3番街橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
3番街橋
3d Av Br 5BBT jeh.JPG
通行対象 3番街
交差 ハーレム川
所在地 ニューヨーク市マンハッタンブロンクス
維持管理 ニューヨーク市交通局
開通 1898年8月1日
日交通量 58,510 (2008)[1]
南側から

3番街橋 (英語: Third Avenue Bridge) は、ニューヨーク市マンハッタンブロンクスを結び、ハーレム川に南行きの3番街を渡している。以前は、南行きのニューヨーク州道1A号線英語版が通っていた。

この橋は、ウィリス・アベニュー橋英語版が北行きに切り替えられたのと同日である1941年8月5日に、南行きの一方通行に変えられた[2]

3番街橋は、ブロンクスの3番街、東135丁目、ブルックナー・ブルバード英語版及びリンカーン・アベニューから、マンハッタンの東128丁目、東129丁目、レキシントン街ハーレム・リバー・ドライブ英語版へ、メトロノース鉄道オーク・ポイント線英語版、ハーレム川、ハーレム・リバー・ドライブ英語版を渡っている。

改修プロジェクトの一部として、新しい旋回スパンが、2004年10月29日に架けられ、2004年12月6日にマンハッタン方面の2車線が開通した。補助工事では、ブロンクス側の橋へのランプのデザインとマンハッタン側をカバーした。ディスカバリーチャンネルは、工事に関するテレビ番組を製作した。

改修された3番街橋は、ブロンクスからマンハッタン方面へ5車線があり、マンハッタン側で、東128丁目と2番街、レキシントン街と東129丁目、ハーレム・リバー・ドライブ南行き/FDRドライブへの、3つのランプに分かれる。

2008年、橋を運営・維持するニューヨーク市交通局は、1日あたり平均の交通量が58,510台と発表した。2000年の夏時間にピークに達し、73,121台を数えた[1]

公共交通機関[編集]

3番街橋には、MTAニューヨーク市トランジットの運営するBx15英語版のバスが走る。この路線の平日の平均乗客数は19,951人である[3]

出典[編集]

  1. ^ a b New York City Bridge Traffic Volumes 2008 (PDF)”. New York City Department of Transportation. p. 74 (2010年3月). 2010年6月27日閲覧。
  2. ^ “One-way Bridges to Ease Traffic”. The New York Times. (1941年8月5日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F60915FF385B147B93C6A91783D85F458485F9 2012年8月28日閲覧。 
  3. ^ Average Weekday NYC Transit Bus Ridership (HTML)”. MTA New York City Transit (2012年). 2012年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、3番街橋に関するカテゴリがあります。

座標: 北緯40度48分27秒 西経73度55分57秒 / 北緯40.8076度 西経73.9325度 / 40.8076; -73.9325