共和党全国大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2004年に開かれた共和党全国大会。支持者の前に立つブッシュチェイニーの両候補

共和党全国大会(きょうわとうぜんこくたいかい、Republican National Convention)とは、4年に1度、アメリカ合衆国大統領選挙共和党公認候補者を決定する時に開く大会のことである。略称はRNC。民主党全国大会と同様、夏に開催される。

概要[編集]

大会では、共和党全国委員会により招集された代議員達によって党の基本方針である政策綱領が決まる。また、過半数の代議員の支持を獲得した候補が党の大統領候補に指名され、選出された大統領候補は大会中に副大統領候補を指名し、本選挙に臨むこととなる。

民主党全国大会には、ハリウッドの映画スターやロック・ミュージシャンなどの豪華ゲストが参加することがあるが、共和党の場合はカントリー歌手が出演する程度で、派手なパフォーマンスはあまりない。

歴史[編集]

最初の共和党大会は1856年にペンシルベニア州ピッツバーグで行われた。1940年に初めてNBCによるテレビ中継が開始され、2004年にはニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン周辺が、共和党大会一色に染まった。2008年はエクセル・エナジー・センターで開催され、ジョン・マケインを指名した。

2016年共和党全国大会(en:2016 Republican National Convention)は、オハイオ州クリーブランドクイックン・ローンズ・アリーナで開かれ、初日から大統領候補のドナルド・トランプが登壇し、会場にいる支持者を大いに沸かせた。その一方で、トランプとは距離を置くブッシュ元大統領親子や、マケインミット・ロムニーといった過去の大統領候補者は欠席。また、これまで共和党大会に協賛してきたアップル、フォード・モーター、JPモルガンなどの大手企業もスポンサーから降りるなど、経済界の一部が反発していることも示された。このような状況の下、シリコンバレーの有力者としては唯一の参加者となったピーター・ティールが応援演説の中、自身がゲイであることをカミングアウトすると、同性婚を容認することに消極的な共和党員も立場の違いを超えて大きな拍手を送った。その他、副大統領候補で保守派のマイク・ペンス、元ニューヨーク市長で中道派のルドルフ・ジュリアーニ、指名獲得争いではライバルだったニュージャージー州知事のクリス・クリスティ、黒人神経外科医のベン・カーソンらも熱心にトランプ支持を訴えた。


関連項目[編集]