ニューヨーク市の橋とトンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィリアムズバーグ橋を走るJトレイン

ニューヨーク市の港湾および水路は、以前は貿易の中心となっていた。しかし、現在は水上交通が一般的ではなくなり、かわって橋やトンネルが中心となっている。2,000以上の橋・トンネルは、市内の至る所で、交通を分断することなく通じている。ニューヨーク市交通課ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ(MTA)、ニューヨーク州交通課ニューヨーク市環境保護課(DEP)、アムトラック及びニューヨーク市公園課は、ネットワークの管轄を行っている。

市の主な橋のほとんどや、いくつかのトンネルは、記録をつくっている。1927年開通のホランド・トンネルは、世界初の乗り物用トンネルである。また、ブルックリン橋ウィリアムズバーグ橋ジョージ・ワシントン橋ヴェラザノ・ナローズ橋は、それぞれ1883年[1]、1903年[2]、1931年[3]、1964年[4]の開通当時、世界最長の吊り橋だった。

[編集]

ニューヨークの横断施設の歴史は、1693年に遡る。この年、キングス橋として知られる橋が、マンハッタンブロンクスの間にあるスパイテン・ダイヴィル川に建設された。石と木から造られていたこの橋は、1917年に崩壊した。最も古い現存する橋は、ハーレム川でマンハッタンとブロンクスを結ぶハイ・ブリッジである[5]。この橋は、クロトン水道システムの一部として、市内に水を供給するために構築された。

10本のと1本のトンネルは、歴史的な建築物として認証されている。1927年に開通したホランド・トンネルは、最初の換気された自動車用水底トンネルとして、1993年にアメリカ合衆国国定歴史建造物となった。ジョージ・ワシントンハイ・ブリッジヘルゲートクイーンズボロブルックリンマンハッタンマコンブ・ダム、キャロル・ストリート、ユニバーシティ・ハイツワシントン橋も同様に歴史的な建築物となっている[5]

ニューヨークでは、自動車、トラック、地下鉄車両、自転車、歩行者など、さまざまなものが渡ることができる橋がある。ニューヨーク市とニュージャージー州フォートリーとの間のハドソン川に架かるジョージ・ワシントン橋は、世界で最も交通量の多い橋である[6][7]。ジョージ・ワシントン橋、ヴェラザノ・ナローズ橋ブルックリン橋は、世界で最も美しい橋とされることもある。他に、2本の線路、8本の車線、1つの歩道があり、重要な機能を果たすウィリアムズバーグ橋も有名である。

水系別橋一覧[編集]

イースト川[編集]

南から北へ順に:

名称 開通年 長さ 解説
ブルックリン橋 1883 1825 m 最古の吊り橋
マンハッタン橋 1909 2089 m ニューヨーク市地下鉄:B D N Q系統
ウィリアムズバーグ橋 1903 2227.48 m ニューヨーク市地下鉄:J M Z系統
エド・コッチ・クイーンズボロ橋 1909 1135.0 m NY-25
59丁目橋としても知られる
ルーズベルト・アイランド橋 1955 876.91 m 東側のみ、マンハッタンには接していない
ロバート・F・ケネディ橋 1936 1569.72 m I-278
トライボロー橋としても知られる
ヘルゲート橋 1916 5181.6 m 鉄道のみ
ライカーズ・アイランド橋 1966 1280.16 m ライカーズ島からクイーンズへの接続のみ
ブロンクス=ホワイトストーン橋 1939 1149.10 m I-678
スロッグスネック橋 1961 886.97 m I-295

ハーレム川[編集]

南から北へ、東から西へ順に:

名称 開通年 長さ 解説
ワーズ・アイランド橋 1951 285.6m 歩行者・自転車専用
ロバート・F・ケネディ橋 1936 1569.72 m トライボロー橋としても知られる
ウィルズ・アベニュー橋 1901 979 m
3番街橋 1898
パーク・アベニュー橋 1954 メトロノース鉄道専用
マディソン・アベニュー橋 1910 577 m
145丁目橋 1905 489 m
マコンブ・ダム橋 1895 774 m
ハイ・ブリッジ 1848 600 m ニューヨーク市で現存する最古の橋。修理のため閉鎖中
アレクサンダー・ハミルトン橋 1963 724 m I-95 US-1
ワシントン橋 1888 723.9 m
ユニバーシティ・ハイツ橋 1908 82 m
ブロードウェイ橋 1962 ハーレム・シップ・キャナル橋としても知られる
ニューヨーク市地下鉄:1系統
ヘンリー・ハドソン橋 1936 673 m ヘンリー・ハドソン・パークウェイ
スパイテン・ダイヴィル橋 1899 鉄道専用

ハドソン川[編集]

ニューヨーク市とニュージャージー州の間のハドソン川を渡るジョージ・ワシントン・ブリッジHistoric American Engineering Recordの写真
ヴェラザノ・ナローズ橋
名称 開通年 長さ 解説
ジョージ・ワシントン橋 1931 1450.85 m I-95、US-1、US-9US-46
1日当たりの通行量は280,718台(2010年)[8]

ニューヨーク湾[編集]

名称 開通年 長さ 解説
ヴェラザノ・ナローズ橋 1964 2039.1 m I-278

ニュータウン・クリーク[編集]

名称 開通年 長さ 解説
コスキアスコ橋 1939 1,835 m I-278
プラスキ橋 1954 860 m マクギネス・ブルバード
J・J・バーン記念橋 1987 55 m グリーンポイント・アベニュー橋としても知られる
グランド・ストリート橋
メトロポリタン・アベニュー橋

その他[編集]

ブロンクス[編集]

名称 開通年 長さ 解説
ハッチンソン川(川上にある)
ペラム橋 1908 海岸道路
ハッチンソン・リバー・パークウェイ橋
ウェストチェスター・クリーク
ユニオンポート橋
ブロンクス川
イースタン・ブルバード橋 I-278
ペラム湾
シティ・アイランド橋 1901 シティ・アイランド・アベニュー

ブルックリン[編集]

名称 開通年 長さ 解説
ミル・ベイシン
ミル・ベイシン橋
ゴワナス運河
ユニオン・ストリート橋
キャロル・ストリート橋
3丁目橋
9丁目橋 ニューヨーク市地下鉄:F G系統
ハミルトン・アベニュー橋
ロッカウェイ入り江 (ブルックリンとクイーンズ)
マリン・パークウェイ=ギル・ホッジス記念橋 1937 1226 m

クイーンズ[編集]

名称 開通年 長さ 解説
ダッチ・キルズ
ボーデン・アベニュー橋
ハンターズ・ポイント・アベニュー橋
ジャマイカ湾
クロス・ベイ復員軍人記念橋 1970
ヨセフ・P・アッダッボ記念橋
グラッシー・ベイ地下鉄橋 ニューヨーク市地下鉄:A系統
ハワード・ビーチからブロード・チャンネル
サウス・チャンネル地下鉄橋 ニューヨーク市地下鉄:A S
ブロード・チャンネルからロッカウェイへの旋開橋
102丁目橋 ラッセル・ストリートのハミルトン・ビーチハワード・ビーチを結ぶ。レニハンズ・ブリッジとしても知られる。
ホートリー・クリーク橋 ハワード・ビーチの163番街、99丁目と、向かいのラウ・コート、デーブンポート・コートにあるハミルトン・ビーチを結ぶ
ロッカウェイ入り江 (ブルックリンとクイーンズ)
マリン・パークウェイ=ギル・ホッジス記念橋 1937 1226 m

スタテンアイランド[編集]

名称 開通年 長さ 解説
アーサー・キル
ゴーサルズ橋 1928 2164.08 m I-278
アーサー・キル吊り上げ式可動橋 1959 170.08 m CSXM&Eの鉄道線
アウター横断橋 1928 3093 m NJ 440/NY 440
キル・ヴァン・クル
ベイヨン橋 1931 1761.74 m NY 440/NJ 440

トンネル[編集]

イースト川ハドソン川の真下を走る各トンネルは、最初に計画されたときは、驚異的だった。ホランド・トンネルは、機械で換気される最初の乗り物用トンネルとして、1927年に盛大なファンファーレと共に開通した。1940年には、市内の都市の混雑を和らげるため、クイーンズ=ミッドタウン・トンネルが開通した。トンネルは、軌間よりも幅の広い自動車も通行できるよう、ホランド・トンネルよりも1.5フィート広く設計された。ヒュー・L・ケアリー・トンネルがブルックリン=バッテリー・トンネルとして1950年に開通した当時、世界最長の水面下の乗り物用トンネルであり、現在も記録を保持している。リンカーン・トンネルは、マンハッタン・ミッドタウンの中心部からニュージャージー州の各地を接続する3本のトンネルである。車線は3レーンであり、ラッシュ・アワーには4レーンとなる。

4本の水面下にあるトンネルは、全てオーレ・シングスタッドが建設した。ホランド・トンネルのもともとの技術長であったクリフォード・ミルバーン・ホランドが死去し、後継者のミルトン・H・フリーマンが引き継いで、ホランド・トンネルを完成させた。

イースト川[編集]

エクスチェンジ・プレイス駅にて、ハドソン・チューブから現れたパストレイン

南北を結ぶ。

名称 開通年 長さ 解説
ブルックリン-バッテリートンネル 1950 2,779 m (9,117 ft) I-478
ジョレールモン・ストリート・トンネル 1908 レキシントン・アベニュー線 ニューヨーク市地下鉄:4 5系統
モンタギュー・ストリート・トンネル 1920 ブロードウェイ線 ニューヨーク市地下鉄:N R W 系統
クラーク・ストリート・トンネル 1919 1,800 m (5,900 ft) ブロードウェイ-7番街線 ニューヨーク市地下鉄:2 3系統
クランベリー・ストリート・トンネル 1933 8番街線 ニューヨーク市地下鉄:A系統
ラトガース・ストリート・トンネル 1936 6番街線 ニューヨーク市地下鉄:F系統
14丁目トンネル 1924 カナーシー線 ニューヨーク市地下鉄:L系統
イースト・リバー・トンネル 1910 1,204 m (3,949 ft) ニューヨーク・トンネル・エクステンションの一部
アムトラックロングアイランド鉄道北東回廊
クイーンズ-ミッドタウントンネル 1940 1,955 m (6,414 ft) I-495
スタインウェイ・トンネル 1915 フラッシング線 ニューヨーク市地下鉄:7 <7>系統
53丁目トンネル 1933 クイーンズ・ブルバード線 ニューヨーク市地下鉄:E M系統
60丁目トンネル 1920 ブロードウェイ線 ニューヨーク市地下鉄:N R W系統
63丁目トンネル 1989 960 m (3,140 ft) 上層: 63丁目線 ニューヨーク市地下鉄:F系統
下層: グランド・セントラル・ターミナルへのLIRRが開通予定

ハーレム川[編集]

南から北へ順に:

名称 開通年 長さ 解説
レキシントン・アベニュー・トンネル 1918 レキシントン・アベニュー線 ニューヨーク市地下鉄:4 5 6 <6>系統
149丁目トンネル 1905 195 m (641 ft) ホワイト・プレーンズ・ロード線 ニューヨーク市地下鉄:2系統
コンコース・トンネル 1933 コンコース線 ニューヨーク市地下鉄:B D系統

ハドソン川[編集]

南から北へ順に:

名称 開通年 長さ 解説
ダウンタウン・ハドソン・チューブ 1909 1,720 m (5,650 ft) モントゴメリー=コートランド・トンネル
ポート・オーソリティー・トランス・ハドソン
ホランド・トンネル 1927 南トンネル: 2,551 m (8,371 ft)
北トンネル: 2,608 m (8,558 ft)
I-78
アップタウン・ハドソン・チューブ 1908 1,700 m (5,500 ft) Hホーボーケン=モートン・トンネル
ポート・オーソリティー・トランス・ハドソン
ノース・リバー・トンネル 1910 1,900 m (6,100 ft) ニューヨーク・トンネル・エクスペディションの一部
アムトラックニュージャージー・トランジット北東回廊
リンカーン・トンネル 南トンネル: 1957
中トンネル: 1937
北トンネル: 1945
南トンネル: 2,440 m (8,006 ft)
中トンネル: 2,504 m (8,216 ft)
北トンネル: 2,281 m (7,482 ft)
NJ 495/I-495

他の橋とトンネル[編集]

橋とトンネルの利用[編集]

ミッドタウンロウアー・マンハッタンへの午前5時から午前11時までの平均交通量。

  1. クイーンズボロ橋: 31,000
  2. リンカーン・トンネル: 25,944
  3. ブルックリン橋: 22,241
  4. ウィリアムズバーグ橋: 18,339
  5. クイーンズ=ミッドタウン・トンネル: 17,968
  6. ホランド・トンネル: 16,257
  7. ブルックリン=バッテリー・トンネル: 14,496
  8. マンハッタン橋: 13,818

出典[編集]

  1. ^ NYC DOT - Brooklyn Bridge”. 2012年2月24日閲覧。
  2. ^ NYC DOT - Williamsburg Bridge”. 2012年2月24日閲覧。
  3. ^ History - George Washington Bridge - The Port Authority of NY & NJ”. 2012年2月24日閲覧。
  4. ^ Verrazano-Narrows Bridge”. 2012年2月24日閲覧。
  5. ^ a b NYC DOT - Frequently Asked Questions about Bridges”. 2012年2月24日閲覧。
  6. ^ Port Authority of New York and New Jersey - George Washington Bridge”. 2010年3月25日閲覧。
  7. ^ George Washington Bridge turns 75 years old: Huge flag, cake part of celebration, Times Herald-Record, October 24, 2006. "The party, however, will be small in comparison to the one that the Port Authority of New York and New Jersey organized for 5,000 people to open the bridge to traffic in 1931. And it won't even be on what is now the world's busiest bridge for fear of snarling traffic."
  8. ^ 2008 NYSDOT Traffic Data Report”. New York State Department of Transportation. 2010年2月27日閲覧。

参照[編集]

外部リンク[編集]