムステッドとカルヴァート・ヴォークス(Calvert Vaux)によって設計された。州は公園の開発の監督のため委員会を設置し、1857年コンペティションを実施した。その結果、ランドスケープアーキテクトのオルムステッドと建築家のヴォーの「緑の芝生計画」が選ばれた。建設のピークには20000人の労働者が雇われることとなった。 設計競技で勝ち残ったランドスケープアーキテクト・作家のフレデリック・ロー・オルムステッドとイギリスの建築家のカルヴァート・ヴォークス英語版により、1858年に設計された。彼らは、ブルックリンプロスペクト・パーク英語版も設計している[2][3][4]

観光客[編集]

この公園は、恐らくアメリカで最も訪問者が多い都市公園であり[5]、毎年約3,500万人の観光客を受け入れている[6]

セントラル・パークは、ニューヨークの観光地として最も有名な場所の1つである。 公園は、北をセントラル・パーク・ノース、南をセントラル・パーク・サウス、西をセントラル・パーク・ウェスト、東を5番街と接している。公園の東側を走る5番街のみが、その名を変えない。他の通り(110丁目、59丁目、8番街)は、公園に接している間、それぞれ名前が変わる。この公園の南はミッドタウン、北はハーレム、東はアッパー・イースト・サイドスパニッシュ・ハーレム、そして西はアッパー・ウエスト・サイドモーニングサイド・ハイツと呼ばれる地区となっている。

公園は770エーカー (3.1 km2)の市所有の土地でオープンし、840エーカー (3.4 km2)まで拡張した。59丁目(セントラルパーク・サウス)と110丁目(セントラルパーク・ノース)との間は長さ2.5マイル (4 km) で、5番街とセントラルパーク・ウェストの間の幅は0.5マイル (0.8 km) である。

このサイズや文化的位置づけは、ミュンヘンのエングリッシャーガルテンやロンドンのハイド・パークと似ており、サンフランシスコのゴールデン・ゲート・パーク、東京の上野公園、バンクーバーのスタンレーパークなど、多くの都市公園のモデルとなった。

メンテナンス[編集]

公園は、ニューヨーク市パーク・アンド・レクリエーション局英語版と契約する私設で非営利団体のセントラル・パーク管理委員会によって運営され[7]、管理委員長はセントラル・パークの管理者、ex officioである。

今日では、管理委員会は、5人のうち4人を公園のメンテナンスと運営に雇用している。これは、セントラル・パーク管理者(公式認定)のもとで、私的・公的の作業の両方を監督しており、公園委員会委員長に報告している。2007年時点で、管理委員会は、公園の修復及び管理に約4億5000万$を投資した。この組織は、現在のセントラル・パークの年間3700万$以上の年間管理費のうちおよそ85%を寄付している[7]

こうした試みが2006年には、 モーニングサイド・パーク英語版セント・ニコラス・パーク、ジャッキー・ロビンソン・パークおよび マーカス・ガーベイ・パーク英語版 の園芸メンテナンス補助と指導に活用される。 これが非常によく機能したため、その後ヒストリック・ハーレム・パークがつくられた[8]

犯罪[編集]

犯罪が公園やニューヨーク市で減少し、多くの以前の鑑識が少なくなっている。公園には、ニューヨーク市警察の独立した管区(セントラル・パーク管区)があり、正規の警官と補助員の両方を雇用している。2005年には、安全対策により、犯罪発生件数が年間で100件を切った(1980年代初頭の1,000件から大幅に減少した)。ニューヨーク市公園パトロール英語版もセントラル・パークをパトロールしている。

ロックフェラー・センターから見たセントラル・パークのパノラマ

景観と設備[編集]

人工的に造られた[9]公園にもかかわらず、公園のほとんどが自然に見えるのは、植物や地形によるほか、公園には元からあった湖や池を巧みに使い、完全に美化がなされたという事実にある。

園内には他に、広範囲に巡る散歩道、乗馬道、2つのアイススケートリンク(ウールマン・リンク英語版ラスカー・リンク英語版;冬季営業のみ、後者は7月から8月にかけてプールとなる)、セントラル・パーク動物園セントラル・パーク温室ガーデン英語版ベセスダ・テラスと噴水英語版自然保護区英語版、広大な森林[10]、ジョギングトラックに囲まれ、10億ガロンを貯蓄する106エーカー (43 ha)のジャクリーン・ケネディ・オナシス貯水池シェイクスピア・イン・ザ・パーク英語版が行われる屋外円形劇場のデラコート・シアター英語版 などがある。

園内のコンサーヴァトリー・ガーデン英語版は、1898年から1934年までは当該場所には温室が存在したが後に撤去され、跡地の整備をランドスケープ・アーキテクトのギルモア・クラークが担当、竣工した庭園で、1937年に 一般公開された。この庭園のセンター・ガーデンはイタリア式庭園に、パークの北側にみる円形公園はフランス式庭園、南側にみる円形園はイギリス式庭園風でデザインされ、それぞれの異なるテイストの庭が鑑賞できるようになっている。

屋内施設の見所としては、自然の中にあるベルヴェデーレ城英語版[11]スウェディッシュ・コテージ人形劇場英語版、歴史的なカルーセル英語版がある。

さらに、7つの主要な芝生があり、シープ・メドウズ英語版[12]グレート・ローンとタートル・ポンド英語版ザ・ランブルとレイク英語版など小さな草原や池(湖)が存在する。 これらのうちは、チームでスポーツが行われたり、静かに過ごすエリアとなったりしている。

子供のためのプレイグラウンドも多くある。

週末の午後7時以降、夜間に自動車の進入が禁止され、公園内の6マイル (10 km) の道路は、ジョギング、自転車、スケートボード、ローラースケートなどに利用されている。

ラット・ロック (Rat Rock) は、マンハッタン島を構成する(マンハッタン片岩)の露頭の一つであり、セントラルパークの南東の角近く北緯40度46分10秒 西経73度58分40秒 / 北緯40.769361度 西経73.977655度 / 40.769361; -73.977655に位置する。この名前は、この辺りで夜間になると群れをなしていたラットから来ている。また、アンパイア・ロック (Umpire Rock) という別名もある[13][14]。大きさは幅、約55フィート (17 m)、高さ15フィート (4.6 m)で、それぞれの方角で違った形に見える[15]

彫刻[編集]

詳細は「セントラルパークの彫刻の一覧(英語)」を参照
クレオパトラの針

園内には多数の彫刻がある。設計者のオルムステッドは彫刻の乱立を嫌ったが、結果は良い方向に向かっている。最初に建てられた彫刻は作家の像や詩にちなむもので、文学歩道と呼ばれるようになった。

彫刻で最も古いものとしては、エジプトの「クレオパトラの針」と呼ばれる長さ21m、重さ200tのオベリスクで、エジプト総督から贈呈された。実際は古代エジプト王トトメス3世が建てた彫刻で、クレオパトラの時代より古いものである。その他、大きなキノコに座り、他の登場人物たちと戯れる不思議の国のアリスの像などもある。

72丁目の西の端付近には、ジョン・レノンを追悼するストロベリー・フィールズがある。

周辺の見どころ・施設[編集]

自然[編集]

アクティビティ[編集]

登場作品[編集]

様々な映画やドラマのロケ地として使われるほか、小説や音楽などのメディアにも登場する。

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ National Register Information System”. National Register of Historic Places. National Park Service (2007年1月23日). 2009年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月20日閲覧。
  2. ^ Central Park”. National Historic Landmark summary listing. National Park Service (2007年9月10日). 2007年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月11日閲覧。
  3. ^ National Register of Historic Places Inventory”. National Park Service (1975年8月14日). 2013年12月11日閲覧。
  4. ^ National Register of Historic Places Inventory”. National Park Service (1975年8月14日). 2013年12月11日閲覧。
  5. ^ America's Most Visited City Parks (PDF)”. The Trust for Public Land (2006年6月). 2006年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年7月11日閲覧。
  6. ^ Central Park FAQ”. 2011年6月11日閲覧。
  7. ^ a b About the Central Park Conservancy”. 2010年7月15日閲覧。
  8. ^ Blonsky 2007, op.cit..
  9. ^ パーク内の水は全て自然の湧き水や流れをせき止めて作られた
  10. ^ John Steele Gordon "My Backyard," American Heritage, April/May 2006.
  11. ^ 石造りのかわいらしい城が立つのはニューヨーク都心のセントラルパーク”. 文藝春秋 (2016年3月15日). 2018年9月8日閲覧。
  12. ^ "Restoring a meadow to grandeur: Conservancy marks milestone in Central Park", September 2011
  13. ^ RatRock @ ClimbNYC.com”. 2014年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月6日閲覧。
  14. ^ Jennifer Bleyer (October 7, 2007), The Zen of the Rock, New York Times, http://www.nytimes.com/2007/10/07/nyregion/thecity/07boul.html?partner=USERLAND&pagewanted=all 
  15. ^ John Sherman (1994), Stone crusade: a historical guide to bouldering in America, The Mountaineers Books, pp. 226–228, ISBN 978-0-930410-62-9, http://books.google.com/?id=-jZL9k4OICsC&pg=RA3-PA226 

外部リンク[編集]