スロッグスネック橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スロッグスネック橋
Throgs Neck Bridge from the air.jpg
所在地 アメリカ合衆国
ニューヨーク市ブロンクス区 - クイーンズ区
イースト川
長さ 886.97m
高さ 43.3m
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

スロッグスネック橋英語:Throgs Neck Bridge)は、1961年1月11日に開通した吊り橋。橋は、イースト川を横切り、ニューヨーク市ブロンクス区クイーンズ区を結んでいる。州間高速道路295号線の一部でもある。

歴史[編集]

スロッグスネック橋は、ロバート・モーゼスによって計画された。最初に計画されたのは1945年で、彼の最後のプロジェクトの6年後だった。1939年には、2マイル(3㎞)西に、ブロンクス=ホワイトストーン橋が完成している。モーゼスは、有名な橋のデザイナー、オスマー・アマンに委任した。アマンは、これまでにもジョージ・ワシントン・ブリッジブロンクス=ホワイトストーン橋ヴェラザノ・ナローズ・ブリッジロバート・F・ケネディ橋の建設に携わってきた。彼は、プレート・ガーダー・システムを利用する代わりに、デッキの下に28フィート(8.5m)の補剛トラスを備えた。また、水上交通も頭に入れ、中央部分が少し高くなっている。

計画中、橋は州間高速道路495号線とされていたが、その後建築中に、州間高速道路78号線の一部となった。そして1971年から現在まで州間高速道路295号線となっている。また、クイーンズ側の橋のたもとには、リトル・ベイ・パークがある。

2009年7月10日金曜日の午前5時頃に、建設作業員のトーチ・ランプが原因で、火災が発生した[1][2]。そのため、ほとんどの自動車が、ブロンクス=ホワイトストーン橋を通った。また、閉鎖された橋も多かった。イースト川のボートの上などから、消防士約170人を動員し消火を行った[3]。消火作業は、少なくとも7時間続き、クイーンズ行きの一部の車線のみ、その日の午後、夕方のラッシュアワーの前に再開された。被害の大きかったレーンは、修復に1ヶ月かかり、8月10日に再開された。

2010年12月30日の時点で、橋の通行料金は、二輪車が$6.50、ニューヨーク州E-ZPass利用者が$1.70である。オートバイは、$2.75、ニューヨーク州E-ZPass利用者が$0.66である。割引は、州外の利用者は対象となっていない[4]

2011年1月11日で、橋は開通50周年を迎えた[5]。橋はニューヨーク市が所有しており、MTAブリッジ&トンネルが管理している。

トラックの通行制限[編集]

2005年6月に橋を検査したところ、破損が見つかったため、40トン以上の大型トラックは、交通量の少ない午後11時から午前5時までの間のみ、橋を通ることができる[6]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ Frazier, Michael (2009年7月13日). “FDNY: Worker's blow torch started Throgs Neck fire”. Newsday (ロングアイランド). http://www.newsday.com/news/fdny-worker-s-blow-torch-started-throgs-neck-fire-1.1307710 2009年8月6日閲覧。 
  2. ^ Akam, Simon (2009年7月21日). “Throgs Neck Bridge Fire Reveals Fragility of New York’s Travel Network”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/07/22/nyregion/22bridges.html 2009年8月6日閲覧。 
  3. ^ Cruz, Wil (2009年7月10日). “Throgs Neck Bridge fire causes commuter chaos”. Daily News (ニューヨーク). http://www.nydailynews.com/ny_local/2009/07/10/2009-07-10_throgs_neck_bridge_closed_in_both_directions_due_to_fire.html 2009年8月6日閲覧。 
  4. ^ Crossing Charges”. MTAブリッジ&トンネル. 2010年11月8日閲覧。
  5. ^ Clark, Roger (2011年1月11日). “Celebrations Mark 50th Birthday Of Throgs Neck Bridge”. NY1. 2011年1月11日閲覧。
  6. ^ Chan, Sewell (2005年10月1日). “Cracks on Throgs Neck Spur a Daytime Ban on Heavy Trucks”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2005/10/01/nyregion/01bridge.html 2008年9月2日閲覧。 

外部リンク[編集]