サンドブラスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンドブラスト英語: sandblasting)とは、ショット・ブラストの一種で、表面に砂などの研磨材を吹き付ける加工法のことである。工業的技術。1870年船舶用の取り用としてアメリカ合衆国のティルマン(B.C.Tilghman)により考案された。

概要[編集]

主に、コンプレッサーによる圧縮空気に研磨材を混ぜて吹き付けるが、細かい部品を加工する際には、より大量の研磨材を効率よく吹き付けるためにサンドブラスターという作業箱の中で加工する。

サンドブラストのサンドとは砂を意味するが、元々は砂(sand)が風(blast)で飛び、擦れて岩などが削れてゆく様を見て発明されたという説がある。

錆取り・塗装剥がし・下地処理のほか、近年では、回路IC電子・電気等の部品・配線加工などで使われる。また、鋳物陶磁器ガラス工芸品、石材などに表面処理、装飾、彫刻を施す為にも用いられる。

大型加工では、古いオートバイエンジンブロックを丸ごとサンドブラストに掛け、新車当時の輝きを取り戻すサービスを提供する業者も存在する。

サンドブラストは、元々は硅砂などが多用されており、今日でも使用されているが、近年のサンドブラストに使われるサンド(研磨材)はアルミナやガラスビーズなどが多く使用されているが、ナイロンなどの樹脂系やクルミの殻や桃の種のなどの植物系などもあり、研磨材のバリエーションも多く、用途も多様化されている。 また、サンドブラストは「削る」「叩き落とす」などが最も多い処理であるが、近年では「磨く」という処理が可能なものもある。

ガラス工芸としては、表面彫刻・加飾の方法や加工後の擦りガラス状態等が、化学腐食エッチングに似ていることから、20世紀になって用いられだした。 文字や絵柄を残したい部分のみマスキングを外し(もしくは掛け)、サンドブラストを行なうと、対象部分がすりガラスとなって残る。グラスのような記念品等の名入れ等でも利用される。近年は、従来のフッ酸混合液(フッ化水素酸硫酸の混合液)による腐食(エッチング)と比べて、安全性、生産性にすぐれ、設備の小型化も進んだことから個人でも導入可能な簡易性・加工性等もあり、サンドブラスト加工の品も「エッチング」と呼称されガラス工房や作家において普及している。

ガラスエッチング」と表記される事も多いが、エミール・ガレ等のそれとは歴史的にも技術的にも全くの別工法である。

石材加工にも応用されており、現在、墓石文字入れは、彫らない表面をゴムシートで覆った上で、サンドブラストによって行うのが主流となっている。ゴムシートには、パソコン上でデザインをした文字をレーザーカッターなどで切り抜いておく。

危険性[編集]

サンドブラスト加工を行う際には多量の粉塵が発生し、これを吸い込むと塵肺などの重篤な健康被害を起こす危険がある。研磨材として、従来は入手が容易で安価な硅砂が多く使用されていたが、珪肺の危険が高いためEU諸国など多くの国でサンドブラスト用研磨材としての使用が禁止されている。

また、加工対象の表面が加工時に削れて粉塵となるため、たとえ研磨材自体が安全な素材であったとしても、加工時には十分な安全対策が必要である。アルミニウム材の加工ではアルミニウム肺、、鉄錆落としでは酸化鉄肺、すす落としでは炭素肺、表面に塗装がある場合は錆止めとして使用されていた鉛やクロムなどの重金属を吸い込む危険がある。

作業時には、粉塵を吸い込まないよう鼻と口を覆う防塵マスクをし、研磨剤の飛散から目を守るため保護メガネの着用が推奨される。

また、周辺の大気中に有害な粉塵が飛散するのを防ぐため、作業は粉塵を捕獲できる排気フィルターを備えた密閉空間内で行い、作業者は作業空間の外から操作を行う事が望ましい。なお、作業終了後すぐにキャビネットなどを開けて加工物を取り出すと内部に舞っている粉塵が大気中に拡散されるので注意が必要である。

関連項目[編集]