ジョージ・ワシントン・ブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ワシントン・ブリッジ

ジョージ・ワシントン・ブリッジGeorge Washington Bridge)は、ニューヨーク市マンハッタンワシントンハイツと、ニュージャージー州フォートリーを結ぶ吊り橋ハドソン川に架かる他の橋や川をくぐるトンネル同様、ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社が橋の管理にあたっている。

歴史[編集]

1927年9月にこの橋は着工された。設計者はアメリカ国家科学賞を受賞したオスマー・アマン(Othmar Ammann)。完成は1931年10月24日。翌日から一般に開放された。完成当時、主スパン長の長さで世界一(1,067m)を誇っていたが1937年にゴールデンゲート橋(1,280m)にその座を譲った。橋開通当初は、ハドソン・リバー・ブリッジと呼ばれていたが、後にジョージ・ワシントンにちなみ彼の名前がついた。

もともと、この橋は6車線であったが、1946年、2車線を追加し8車線となった。これはそのまま現在の橋のアッパー・レベルとなった。1962年、交通量の増加に伴い、ロウアー・レベルが追加され、交通量は75%増加した。この2層の考えは、設計当時からあったものなので、強度的には問題ない。

ジョージ・ワシントン・ブリッジ(Historic American Engineering Record (HAER)コレクションより)

建築家ル・コルビュジエは当時、「ハドソン川にかかるジョージ・ワシントン・ブリッジは、世界で一番美しい橋」と讃えた(When the Cathedrals were White、1947年)。

隣接する橋/トンネル[編集]

外部リンク[編集]