ブルックリン-バッテリートンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Brooklyn–Battery Tunnel
TBTA BROOKLYN BATTERY TUNNEL.svg
ブルックリン-バッテリートンネルのロゴ
概要
正式名称 Hugh L. Carey Tunnel
位置 ニューヨーク市マンハッタン区およびブルックリン区
座標 北緯40度41分45秒 西経74度00分49秒 / 北緯40.695833度 西経74.013611度 / 40.695833; -74.013611
所属路線名 I-478
交差 イースト川
運用
開通 1950年5月25日(69年前) (1950-05-25
管理 MTAブリッジーズ・アンド・トンネルズ (en)
通行対象 45,337 (2010)[1]
通行料金 $7.50(キャッシュ);$5.33(ニューヨーク州en:E-ZPass
技術情報
全長 9,117フィート (2,779 m)
道路車線数 4
高さ 12 フィート 1 インチ (3.68 m)
路線図
ブルックリン=バッテリー・トンネルが赤く塗られたニューヨーク市の地図
テンプレートを表示

ブルックリン-バッテリートンネル (Brooklyn–Battery Tunnel) 正式名称ヒュー・L・ケアリートンネル (Hugh L. Carey Tunnel) は、ニューヨーク市イースト川の水底を渡りマンハッタン島ロングアイランドブルックリン区をつなぐ有料道路である。このトンネルは二本のチューブによる計4車線で構成されており、全長は9,117 feet (2,779 m) で北アメリカで最長の自動車用水底トンネルとなっている[2]。1950年に開業し、かつてはニューヨーク州道27A号線 (NY 27A) が、現在は未公認州間高速道路 478号線 (I-478) が走っている。このトンネルの名前は、かつてのニューヨーク州知事ヒュー・L・ケアリーを取った正式名称が2010年12月に定められた。

概要[編集]

ガバナーズ島(左)とブルックリン-バッテリートンネル換気塔(右)。
マンハッタン側の出入口。
ハリケーン・サンディによる浸水。

ブルックリン-バッテリートンネルは、マンハッタン島最南端のバッテリー・パークの手前からブルックリンレッド・フック (en) へと延びている。バッテリー (Battery) とは、このバッテリー・パークのことを指している。ニューヨーク市の初期の歴史において、この場所には防衛のための砲台 (artillery battery) が設置されていた。このトンネルはニューヨーク市の所有であり、メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティの系列機関であるMTAブリッジーズ・アンド・トンネルズ (en) によって運営されている。合計4つの換気塔を持ち、二つはマンハッタンに、一つはブルックリンに、もう一つはガバナーズ島に建てられている。これらによって90秒ごとに完全にトンネル内の空気が入れ替わるようになっている。このトンネルはガバナーズ島のすぐ側の水底を走っているが、この島への交通の接続はしていない。

このトンネルには、マンハッタンとブルックリンもしくはスタテン島を結ぶ26の高速バス路線が走っている:MTAバスによるBM1, BM2, BM3, and BM4、およびMTAニューヨーク市交通によるX1, X2, X3, X4, X5, X7, X8, X9, X10, X11, X12, X14, X15, X17A, X17C, X19, X27, X28, X31, X37, X38, and X42である。

歴史[編集]

このトンネルの建設は、1940年10月28日に始まった。ニューヨーク市トンネル・オーソリティー (New York City Tunnel Authority) 主導のプロジェクトで、起工式にはフランクリン・ルーズベルト大統領も出席した[2][3][4]ワシントン・ストリートが中心を走っていたリトル・シリア (en) の大部分はこのトンネルの出入り口の建設のために破壊された。このキリスト教シリア人レバノン人たちのコミュニティは後にブルックリンのアトランティック・アベニュー (en) へと移った[5]。設計はen:Ole Singstadで、第二次大戦前に部分的に完成し、戦時中の建設中断を経て、 1950年5月25日に開業した[6]。この間、トライボロ・ブリッジ・オーソリティー (en) がトンネル・オーソリティーと合併し、新たにできたトライボロ・ブリッジ・アンド・トンネル・オーソリティー (en, TBTA) がこのプロジェクトを引き継いでいる。

2010年12月8日、ニューヨーク州議会はブルックリン-バッテリートンネルの名前を以前の州知事ヒュー・L・ケアリーの名前に置き換える決議を行い[7]、2012年10月22日に公式に改名された[8]

このトンネルは2012年10月29日にハリケーン・サンディ高潮により水没し、一時閉鎖された[9]。11月13日には、推計86ミリオンガロンの排水および清掃が完了し、再開業した[10]

州間高速道路478号線[編集]

ブルックリン-バッテリートンネルとその前後の出入り口の区間は、未公認州間高速道路 I-478 に指定されている。マンハッタン側ではNY 9Aウエスト・サイド・ハイウェイ)に、ブルックリン側ではI-278に接続している。

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注

  1. ^ 2008 Traffic Data Report for New York State (PDF)”. New York State Department of Transportation. 2010年2月27日閲覧。
  2. ^ a b Brooklyn Battery Tunnel”. MTA Bridges & Tunnels. 2010年3月6日閲覧。
  3. ^ “President Breaks Ground for Tunnel”. The New York Times. (1940年10月29日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F20714FE3C5C10728DDDA00A94D8415B8088F1D3 2010年3月6日閲覧。 
  4. ^ Informal Remarks At The Ceremonies Incident To Ground Breaking For The Brooklyn-Battery Tunnel - NARA - Wikimedia Commons”. 2011年10月30日閲覧。
  5. ^ Benson, Kathleen; Kayal, Philip M. (2002). Community of Many Worlds: Arab Americans in New York City. New York: Museum of the City of New York. p. 18. ISBN 0-8156-0739-3. 
  6. ^ Ingraham, Joseph C. (1950年5月26日). “Brooklyn Tunnel Costing $80,000,000 Opened By Mayor”. The New York Times. http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F30C13FC3B5F177A93C4AB178ED85F448585F9 2010年3月6日閲覧。 
  7. ^ Grynbaum, Michael M.; Kaplan, Thomas (2010年12月8日). “Queensboro Bridge and Brooklyn-Battery to Be Renamed”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/12/08/nyregion/08koch.html 
  8. ^ Durkin, Erin (2012年10月22日). “Carey on! Battery Tunnel renamed after former governor”. Daily News (New York City). https://www.nydailynews.com/new-york/battery-tunnel-renamed-new-york-governor-hugh-carey-article-1.1189850 2018年12月23日閲覧。 
  9. ^ Lanzano, Louis (2012年10月30日). “New York wakes up to devastation after superstorm Sandy”. Perth Now. http://www.perthnow.com.au/news/world/half-of-manhattan-is-now-underwater-superstorm-sandy-frankenstorm/story-fnd14032-1226506631271 2012年10月30日閲覧。 
  10. ^ Mann, Ted (2012年11月13日). “All Tunnels Cleared as Traffic Returns to Hugh Carey”. Metropolis (The Wall Street Journal). http://blogs.wsj.com/metropolis/2012/11/13/all-tunnels-cleared-as-traffic-returns-to-hugh-carey/ 2012年11月13日閲覧。 

参考文献

外部リンク[編集]

経路図:

KMLファイル (編集ヘルプ)
ウィキデータにあるKML