ガース・ブルックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガース・ブルックス
Garth Brooks
Garth Brooks.jpg
基本情報
出生名 Troyal Garth Brooks
出生 1962年2月7日(52歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オクラホマ州タルサ
ジャンル カントリー
職業 シンガーソングライター
担当楽器 アコースティックギター
活動期間 1984年 - 2001年
2007年 - 現在
レーベル キャピトル
共同作業者 Chris Ganes, Trisha Yearwood, etc.
公式サイト GARTHBROOKS.COM

ガース・ブルックス(Garth Brooks, 1962年2月7日オクラホマ州タルサ市生まれ)はアメリカ合衆国カントリー歌手、作曲家。また多くのチャリティー[要出典]にも貢献している人物としても知られる。

来歴[編集]

1989年、突然のヒット作と共にチャートトップ常連の仲間入りを果たす[要出典]。それまでの売れるカントリー歌手の典型的な外見とも言える痩せ形長身ではなかった彼は、その音楽性によって人々に支持される様になる。ポップロックの要素を取り入れ、そのCDや派手なライブ演出などで人気を獲得した。カントリートップ10のみでなく、全米総合トップ10にまで食い込む程になり、カントリー音楽をより多くの観客に知らしめた。またその売り上げは驚異的で、「カントリーは売れない」という常識をも覆した[要出典]

70枚以上のシングルがヒット作と呼ばれ、15枚のアルバムをチャートインさせた。母国アメリカのみで1億2800万枚以上のアルバム売り上げを記録した。(ガース以外で米国内で1億枚以上のアルバム売り上げを達成しているのは、エルヴィス・プレスリービートルズレッド・ツェッペリンイーグルスのみである)コンサートやライブの動員数においても数々の記録[要出典]を樹立した。「クリス・ゲインズ」という名でもアルバムを発表しており、アメリカでは、評論家の意見が二分される問題作として有名だが、イギリスでは名作という評価を受けている。[要出典]2001年、離婚などにより家庭生活と音楽活動との両立が困難という理由から、突如、引退を宣言した。その後も世界中のファンから「伝説のカントリー歌手」として愛されている。また、前妻との離婚以前から親密な交流があるとされる女性カントリー歌手のトリーシャ・イヤウッド (en)との微妙な関係も、タブロイド誌のネタとして時々登場する。現在は、故郷である米国オクラホマ州タルサ市に娘と暮らしており、娘のソフトボールの練習や試合の送迎をするなど、ごく普通の父親(シングルファーザー)としての生活をおくっている。その為、娘のクラスメイトや保護者、隣人などは、「ガース・ブルックスは、かつて世界で最も有名なカントリー歌手だったのよ。」と、もう既に過去の人のような説明を子供たちにしているという。[要出典]2007年11月、グレイテスト・ヒッツ・アルバム「The Ultimate Hits」をリリース、6年ぶりに戻ってきた。さらに、カンザスシティに出来た新しいアリーナ「Sprint Center」の杮落とし公演を行うことが決定している。

作品[編集]

アルバム[編集]

  • ミスター・アメリカ - Garth Brooks(1989)
  • ノー・フェンセス - No Fences(1990)
  • アメリカの心 - Ropin' the Wind(1991)
  • 果てなき野望 - The Chase(1992)
  • イン・ピーセス - In Pieces(1993)
  • 恋はひとりよりもせつない - Fresh Horses(1995)
  • 大地の心、僕の歌 - Sevens(1997)
  • イン・ザ・ライフ・オブ・クリス - Garth Brooks in ... The Life of Chris Gaines(1999)
  • Scarecrow(2001)
  • The Lost Sessions(2005)
  • Until Kids Leave Home(2012)

ボックスセット[編集]

  • The Limited Series(1998)
  • The Entertainer(2006) - 5枚組DVDボックス
  • The Ultimate Hits(2007)

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]