パストレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャージーシティにあるエクスチェンジ・プレイス駅、ホーボーケンニューアーク方面行き

パストレイン (Port Authority Trans-Hudson, PATH) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ニュージャージー州ニューアーク市を結ぶ鉄道。正式名称 The Port Authority Trans-Hudson Corporation(港湾公団ハドソン川横断公社)の頭文字をとって PATH と呼ばれている (なお英語で "path" は「軌道」の意)。路線の全長は 22.2 km で、ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社 (The Port Authority of New York and New Jersey) が運営している。 一応駅構内及び車内は撮影禁止であり罰則がある。

路線一覧[編集]

パストレイン路線図(ラッシュ時および昼間時)
パストレイン路線図(深夜時間帯)

4つ設定された運転系統のうち、2系統が終夜運転でニュージャージーとニューヨークを結ぶ。ラッシュ時および昼間時 (平日6:00~23:00/土日祝日 9:00~19:30) は4系統、深夜・早朝時間帯 (平日23:00~6:00/土日祝日 19:30~9:00) は2系統での運転となる。

ラッシュ時および昼間時[編集]

ラッシュ時および昼間時の運行形態
路線色 略称 始発駅 終着駅 所要時間
NWK-WTC ワールド・トレード・センター駅 ニューアーク・ペン駅英語版 22分
HOB-WTC ホーボーケン駅 ワールド・トレード・センター駅 10分
JSQ-33 33丁目駅 ジャーナル・スクエア駅 22分
HOB-33 33丁目駅 ホーボーケン駅 14分

深夜時間帯[編集]

深夜時間帯の運行
路線色 路線略称 始発駅 経由駅 終着駅 備考
NWK-WTC ニューアーク・ペン駅英語版 無し ワールド・トレード・センター駅
JSQ-33 (via HOB) ジャーナル・スクエア駅 ホーボーケン駅 33丁目駅 ホーボーケン駅からワールド・トレード・センター駅にまで向かうには、グローブ・ストリート駅にて乗り換える必要がある。

歴史[編集]

ワールドトレードセンター仮駅 (2003年開業、2009年にはサンティアゴ・カラトラヴァによる新駅が完成する予定)

パストレインの歴史は古く、最初の営業運転は1908年2月のことであった。この年、パストレインの前身であるハドソン・アンド・マンハッタン鉄道19丁目駅 - ホーボーケン駅間を開通させた。この鉄道の計画立案は1874年に行われていたが、ハドソン川を開削する技術的な問題から工事は1890年に始まった。その後も資金難等の問題があり、計画から開通までに30年以上の歳月を要することになった。

その後、1911年までに現在の路線網(33丁目駅 - ニューアーク・ペン駅英語版間)を開業し、ハドソン川対岸の都市とニューヨーク間の連絡輸送の他、ジャージーシティや、ホーボーケンを基点とするエリー鉄道デラウェア・ラッカワナ・アンド・ウェスタン鉄道の通勤列車の連絡輸送で大活躍した。その最盛期は1920年代の後半で、その後は大恐慌や自動車トンネルの整備などにより乗客が減少、コスト上昇に対して十分な運賃改訂が行えなかった事などもあり、1954年にはハドソン・アンド・マンハッタン鉄道は債務超過状態に陥った。

利用客が減少したとはいえ、ハドソン・アンド・マンハッタン鉄道はハドソン川を連絡する重要な通勤路線で、債務超過を理由に廃止することはできなかった。しかしながら、この路線はニューヨーク、ニュージャージー両州にまたがる鉄道であることから、各自治体の思惑の違いにより、抜本的な対応は1962年にずれ込んだ。この年、ワールドトレードセンター計画を進めていたニューヨーク港湾公社(The Port of New York Authority、1930年に設立されたニューヨーク・ニュージャージー両州にまたがる港湾地域の開発を目的とした公団、1972年に現在の名称に変更)が、ハドソン・アンド・マンハッタン鉄道に代わり運営を引き継いだのである。港湾公社は買収したマンハッタンのハドソン・ターミナルをワールドトレードセンターの敷地として利用し、マンハッタン南部の再開発を行った。これは再開発に伴う公共交通整備や公共交通維持・拡充のための資金確保の方法としては非常に有益なもので、利用客の大幅な増加も実現されたのである。

2001年アメリカ同時多発テロ事件でターミナルの一つであるワールド・トレード・センター駅は破壊されたが、33丁目駅を使って仮系統のホーボーケン経由ニューアーク-33丁目線を設定することで運行は続けられ、2003年11月にはワールドトレードセンター跡地に仮駅を再開することで現在に至っている。2009年には、新ターミナルが完成した。ただし、ワールド・トレード・センター・トランスポーテーション・ハブ全体の完成予定は2015年である。駅は長いエスカレータを降りた先にある自動改札機のさらに下にある。

切符[編集]

切符は、PATHの全駅の中にある「Blue SmartLink vending machines」というSmartLinkカードの自動販売機から購入できる(不正確な翻訳だが日本語も選べる)。 有効期限は購入後2時間以内となっている。これは24時間営業であり日付制限がなじまない(日を跨いでの乗車はむしろ当然で、終電がないので日本の電車特定区間のように「当日の終電まで有効」という運用もできない)ためである。 ニューヨーク地下鉄やバスで使用できるMetroCardが使用できるが、片道切符と往復切符でしか使うことができない。

切符一覧表 2015年現在
種類 種類(英語) 料金 1回分の料金 備考
片道切符 1-trip SmartLink / PATH SingleRide Ticket / Pay-Per-Ride MetroCard 2.75ドル 2.75ドル SmartLinkまたはMetroCardというカードで1回乗車したときに引かれる料金。
往復乗車券 PATH 2-trip MetroCard 5.50ドル 2.75ドル 往復乗車券。MetroCardというカードで1回乗車したときに引かれる料金。割引はない。
10回回数券 10-trip - SmartLink / SmartLink Gray 21.00ドル 2.10ドル 10回分乗車できる回数券。SmartLinkまたはSmartLink Grayというカードでしか使えない。
20回回数券 20-trip - SmartLink / SmartLink Gray 42.00ドル 2.10ドル 20回分乗車できる回数券。SmartLinkまたはSmartLink Grayというカードでしか使えない。
40回回数券 40-trip - SmartLink / SmartLink Gray 84.00ドル 2.10ドル 40回分乗車できる回数券。SmartLinkまたはSmartLink Grayというカードでしか使えない。
シニア・スマートリンクカード Senior SmartLink Card - for riders 65 years or older 1.00ドル 1.00ドル 65歳以上限定の老人割引カード。当然ながら現地在住を証明する書類が必要。
1日乗車券 SmartLink 1-day pass-unlimited 8.25ドル 1日乗車券。SmartLinkというカードでしか使えない。
7日乗車券 SmartLink 7-day pass - unlimited* 29.00ドル 7日間乗車券。SmartLinkというカードでしか使えない。
30日乗車券 SmartLink 30-day pass - unlimited 89.00ドル 30日間乗車券。日本で言う定期券と同じようなもの。SmartLinkというカードでしか使えない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]