タッパン・ジー・ブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タッパン・ジー橋
TappanZeeBridgeFromBelow.JPG
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 ニューヨーク州サウスニャック - タリタウン
交差物件 ハドソン川
用途 道路橋
路線名 州間高速道路87号線287号線
管理者 ニューヨーク州高速道路局
開通 1955年12月15日
座標 北緯41度04分13秒 西経73度52分51秒 / 北緯41.07028度 西経73.88083度 / 41.07028; -73.88083座標: 北緯41度04分13秒 西経73度52分51秒 / 北緯41.07028度 西経73.88083度 / 41.07028; -73.88083
構造諸元
形式 片持ち梁橋
全長 4,881 m
27 m
桁下高 42 m
最大支間長 369 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

タッパン・ジー橋 (Tappan Zee Bridge) は、ハドソン川にかかる橋で、ロックランド郡ウエストチェスター郡を結ぶ交通の要である。名前の由来は、この地をかつて統括していたインディアンのTappanという人物名とオランダ語を意味するZeeをつなげたものである。

全長は4,880m。鉄橋部分は369mで、海面から橋桁下までの高さは42m。

1952年に工事が始まり、1955年12月15日に開通した。本橋はハドソン川の川幅が急激に広がる部分に建設され、そのために吊り橋鉄橋部分を延々と続くコンクリート構脚橋で繋ぐという特異な様式をとっている。これは自由の女神から半径約40km圏内においてハドソン川にまたがる土木プロジェクトはニューヨーク・ニュージャージー港湾公社の専管経済事業とすることが認められているためで、ニューヨーク州高速道路局はこれを避けるため本橋をこの専管経済事業域のわずか外側に建設することになったという経緯がある。

1994年、この橋はマルコム・ウィルソン知事タッパン・ジー橋(The Governor Malcolm Wilson Tappan Zee Bridge)と改名された。

この橋は、ニューヨーク州高速道路の一部として機能している。そして州間高速道路87号線287号線とも接続されている。橋自体は7車線の自動車専用道路である。真ん中の車線は、コンクリートブロックが移動できるようになっていて、時間によって車線数が変更されている。これにより渋滞の緩和を図っている。2008年度の日平均交通量は133,445台[1]

現在、老朽化による橋全体の立て替え工事が新ニューヨーク橋(仮名:New NY Bridge)として始まっている[2][3]。中央部分は斜張橋のデザインで、車線は片側4車線・往復8車線になり、2016年後半に開通予定である。[4]

隣接する橋/トンネル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2008 Traffic Data Report for New York State (PDF)”. New York State Department of Transportation. 2010年2月27日閲覧。
  2. ^ ニュー・ニューヨーク・ブリッジのオフィシャル・サイト (英語)
  3. ^ タッパンジー(Tappan Zee)橋架け替えプロジェクト』、国建協情報 2014年7月号(No.843)掲載、要約版。
  4. ^ 雑誌『日経サイエンス』2015年4月号、23〜24ページ、「斜張橋の台頭」