ニューヨーク・マガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニューヨーク
New York
New York Magazine Logo.svg
編集長 デイヴィッド・ハスケル
カテゴリ 一般誌
刊行頻度 隔週刊
発行者 Vox Media[1]
総発行部数 406,237[2]
創刊号 1968年4月8日 (53年前) (1968-04-08)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
拠点 ニューヨーク市
言語 英語
ウェブサイト nymag.com
ISSN 0028-7369
テンプレートを表示

ニューヨークNew York)は、アメリカ合衆国で発行されている隔週刊誌である。一般にニューヨーク・マガジン(New York Magazine)と表記される。生活、文化、政治、スタイルなどを取り扱い、特にニューヨーク市に重点を置いている。

1968年に、ミルトン・グレイザークレイ・フェルカー英語版によって『ザ・ニューヨーカー』の対抗誌として創刊された。『ザ・ニューヨーカー』よりも精力的でカジュアルであり、ニュー・ジャーナリズムの発祥の地としての地位を確立した[3]。次第にニューヨーク以外の全米の情報も取り扱うようになり、トム・ウルフジミー・ブレスリン英語版ノーラ・エフロンジョン・ハイルマン英語版フランク・リッチ英語版レベッカ・トレイスター英語版らによるアメリカ文化に関する多くの注目すべき記事が掲載された。

21世紀に入ってからは、全米にわたる重要な政治的・文化的な記事を掲載することが多くなってきたことから、当時の『ワシントン・ポスト』のメディア評論家ハワード・カーツ英語版は、「全米で最も優れた、そして最も賞賛されているシティ・マガジンは、その都市(過密で、交通渋滞に巻き込まれる、5つの区のある都市)のことではないことが書かれていることが多い」と書いている[4]

2004年にリニューアルして以来、この雑誌は2013年のマガジン・オブ・ザ・イヤーなど、他の雑誌よりも全米雑誌賞英語版を多く受賞している[5]

2009年の発行部数は408,622部で、そのうち95.8%が定期購読によるものである。同誌が開設するウェブサイト"NYmag.com"、"Vulture"、"the Cut"、"Grub Street"の訪問者は、毎月1,400万人以上である[6]

2018年、ニューヨーク・マガジンを発行するニューヨーク・メディア社は、全てのオンラインサイトにペイウォール英語版を導入し[7]、続いて2019年初頭にはレイオフを実施した。2019年9月24日、Vox Mediaがニューヨーク・マガジンとニューヨーク・メディア社を買収したと発表した[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Tracy, Marc; Lee, Edmund (2019年9月24日). “Vox Media Acquires New York Magazine” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2019/09/24/business/media/vox-buys-nymag.html 2019年9月25日閲覧。 
  2. ^ Consumer Magazines”. Alliance for Audited Media. 2016年6月1日閲覧。
  3. ^ Wolfe, Tom. (February 14, 1972) Tom Wolfe Gives an Eyewitness Report of the Birth of 'The New Journalism' – New York Magazine. Nymag.com. Retrieved October 23, 2013.
  4. ^ Kurtz, Howard (2009年12月7日). “Bright lights, bigger city at New York Magazine”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/12/06/AR2009120602395.html 
  5. ^ Haughney, Christine (2013年5月2日). “New York Receives National Magazine Awards' Top Prize”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/05/03/business/new-york-receives-national-magazine-awards-top-prize.html 
  6. ^ Bhuiyan, Johana. (May 31, 2013) 'New York' mag hires new online deputy, as traffic grows. Capital New York. Retrieved October 23, 2013.
  7. ^ “New York Magazine’s Sites Are Going Behind a Paywall” (英語). https://www.nytimes.com/2018/11/12/business/media/new-york-magazine-paywall.html 2018年11月12日閲覧。 

外部リンク[編集]