モミジバスズカケノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モミジバスズカケノキ
Platanus × hispanica
Platanus × hispanica
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: ヤマモガシ目 Proteales
: スズカケノキ科 Platanaceae
: スズカケノキ属 Platanus
: モミジバスズカケノキ
P. x acerifolia
学名
Platanus x acerifolia (Aiton) Willd.[1]
シノニム
  • Platanus x hispanica Muenchh.[2]
和名
モミジバスズカケノキ(紅葉葉鈴懸の木)、カエデバスズカケノキ、プラタナス
英名
London planetree、London Plane

モミジバスズカケノキ(紅葉葉鈴懸の木、学名: Platanus x acerifolia)は、スズカケノキ科スズカケノキ属落葉高木。別名はカエデバスズカケノキ[1]、プラタナス。

スズカケノキアメリカスズカケノキとの交配種

特徴[編集]

北アメリカ原産のアメリカスズカケノキアジア西部からヨーロッパ東南部原産のスズカケノキの交配種とされる[3]。両種の中間的な形態を持っており、日本では一般にプラタナスと呼ばれている樹種である[3]。樹皮は剥がれやすく、まだら模様が出来る[3]

スズカケノキ、アメリカスズカケノキとの区別[編集]

葉の切れ込みは、スズカケノキ>モミジバスズカケノキ>アメリカスズカケノキの順に深い[4]

果実はふつう、スズカケノキは3 - 6個、モミジバスズカケノキは1 - 3個、アメリカスズカケノキは1個ぶら下げる[4]

分布・生育地[編集]

イギリスで作られた交配種で、日本には明治時代に渡来した。

利用[編集]

街路樹公園樹として植えられ、日本ではプラタナスとして最も多く植えられている[3]。材は椅子などの器具材として使われる[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Platanus x acerifolia (Aiton) Willd.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月15日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Platanus x hispanica Muenchh.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 70.
  4. ^ a b 『葉で見わける樹木 増補改訂版』、197頁。

参考文献[編集]

  • 平野隆久監修 永岡書店編『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、70頁。ISBN 4-522-21557-6
  • 茂木透写真『樹に咲く花 離弁花2』高橋秀男勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、8-9頁。ISBN 4-635-07004-2
  • 林将之『葉で見わける樹木 増補改訂版』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、2010年、196-197頁。ISBN 978-4-09-208023-2
  • 多田多恵子『身近な草木の実とタネハンドブック』文一総合出版、2010年、10-11頁。ISBN 978-4-8299-1075-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]