リンカーン・トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リンカーン・トンネル
Lincolntunnel.jpg
リンカーン・トンネルのニュージャージー側坑口
概要
座標 北緯40度45分45秒 西経74度00分40秒 / 北緯40.7625度 西経74.0111度 / 40.7625; -74.0111座標: 北緯40度45分45秒 西経74度00分40秒 / 北緯40.7625度 西経74.0111度 / 40.7625; -74.0111
現況 供用中
所属路線名 Route 495 (ニュージャージー側)
NY 495 (ニューヨーク側)
交差 ハドソン川
運用
完成 1934年3月 – 1937年12月(中央坑道)
1937年–1938年、1941年–1945年(北坑道)
1954年–1957年(南坑道)
開通 1937年12月22日(78年前) (1937-12-22(中央坑道)
1945年2月1日(71年前) (1945-02-01(北坑道)
1957年5月25日(59年前) (1957-05-25(南坑道)
所有 ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社
管理 ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社
通行対象 自動車
用途 専用道路
通行料金 (東行きのみ)2015年10月6日時点、自動車:$15.00(現金)、$12.50(E-ZPass利用ピーク時)、$10.50(E-ZPass利用非ピーク時)
日平均通行量 10万8655台(2011年)[1]
技術情報
全長 7,482 ft (2,281 m)(北)
8,216 ft (2,504 m)(中央)
8,006 ft (2,440 m)(南)[2]
道路車線数 6車線
設計速度 35マイル毎時 (56 km/h)[3]
最低部 −97フィート (−30 m)[2]
高さ 13フィート (4.0 m)[2]
21.5フィート (6.6 m)[2]
ハドソン川水底の経路
南坑道が建設中の1955年におけるウィーホーケン側の入口

リンカーン・トンネル: Lincoln Tunnel)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ウィーホーケン英語版ニューヨーク市ミッドタウン間のハドソン川直下を全長約2.4kmにわたって結ぶ3本の水底トンネルの総称。ニューヨーク大都市圏を構成する基幹交通体系の一部で、ノルウェー出身の土木技師オーレ・シングスタッド英語版が設計し、アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンにちなんで命名された。ホランド・トンネルと並んでハドソン川を渡る2本の自動車用水底トンネルの一つである。リンカーン・トンネルの一日平均自動車通行台数は約10万8000台に達する。

1937年に最初の中央坑道(全長2504m)、続いて1945年に北坑道(全長2281m)、そして1957年に最後となる南坑道(全長2440m)が開通した。

トンネルの所属路線は西半分がニュージャージー州道495号、東半分がニューヨーク州道495号の各一部である。

歴史[編集]

計画段階ではミッドタウン自動車トンネルと命名される予定であったが、偉人の名を冠したジョージ・ワシントン・ブリッジの例に倣い、計画担当者によって最終的にエイブラハム・リンカーンにちなんだ名称に決定した[4]

オーレ・シングスタッドによって設計されたこのトンネルは、ニューディール政策の一環で設立された公共工事局英語版からの資金を利用している。1934年3月に最初の坑道が着工した[5]。開通は1937年12月22日で、現在の貨幣価値で8.23ドルに相当する0.5ドルの通行料金を徴収していた。建設費は現在の貨幣価値で15.04億ドルに相当する8500万ドルを要している[6]

当初の設計では坑道は2本のみであった。2本目の建設工事は1938年に一旦中止され、1941年に再開しているが、その後も大戦の煽りを受けた金属資材不足により、完成が2年遅れている。1945年2月1日に開通式が行われ、オメロ・カタン(ミスターファーストの異名で知られ、526を超える施設の開業で「最初の人」となった)の兄であるマイケル・カタンが最初にトンネルを通り抜けた一般人となった[7]

交通需要の増大を受け、3本目の坑道の建設がニューヨーク・ニュージャージー港湾公社により提案されるが、増大する交通量に応じた道路整備の財源にすべく、港湾公社を傘下に置こうとしていたニューヨーク市が反対を表明する。最終的に市が妥協する形で、1957年5月25日に3本目の坑道が2つのトンネルの南側に開通した[8]。このため、ニュージャージー側では3本の坑口が1か所で並んでいるのに対し、ニューヨーク側では北坑道の坑口が他の2本より1街区西側、10番街に面した38丁目と39丁目の間にある。

2012年はリンカーン・トンネルの開通75周年であり、ジャージーシティホランド・トンネルの開通85周年にあたる年でもあるため、ホーボーケン歴史博物館英語版のメインギャラリーでは「Driving Under the Hudson: The History of the Holland and Lincoln Tunnels」と銘打ち、2つのトンネルの歴史や地域に与えた影響を探る展示を開催した。この展示設計は、2011年に著書『Crossing Under the Hudson: The Story of The Holland and Lincoln Tunnels』を出版したラトガース大学のアンガス・ガレスピ教授である[4]

運営[編集]

通行料金[編集]

2014年12月7日時点の通行料金は、ニュージャージーからニューヨーク方向のみの課金であり、逆のニューヨークからニュージャージー方向は無料である。現金の場合は一律14ドルであるが、E-ZPass利用の場合はピーク時(平日6-10・16-20・休日11-21)が四輪車11.75ドル、二輪車10.75ドルであり、非ピーク時が四輪車9.75ドル、二輪車8.75ドルである。

2015年12月6日以降の通行料金は、ニュージャージーからニューヨーク方向のみの課金であり、逆のニューヨークからニュージャージー方向は無料である。現金の場合は一律15ドルであるが、E-ZPass利用の場合はピーク時(平日6-10・16-20・休日11-21)が四輪車12.50ドル、二輪車11.50ドルであり、非ピーク時が四輪車10.50ドル、二輪車9.20ドルである[9]

リンカーン・トンネルの通行料金変遷
料金 2016現在の
貨幣価値[10]
備考
1937年–1970年 0.50ドル 3.05ドル – 8.23ドル 各方向
1970年–1975年 1.00ドル 4.4ドル – 6.09ドル 東行きのみ
1975年–1980年 1.50ドル 4.31ドル – 6.6ドル 東行きのみ
1980年–1987年 2.00ドル 4.17ドル – 5.74ドル 東行きのみ
1987年–1991年 3.00ドル 5.21ドル – 6.25ドル 東行きのみ
1991年–2001年 4.00ドル 5.35ドル – 6.95ドル 東行きのみ
2001年–2008年 6.00ドル 6.59ドル – 8.02ドル 東行きのみ
2008年–2011年 8.00ドル 8.42ドル – 8.79ドル 東行きのみ
2011年–2013年 12.00ドル 12.19ドル – 12.62ドル 東行きのみ
2013年–2014年 13.00ドル 12.99ドル 東行きのみ[11]
2014年–2015年 14.00ドル 14ドル 東行きのみ[11]
2015年– 15.00ドル 15ドル 東行きのみ[11]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011 NYSDOT Traffic Data Report (PDF)”. New York State Department of Transportation. 2012年11月24日閲覧。
  2. ^ a b c d Facts & Info—Lincoln Tunnel”. Port Authority of New York & New Jersey. 2012年11月24日閲覧。
  3. ^ Traffic Restrictions”. 2012年11月24日閲覧。
  4. ^ a b Hortillosa, Summer Dawn (2012年1月24日). “Hoboken Museum exhibit explores history of Holland, Lincoln tunnels”. © 2012 New Jersey On-Line LLC. All rights reserved. 2012年10月4日閲覧。
  5. ^ “Another Vehicular Tunnel Under Hudson River Now Connects New York and New Jersey”. Life: p. 18. (1937年12月27日). http://books.google.com/books?id=lT8EAAAAMBAJ&pg=PA18 2010年3月27日閲覧。 
  6. ^ “Lincoln Tunnel Is Opened with Festive Ceremonies”. The New York Times: p. 1. (1937年12月22日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F0081EF83A59177A93C0AB1789D95F438385F9 2010年2月27日閲覧。 
  7. ^ “New Lincoln Tube Will Open Today; North Tube of the Lincoln Tunnel to be Opened Today”. The New York Times: p. 25. (1945年2月1日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F10C17FE345C1B7B93C3A91789D85F418485F9 2010年2月27日閲覧。 
  8. ^ Ingraham, Joseph C. (1957年5月26日). “3d Lincoln Tube Is Opened”. The New York Times: p. 1. http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F50A15FD3D5910728DDDAF0A94DD405B8789F1D3 2010年2月27日閲覧。 
  9. ^ New Toll Fare Rates for the Bridges & Tunnels Effective December 6, 2015 at 3:00 AM”. Port Authority of New York & New Jersey. 2015年11月23日閲覧。
  10. ^ Consumer Price Index (estimate) 1800–2014. Federal Reserve Bank of Minneapolis. February 27, 2014閲覧。
  11. ^ a b c 13ドルは現金支払い対象で、他の料金体系あり。

外部リンク[編集]

KMLファイル (編集ヘルプ)
ウィキデータにあるKML